黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

2018年!秋アニメ!スタート! その3

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2018年!秋アニメ!スタート!]

 

さて、本日も秋アニメをチェックして行きます。

一応、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

ゴブリンスレイヤー

(゚ー゚)。○ ( 中々のダークさだなぁ。(ぉ

コミックほど描写は激しくないけど、かなり攻めてるな、これはw

しかし、終始重い空気で話が展開するから、

確実に好みが分かれそうなアニメではある。面白いけど。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( まぁ、原作からしてそうだし、仕方ないとは思うけどw

そう言えば、ゴブスレさんの本名、誰も聞かないのね。

あと、素顔も全く出てこない。

この辺りは相当に勿体つけるか、墓場まで持っていくかのどちらかだろうなw

(゚д゚)< 色んな意味で楽しめそうなアニメだね。(何

 

・軒轅剣・蒼き曜

(゚∀゚)< キャストが豪華な海外アニメは鬼門ッ!(何

CGアニメだから、作画は特に崩れていない模様。そこは及第点か。

大陸系の戦記物って、なんだか大味な印象を受けるのだけども、

多分にもれず、これもだいたいそんな感じ。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( まぁ元々の期待値が低いから、何の問題も無いがw

これ、幼馴染同士が戦う胸クソ悪い展開になりそうだけど、

何の捻りもなくそう言う展開になったら、かなり興ざめだな。

(゚д゚)< 果たして?!(ぉ

 

・RErideD-刻越えのデリダ-

(゚ー゚)。○ ( 思いの外きっちりSFしてるじゃんw

時間遡行物だと言う事で、1話の伏線と思われる下処理の数々。

時を超える方法はワンパターンになりつつもあるけど、

舞台装置よりもそれを使ってどうシナリオを構成するかが重要。(何

序盤ではデリダさんが良い所無しだけど、

果たしてどのタイミングで主人公力を見せてくれるのかね?

展開されたバッドエンドを、どの程度ひっくり返せるのか?

(゚д゚)< これは腕の見せ所ですよ?(ぉ

しかしおやっさん、何だかんだ言いつつも付き合ってくれる奴だこれw

(゚∀゚)< ほんと、良い性格してるわw(何

 

・学園BASARA

(゚д゚)< うわっ・・・。(ドン引

嫌な予感しかしてなかったけど、ここまで予想通り的中するとは・・・。

良作であれと、甘い期待も虚しく、オチのない学園パロディが展開。

(゚д゚)< これはギャグ同人本よりも酷い。(直球

このキャラだったら、お決まりのこのネタやっとけば良いだろう感。

前振りも何もない、突拍子のない展開。

(゚д゚)< 雑ぅ・・・・。(呆

こんなの、BASARAだったら何でも食べちゃう、雑食性腐女子しか食わんよ。

(゚ー゚)。○ ( 前回のアニメよりも酷いものが来るとは・・・。(驚愕

 

火ノ丸相撲

(゚д゚)< ん?この火ノ丸誰?(ぉ

ジャンプアニメにしては珍しい失敗。これはキャラデザがおかしい。

流石にイケメン化、もとい、童顔にし過ぎなんじゃないかな。

そして悪い事に、これのせいで火ノ丸が格好良くない。

と言うか、ダチ高メンバー全体的に、顔の造形を綺麗にし過ぎ。

部長とかつぶらな瞳過ぎて、火ノ丸に継いで誰おま状態w

加えて過度な原作改変と、見せ場の盛り上げ不足。

原作からここまでクオリティを落とすとは、残念極まりないな。

(゚ー゚)。○ ( 幸先よくスタート、って言う感じじゃなくなったなぁ・・・。

 

・RELEASE THE SPYCE

(゚∀゚)< わぁいすぱいす ももすぱいす大好き。(何

キャラデザのなもり分が強すぎて、どうにもギャグアニメに空目してしまう不運w

日常系アニメの可愛さ成分が強すぎて、戦闘シーンに緊張感が無くなってしまう不運w

ストーリーとしては、真面目にスリルとサスペンスをやろうとしているだけに、

なんとも業の深いアニメになってる気がするw(ぉ

しかしももちゃん、自然に嘘をついている味やってるの、地味にウケるw

超感覚五感の持ち主って、かなり強キャラな気がするが、

これはどのぐらい展開に活かされるのだろうか?

真面目に行くのか、可愛さ売りで行くのか、はたまた実はギャグ売りなのか?

(゚д゚)< 動向を固唾をのんで見守ります。(ぉ

 

・アニマエール!

(゚∀゚)< 想定内きらら。(何

きららを見たかったら取り敢えず見ておけ感。だいたいそんな感じ。

登場キャラは、天然系、実力者、ツッコミ、引込思案と、実にテンプレート。

チアの描写も良く出来ているし、視聴者層的には満足度は高そうw

チア男子みたいに最後にやらかさなければ、問題は無さそうですね。(ぉ

(゚д゚)< そのまま頑張って欲しい。(チア

 

・メルクストーリア

(゚ー゚)。○ ( 思った以上に、ゆったりとしたファンタジーだった。(ぉ

原作基準のファンタジー世界を基盤に、

主だった戦闘描写もなく、終始癒やしと不思議な力で進行する感じ。(何

この手のゲーム販促は、適当にギャグやる風潮だっただけに、

原作の雰囲気に合わせてちゃんとアニメ作るとか、意外と優等生じゃん?(何

原作から考えれば捻りは無いけど、変なアニメばっかり見てたから

一周回って良い感じに見えるというねw

(゚ー゚)。○ ( まぁ、寝ながら見よう。(ぇ

 

INGRESS THE ANIMATION

(゚ー゚)。○ ( 割と頑張ってるな・・・w

あんまりやらしくならない程度に、本編ゲームの仕組みや設定を混ぜ込んでる。

それをベースに、現代SFの要素をオリジナルとして組み込んで、

アニメとして話を展開させて行くという流れか。

主人公2人、青と緑の陣営で対立してたけど、なんやかんやで共闘する流れ。

(゚д゚)< オーソドックスすぎるんじゃない?好きだけどw

序盤を見るには、平均打点は高い。楽しめそうなアニメですね。(ぉ

 

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

 (゚д゚)< 何だよこれwタイトルでめっちゃ損してるじゃんw

タイトル一本釣りの萌え豚アニメだと思いきや、

系統で言ったら、サクラダリセットや、化物語だったと言うオチ。

それならそうと、もう少しシックな名前を付けて貰えれば、

視聴者側も分かりやすかったろうにw

はてさて、1話目での中々に唸る導入、3話でバニー先輩の話を完結させる手際。

これほどベストな掴みの3話は最近じゃ見なかった。これは良い。(べた褒

この流れだと、青春ブタ野郎こと主人公の咲太君が、

思春期症候群に巻き込まれたヒロインを助け出すストーリーが展開される形だな。

思いっきり阿良々木君が頭をよぎるけど、咲太君の方は受ける印象が違うんだよね。 

ノリノリの変態だったり、やれやれ癖は同じなのに・・・w

(゚ー゚)。○ ( 何が違うのかな?もうちょっと考察が必要そう。(ぉ

ふむむ?これ、青ブタシリーズって呼ばれてるのか。

(゚ー゚)。○ ( こいつは要チェックですわw(ぉ

 

 

 

一気にどどんと見ていきました。

おそらく次回で全部チェックが終わります。

期待しないで待っていてね!

それでは、お粗末さまでした。

 

2018年!秋アニメ!スタート! その2

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2018年!秋アニメ!スタート!]

