黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

2018年!春アニメ!スタート! その4

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2018年!春アニメスタート!]

 

ようやく今回で終了の見通しが立ちました。

何とか最終回ラッシュには間に待った形でしょうか。

ともあれ、ネタバレにご注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

カードキャプターさくら クリアカード編

(゚ー゚)。○ ( ぇ・・・この可愛さは異常なのでは・・・?(マテ

確かクリアカード編と言うと、ちょっと前に始まった連載と同じ話っぽいけど?

ストーリー的には、新しい要素を交えて新規一転と言った感じ。

(゚д゚)< そして中学生になって更に可愛さがアップ!※意見には個人差があります

気のせいでは無いと思うけど、キャラデザも少し現代風に若返ってる。

その辺りが原因か、前よりも年齢が高めに見えるし、可愛くも見えるのか。(何

EDとか、むだにうねうね動くし、これは明らかにNHKの本気。

(゚ー゚)。○ ( これはまた引きずり込まれそうな若人が居そうな気配w

(゚д゚)< でも、その調子で頑張ってほしい!(ぇ

 

重神機パンドーラ

(゚ー゚)。○ ( またえらい硬派なの来たなぁ・・・w

制作陣、スタッフのおかげか、比較的安定して見れるけど、ちょっと地味か?

ロボットと野郎分が多いので、そう感じるのかもしれないけども。

まぁでも、動くロボットに骨太ストーリーは期待出来そう。

(゚д゚)< 引き続き見守りましょうかね。(ぉ

 

銀河英雄伝説 Die Neue These

(゚д゚)< 流石。(何

今の御時世だと、こう言う作風は人気が出にくいとは思いつつも、

おっさんにはクリティカルヒットするんだよなあ、とも思うw

黒焦げよりももっとおっさんの人達は、過去作との違和感とかを感じるかもだけど、

新鮮な気持ちで見るのが良いと思うのですよ?(何

(゚д゚)< しかしこの大河アニメ、どの位の尺を用意しているんだろうか・・・?w

 

PERSONA5 the Animation

(゚д゚)< いやー、これは良くできたアニメだなぁ・・・w

普通に面白いのはもちろん、ゲーム中の演出を再現してるんだろうなって言う所。

(゚д゚)< これは丁寧に作ってると言わざるを得ない。

そして相変わらず上手いキャラの魅せ方よ。

やっぱり主人公、ジョーカーの豹変っぷりと、決めポーズの悪そうな顔w最高w

(゚ー゚)。○ ( うんうん、とても良いですよこれは。(ぉ

導入部分、むやみやたらに悪者扱いされる展開だったが、どう言う理由なのか。

(゚ー゚)。○ ( 展開も気になるし、とても良いですよこれは。(ぉ

 

LOST SONG

(゚ー゚)。○ ( だいぶ歌に重きを寄せた構成だけど・・・。

エッセンスは良い感じだと思う半面、登場キャラが全体的にイマイチ。

テンプレートで地味なキャラが多いし、大体の人物が浅慮過ぎる。

もう少し賢いキャラが、全体の雰囲気を締めても良いと思うのだけど・・・。

序盤という事もあって、2人の歌姫はまだ出会わず。

これは出会う事で化学反応を期待するしか無い所でしょうか。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( はてはて、どうなる事やら?(何

 

あまんちゅ!~あどばんす~

(゚ー゚)。○ ( 相変わらずの内容を期待できそうだな。(ぉ

見ててだいぶ思い出してきたけど、これは脳髄が溶けるアニメだw

 |-゚)っ[そして安定の恥ずかしい台詞]

(゚д゚)< うん、これだよこれ、こういうのでいいんだよこういうので。(何

所で、夏のシーズンが早くも終わってしまう模様。ダイビングって冬出来たっけ?

(゚ー゚)。○ ( しばらく潜るのナシなのかね?

 

デビルズライン

(゚∀゚)< うんうん、吸血鬼物だったら、かくあるべき。(ぉ

この位のストーリー平均値を叩き出してくれるんであれば、何も文句はない。

吸血鬼と人間の禁断の恋。ワードだけだと使い古された奴だけど、

内容がちゃんと伴ってれば、問題ないって言う良い例になってる。

(゚ー゚)。○ ( やっぱ取ってつけたような吸血鬼設定とかは、イカンよな。(何

 |-゚)っ[総合的に、このアニメ当たりっぽい]

 

ハイスクールDxD HERO

(゚д゚)< 第一話!最終回!これからも見てくれよな!(何

前期分のアニオリ改修と、今までの振り返りを含めた第0話。

(゚д゚)< これはどう見ても最終回w

無駄なおっぱい推しで、この作品がどう言うものであったのか、

思い出させてくれる良演出だと思います。(ぇ

そして、ハーレムぶっこむAパートに対する、質の良いバトルのBパート。

(゚д゚)< 相変わらずのこのノリ、このギャップであるw

やっぱ、ここまで何度もアニメ化される理由が、あるんだよなぁ・・・w

(゚д゚)< 一誠さんマジパねーっすわwww(何

 

・Butlers~千年百年物語~

(゚ー゚)。○ ( うーん、この話をしたがらない主人公なんなの?

ファースト、セカンドコンタクト共に、

取り敢えず怒り狂いながら殴りかかっていくスタイル・・・低脳か。

(゚ー゚)。○ ( これは明らかにJが頭おかしい。(直球

妹の事でイライラするのは分かるけど、その態度じゃ話が進まんでしょーに。

メタ的に言っても、テンポ悪くなるだけの悪手。分かってんのかな?(ぉ

てか、タイムスリップっぽいのに、別世界に来た見たいな言い方何なのかな?

(゚ー゚)。○ ( まさか伏線・・・?の訳ないかwww

どちらにせよ、期待せずに見たほうが良さそうだね。(ぉ

 

奴隷区 The Animation

(゚∀゚)< あーはいはい、ちょっと歯にこの装置を付けてくださいねー・・・。

(゚ー゚)・・・

(゚д゚)< めちゃくちゃ怪しいわ!www

トンデモ奴隷設定をギリギリ成立させる為なのは察するけど、

1話からかなり無理のある流れにw

つーか軒並み人間性が微妙なキャラばっかりで、

そいつらがどうなろうと自業自得だとしか思えないと言う。

(゚ー゚)。○ ( 感情移入しにくいのは作品としてどうなの?(ぉ

(゚∀゚)< まさに、糞のぶつけ合いに等しい行為?(酷

いっその事、主人公がクズでも憎めない、

カイジの様なキャラなら、まだ面白みもありそうだったけど・・・w

人気作だとは聞いていたが、黒焦げにはちょっち合わないかもなぁ。(ぉ

 

 

 

はい。黒焦げさん、お疲れ様でした。(何

春アニメ、ざらっと振り返りましたが、注目作は軒並みハズレ無しですね。

(゚д゚)< とても良いことだと思います。(何

 

それでは次の機会にお会いしましょう。

お粗末さまでした。

2018年!春アニメ!スタート! その3

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2018年!春アニメスタート!]

 

さて、先週に引き続き、春アニメ特集です。(何

もうネタバレ気にしなくても良さそうですが、一応注意して進んでね!(ぉ

 

 

 

 

 

 

 

されど罪人は竜と踊る

(゚∀゚)< 序盤から意識高めの飛ばしっぷりだなぁ・・・w

内容の傾向も含めて、これはかなり見る人を選ぶアニメになりそう。

キャラデザ的には、かなり腐向けっぽい印象だったけど、

実際はそこまでそう言う感じ(笑)ではなかったのは意外だった。(ぉ

ハードボイルド的な要素を多く含むし、

アウトローな捨て台詞を軽快に吐くのは、黒焦げは割と嫌いじゃない。(何

(゚ー゚)。○ ( 只々、設定が多い。これで序盤はかなりきつい。

(゚ー゚)。○ ( この辺り、もう少し何とかして欲しかったなぁ。

 

Lostorage conflated WIXOSS

(゚ー゚)。○ ( ぉ?ちょっと傾向変えるつもりなのかな?(何

前作、前々作の主要メンバーを早々に登場させ、かつ全員を舞台に引っ張り出した。

(゚ー゚)。○ ( これはなにか仕組むつもり満々ですねぇ・・・(ゲス顔

好意的に見れば、全キャラ登場のウィクロス総まとめ的な物になるか?

まぁでも、前作があれだけ酷かったから、そこまで楽天的にはなれないケド・・・w

(゚∀゚)< 期待値最低からのスタート。まぁ頑張ればいいよ。(何

 

ニル・アドミラリの天秤

(゚ー゚)。○ ( だいぶ落ち着いた立ち上がりなんだね。

地味、と言うdisり方もできるけどもw(ぉ

派手な戦闘をせず、ストーリー展開と主人公ちゃんの心情葛藤をメインで進める。

本当にそうするのであれば、かなり難易度が高そうなのだが、如何なものか?

序盤で主人公勢力を含む3勢力が登場し、

この辺りのバランシングを称してタイトルの天秤とかけているのかな。

(゚ー゚)。○ ( これが最後までうまく使えるか、フィニッシュできるかがキモか。

序盤はキャラ紹介的な内容と、乙女ゲーよろしくな展開で始まってるから、

この辺りを振り切って、良い展開に発展して欲しい所ではある。(ぉ

(゚д゚)< 期待はそこまでしてないけど、頑張ってほしい。(ぇ

 

Caligula -カリギュラ-

(゚ー゚)。○ ( 中々筋が良さそうな感じではある。(何

設定がカオスヘッドかと思ったけど、どちらかと言うとマトリックスに近いかな。

(゚д゚)< まぁ初めて見る人なら、斬新に感じるかもしれない。(ぉ

現時点で既に、対立して戦うよりも、和解の道がありそうな気がするけど、

ガン無視してバトル展開持っていきそうなのが、販促の限界か。(何

ゲーム内の、その辺りの要素をちゃんとアニメに盛り込む必要があるんだろうし、

辛い制約の中、頑張るしか無いんだろうねw(ぉ

(゚д゚)< 原作本来の質もそうだけど、どこまで頑張れるか見ものですね。

 

食戟のソーマ 餐の皿 遠月列車篇

(゚ー゚)。○ ( うむ、列車編か。

本編で不評だった前半2戦を早々に消化してしまうスタイルね。

一話で終わるから、あんまりヘイト稼がないで済んでる印象もある。(何

さて、えりな様も立ち直り、戦闘体勢に入った所なんだけども、

それでも厳しい戦いが続く本編。もやもやする展開が続くw(ぉ

(゚д゚)< そこそこ楽しみにすると良いよ。(何

 

Cutie Honey Universe

(゚ー゚)。○ ( もう少し期待していたのだけど、これは・・・(汗

絵柄が古いのは原作再現だとしても、

ストーリー位はもう少し現代風に弄った方が良かったのでは・・・。

(゚∀゚)< あと、お色気やるならお色気やるで、もう少しちゃんとやろう。(ぇ

ブサモブの絡みとか、ホント誰得なんだと言われてもしゃーないんだが・・・w

主戦場が、セーラームーンなのか、D✕Dなのかでだいぶ違う筈なのだけど、

CHはどこを目指してるのか良く分からない。

いっそ、エンドカードのキャラデザまで若返らせても良かったのでは?まである。

(゚ー゚)。○ ( これは話題になりにくいだろうなぁ・・・。(諦

 

蒼天の拳 REGENESIS

(゚ー゚)。○ ( ケンシロウ、首ふっとw

キャラデザのイメージとしては、ケンシロウラオウの強い所取りかな?w

全編フルCGだから、なんだかゲームムービーみたいなアニメになってる。

ある種、そう言う技術で安く良く作れるなら、割りかし好意的な方です。(何

流石に元の北斗よりは、ストーリーに重きを置く感じか。

(゚∀゚)< 悪人惨殺するだけの、単純明快な感じではないとw

元々重い話は多かったし、これは普通に正統派な北斗の拳

ファンならとりあえずチェックする感じが良いんじゃないかな?(何

 

鹿楓堂よついろ日和

(゚д゚)< イケメンカフェの、ちょっといい話。(何

登場する店の雰囲気と同じく、展開が中々に落ち着いてる。

特に、2話の締め方、ちょっと渋すぎるぐらいだw

(゚д゚)< またぁ、背中押されたようだよ。(終

3話目にちょっと意外性のある展開を混ぜて、緩急もつけてる。

中々に手練な構成に思えるのは気のせいかな?(何

(゚ー゚)。○ ( 見る前の印象よりも、思いの外上方修正された気がするなぁ・・・w

 

ラストピリオド

(゚д゚)< これは・・・残念だ・・・。(直球

販促の上に、メタネタパロネタを盛って、コメディで仕上げる。

(゚∀゚)< そして壮大にスベる・・・・。

これ、有名声優起用してなかったら、ガチでゴミレベルの可能性まであるぞ。

(゚д゚)< これはまずいですよ・・・(直球

 

ひそねとまそたん

(゚д゚)< 竜!ドラゴンってお前・・・・w

入りの航空自衛隊で度肝を抜かれてるのに、

まさかのドラゴン登場と言う、更にファンタジー要素盛る心意気w

これで掴みはOKな所に、全体的にセンスの良い構成が光る。

(゚ー゚)。○ ( これは良作の予感がする・・・?!(何

黒焦げとしては、ドラゴンのギミックに感銘を受けました。(ぉ

なんかこの字面だと、何いってんだ感凄いけど、事実そうだから仕方ないw

ドラゴンは飛ばないと熱量を放出できない →

現代日本を飛ぶには擬態が必要 →

アーマード!ドラゴンッッッ! →

からの!戦闘機に!トランスフォーーームッッッ!(何

変形はゲッター張りにズルズルだけど、あの格好良さだったら全然許せる。(ぇ

キャラデザ作画と構成やノリが、ギャグ調で纏まっているだけに、

結構ガチ目のトランスフォームを見せられて、面食らったのが大きいかも知れんけどw

健s・・・ノーマに至ってはドラゴン形態でもかなりのイケドラゴンw

(゚ー゚)。○ ( いやー、まじ格好いいですわーw

ストーリーも期待できそうで良さそうだし、

取り敢えずアーマードドラゴン目当てで見ても悪くない。

(゚д゚)< 中々にオススメできそうなアニメですよ?!(ぉ

 

 

 

はい。本日はここまでにしましょう。

それでは、お粗末さまでした。

 

2018年!春アニメ!スタート! その2

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2018年!春アニメスタート!]