 

さて、ストックは充分。秋アニメをチェックして行きます。

一応、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

・DOUBLE DECKER! ダグ&キリル

(゚д゚)< まぁ、第一印象ってあるよね。(何

視聴前だから、厳密には第零印象の方があってるけれどもw

色々とタイバニ味があるというのは制作側も感じてか、

ヒーローものじゃないよ、刑事ものだよ、って強調してるのな。

まぁそれはさて置き、序盤の仕上がりとしては思いの外好感触。

(゚ー゚)。○ ( 意外とイケるやんw(何

刑事もののオマージュだったりリスペクトだったりを混ぜつつ、

コミカルタッチで事件を解決していく。

でもどこかシリアス味もあって、フフッって笑いながら良い感じに見れる。

予告で張った伏線をあえて前半数分で雑に処理したり、

説明しよう!を効果的に取り入れたり。

(゚д゚)< 黒こげは、こう言うふざけた感じは嫌いじゃないよw(ぉ

腐向け感は否めないけど、男性陣も充分に楽しめる仕上がりになりそうw

 

・あかねさす少女

(゚∀゚)< ちくわしか持ってねえ!(何

謎のちくわ推し。このコメントが頭をよぎっても仕方のないこと。(ぉ

基本設定が、平行世界とラジオのチューニングによる移動。

どこかのなんちゃらゲートを彷彿とさせる。

2話で1人ずつ、1つの平行世界を使って話を広げていくスタイルの模様。

登場キャラも1人2役で色々と忙しいけど、話は中々面白い。

序盤だからか、シリアスと言うよりはコミカルな印象を受ける。

気楽に見るアニメとしては、丁度いい塩梅かもしれない。

(゚ー゚)。○ ( ゲーム販促の割には、いい線行ってるよね。(ぉ

 

・BAKUMATSU

(゚д゚)< まぁ、期待はしていないw(ぉ

短期の時間遡行を取り扱うにしては、色々があまりにもお粗末。

クオリティは無いに等しい。

ストーリーはそこそこ頑張っているとは言え、中の中位な感じ。

(゚ー゚)。○ ( そして敵側武将の扱いの適当さと言ったら・・・w

屋内で馬に乗ったりとか、唐突に双子とか、刀999本を着て動くとか・・・w

その辺りのギミックの適当さ、一体なんなんだよw

微妙なクオリティを維持しちゃってるから、ネタにするのも困るし、

(゚∀゚)< 中途半端過ぎて扱いに困りますよ・・・w

 

逆転裁判

(゚д゚)< ゴドー編か。こいついいキャラしてんだよなぁ・・・w

コーヒー飲んだり、コーヒー投げたり、ホント面白すぎる。

アニオリ交えつつ、原作ゲーム基準で物語が進むし、ハズレも無さそう。

裁判中のエフェクト面も改善されてきてるし、回数を重ねて熟れて来たか。

(゚ー゚)。○ ( 割と楽しめそうっすなぁ。(何

 

・となりの吸血鬼さん

(゚д゚)< OP詐欺も甚だしいな!ゆり要素皆無じゃん!(ぉ

ごちうさとか、それに準ずるきらら系作品と同じ感覚で見るがよろし。(ぉ

ネタとしては割とオーソドックスで、目新しい点はそんなに無さそう。

脳みそを空っぽにして見る系のやつだろうね、これは。(何

あと、となりってタイトルだけども、

(゚д゚)< 同じ家に住んでるんだから、その表現はちょっと違うんじゃない?(ぉ

 

ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士

(゚д゚)< 100年戦争にジャンヌダルクか。これはこれは。(何

思いの外主人公が役立たず、と言のが気になる感じ。

(゚∀゚)< これはフリージング並の空気感w

ジャンヌちゃんのヒロイン力も低いし、初段のキャラ魅力は低止まりか。(ぉ

まぁ序盤だからあえて弱めに設定しているとフォロー。今後の発展に期待します。

錬金術とか妖精とか、ファンタジー要素は取り入れても、

一応史実を参考に話を構成している風だね。

(゚ー゚)。○ ( 戦記・伝記のパロディとしても、しっかり楽しめそうなのかね?(ぉ

 

・CONCEPTION

(゚д゚)< これはひどい。(真顔

ギャグ、エロ売りするにしても、もう少しどうにかならなかったのか・・・。

このジャストに的を外す感覚。ほんとひどい。(2度目

物語の発端も、質の悪いなろう小説みたいな感じに。

取らなきゃいけない違和感の灰汁を、全部無視して販促に走ってる。

結果として、主人公の性格が1話ごとに異なる、もとい、

前の話を無かった事にして、他の女の子とイチャイチャするというクソ野郎に・・・。

(゚д゚)< 真面目にハーレム目指してるToLOVEるに謝りなさい。(ぉ

この作品って、スパイクチュンの処女作のリメイクでしょ?

こんなんで本当に良いのかね・・・?

(゚ー゚)。○ ( スパイク・チュンソフト、大丈夫か?(真顔

 

・俺が好きなのは妹だけど妹じゃない

(゚ー゚)。○ ( うーんw2話目にして、既に作画が不安定だ・・・w

だが勘違いしてはいけない。作画は酷いが、内容のコメディは悪くない気がする。(ぉ

言ってしまうと、ツンデレ妹と朴念仁兄のラブコメディ。使い古しではある。

だけど強引にテンションを振り切らせて、

ギャグとしてちゃんと見れるレベルまで底上げされている。(ぉ

と言うか、妹ツンからのソロデレベッドパートと言う流れを意図して作ってる?w

(゚ー゚)。○ ( こいつが天丼の様にじわじわ効いてくるな・・・。(何

ほんと作画は不安定だけど、割りかし楽しめる不思議なできだw

これは視力が落ちてる状態で見るのが良いアニメなのかもしれない。(ぇ

(゚д゚)< これは!近視系ラブコメディ!(マテ

 

・ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。

(゚ー゚)。○ ( うむ?予想以上にゆるい作風なんだな・・・。

これは、スローテンポ系ゆるふわラブコメディ?(適当

モチーフはオーソドックスにソロモン七十二柱から引用している様だけど、

さほど悪魔感ないから、ほぼ無設定のオリジナルの印象。

作画もギャグのノリも非常にゆったりした感じ。

(゚д゚)< 見てると段々と脈拍が落ち着いてくるね。(ぉ

むしろ、見てると眠くなってくる?

(゚∀゚)< ベルちゃんの声から催眠音波でも出てる気がするね。(ぇ

 

ゴールデンカムイ

(゚∀゚)< OPズルくない?wこんなん笑うわw

でも、ゴールデンカムイと言う作品を良く表しているとも言えるw(ぉ

メインストーリーは極めて真面目な筈なんだが、

合間に挟まるギャグがシュールで面白い。

分割クールと言う事で補足なしに始まったけど、みんな予習は出来ているよね?(ぉ

呉越同舟と言った体で、杉本チームと土方チームが手を組む流れに。

三つ巴だと思っていただけに、ちょいと意外な展開で驚き。(何

白石のせいで、網走からは遠のく形にはなったけれども、

展開は依然としてワクワクの良い感じ。

(゚д゚)< しっかり楽しめそうな気配だぞ!いいね!(ぉ

 

 

 

よし、今日はここまでとします。

それでは次回お会いしましょう。

お粗末さまでした。

 

2018年!秋アニメ!スタート! その1

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2018年!秋アニメ!スタート!]