 

さて、どんどん行きましょう。

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウマ娘 プリティーダービー

(゚ー゚)。○ ( 何だこれは・・・。またすごいアニメだな・・・。

女の子を走らせて競わせて、勝ったらライブステージって、

ちょっと設定ぶっ飛び過ぎじゃないのかな?w

オッズとか存在してるみたいだから、リアルマネーやり取りしてるよねこれ。

(゚ー゚)。○ ( ん?深く考えちゃ駄目なやつかな?闇かな?(ぇ

何が辛いって、殆どの視聴者は元ネタがよく分からなそう・・・w

元ネタの競走馬の特徴を参考にしてキャラ付けしてるっぽいけど、

さっぱりわからんってのが、大多数だろうに・・・w

そうなると、ただ女の子が走ってるアニメになるだけなんだけども、

それって割と残念な感じだよねw

(゚ー゚)。○ ( サイレンススズカ・・・。これはノーコメントで。(何

 

魔法少女 俺

(゚ー゚)。○ ( 見進めれば見進めるほど酷い展開になるな・・・。

基本的にギャグ路線だからまだ良いけど、展開はかなりのクソっぷりだ。(ぉ

ムキムキの魔法少女って言う出オチから、話が中々広がらないのが辛い。

今の所、微妙なパロディを楽しめるかどうかと言う、ギリギリの出来栄えっぽい。

(゚ー゚)。○ ( もうちょっと何とかなんねぇかな、これ。(辛

 

東京喰種:re

(゚ー゚)。○ ( これはだいぶ別作品なイメージだ・・・。

話的にも、仕切り直し感があるし、初見には色々と辛そうな印象。

主人公は一応交代している訳じゃないけど、立場がまた変わってる。

この作品のイマイチ好きになれない所だけど、

どっちの勢力に感情移入すれば良いのか、毎回困ると言うのがまた悪目立ちしてる?

今回主人公の所属が変わった事で、またややこしい事になりそう。

(゚ー゚)。○ ( 蛇足にならなければ良いんだけど・・・。(ぉ

 

こみっくがーるず

(゚д゚)< おまえー!きらら系だったのかー!(何

4人の漫画家の卵が、一緒の寮生活をしつつ、ゆるふわな日常を送る。

わりとスタンダードな日常系アニメっぽいね。

漫画についても、わりかしまともに取り扱う描写だし、

雰囲気とかさじ加減はひだまりにかなり近いように感じる。

あとはかおす先生のキャラ。

なかなか没個性の逆を行く、特徴記号満載過ぎるというかw

(゚ー゚)。○ ( あかりも少しは見習うべきだと思うなぁ・・・。(何

しかしこのかおす先生、漫画に関してすこぶるポンコツなの、ほんと心配w

作中、名前通りカオスな4コマ漫画を披露していたけど、あれはやばいw

ある種、シュールギャグとして十分に戦えるのではと思う位には・・・w

(゚ー゚)・・・

(゚д゚)< かおす先生の次回作にご期待ください!(何

 

メガロボクス

(゚ー゚)。○ ( 明日のジョー・・・w

堂々たる系譜の作品みたいだし、実際これはかなり面白い。

どん底から這い上がる、正にテンプレのような展開。

毎回毎回、ボコボコにされながらも勝ち上がっていくのは、ボクシング漫画の醍醐味。

ライバルチャンプの戦闘スタイルとか、色々と思うところはあるけども、

そう言うのは全部見終わってからにしたいと思います。(ぉ

でもこれだけは言いたい。

(゚д゚)< 最後は燃え尽きるのかな?(ぇ

 

僕のヒーローアカデミア

(゚д゚)< 変わらず、かな。

都合上1話目に総集編みたいなの挟んだけど、その他は原作通りやるみたい。

まずは夏合宿編やってから、爆豪救出編で1クールって感じだろうか。

相変わらず、面白さの瞬発力は良い感じ。緩急あってやっぱり悪くない。

かっちゃん救出する所は中々に良い展開だから、アニメでしっかり見てみたいね。

(゚д゚)< Plus Ultra !!!(ぉ

 

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン

(゚ー゚)。○ ( 世界観だけで、そこまでSAOと繋がりは無いんだな。

そうなると、元の人気を引き継げるのも最初だけ。

独自にちゃんと面白い展開を盛り込まないと、視聴者離れちゃうかもね。(ぉ

あんまり推理しなくても、あからさま伏線が見えてるのはスルーするとして、

SJ終了時点から、どう話を広げていくのか。

主人公が突然リア充的な展開になるのか、

殺伐とした殺し合いにドハマリする、見ていられない展開になるのか、

方向性次第で随分と印象が変わるかもしれないね。

(゚ー゚)。○ ( モチーフ的に、KILL要素を微妙に推してるけど・・・、さて。(何

血みどろのデスゲームにのめり込むのか、笑顔で喉元にナイフを突き立てるのか。(ぇ

そこまでサイコパスにならんと思うけど、いやでも、どうなんだろうね?

 

鬼灯の冷徹

(゚ー゚)。○ ( 体としては、分割クールだよね。

構成とか、まんま継続して見る人用になってるし。

あと、OPがしっちゃかめっちゃかだと思うのは黒焦げだけですか?

兎も角、見る方も熟れて来た感があるし、段々とコメントし辛くなってきたw

気を抜いて見るアニメにちょうどいいし、もうそうやって楽しむべきかな。(何

 

・実験品家族 -クリーチャーズ・ファミリー・デイズ-

(゚д゚)< あー、ちょっと残念なやつだ。

よくよく振り返れば、1話の時点で違和感あったけど、2話目で顕在化した感じ。

作画がそれほど悪くないので騙された所もあるし、

逆に作画が良いせいでシナリオの粗が目立つ目立つ所もある。

突然キレ出す元家庭教師や、

雷で人間になるはずの犬が次の雷では平気になってたり。

(゚д゚)< 極めつけは、幽霊信じる科学者。ほんと頭どうかしてるのか?(酷

あの家族の実験内容知ってるんだったら、血糊のDNA鑑定位してみせろよ。(ぉ

バラエティーパートでの尺伸ばしもあって、ほんと残念な感じ。

(゚ー゚)。○ ( やっぱり中途半端だよなぁ・・・(何

 

ゴールデンカムイ

(゚ー゚)。○ ( 予想通りの濃厚さだなぁ・・・w

砂金の在処を示した入れ墨を探す。ゴールデンってそう言う意味だったのね。

(゚ー゚)。○ ( そして不死身の杉本とは・・・w

かなり味のあるキャラクターに仕上がってるようで、ホント良い主人公。

つーか、杉本さんとアシリパちゃん以外の登場事物、大体ド畜生なの何なの?w

(゚∀゚)< アウトレイジばりに酷い作品だよなぁ・・・・w(褒め言葉

あとツッコミどころは、土方さんか。

北海道と言えど、流石に新選組は無理があるのではと思ってしまうよなぁ・・・w

(゚ー゚)。○ ( まぁ創作だからアリもナシも無いのだけどもw

そして突然始まるもぐもぐタイム

出てくる料理が微妙に美味そうなのが、非常に悔しいのですけど・・・w

(゚ー゚)。○ ( ひんな、ひんな。(何

これからどんどん話が展開していくのがわかる、小気味よさ。

(゚д゚)< すごく楽しく見れるアニメになりそうですね!(ぉ

 

 

 

さて、本日はここまで。また次回お会いしましょう。

お粗末様でした。

2018年!春アニメ!スタート! その1

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2018年!春アニメスタート!]

 

今更だとか、そんなクレームは受け付けない。(何

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

キャプテン翼

(゚∀゚)< 相変わらずのトンデモサッカーアニメw

ボールは友達って言って、

事ある毎に話しかけるマジキチ主人公が薄うく感じる程、

その他キャラクターも負けじと濃い。

(゚ー゚)。○ ( うむ、これがキャプ翼だよねw

初代の内容はよく覚えてないけど、わりかし序盤からじっくりやる感じだな。

(゚ー゚)。○ ( おっさん以外にも楽しめるアニメだと良いなぁ・・・w(何

 

かくりよの宿飯

(゚ー゚)。○ ( 原作よりも見やすくなってるな。体感だけど。(何

実は原作の方をちょっと読んでて知ってる訳だが、

だいぶ話がわかりやすく整理されてる気がする。

(゚ー゚)。○ ( 原作の話のつながりの雑さがかなり緩和されてる印象。

この作品て、所謂異世界チート物の部類なんだろうけど、

それっぽさがかなり押さえられている、良作によくある傾向。(何

料理が出来るだけで、基本普通の女の子っぽいし、

幽世の設定もあんまりゲームっぽくないしw

まぁ、どこかの層が好きそうな「突然イケメンに嫁にされる」って言う展開、

またかよこれwって突っ込むだけ野暮なんだろうなw

(゚ー゚)。○ ( 乞うご期待って所かな。(ぉ

 

多田くんは恋をしない

序盤だけだと、タイトルとの関係性がよく分からなかったけど、

成る程これは、多田君は恋をしないが、周りが恋をする、って事かな?(何

最初の印象としては、ライトな恋愛物っぽい感じ。

そしてカップリングも大体決まってるパターンっぽい。

ドロドロとした恋愛模様になりにくい反面、物語も単調になりやすい諸刃だけども、

黒焦げは割と好きな仕切り方ですよ。(ぉ

写真部青春グラフィティに寄るのか、恋愛模様に寄るのか、

どっちに転ぶのかが見所となりそうです。

 

ヒナまつり

(゚д゚)< あっ、痛った!(何

スキあらばこれを混ぜてくる。偶に不意打ち気味に決まるのがズルいw

と言うか、序盤の流れパないな。ギャグセンスが最高に光ってるw

(゚д゚)< 何よりツッコミがキレッキレなのが良い。凄く良い。(何

2話目もしつこく「あ痛った!」で天丼かますスタイル。ほんと笑うw

何が笑うって、ぶつかる瞬間に痛がらない(台詞ずらしてる)から、

完全にコントか何かのネタにしか見えないって所w

この辺り、原作漫画じゃ表せない間の使い方だろうし、

制作陣の力量の高さも相当なんだな、ってのが予想できる。(名推理

EDも真面目と思わせていくらの歌だし、ネタばらまきすぎなんじゃないの?w

(゚ー゚)。○ ( これは良い感じのギャグアニメになりそうw

 

魔法少女サイト

(゚ー゚)。○ ( うわっ!ドン引きですわ・・・。

1話Aパートからこの胸糞展開・・・。

そしてこの陰鬱な展開が繰り返される予感しか無い。

(゚ー゚)。○ ( つーかウィクロスと同時にやるの、悪意感じるのだが・・・w

つーか、既に残念な点として、

(゚д゚)< どの登場人物にも、1ミリも共感出来ない。(真顔

意味もなく、魔法少女デスマッチを勝手に始めてしまうし、

テンペストについて、変なサイトの情報を鵜呑みにしてしまう始末。

(゚ー゚)。○ ( お前らはテンペストについて何を知ってるんだよ・・・w

(゚ー゚)。○ ( ネットリテラシー低すぎるだろう。(ぇ

チャンピオン連載中って事で、結末まで描かれない可能性が高いし、

クソな要素しか出てこないと言う辛み。

(゚ー゚)。○ ( 残念なアニメになりそうだ・・・・。

 

ピアノの森

(゚∀゚)< 超握力から繰り出される!パワータイプのピアノ!(何

正直な所、パワーがどの程度ピアノに影響するのか良くわからないので、

主人公の強みがイマイチ伝わりにくい・・・w

(゚ー゚)。○ ( 確かに、重要なファクターにはなりそうだけども・・・w

青年期をちら見せした後、幼少期からアニメがスタート。

しかし、ライバルキャラ、果たしてライバルとして成立するのかちょっと怪しい。

(゚ー゚)。○ ( 主人公の足元にも及ばない、じゃぁ締まらないからなぁ・・・w

 

3D彼女 リアルガール

(゚д゚)< ビーッチ!w(ぇ

第一印象が、ギャル子よりも余裕でビッチ。印象だけじゃなく、実際にもビッチw

まぁ、2話の内容を見るに、自暴自棄になっている節があるのだろうが、

それにしてもなんだかなぁ・・・?w

(゚д゚)< 打って変わって主人公はガチオタ過ぎるw

コミュ障の根暗オタクって、これだと物語動かしにくそうだぞw

稀に見せる男気と優しさが、どこから来るものなのか。そこがポイントとなるか。

(゚ー゚)。○ ( 能動的に動けない主人公はなぁ。成長までの理由付けも難しいし。

(゚д゚)< つーか登場人物、ゴミ多くね?(何

人に濡れ衣着せて警察のご厄介にさせるとか、控えめに言ってもゴミクズなのだが。

そしてそいつと一緒にキャンプに行くって、どういう神経してるんだよ・・・。

サバサバ女子の為を思うなら、その件暴露して引かせたほうが良いのに、

周りは何も言わんし。

(゚ー゚)。○ ( ほんとこれ、どうなってるんだ?イミフ。(ぉ

 

ヲタクに恋は難しい

(゚ー゚)。○ ( 難儀な奴らだなぁ・・・w

オタクへの風当たりとか、環境にもよるのだろうけど、

そんなに気にする必要があるものなのだろうか。

今の時代、昔よりはオタクが生きやすくなったと思うのだけども。

ちなみに、オタクに恋が難しいのではなく、

あの腐女子ヒロインに恋が難しいってだけなんじゃないかってツッコミは必要かな?w

自分のオタク度を棚に上げて、彼氏はオタクだったらキモいって、よっぽどw

非オタの彼氏をゲットして、オタ趣味隠しつつ結婚してって、

どんな難易度のステルスゲーをするつもりなのだって話ですよw

(゚ー゚)。○ ( まぁその辺り理解してたら、上手く彼氏作ってると思うけどもw

早くも1話で、男側からアプローチをかけていく足早な展開だけど、

最後の描写を見るに、何かが決定的に間違ってそうw

(゚ー゚)。○ ( これは完全にネタだと思われてるパターンでは?w

(゚ー゚)。○ ( 難儀な奴らだなぁ・・・w

 