 

何だかんだ押し込んでしまって、暦は12月に。

下手すると秋アニメ終わってしまう・・・(ぉ

ですので、速やかに進めてまいります。

 

それでは、一応ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

転生したらスライムだった件

(゚д゚)< OPのお前誰やねーん!w(何

まぁ、スライムさんの人間形態だろうな、これはw

早々に人型になるのか、転すらなら勿体つけて欲しいけど。どうか?(何

2クール尺があるらしいと言う事で、だいぶスロースタートな感じ。

話が進まなくて焦れったいと思うけれども、

裏を返せば展開が楽しみだと言う事でもある。

前評判通り、普通に良作の気配。

(゚д゚)< 転すら、期待してます!頑張ってくださいな!(ぉ

 

・風が強く吹いている

(゚д゚)< うーんw地味だw

立ち上がりが穏やか過ぎて、退屈に感じる所があるな。

加えて箱根駅伝と言う題材。

アニメ映えしなさそうな内容だけに、面白く見せるのにも一苦労しそうだ。

ただまぁ、走る事に縁遠い者達と、高校で挫折した名選手が、

チームを組むのは王道と言えば王道。

普通にやればそこそこ楽しいアニメにはなりそうですね。(ぉ

(゚д゚)< しかしw地味だw

 

・抱かれたい男1位に脅されています。

(゚ー゚)。○ ( 絡み多いな・・・。女性向けエロ売りってやつかな?(ぉ

1話のスピード展開で、2回も絡みのシーンあるの、逆に清々しいw

閃乱カグラとかをとやかく言えない内容、

と言うか、描写的にはこっちの方がアウト臭いw

内容的にも絡みに重点を置きすぎていて、物語の展開が薄っぺらいのも✕。

こう言うゆりやBL系は、

ある程度ストーリーが重厚じゃやないと、冷たい目で見られちゃうのになぁ・・・。

(゚ー゚)。○ ( もう少し頑張れるかな?(何

 

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

(゚д゚)< これは・・・嘘をついている味だぜ!(キリッ

1話目できっちりここまで収めてくれる良采配。流石です。

(゚ー゚)。○ ( しかし、康一君も結構平然と対応するなw修羅場潜ってるだけあるw

漫画で見ていた当時は、結構場面の流れが分かり難かった記憶があって、

アニメになって良い感じに補足されて、満足度は高い。

まぁ、黒焦げも相当若かったし、理解力が薄かったのもあるだろうけど、

JOJO作品はコマの間を読むのが、かなりアクロバティックつー話でもあるしねw

さて、漫画でも読んだ作品のアニメ化。しかと目に焼き付ける所存です。

(゚ー゚)。○ ( クサレ脳ミソで行ったか。うん、人を見下す言い方は良くない!(何

 

寄宿学校のジュリエット

(゚ー゚)。○ ( うーん、うむ・・・?(何

思ってたよりもコメディ強いと言うか・・・。何だろうこれ。

どちらかと言えば、シリアスシーンがキマってない?(何

ブコメだから、わちゃわちゃするのは一向に構わないが、

魅せるべきシリアスシーンは、もう少しビシッとキメて欲しいとは思う。

題材と第一印象は良かったから、ちょいと期待していたけど、

肩透かしの可能性が高いか?

(゚ー゚)。○ ( ちょっと残念な結果になりそう・・・。

 

・うちのメイドがウザすぎる!

(゚∀゚)< 丁度良い感じのコメディタッチ!(何

変人ギャグメイド(元空自)が、ロシア美幼女の世話を焼き過ぎる。

字面にしても結構なインパクトがあるw

こう、

メイドのギリギリアウツな変態感と、割りかし真っ当な行動を取る感じとの、

バランス感覚が非常に上手いw

やり過ぎる感じも無く、面白おかしく眺めてられる作品っぽい印象w

OPもEDも、コミカルで雰囲気に合ってるし、

(゚д゚)< これは意外にも、当たりアニメかもしれない?(ぉ

 

・色づく世界の明日から

(゚ー゚)。○ ( 魔法&タイムスリップ物か。ちょっと予想外。(ぉ

タイムスリップと言っても、SF要素が強い訳でもなく、

雰囲気としては ふらいんぐういっち と TARI TARI を足して割った感じに近い。

(゚ー゚)。○ ( 時代背景も結局の所現代だからね、これは青春物だね。

主人公の瞳ちゃんが、世界がモノクロに見える症状で、色を見る事ができない。

そこに、とある絵を見た事で、再び色を感じる事ができた。

アニメの作画として、瞳ちゃんの見る景色であるモノクロを多用して、

映像作品としてのアクセントをつけてるのが珍しい感じ。(ぉ

(゚д゚)< 瞳ちゃんの色は蘇るのか?元の時代に戻れるのか?恋の行方は?

所感として、良い方向性のアニメだと感じました。(何

ちなみに、瞳ちゃんの色盲の理由。

過去のトラウマなりで自分に魔法をかけてると予想。

(゚ー゚)。○ ( 果たして、当たるかね?(ぉ

 

・ツルネ ―風舞高校弓道部―

(゚ー゚)。○ ( スランプでスタートする形か。かなりオーソドックス。

かなり真面目に弓道するって言うのは伝わってくる。

けど、序盤の加速がモチーフよろしく地味になっているのは、ちょと勿体無い。

序盤の2話で、見所が綺麗な射形だけ、って言うのはいかがなものか?

(゚ー゚)。○ ( 後半追込み型だと期待して、見守る感じかなぁ。(ぉ

 

・ラディアン

(゚ー゚)。○ ( うーん、普通かな。B級アニメ。(ぉ

まぁ色々と意図があってこのアニメを流しているのだろうが、

真の意味で話題になる内容では無さそうだ。

立ち上がりも緩やかなもので、パンチが弱くも感じる。

バトル物なのに、ツルネと同じ印象って、果たしてどうなのよ?w

あと、意図的に主人公をバカっぽく見せているけれど、ちょっとやり過ぎ感がある。

この聞き訳の無い子供感をどの位引っ張るつもりなのか?

ドロップアウトが多くなる前には、もう少し格好良く仕上がって欲しいものです。

(゚ー゚)。○ ( 色々と課題の多そうなアニメだなぁ。(ぉ

 

ソードアート・オンライン アリシゼーション

(゚ー゚)。○ ( 初回から、中々広がりのある物語展開だなぁ・・・w

完全に長期戦の構え。期待値が鰻登りな感じ?(ぉ

流れとしては、キリト君が昏睡状態に陥って、

前半戦で流したアンダーワールドに行く感じかな?

脳死に対する治療行為なのか?

キリト君の記憶のサルベージ・バックアップとして使うのか?

その辺りは流石に読みきれんけどもw

(゚ー゚)。○ ( キーとなるのは一緒に生活してたユージオ君かねぇ?

鏡写しのようなキャラデザだし、キリト君とどんな関係性なのだろうか?

この辺りも、深読みの題材としては良い感じではあるw

そして地味に熱いのが、OPのバディ感。(ぉ

今まではヒロインとのタッグが多かったので、

友情バトルな少年漫画展開になりそうなのは、素直に新鮮で喜ばしいw

(゚ー゚)。○ ( 流石SAOの正統続編。気合が入ってますなぁ・・・w

 

 

 

はい。出だしはこのぐらいにしておきましょうか。

次回、続きます。(多分

それでは、またお会いしましょう。

お粗末さまでした。

2018年!夏アニメ!最終回ラッシュ! その7

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2018年!夏アニメ!最終回ラッシュ!~重神機クロコーゲ~]
 