フルメタル・パニック!IV

(゚ー゚)。○ ( 当然の様にシリアス展開だな。

先週までの再放送のお陰で、復習はバッチリ。(ぉ

早くも波乱の予感を漂わせつつ、1話目がスタート。

展開が予想できない、巧妙なストーリーは、流石人気作、安定性が感じられます。

(゚ー゚)。○ ( どんあ怒涛の展開が待ってるのかな?(ぉ

(゚д゚)< 期待して待つとしましょうか!(何

 

シュタインズ・ゲート ゼロ

 (゚д゚)< みんな!シュタゲゼロ、楽しんでますか!(何

まともに見えるオカリンの、残るトラウマ、ラボメンに流れる微妙な雰囲気。

アマデウスの登場と新キャラ真帆にゃん、突然揺らぐ世界線。

クリス似の謎の少女「椎名かがり」、そして脳裏をよぎるラボへの襲撃。

そして極めつけが、α世界線への揺り戻しと、牧瀬紅莉栖との邂逅。

特に近々の2話が盛り上がりすぎて、ほんとヤバいことになってますよね。

心配することなど微塵も無かった。これを初見で見る人がいるとか、羨ましい。(ぉ

原作ゲーム組からすると、この展開まででひとまずのラストが予想できます。

(゚ー゚)。○ ( まぁ、こうなるとああ組み立てて・・・。(ニヤリ

 

(゚ー゚)・・・

 

(゚∀゚)< うむ、いいゾ~これ!(何

 

 

 

 

さて、今日はこの辺りで終了です。

お粗末さまでした。

 

2018年!冬アニメ!最終回ラッシュ! その6

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2018年!冬アニメ!最終回ラッシュ!~黒焦げよりも遠い場所~]

 

さて、やっと本日でラスト。梅雨も始まろうとしているというのに・・・w

さて、残りわずか、気を引き締めてクリアしていきましょう。(何

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

ゆるキャン△

(゚д゚)< なぁに、至って普通だと思うわけですよ。(ぉ

黒焦げの経験上、新鮮味が薄かったのは多少しょうが無いとして。(何

その辺りを差っ引いて考えてみると、

キャンプの魅力が伝わる、良いアニメだったのでは?と思うところではあります。

(゚д゚)< つーかあれだ。あんまりゆるくねーぞ・・・w(直球

ゆるキャンの対比でガチキャンがあるとして、それの定義、ちょっと厳しくない?w

(゚ー゚)。○ ( 大人が本気の道具集めて、山に籠もるキャンプと比較してるの?w

(゚ー゚)。○ ( そう言う相対的にゆるキャンだから!みたいなの、特にいらないよw

まぁでも、高校生のお財布事情の上にお話を成り立たせている分、

キャンプの規模は小さくなって、こじんまりとしたキャンプなのは間違いない。

キャンプ場のメッカな地域補正を差っ引いても、

リンちゃん以外はそんなに無理なキャンプはしてないしね。

(゚ー゚)。○ ( でもなぁ・・・。冬キャンから始めるとかハードル高えなぁw

ゆるキャン言うなら、普通は夏キャンの方が合ってると思うのだが。

まぁ景色とか、その辺りをプッシュする作品っぽかったし、それなら冬で正解だけど、

最早それはガチキャンパーの意見だと思うw

(゚д゚)< ガチと言えば、リンちゃんはガチソロキャンパーなんだな・・・w

あの歳で原付きで遠出とか、相当ヤバいレベルだと思う。(マジレス

(゚ー゚)。○ ( 彼女はキャンプ沼から抜け出せそうにないね。しょうがないね。(何

このクール中では、トップクラスの人気アニメだった訳だけど、

やっぱり、キャンプの魅力補正がデカイのでは、と言うのが黒焦げの意見。

そう言う意味だと、最近の流行りでもある、

趣味体験型アニメとしてかなり優秀な仕上がりだった訳ですね。(ぉ

(゚д゚)< まぁまぁ、上出来なアニメだったのではないでしょうか?(何

 

Fate/EXTRA Last Encore

(゚ー゚)。○ ( 良くもここまで自由なアニメを作ったなぁ・・・w

原作知識不足の者、アニメ読解力不足の者、これら全てを置き去りにして、

全力で、EXTRAとしての最後の物語を描く。

どう見てもFate素人に優しくない、

コアなファンだけ読み取ってくれればそれで良し、的な作り。

(゚ー゚)。○ ( ちと挑戦的過ぎると思うのだが・・・・w

これだと、リアルタイム視聴組の評価があまりよろしくなかったのもうなずける話。

ある種、妥当な意見だとも思ってしまう。

かと言って、完全なる駄作か、と言うと、そうでもない事も気づいてしまってる。(何

十二分に原作ゲームをプレイし、シャフトアニメを見慣れた視聴者なら、

これ以上にトリッキーで原作ナイズされたアニメは無いのでは?とも思ったから。

実は10話時点で、ほぼ謎や伏線は回収されていて、

後は最終決戦へのシナリオへ絞り込まれているのですが・・・。(何

(゚д゚)< 伏線・謎回収の繋ぎ合わせは、とても大変。

(゚д゚)< ぶっちゃけありえないほど、分かりにくかったw

前回のネロと最上階へ上がった白野ちゃん、

希望を抱いて最上階へ駆け上がった白野君、

そして本作主人公の死顔ハクノ君。

最初は混乱させられたけど、上記の3人がそれぞれ居ると分かってれば、

令呪の違いとかで、今誰のどの過去なのかが、分かるようになっていた。

時系列が、ごちゃまぜ前後ひっくり返ってる様に見えて、

それぞれの過去を順番に流してるだけだったりするから、

良く分からんかった人は、上の件を押さえつつ、もう一回見ると良いと思います。(何

そう整理すると、

1話の最初の描写で、ゲーム主人公のザビーズ(多分白野ちゃん)は、

残念ながらラスボスのセイヴァーに勝てなかった事がわかる。

つまり、ゲーム主人公がラスボスに勝てず、セラフに1000年の時が流れた。

そう言うIF設定だった訳だ。

(゚ー゚)。○ ( ここまで自力で理解して、やっとスタート地点。つらたんw

ほんで、EXTRAで登場した主要キャラクター達が、

1000年の長きに渡ってどの様に生きてきたのか。

概ねフロアマスターにさせられて、なんやかんや辛そうな感じになってると。

つーか1000年の重みが背景としてあるだけに、どれもこれも後ろ暗い話ばっか。

(゚ー゚)。○ ( 正直気が滅入りますよ・・・?w

まぁこの辺りは、好き嫌いの問題もあるけれども、

黒焦げ的にはもう少し明るくして欲しかったかなぁ。

ゲーム作中、晴れ晴れと敗退して行った魔術師捕まえて、

フロアマスターとして無意味に使役するとか、ほんと胸糞展開過ぎると。(直球

(゚ー゚)。○ ( フラストレーションも溜まり気味かな・・・。(ぉ

月型作品としては、耐えうる作品にはなっていると思う反面、

最後の詰めを後回しにされているので、結論も言いづらいと言うジレンマ。

まぁこれは、大人しく7月を待ってくれ、って事だと思っておきます。(ぁ

(゚д゚)< あ、そうそう、TMが歌うOP、黒焦げは割と好きですよ。(何

(゚∀゚)< ブライ!バーニン!シャウ!(何

 

アイドリッシュセブン

(゚ー゚)。○ ( 何だかおとなし目の終わり方だなぁ。

新人賞獲得後、ライバルグループのTRIGGERに勝利。石橋を叩いて渡る様なラスト。

これはこれで良いとは思うけど、なんか物足りないのも確か。

張っていた伏線の回収も、なんだか雑だった印象もある。

と言うか、回収されていないのもある。

生き別れの妹ちゃん、謎の役者の両親、ゼロの正体と、何だか不完全燃焼・・・。

これ、尺や放送形態も特殊だった事を考えると、もしや打ち切りだったのでは?(ぇ

あれかなぁ。流石に男性アイドル物のアニメが量産され過ぎて、

もう既にレッドオーシャン化してるって事なのかな?

実際、アイドリッシュはそこまで悪くないけど、このレベルの正統派をぶつけても、

他のアイドルアニメのファンを奪えるかと言うと、微妙な所だと思うし。

(゚ー゚)。○ ( 特にレジェンドがネタ・クオリティ共に強すぎるしなw(何

戦いにならないので撤退します、も、黒焦げはアリだと思います。

(゚д゚)< よく頑張ったね。次に期待しているよ。(棒

 

宇宙よりも遠い場所

(゚д゚)< 間違いなく、南極青春グラフィティだった。(感動

評判が良かっただけの事はあって、

確かに最後まで失速しない、綺麗に走りきったアニメだった。

なんと言うか、13話通して最初からちゃんと構成組んであるのが分かる綺麗さ。

各登場人物のの問題・葛藤・解決と、南極に行くまでの騒動と行ってからのドラマ。

この当たりの必要な要素をバランスよく展開していくから、

とても見やすいし、感情移入もしやすかった。(正直

南極ならではの要素・描写もしっかりしている様で、見ていて楽しいし、

本題だった報瀬ちゃんのアレコレも、総じてぐっと来た。

(゚ー゚)。○ ( やっぱ最終回手前のエピソードは最高潮だったなぁ・・・w(ぉ

忘れられた母親のノートパソコン。主人公達はそれを見つけ、基地に持ち帰る。

そしてパソコンを起動し、メールを開く報瀬ちゃん。

その受信履歴が、自分からの何百通のメールで埋まっていって・・・・。

(ノ_・、)< アニメ見てて、キャラの動悸が伝わったの久々だよ・・・(ぇ

届かなかった母への大量のメール。一体彼女はどんな気持ちで泣いていたのか・・・。

そして最終話。感動の別れもそこそこに、帰り時に着く4人。

OPとEDで、彼女らが寝そべって見ていたのが、実はオーロラだったことが発覚。

それと同時に、母親から最後のメールが届く。

その内容もまた、オーロラの画像だった。

母親との未練から旅立てた報瀬ちゃんにとって、それは悲しいものではなく、

親友と笑い会える明るいものになっていた。(何

(ノ_・、)< うむ、青春グラフィティに恥じない、気持ちのいい終わり方だよ。

(゚д゚)< とても良いと思います!(ぉ

やっぱりね、こう言う魅せ方って大事だと思います。

デスゲームで血みどろにしたり、露骨にエロ混ぜたり、そう言うのは違うと思うと。

よりもい見たいな、純粋な話の作りだけで面白いと思える作品、

もっと増えて欲しいと、切に願う限りです。(何

 

 

 

 

 

さて、冬アニメの視聴感想については、本日のここまで。

皆様、お付き合いいただきありがとうございました。

来週からは春アニメのスタートを・・・。

(゚д゚)< ツッコミは受け付けない!(ぉ

 

それではまた次の機会にお会いしましょう。

お粗末さまでした。

2018年!冬アニメ!最終回ラッシュ! その5

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2018年!冬アニメ!最終回ラッシュ!~クロコゲット・エヴァーガーデン~]

 

少し間が空きましたが、それはそれ、何事もなく始めます。(ぇ

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

ラーメン大好き小泉さん

(゚ー゚)。○ ( ラーメンでガチ泣きしていらっしゃる・・・w

キャラ設定上分からなくもないけど、ちょっと面白すぎるんだがw

そして悠ちゃんがどんどんストーカー化していく暗黒面。(ぇ

(゚ー゚)。○ ( 彼女らの未来が心配でならないよ・・・w

さて、総じて振り返ると、

 |-゚)っ[小泉さんがガチでラーメンを食べ歩くアニメ]

でしか無かったと言う、わりかしどストレートな作りだった。

素晴らしい事に、現実の名店を食べ歩くので、色々と面白い発見があった。(ぉ

関東圏内で食べ歩くから、行った事があったり、知っている店も多く登場したし、

色々と感慨深いと、内心思っていたり・・・w

幸か不幸か、腹ペコの状態で見れば、完全な飯テロだった。(何

(゚д゚)< これは良く出来ていると言わざるを得ないw(ぇ

(゚ー゚)。○ ( つーか微妙に遠い神座のおいしいラーメンが食べたくなってきた。(ぇ

ちなみに、徹底して店名は口に出していないけども、

背景描写にはしっかりとお店の名前が書き込まれているので、簡単に特定可能。

これは少なからず、話題になったラーメン屋の売上上がってるよね・・・?w

(゚д゚)< あれだな、聖地巡礼として、ラーメン屋食べ歩きするしかないな。(マテ

しかしお気づきだろうか。

ファンタジーな小泉さんならまだしも、

リアルに生きる黒焦げが、あんな量のラーメンを食べたら・・・?

(゚д゚)< とんだ飯テロ、いや、バイオテロアニメだぜ・・・!(ぇ

 

citrus

(゚ー゚)。○ ( 当然ながら、ゆりゆり全開だったな・・・。(何

まぁその辺りの是非はコメントしないとして。

まず一番最初に思うであろうこの意見をコメントさせて頂く。

(゚д゚)< めいちゃん面倒臭い子過ぎない?!(ぉ

この子の行動や心理描写、作品中で補完されない上、

視聴者がどう思考を回しても、詳しい所を察せないのが、凄く厳しい。

終盤に期待を寄せてた序盤はそれでも良かったけど、

それが終ぞ明かされなかったのは、最大に痛い所だと思っています。

こうなってくると、純粋な柚子ちゃんを性的に振り回す、

悪く言えばサイコパス少女みたいに見えてしまうというのが、勿体無い。

まぁ、めいちゃん、どう見てもあと1つや2つはイチモツ抱えてるし、

それが語られれば、サイコパス少女は返上出来る可能性が高いw

各エピソードの方も、何だかモヤモヤする内容が多かった。

まずタチバナ姉妹の件も、ちょっと納得いってないけど、

それ以上にまつりが許されてる風潮なのが納得いかない。

(゚д゚)< あれだけ悪役ムーブかましておいて、なに普通に妹に収まってるのか?(ぉ

柚子ちゃんめいちゃんの懐が広すぎて、びっくりするって話だよ。(何

それでは、迷惑人のまつりさんから、コメントを頂いております。(ぉ

 |-゚)っ[もっと人の気持を考えたほうが良いよ]

(゚д゚)< おまいうw

原作が完結していないせいか、中途半端に終わってしまったし、

もう少し落ち着いたタイミングでアニメ化をして欲しかったと思う次第でした。(何

 

・続『刀剣乱舞-花丸-

(゚ー゚)。○ ( キャラ多っ!(何

流石にこの量は、原作勢でもない限り追いきれんな。

(゚ー゚)。○ ( もう少し何とかならなかったのかな? 