夏の終わりはとっくに過ぎ去り、秋を通り越して冬が顔を出す。

そんな時期になりましたが、夏アニメの最終回を振り返ってまいります。(何

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

・殺戮の天使

(゚ー゚)。○ ( うーむ、これは評価に困る切り方。(困惑

サイコサスペンス物としては、かなり良い線行ってる。

(゚д゚)< 控え目に言っても良作。(ぉ

ただ、レイちゃんの真実が明かにされるのか?!ってタイミングで、

アニメとしての終幕を迎えるのは、ちょっと切り方酷すぎるw

こうなると作品単体として、高評価つけるのは流石に戸惑われます。

それでも、評価が高めなのは、

レイ&ザックの歪なタッグも、各フロアマスターのキチガイなメンツも、

話の盛り上がりに非常に良く貢献してくれているから。(何

普通の感覚だとあまり見ていて気持ちの良い話は無いけれども、

ダークなお話が好きならハマる要素は多いと思われます。

(゚ー゚)。○ ( 完全にそっち系に特化した、ある種清々しい出来栄えだ。(ぉ

ストーリーでの所感としては、神父のフロアがちょっとクドかった印象。

明確に「催眠・幻覚」の煙描写があったし、視聴者には分かりきった事だった。

SAN値を下げたい試みだったのだろうけど、思いの外効果は無かったねw

この辺り、

レイちゃんに自問自答させるだけなら、尺的には半分ぐらいでも良かったと思う。

本編進捗の兼ね合いで尺調整してる気がするし、

この辺りはある程度仕方のない事なのかもしれないが・・・。

(゚д゚)< まぁ、この作品の導入としては、かなり良いアニメだったと思う。(ぉ

このアニメに魅せられて、漫画に導入される人は相当数居ると思うしw

サイコサスペンス物が好きなら、一度チェックをお勧めします。

(゚д゚)< 割と強くお勧めします。(何

 

百錬の覇王と聖約の戦乙女

(゚д゚)< これは・・・何だったんだ・・・。

原作がなろう系でレベルが低いとは言え、アニメの仕上がりも相当ひどい。

掴みの序盤、なんとか頑張ろうとして原作の時系列や演出を変えるも、

それらが良い方に働いていないと言う体たらくぶり。

(゚ー゚)。○ ( これなら原作通りやったほうが、色々良かったまである。

思えばストーリーラインが全く出来ていない。

まぁ、中盤は原作に忠実に進行してるから、ここは原作のせいなのだが・・・w

(゚д゚)< でもあれだな、温泉回はアニメの戦犯か。(ぉ

ただでさえ尺が無いというのに、無駄にお色気シーン増やすの、悪手でしかない。

通しで見ると、内容がごちゃり過ぎて見るに耐えない。

ホント、こいつは誰得アニメだったんだろうか・・・?

(゚∀゚)< このあにめを作ったのは誰だ!!(何

 

・プラネット・ウィズ

(゚ー゚)。○ ( ファンシーな見た目の割に、骨太真面目なストーリー。(何

メカデザインとして考えると、丸かったりモコモコしてたり、色々と奇抜。

 |-゚)っ[すなわちファンシー](ぉ

そんな感じで、ある種の小動物的可愛らしさを残すフォルム。

後半戦でロボットのサイズ感が上がっても、それは失われなかった。

(゚ー゚)。○ ( 正直、動きは面白かったけれども、格好良くはなかったなw(ぉ

メカデザにしても、キャラデザにしても、

きぐるみ族やら愛の種族やらで、若干緊張感に欠ける世界観。

酒(ワンカップ)飲んでパワーアップ、しかも二日酔いのデメリットありとかも。

こう言う細かい所にギャグ持ち込んでくるのは、一体誰のセンスなんだろうか?w

主人公機の名前も、あくまで「先生」だったのを思い返すと、ホントニヤけるw

(゚ー゚)。○ ( 特にCMがシュール過ぎるんだよなぁ・・・w

ただその割に、やってるストーリーは至って大真面目。

これがギャップとしてかなり効いている。(ぉ

宗矢君のシリウス族は断絶、しかし、

そのシリウス族に滅ぼされかけたリエルの姫とは家族になる。重い上に心境は複雑。

宗矢君の葛藤と最後のドラゴン戦での許し。予想以上にドラマチック。

13話と言う尺の中に、ギュッと内容を詰め込んでいて、

1話見逃したら話についていけなくなる程に、濃厚でスピード感のある展開だった。

しかし、物語の解釈は、わかり易く飲み込みやすい。

変に凝っていない、かなりシンプルな作りは、視聴者に印象が良かった。(ぉ

「夢」と称してスムーズに過去回想が入れられたのがその要因だと思うけど、

これは、この舞台装置を考えた人の功労賞なのかもしれないね。

見終わった今、全体を考えてみても、抑える所を抑えた良いロボアニメだと思う。

ちょっと必殺技が地味で少ないぐらいの不満はあるけど、

これも最近の風潮に毒されてる気もするしなぁw

(゚д゚)< 今期アニメの中では良作でした。ご馳走さまでしたっ!(何

 

BEATLESS ビートレス

(゚ー゚)。○ ( やはり・・・死に体だな・・・。(憐

完結編が放映されていたので、一応確認しました。

案の定満足の行く出来ではありませんでした。

(゚д゚)< レイシアに喋らせスギィ!!!明らかに情報過多ァ!!!(ぉ

これじゃあ小説の音読と変わらないというね。

しかも作画も動いてないから、アニメではなく紙芝居と言っていい出来に。

(゚ー゚)。○ ( こいつは目も当てられないぜ・・・。

そしてラストカットが一番ツッコミどころでかい。

(゚д゚)< レイシアおま、記憶残っとるやん!なんでや!(雑

まぁバックアップが残ってた、と言う話でしか無いけども、

それだったらちょっと前の今生の別れみたいなの何だったのか。

ブラックモノリスが破壊される前提だったから、レイシアも最後だと思っていたのか?

レイシアは策略でアナログハックして、主人公を誘導(奮起)したのか?

この辺りは、考える余地と言うよりは、ちゃんと解釈を表に出して頂いて、

ラストシーンを気持ちよく見せる必要があったと思う。

黒焦げ的には、

最後にレイシアが登場して、

(゚∀゚)< てへっ、私、また嘘をついてしまいました・・・。(はにかみ

ぐらいはオリジナル展開をぶち込んで貰っても良かったんだけどなぁ。(ぇ

元が良質なSFと聞いていただけに、

もう少し見せ方、細かい掘り下げ方、説明の取捨選択ができれば、

アニメの評価も変わっていたと思う。

(゚д゚)< ほんと、残念でならねぇよ・・・。(落胆

 

重神機パンドーラ

(゚д゚)< 徹頭徹尾、やり過ぎなぐらい硬派なロボアニメだった・・・。(満足感

最近のアニメにしては、どう見てもやり過ぎな硬派具合。

黒焦げとしては好印象だけど、流行りとは逆行しているのも承知してる。(冷静

最初から最後まで、1㍉もチャラついてないし、

ギャグパートでさえ落ち着いた雰囲気に感じるw

濃厚で現代的なSF設定と、中華系ファンタジーを組み合わせてベースにした世界観。

これに変形機構を含むロボットを動かして戦わせる。

登場人物のドラマがもの凄く丁寧に描かれていて、

主要登場キャラ全員に、ちゃんと主軸に因んだストーリーが用意されている。

 |-゚)っ[そしてそれを考慮した尺がじっくり2クール](ぉ

適切なペース配分で、余すところなく上記の内容を丁寧に盛り込んでくれた。

(゚ー゚)。○ ( これは正に老舗のお仕事だと思う。(何

ドラマ面、と言うか立ち位置的においしかったのは、グレン番長とジェイさん。

序盤はレオンさんに突っかかって仲違いしてたけれども、

中盤以降に信頼関係を構築してからは、ぐっと来たりするシーンが多かった。

グレン番長の暑苦しいトークは好きだったし、

ジェイさんのツンデレレな女子力は最高だった。(何

例えばピックアップすると、ジェイさんがレオンさんに悪態つくシーン。

ジェイさんの後ろ姿でセリフが聞こえて来る。これはいつも通りの冷静な口調。

けど、次のカットで振り返った瞬間、ジェイさんニヤけてるんだよなぁ・・・w

(゚д゚)< おっまw全然怒ってませんやんwウラハラですやんw(何
(゚д゚)< ジェイさんのヒロイン力が爆発するっ!!!(ぇ

こう考えると、ドラマパートはこう言う細かい描写が多い。

ケインさんの息子描写も、普通メインに据える所をラストカットのバスに留めてる。

しかもケインさんのコメントも「いいや、なんでもない。」で終わらすクールさ。

ケインさんが暗に、息子を救うことが出来たんだなと思い捨てる、の心理描写を

これだけの数カットで凝縮するの、ホント芸術点が高いw

(゚ー゚)。○ ( うーん、これはビバップかな?(何

そう言えば、レオンさんってシナリオ上で一度もジークに作戦勝ちしてないね。

これ、「主人公がどうしても勝てない壁=レオンさん進化中」を暗喩してるのかね?

最終話の作戦も、見事ジークさんに破られるし。

そこからの(家族)愛と勇気が勝因!的な展開は、ちょいと意見が分かれそうね。

家族契約の流れは、ずっとしつこい位に伏線張ってた訳だし、納得の展開。

でも、勝ち方はちょっとガチャガチャな印象を受けた、とw

まぁ最終回だし、なんか細かい所は良く分からないけど、

爽快に盛り上がって、結果勝ったからスッキリしたよね!

的なノリは、まぁアリだとは思いますケドw

※ただし、理屈無しに投げっぱなし急展開は論外です

(゚д゚)< しかし、メカデザインが中々どうして秀逸。(ぉ

流石マクロススタッフ。ツボを抑えた3変形機構、たいへん良いと思います。

バトロイドよりもアクエリオンに近い、全体的に丸みを帯びたフォルム。

動いたりポージングした時の安定感があっていい。

(゚ー゚)。○ ( 何より丈夫そうだし、安心して遊べそうw(ぉ

色々とスタッフが気合入れて作ってるのが分かる本作品。

SFロボットアニメとしての完成度は、明らかに平均以上。

でも、全然話題になった印象が無かったのは、

メジャーなアニメ視聴者にヒットしなかったせいだろうなぁ・・・(無念

(゚ー゚)。○ ( うーん、GRIDMANと何が違うのか?(ぉ
(゚д゚)< ぉ?女の子か?可愛い女の子か?エロなのか?(ぉ
(゚∀゚)< なんでや!クイニーさん可愛かったやろ!花澤さんやぞ!(ツッコミ待

まぁ何にせよ、河森監督、お疲れ様でした。

良いお仕事でございました。謹んで頂戴させて頂きます。(何

 

 

 

はい。振り返りは終了です。

皆様、お付き合い頂きありがとうございました。

しかし夏アニメ、結果として不作だと言わざるを得ない。

率先して見たくなるアニメは少ないし、

加えてゴミクズクオリティのアニメが多すぎる。

アニメの大量生産の風潮をぶち切って、

ここいらで一回仕切り直す必要あるんじゃないかなぁ・・・。(ぉ

 

まぁ、それはそれとして。

また次回、秋アニメのスタートまとめでお会いしましょう。

それでは、お粗末さまでした。

2018年!夏アニメ!最終回ラッシュ! その6

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2018年!夏アニメ!最終回ラッシュ!~KSLAND~]

 

もういい加減寒くなってきましたので、

夏アニメと言う発言に違和感を感じる今日このごろ。(何

それでも気にせずマイペースで行ってみます。

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・七星のスバル

(゚ー゚)。○ ( かなり強引に風呂敷を畳んだなぁ・・・。(ぉ

全体的にもう少し丁寧に仕上がっていれば、

評価が2つ位はジャンプアップしそうな気配がする。(何

でも実際は、展開が早すぎて1話見飛ばしたのかと勘違いするレベルで。

一方、ストーリーとしては、

1クールかけてスバルのメンバーが再集結するという、じっくりした進行。

これ、もしかしなくても、

スバルメンバー全員集結と1クールの尺を意識しすぎて、

全体的な展開がジェットコースターになったパティーンな気がする・・・。

(゚ー゚)。○ ( そうだったら残念過ぎる・・・。

結果として、悪役側もちょい出し程度でほぼ進展が見られなかったし、

現実世界のセンスの発動についても、特に回収は無かった。

気分的には、仲間が全員揃った所でやっとこスタートラインなのに、

最終回になって終わってしまった、うーん、的な心持ちだ。(ぉ

(゚д゚)< 中途半端な仕上がり過ぎ。心残りが多すぎる。(何

 

Free!-Dive to the Future-

(゚д゚)< 大学生編も無難に良い出来だった。(何

郁弥君のあれこれも、想定通り遥君と一緒に泳ぐ事で概ね解決w

日和君も色々と思う所があったみたいだけど、結果邪魔する意味は無かったよねw(ぉ

(゚д゚)< Freeに泳いでれば、万事解決したって話だなw(何

郁弥君のあれこれが解決すると、物語はそれぞれの水泳物語へシフト。

特に今回は数多くの人物が登場し、内面描写とかが特に濃厚。

人数に比例して、話の内容も多岐に渡ったけれども、

思いの外混乱せずに、それぞれの内面や物語をじっくり見れたのは良かった。

小さなサイドストーリー的な物が寄り合い、

ラストでスッキリ纏まった印象だろうか。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 総合的に遥君の影は薄くなったけども、まぁやむ無しかもねw

夢、友情、兄弟愛と、様々な形で描かれる水泳物語。

モチーフ的に野郎ばっかりしか出ないけど、十分魅せてくれる展開だった。(ぉ

所で、2020年に会いましょうって、もう続編決まってるのかね?

(゚д゚)< まぁ、気を抜かずに頑張ってくださいな。(何

 

・アンゴルモア元寇合戦記

(゚д゚)< うぉー・・・。盛大に死んでいったなぁ・・・。(唖然

全滅ENDは史実通りだとは言え、もう少し顔キャラの生き残る隙きがあると思ったがw

これだと、迅三郎さんと姫さん、それと少年少女の若い衆しか残ってねーな・・・。

色々と美味しいキャラを揃えてたのに、なんか勿体無い気もするw

物語の結末としては、

 |-゚)っ[当然と言えば当然だが、劣勢のまま逆転は無し]

まともにやり合えば蹂躙、合間に迅三郎さんと優秀な仲間達が奮戦。

この繰り返しだった。

殆ど負け戦の展開なのだが、確かに”面白い”と感じる部分もある。

その辺りは、戦闘・智略描写が中々シッカリしていた故だと思います。(ぉ

最後は怒涛の死人ラッシュで、少々雑に感じる所もあったけれども、

基本的に皆さん、役割を果たして死んで行く。

無駄死にではない熱さがしっかと存在するから、

思いの外モヤモヤする事もなく、最後まで視聴できた所ではあります。

展開だけ見れば、どう見ても鬱エンドなんだけれども、

視聴感がスッキリしている特異な仕上がりという事。

(゚ー゚)。○ ( 実に硬派な合戦物のアニメだと思う・・・w(ぉ

しかし流石にね、志半馬で斃れて行く人が多すぎてちょっと辛いw

特に弥次郎さんとか、まだまだこれからっしょ!感を見せてからの、討ち死に。

(゚д゚)< 諸行無常よのぉ。(何

あまりにもビターだけども、

こう言う優しくない世界も、男の子ならグッと来る所もあるのではなかろうか?

最近のゆるふわ系日常アニメや、なろう系アニメじゃ物足りない人は、

一度見てみるのも良いかもしれない。

(゚ー゚)。○ ( きっと気にいるんじゃないかな?(ぉ

 

はねバド!

(゚д゚)< 母子共に、感じ悪っ!(ぉ

母親はホント毒親過ぎる。こいつほんと何なの?(怒

方法と思考になんにも正当性がない。

親離れさせる為に子供を捨てましたって、どう言う理屈なんだよ・・・。(ドン引

(゚д゚)< 流石に何か理由があると思ってた自分が憎いぜ・・・(溜息

この母親のせいで、盛大に性格がネジ曲がった主人公の羽ちゃん。

この子、演出とは分かっていても、感じが悪すぎるw

ちょっとやり過ぎて不快感が強いのも去る事ながら、

最後は完全になぎさ先輩の当て馬になってるのも、どうなのだろうか?