(゚ー゚)。○ ( 完全に原作ファンしか見てないアニメだったってことかな?

内容についても、1期以上に単発キャラクター紹介な話が殆ど。

正直、掘り下げだったのか、適当な属性付与の賑やかしだったのか、

良く分からん微妙なラインだったと言う印象しかない。

ラストエピソードもかなり雑で、申し訳ない程度の戦闘と、

安直に大和守を登場させると言う、捻りのない展開。

(゚ー゚)。○ ( しかもこの展開、活劇と被ってるんじゃね?辛い。(ぉ

まぁ、あれか、原作ファンは、これを燃料にして萌え上がれば良いと思います。

(゚д゚)< それ以外の人は回れ右。次に行ったほうが良いです。(直球

 

三ツ星カラーズ

(゚ー゚)。○ ( ジワる・・・w(何

何が面白いって事でもないんだけど、

時折飛んでくるクリティカルヒットで笑ってしまう感じ?(何

完全に平和な世界なので、安心して見れるのもあって、

文字通り、脳ミソ空っぽ推奨アニメだった。

(゚ー゚)。○ ( しかし、カラーズ達はかなり自由に遊んでるなぁ・・・w

流石に、公園の真ん中で布団敷いて寝るのはどうなんだと思うけどw

そう言えば、おやじ。タイムマシンの回で、10年あっという間とか言ってたな。

こういう地味な大人の意見を、ちょいちょい挟んでくるのも、

おっさん向けアニメとしては正しいと思う、黒焦げであった。(何

内容としては、よつばととか苺とかと同じ傾倒の作品で間違いない。

そう言うの好きだったら、素直に楽しめるアニメだったかな。

(゚д゚)< 気になるなら、見てみると良いよ。(何 

 

メルヘン・メドヘン

(゚∀゚)< え、何これ?打ち切り? (困惑

話には聞いていたけど、こんなに大惨事になったのは久々じゃないか?

何話も落として再放送や総集編をした挙げ句、作画崩壊からの途中打ち切り。

(゚ー゚)。○ ( ネタにするにしても、ヤバいレベルだろうに・・・。

つーかさ、遺作扱ってるんだから、もう少しちゃんとやれよと。

(゚ー゚)。○ ( こんなの浮かばれなさすぎる。

シナリオもコンテが雑になったせいか、変な感じになってるし、

ほんと誰も幸せになってない・・・。

(゚д゚)< これは、無かった事にしよう!(悲壮

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

(゚ー゚)。○ ( 丁寧で見応えのあるストーリーだった。ホントに京アニ?w(ぇ

一つ一つの小さなエピソードをきっかけとして、ヴァイオレットの心が成長していき、

少佐との会話を思い出し、その意味を飲み込んでいく。

最初から最後まで、綺麗にこの構成で進行していき、非常に心臓に圧が来る。(何

少佐との過去パートが、一から十まで泣かせに来るズルさ。

予想しうる範囲の展開の筈なのに、クオリティが高いから威力が高いw

後半になってくると、絡んでくるショートストーリーの方も重くなり、

現在の重い話から、過去の重い話と言う、涙腺崩壊ラッシュを決めにくるw(ぇ

(゚ー゚)。○ ( もうほんとこれしんどい。尊い。(何

ヴァイオレットちゃんは戦えるので、その辺りの設定を活かした展開も割と好き。

(゚ー゚)。○ ( ちょっと強引な部分も多いけどねw

流石に戦場にパラシュート降下して、敵を秒殺し、

戦場で手紙を書き始めたのは、どうなのかなと思ったけどw

まぁアニメだから、こういう設定を死なすよりは使って、

色んな話を作ってみせるのが、正しい在り方だと、黒焦げは思います。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( しかし最終回。ほんと感慨深いな。(ぉ

分からない分からないと、繰り返し言っていたヴァイオレットちゃんが、

とうとう「分かります」って言った。

命令してください命令してくださいと、繰り返し言っていたヴァイオレットちゃんが、

とうとう「命令はいりません」って言った。

13話かけて育ってきた、ヴァイオレットちゃんの心の集大成として、

本当に尊い帰結になってると思う。(ぉ

(ノ_・、)< そして、その感情を踏まえての、少佐へのはじめての手紙。

「愛してる」が少しでも分かるようになった事。

でも伝えたかったその言葉は、少佐へは届かない事。

生きる者の、心の整理としての手紙。

この作品のテーマとも言える「手紙」で締めくくるとするのであれば、

これ以上は無いんじゃないかな?と思うレベルの締め方ですよね?(ぉ

京アニの力作画も、この作品の重厚なストーリーに釣り合ってるし、

ほぼケチを付ける所が見当たらない。すごい、良いアニメ。(べた褒め

早くも続編制作決定の一報が流れたけど、地上波だろうか?劇場版だろうか?

ボリューム的には、劇場版の様な気がするけど、どうなんだろう?

(゚ー゚)。○ ( 黒焦げ的には、またじっくり地上波で見たいけどもw

(゚д゚)< まぁ何にせよ!もう一度ヴァイオレットちゃんに合うのが楽しみですね!w

 

 

とりあえずここまで。

まだちょっと残ってしまったので、次でラストかな。

という事で。

お粗末さまでした。

2018年!冬アニメ!最終回ラッシュ! その4

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2018年!冬アニメ!最終回ラッシュ!~黒焦げは雨上がりのように~]

 

ゴールデンウィークにも突入し、出遅れ感が半端ない今日このごろ。(何

つまりは平常運転です。(ぇ

 

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

クラシカロイド

(゚ー゚)。○ ( うーん、やっぱりこんな感じなんだな・・・。(落胆

1期が終わった時点で既にネタ切れの雰囲気があったし、

案の定2期の内容はふるわなかったってのが黒焦げの意見。(ぉ

間延びと言うか、尺稼ぎのギャグカオス回がかなり多かったと思っています。

(゚ー゚)。○ ( 実際、メインストーリーだけだったら、5話も無いんじゃないかな?