それもこれも、最後の羽ちゃんの立ち直りが唐突だと感じるが故かと思う。

羽ちゃんVSなぎさ先輩の、全力バトルで色々吹っ切れた、そう言う話だけど・・・。

これ、黒焦げの解釈としては、

(゚∀゚)< 嫌な事もあったけど、頭空っぽでバドしたらスッキリしちゃったっ!(何
(゚∀゚)< てへぺろっ!(何

って事だと思ってしまうわけですよw

羽ちゃんのハマり方から見て、それで簡単に気持ちの折り合いがつくとも思えないし、

事実としても、母親との関係は何も解決していない。

散々チームメイトに悪態つきまくってた件も、特にフォローなし。

それでも何故かチームメイトは、羽ちゃんを優しく応援してくれる・・・。

(゚д゚)< 彼女らは菩薩か何かなんですかね?(ぇ

バドシーン単体で見ると、かなりよく出来ていたアニメだっただけに、

ストーリー面でのモヤモヤが足を引っ張ったのが、非常に残念な所。

これだったら、総合的にはるかなの方が得点高いまである。

(゚д゚)< いや、高い。(何

 

・ISLAND

(゚∀゚)< ブフッ!wまさかの母親と結婚ENDだとぉ!w

予想の斜め上過ぎて流石にズルいw

物語の種明かしをスムーズに出来るルートを採択した結果が、

母親凛音ルートだったのかもしれないが、流石にね?w

しかも展開もぶっ飛んでる。

突然未来編にシフトした上で、世界を一周させて結ばれる展開。

この古いビジュアルノベルによくある、無駄に壮大な展開ね?w

(゚д゚)< 黒焦げは嫌いじゃない。(ぉ

しかし、娘凛音ちゃんは聞き分けが良すぎる気もしたが、

でもよく考えたらタイムスリップしている訳じゃないから、

本編1週目の凛音ちゃんとは別人なんだよな。

(゚ー゚)。○ ( 思いの重ね方も違うだろうし、お父さんとして受け入れられたのかも?

まぁ、モヤッとするのは確かだけども、

そう言う奴はゲーム本編でもやれって話なんだろうねw

しかし、総合的に振り返って見ると、絶妙に上手い塩梅でSF設定盛り込んでる。(ぉ

実際問題として、タイムリープ・タイムスリップ物では無いから、

壮大な時系列で整理すると、割と綺麗に設定を考察できるのが良い。

例えば、1週目の玖音さんの出自と、2周目の玖音さんの出自が同じとは限らない事。

本編1週目の娘凛音ちゃんと、切那君は血縁関係じゃない可能性がある。

そう考えれば、割と面倒くさい事を考えなくとも、

娘凛音ちゃんルートでのハッピーエンドを模索できる寸法。

この他にも、娘凛音ちゃんの幼馴染の切那君はアニメ本編では別人だったが、

ルートの解釈と分岐次第では、普通に主人公切那本人にできる可能性がある。

紗羅ちゃんと同衾した際に切那君が見た夢は、一つ前の世代の世界の記憶だろうし、

恐らくそっちは古の伝記に関わりのある話なんだろうなと、察せる。

そもそも、本編最初で切那君の記憶が曖昧だったのは、

コールドスリープテクノロジーが不完全だったための記憶喪失で、

現に研究が進んだと思われる2週目の方は、完全に記憶を保持して目覚めている。

さらっと眺めて、これほど整合性取れた綺麗な設定が組まれてるのは、好感度高い。

(゚ー゚)。○ ( これは予想外の収穫、って感じですわw(何

このストーリーを語り切るには、もっともっと尺が必要だったと思う。

しかし、少ない尺でもきっちり一つの作品として纏って見れたのは、

制作陣が良い仕事したからに違いないw(ぉ

ゲーム版もこのクオリティが担保されてるのなら、悪くない出来だと予想できるし、

プレイしてみるのも良いかもしれない。

(゚д゚)< そう思う位には、妄想を掻き立てられる良いストーリーでしたね。(ぉ

 

 

 

はい、今日はここまでとします。

終りが見えてまいりました。来週でフィニッシュしそうですね。

それでは、また来週お会いしましょう。

お粗末さまでした。

2018年!夏アニメ!最終回ラッシュ! その5

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2018年!夏アニメ!最終回ラッシュ!~カードキャプター黒焦げ~]

 

今期のアニメを語りたい気持ちを抑えつつ、

ちゃんと過去を振り返ろうと思います。(何

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・邪神ちゃんドロップキック

(゚д゚)< 勢いとテンポが、とにかく良いアニメだったよねw

ギャグアニメとして、こう言うさっと見てさっと笑える作品は強い。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( さながら、かけ蕎麦だね。(何

まぁ内容としては、専業主婦(ダメヒモ)な邪神ちゃんがゴミカスムーブして、

ゆりねちゃんに流血沙汰の制裁を食らうって言うワンパターンなのだけどもw

あとは、周りのキャラも、わかり易くて凄く見やすい。

メデューサダメンズ(女)好きも、ミノの脳筋も、ぺこらの貧乏芸も、

全般的にギャグ要素との相性が良いというね。

ただぺこらの貧乏芸は、たまに見てて辛い事がある。

(゚ー゚)。○ ( ヒナまつりと何が違うんだろうなあ・・・?(ぉ
(゚ー゚)。○ ( 悲惨な目に会い過ぎなのかね?w(何

そして最終回付近にぶっこまれた、謎の仲良し展開。

(゚ー゚)。○ ( これなぁ・・・これなぁ・・・。(何
(゚д゚)< このアニメに、そう言うきらら的要素は求めてねぇから!(ぉ

まぁ、最終回は酷いギャグで締めくくってくれたから、

制作側はその辺り履き違えてる訳では無さそうだよね。

視聴者の思いは、シッカリ伝わっていると。

(゚д゚)< そうそう、こういうのでいいいんだよこういうので。(何

 

ちおちゃんの通学路

(゚ー゚)。○ ( あいやーwホントに通学路ネタだけで走りきったぞ・・・w

まぁ一部、学校やお家の描写はあったけど、ほぼ許容範囲でしょう。

一貫してタイトル通りの内容という事は、ある種硬派と言えるのでは?(ぇ

 |-゚)っ[ギャグとして楽しめて、悪くないアニメだった](ぉ

ちおちゃんの中の外道、親友まななちゃんの微妙なゲスさ、雪さん実は変態だった。

安定性と意外性を組み合わせた、とてもバランスの取れた采配かと。(錯乱

そして、割と安藤さんが美味しい立ち位置だったw

(゚д゚)< まさかメインキャラ扱いだと誰が思っただろうか?(ぉ

しかし、面白さのピークはブラッディバタフライ辺りだったかね?

その後は程々のネタで細かく笑える感じだったし。

まぁ、深夜帯のギャグアニメとしては満足。この位のゆるさでいい。(何

しかし、尺が余ったとかで謎の予告があったが、2期は特に無いんだろうなw

(゚ー゚)。○ ( また会う日もあるのかね?その時は通学路で会いましょう?(ぉ

 

はるかなレシーブ

(゚∀゚)< 毎日が水着回っ!(何

ビーチバレーがモチーフだから、女の子が合法的に水着の格好をする。

(゚ー゚)。○ ( この案考えた奴は、中々の奇才だと思う。(ぇ

打って変わって、シナリオは超シリアス展開。

ビーチバレーと言う、競技人口が少ないスポーツから来る、同門対決。

勝っても負けてもモヤモヤする展開になる所を、

きららクオリティで優しく終わらせる采配。

でもよく考えると、あの熱血スポーツ漫画的なノリって、

経柄が可愛いだけで、スポーツ物の王道パターンではあったんだよねw

わりかし白熱した試合運びもさることながら、それに合わせて作画も頑張ってる。

少なくとも、女の子達の可愛さが崩れることはなかった。

(゚ー゚)。○ ( これはある種のこだわりを感じるレベルだな・・・w

見ている分には特に悪い所は無かったけれども、

絶賛するほどの素晴らしいスポーツアニメとも言えない。(冷静

まぁ、「頑張ってる可愛い女の子を眺めるアニメ」としては充分だった。

(゚д゚)< だから、そう言うニーズが満たせたから、合格ラインなんじゃない?(何

 

・京都寺町三条のホームズ

(゚ー゚)。○ ( うーん、もう一声欲しかったB級臭だ・・・w(何

主人公の恋愛模様と、推理サスペンスパートのバランスは良かった。

良かったんだけども・・・・。

(゚д゚)< 細かい所の詰めが甘いんだよなぁ・・・。(ぉ

シーンの繋ぎ方が甘くて、話がぶっ飛んでたり、

人物紹介が雑で、相関関係が把握しにくかったり、

肝心の見せ場で、間のとり方が下手だったり。

金田一少年を見慣れている黒焦げにとっては、

今ひとつ物足りなさを感じるのはしょうが無いのかもしれないが・・・。

この辺り、恋愛と推理を半々でやってたから、その分尺が足りんかったのか。

もう少し腰を落ち着けて長い期間やってくれれば、

違った印象、違った仕上がりだった気がする。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 正直「恋愛+推理」の組み合わせは新鮮だったし、面白かった。
(゚ー゚)。○ ( それだけに、もう少し伸びしろを感じたんだよね・・・。(ぉ
(゚д゚)< つーか葵さん?脈アリだよ?大本命だよ?気づこうよ?w

まぁ確かに、ホームズさんの京都人いけずムーブに撹乱されて、

印象が歪められてるのがあるとは言え、あのアッピルで気づかないのは相当・・・w

(゚д゚)< これは逆説的に、葵さんがいけずなのでは?(何

 

あそびあそばせ

(゚∀゚)< きたないギャグアニメだったなw(褒言葉

巷では、汚い金モザとか言われてたらしいけど、まぁ納得感があるw

特筆すべきは声優陣の体当たり演技だけども、あれって声帯痛めてないよね?w

 |-゚)っ[ギャグパートの作画に合わせた、マンドラゴラのような奇声]

正直何を言ってるのか分からない部分もあったが、

気合だけは認めてあげても良いと思うw

しかし、ちおちゃんと違って、時折変なネタ交えるのがシュールでズルい。

(゚д゚)< 前多ァァァ!お前だよ!w
(゚д゚)< 尻からビームを出す遊びを将棋だと教えたお前だよ!前多ァァァ!w

OP、CM、ED、次回予告と、本編以外の場外乱闘でも相当キマってるし、

色々とネタが尽きないアニメだった。

ただまぁ、このノリは結構上級者向けな気がするし、

割と好き嫌いありそうなギャグセンスだと思う。

 |-゚)っ[自己ツッコミできる器量、カオスを受け入れられる度量](何

この両方が素養として求められる、ハイセンスギャグアニメだったと思う。(ぇ

(゚д゚)< ひどいギャグアニメだったなw(褒言葉

 

カードキャプターさくら クリアカード編

 (゚ー゚)。○ ( 思えば、主題歌がマクロスみに溢れてるよね。(何

1クールED担当のはやみさ以外、全員マクロスの歌姫という布陣。

とても素晴らしいお声を頂戴いたしました。(ぉ

殿堂入りの真綾さんは語らずとして、

意外と声の若いきよのんを聞けたのは、ちょっと新鮮だったと思います。

(゚ー゚)。○ ( きよのんホント芸達者。素が見えない古の声優感がある。(何

さて、万全の体制で迎えた、本クリアカード編

視聴者が望むCCSを提供していただいたと思っていますが、いかがでしょうか?

シナリオ構成としても、前のお話を知らない人の為にか、

新しいカードを新たに集め直す、という形でスタートしました。

これが、過去を振り返るいい機会になったのと、

魔法少女物の前半戦の成長感を上手く引き出していて、 

(゚д゚)< とても良きものだったと思います。(何

そして合間に挟まる、

ちょっと成長した桜ちゃんと、その周りの方々の優しいひととき。

知世ちゃんは桜ちゃん愛に磨きがかかり、ますますキチの様相にw

そのお嬢様財力を遺憾なく発揮し、サポート&趣味に邁進するとw

(゚ー゚)。○ ( 高性能カメラ付きドローン、ホント草生えるwww

そして彼氏を超えて、すでに夫じみている小狼君。

ホント大人な好青年に育った育った・・・w

(゚ー゚)。○ ( いや、でも、まだ中学生のはずなんですけどね・・・?w

この年齢にして、この成熟度合い。桜ちゃんを任せるのに相応しいじゃないか。

(゚∀゚)< これにはおじいちゃんも納得。(何

そして忘れてはいけない、破壊的可愛さの主人公桜ちゃん。(ぉ

作中ではもちろんの事、OP・EDなどでも、遺憾なくその魅力を発揮しております。

特に黒焦げが推すのは1期ED。

(゚∀゚)< なにこれ・・・、これは本当にヤバい・・・。(何
(゚∀゚)< どんだけ可愛けりゃ気が済むんだ・・・。(何
(゚∀゚)< まったく、これじゃロリコンを批判出来ねぇな・・・(何

ふぅ。(何

話は変わって、物語について。

まぁ、原作が完結していないのでやむなしとは言え、

結構中途半端な所でぶった切った印象ではある。

黒焦げとしては、穏やかなストーリーを見ているだけで満足ではありましたが、

それでも、もう少しは尺の調整をして欲しかったとも思います。

謎の転校生秋穂ちゃんと、企みしか感じない執事海渡。

明らかに桜ちゃんと無関係じゃ無さそうな感じを匂わせる。

(゚ー゚)。○ ( 桜ちゃんと似てる秋穂ちゃん。やたら多い桜の母親の回想シーン。
(゚ー゚)。○ ( そして時を司る魔法を使う、執事海渡。

まぁ雑に予想すると、この辺りから展開がなんとなく読めますが、

果たして実際はどういう展開になるのか?

超絶気になるタイミングでの終了となってしまった本アニメシリーズ、

再開はいつになることやら・・・?w

(゚д゚)< まぁ、次回作があると信じて、気長に待つとしますよ?(何

 

 

 

 

はい。本日はここまでとしましょう。

それではまた次回お会いしましょう。

お粗末さまでした。

2018年!夏アニメ!最終回ラッシュ! その4

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2018年!夏アニメ!最終回ラッシュ!~進撃の黒焦げ~]

 

週を開けましたが、引き続き行ってみます。

ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

・天狼 - Sirius the Jaeger

(゚ー゚)。○ ( 予想以上に最後まで硬派な展開だ・・・w

ヒロイン感の無いヒロイン以外は、全体的によく出来ていた印象かな?(ぉ

まぁなんと言うか、案の定お兄ちゃんは良い奴だったね。

キーパーソンって言っても過言じゃないし、何なら主人公食う勢いで注目株だった。

何だかんだヴァンパイアになっても弟の事大好き過ぎるし、

最後は最後で、ラスボスにスパッとトドメをさして、

弟くんと今生の別れをちゃんとやってくれた。

(゚ー゚)。○ ( この散り際、美しすぎない?(何

しかしまさか、ヴァンパイア側が不治の病だとは。

この展開はどうだったのだろうか。

ヴァンパイア側の戦う理由付けは必要だったのかね?

(゚ー゚)。○ ( 後半のこのタイミングで、感情移入させるのはありかなしか?(何

今までやりたい放題やってきたのは確かなんだし、因果応報だと思うし。

仲直りするにしても遺恨は深いし。どう頑張っても長期戦だよなぁ。

そう言う意味でも、主人公が達観系に落ち着いたのは、黒焦げ的には不満。

(゚д゚)< 物語は最終回なのに、全部未来に先送りした感が嫌なんだよね。

あとはシリウスの箱についても、もう少し何か説明入れて欲しかった。

良くわからないけど!とにかくすごいちから!って、

なんか凄いモヤモヤしませんかね?w

それの影響で、主人公の新たな旅立ちも、方向性が視聴者に伝わって来ないし、

(゚д゚)< へぇ?それでこれはどう決着ついたの?

って誰しもが思ったと思う。(ぉ

戦闘作画は見所あったし、良い出来だっただけに、

もう少しシナリオを練り込んでくれれば、もうちょい伸びてくれた気がするね。

(゚д゚)< 次回作に期待しております!(何

 

ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王

(゚д゚)< ひっっっど!(呆

凄いなこれは。今年ワースト狙えるんじゃないか?

作画・ストーリーと、まんべんなく酷いのもさる事ながら、

キャラ物の鉄則、キャラの魅力を全面に出していかなければならないのに、

登場キャラがほぼ全員ゲスカスと言う誰得采配。

確かこの作品って、ゲーセン新シリーズの販促のはずだよな?

(゚ー゚)。○ ( こんな糞みたいなキャラとして見せて本当に良かったのか?(呆

主人公が優柔不断、ヒロインはメンヘラ。お前らいい加減にしなさいよ?

だがしかし、コイツラがまともに見えるほど、周りの登場キャラが終わってる。

新聞記者なんて、死ぬ寸前以外はずっとアスペだったし、

敵幹部も軒並み気が狂ってる人しか居なかった。あ、味方幹部もかな?w

キャラが全員糞みたいなムーブしか決めないから、胸糞&胸糞。

死に際の展開や死んだ後の展開が、雑&雑。

ここまで評価ポイント低いアニメも久々じゃなかろうか?(ぉ

(゚д゚)< はぁ・・・。次行こ、次。(何

 

・悪偶 -天才人形-

(゚ー゚)。○ ( ぁぁ、こっちも負けてないかもw
(゚д゚)< こっちは、ストーリー破綻し過ぎて笑えてくるだけマシかもだがw

後から設定盛ったせいで、整合性が取れなくなったパターンに見える。

特に最後の辺りはかなり酷い。お母ちゃん、お前だよ?(ぉ

あんなコネがあるんだったら、最初の段階で使ってるだろうに。

(゚д゚)< 子供を守る為なら何でもするんでしょ?

あとは、子供が纏めた商談が何の役にも立っていないのが草生えるw

敵が強いとは言え、おじいちゃんは簡単に負けちゃって子供守れないし、

子供ピンチになったら親父も母親も約束無視して助けに来ちゃうしw

(゚∀゚)< 前回までの話、完全に茶番ですやんw

とう言うか、モブみたいな見た目のキャラを、最後まで引っ張りすぎw

あの子供とか、完全にちょい役の見た目なのに、活躍内容は完全に主人公w

(゚ー゚)。○ ( これだったら、戦犯黄色のガキと見た目交換すればいいのにw

そう言えば、あの黄色は一度も出番なかったな。

あいつの存在意義は、不幸な女の子を全身火傷にしただけだったの?w

そんな役回りにあの強そうな見た目のキャラ使うの無駄遣いだろうw

こんなの、展開を行き当たりばったりで考えてると言われても仕方ないのでは?(ぉ

(゚ー゚)。○ ( うむ、案の定の仕上がりでしたね。(達観

 

ゆらぎ荘の幽奈さん

(゚∀゚)< 極めて原作に忠実だった。(ぉ

元々えっちなラブコメで売ってる訳だし、アニメとしてこの仕上がりは正しい。(ぉ

予定調和のようにハーレムになって行く訳だけども、

それほど不快感なくスッキリ見れるのは、コガラシ君が男気溢れる快男児だからだね。

(゚д゚)< 大人の達観系ではなく、熱血派の筋が通ってる系の魅力。(何

優柔不断な所もほぼ無いし、悪い点が見当たらない。これはモテるw(ぇ

地味にコガラシ君の俺ツエー要素もあり、

昨今のラブコメに親和性の高い内容になっているのも、幸運な所でもある。

ToLOVEるよろしく、結構息の長いコンテンツになりそうですね。

(゚д゚)< この調子で頑張ってください!(ぉ

 

銀魂

 (゚д゚)< あーはいはい、原作通りに終わらせ・・・ねぇのかwww

最後の最後でやりたい放題大暴露大会の様相wこれは酷いw

アニメ有識者の黒焦げならだいたい察していた内容だったけれど、

制作側から暴露されたんじゃぁ、マジ話ってことだよなぁ・・・w

しかし、流石ゴリラ作者だな。

尺調整に苦心しているアニメの事情なぞ無視し、自由に書きすぎだよねw

最近の長編漫画の終わりは、上手くアニメと尺調整するのがトレンドだと言うのに、

ほんとこの破天荒っぷりはヤバいw

(゚ー゚)。○ ( まぁこれは、良くも悪くも銀魂っぽいっちゃぽいけどw

こう言う性格だから、あんな濃ゆい面白ギャグパートが生み出されるのだろうしw

(゚∀゚)< まぁ銀魂は、好きなだけ好きなように書くよろし。(何

 

進撃の巨人 Season 3

 (゚ー゚)。○ ( 今回は、別側面の面白さがあったな。(ぉ

前のクールは、超大型巨人や鎧の巨人の正体が分かったり、

それに因んでエレンが戦ったりで白熱してた。

うって変わって今回は、内側の巨人事情(何)が明らかになる展開。

正味の所クリスタちゃんメインだった訳だけど、

結果的には中々に味のある展開に仕上がったと思っています。(ぉ

実は正当な王族の末裔だったクリスタちゃん。

そしてそれに大きく関与したエレンのお父ちゃん。

何気に無関係じゃなかったリヴァイ兵長とミカサさん。

相変わらず姫のように振り回される主人公のエレン君w

この辺りの種明かしは、もっと地味になると予想していただけに、

合間合間の立体機動戦も忘れずに、面白い展開で魅せてくれたという印象です。

(゚∀゚)< そして最後に超大型巨人の奇行種が出現w

これはズルいなぁwワクワクするじゃんこんなのw

物語の締めとして、綺麗に伏線を回収しつつ、女王に収まるクリスタちゃん。

街を巨人から救った英雄として返り咲くとか、流れが完璧過ぎて草生えますw

(゚ー゚)。○ ( エレン君も活躍したはずなのに、美味しい所全部持ってかれたなw

そして物語は、いよいよウォール・マリア奪還作戦へ。

やっと(笑)エレン家の地下室の謎に迫るらしい。

明らかに一筋縄じゃ行かなそうな上、EDでのリヴァイ兵長との謎のやり取り。

ここで第4シーズンへ続く。

(゚ー゚)。○ ( 覚悟はしていたが、ここで終わるのかよ・・・・w

作者さん、一発屋だの何だの言われているけど、このシナリオ構成は本物だよ。(何

最初に足りなかったのは画力だけで、それ以外はカンストだったに違いない。(ぇ

(゚д゚)< 4シーズン、楽しみにしています!(素直

 

 

 

おし、今日はこの辺りでお開きとしましょう。

それではまた次回お会いしましょう。

お粗末さまでした。