ラストの展開も、

ワグ君暴走からの、皆のムジークで止めるっていう予想の範囲を超えない感じ。

一応2期通して張ってあった、家族愛の伏線をちゃんと回収したとは言え、

あまりにも予想通りで平凡すぎた。(ぉ

(゚д゚)< と言うか、長尺使った割には、内容が薄いのが不満。

 カオスな展開は多いけど、概ね同じパターンだし、メリハリが無くなってる。

その辺りが、単調で薄く感じる原因なんじゃないかと思う次第です。

(゚ー゚)。○ ( 流石に2期✕24話もやれば、ネタが尽きるって事だろうね。

最早、ストーリー以外のハチャメチャ展開と、割りかし秀逸な楽曲を楽しむのが、

正しいスタンスのアニメになっているよね。(何

(゚ー゚)。○ ( うん、もうお腹いっぱいかな。(ぉ

 

サンリオ男子

(゚ー゚)。○ ( 謎の感動・・・w

全体的にお話の作りは上手かった。

けども、最終回手前のミュージカルの台詞を思い出すシーン、

ここだけは話を合わせました感が凄かったと言うw

しかしほんと、期待値が低いせいもあってか、意外に面白く感じるアニメだった。

少なくとも、想定されるファン層は満足する出来になってる気がするし。

(゚ー゚)。○ ( かつてのコアターゲットを狙い撃ちって所かな?(何

今考えれば、

意味深な台詞喋らせたり、美少年に女装させたり、ギャップ萌え狙ったり、

運動部の筋肉を魅せたり、あからさまな所はたくさんあったんだよね・・・w

(゚д゚)< まぁ、サンリオキャラなんてあざとくてなんぼか。(ぇ

ある意味正しいアニメだったのだと、納得している次第です。

(゚∀゚)< うむ、とてもキティフルだったと思います!(何

 

伊藤潤二「コレクション」

(゚д゚)< 双一に始まり、双一に終わる。これはズルいw

ギャグになるかならないかのギリギリのレベルのキモさを維持して、

不気味なホラーとして成立させる手腕よ。(何

コレクションという事で、幾分かマイルドな話を選んだのかも知れないけど、

ガチホラー的な要素が薄くて見やすかった印象はある。

(゚ー゚)。○ ( あと、びっくり系ホラーに走ってないのも、好印象。

作品は知らずとも、超有名なシーンはネットに出回ってたりするけれども、

元ネタこれだったんだな、ってのが結構あったのは収穫ですわ。(何

 |-゚)っ[カタツムリの奴、油の奴](ぉ

しかし、最後の話、淵さんと双一君のコンビネーションって、

(゚д゚)< これ絶対面白いやつじゃんか・・・・w

ただでさえ、双一君はギャグに振り切れ気味なのに、

淵さんが茶化しにきたらヤバい未来しか見えないって言う・・・w

蜜の真面目なホラーと、双一君のギャグ回。

この作品の締めくくりとするのであれば、黒焦げ的に満点をあげたい気分ではあるw

と言うか、全体的に安心して見れたのも、一重に良い原作があっての事。

(゚ー゚)。○ ( ほんと、伊藤潤二様様やでぇ・・・(何

 

ハクメイとミコチ

 (゚ー゚)。○ ( 激しい展開はなくても、ずっと見れちゃうやつだ・・・w

人間よりも大分小さな妖精の、スローライフな生活を描くアニメ。

内容の説明としてはこれだけなのだけれども、出来栄えが中々に素晴らしい。(ぉ

細かい設定が織り込まれている世界観はもちろん、

短編ストーリーの中にも、話の連続性を感じる気遣いが良い。

家はリフォームしたら、作中はもちろんエンディングでも変化があったし、

髪を切ったらしばらくは短いままだったし、

作った服や風呂なんかも、画面の端にちゃんと存在してた。

短編はぶつ切りだけど、でも、ちゃんと繋がってるって言う配慮、芸が細かいよねw

短編1つとしての内容も、ちょっと切り取った世界観を下地に、

ハクメイとミコチの個性を乗せた、柔らかい物語に仕上がってる。

(゚ー゚)。○ ( これはほっこりしますわーw(ぉ

黒焦げ的にツボだったのは、登場キャラが小さいんだよ、っていうギャップ要素。

食べ物の大きさや、植物の大きさ、動物の大きさ。

それらを、人間の世界の尺度で思い浮かべると、何だか楽しくなってくる。(ぉ

全体的に、複数回見るのに耐えれるレベルの、深めの設定が垣間見れるし、

じっくり腰を落ち着けて見るべきアニメだと思うわけですよ。(何

(゚ー゚)。○ ( 良い安らぎアニメだった。(ぉ

 

博多豚骨ラーメンズ

 (゚ー゚)。○ ( 良い殺し屋アニメだった。(何

人工の3%が殺し屋って設定、流石にどうかと思ったけど、

現代日本でドンパチやるためには、必要な設定だったと理解した。(ぉ

基本キャラは大事に活躍(生存)させつつ、

サスペンスでハードな展開の上で、モブキャラとかはじゃんじゃん死ぬ。

飛蘭とか、割と重要そうな敵キャラも、容赦なくストーリーの肥やしにする姿勢、

黒焦げは中々にハードボイルドだと思うわけです。

全体を通して、キャラの動き方とか、物語の展開が良く出来ていて、

ほんとデュラララを彷彿とさせる出来だった。

でも、カテゴリーは同じだけど、豚骨は豚骨で味があって、これはこれで悪くない。

(゚ー゚)。○ ( あれ?なんかラーメンの感想みたくなってる?(ぉ

思えば、総じてキャラが良い感じ。(直球

にわか侍、口の軽いハッカー、ドSの筋肉達磨、オカマ、お医者さん先生、etc…。

並べるとオーソドックスだけど、それを古く魅せないのは技量があったからか?

しかし、男しか出てこない筈なんだけど、林ちゃんが女装をしているおかげで、

だいぶむさ苦しい雰囲気が中和されてる気がする・・・w

(゚ー゚)。○ ( これを狙ってやったのなら、作者さん中々の策士だなw(ぉ

(゚ー゚)。○ ( つーか、オチとしてラーメン食って野球するの、ほんと和むw

切った張ったした後に、こういうほのぼのパートを繋ぐ采配。

 |-゚)っ[何かとギャップがヤバい]

総じて黒焦げの評判は上々。是非とも続きが見たいと希望するレベル。(ぉ

しかし、世間での評判は・・・どうなのだろうか?

(゚д゚)< 黒焦げは、博多豚骨ラーメンズを応援しています!(何

 

恋は雨上がりのように

(゚ー゚)。○ ( うむ、最初と最後の印象が随分と違うな。(真面目

最初は、おっさん&女子高生、年の差カップル ドタバタ恋愛劇だと思ったけど、

これは掴みだけで、主題はもっと別にあったという不意打ち。(ぉ

極めて真面目に、

「追う夢のそれぞれの思い」を描写していく展開になるとは思わなんだ・・・w

 |-゚)っ[橘ちゃんは、怪我で諦めかけていた陸上への夢]

 |-゚)っ[店長は、経年と現実に負けて崩れ去った小説への夢]

もちろん、勝手にそれぞれ立ち直るって言う投げやりな展開な訳はなくて、

2人が付き合っていく過程で少しずつ蘇っていく、と言う盤石な作りだった。

店長は若さに触れて、橘ちゃんは諭しさに触れて、それぞれ自分の夢を思い直すと。

正直凸凹ラブコメ調で進むと思っていただけに、

この青春どストレートに変化した球は、中々に捉えにくかった・・・w(何

(゚∀゚)< 気持ちよくバットを空振ったぜ!(ぇ

ちなみに、主役の2人の名脇役、フレンズ達には功労賞をあげたい。(何

橘ちゃんの親友のはるかちゃんは、年相応の体当たり戦法。

熱く溢れるパッションと涙で、橘ちゃんを夢へと引きずり戻す。

店長の悪友のちひろさんは、作家魂を揺さぶる搦め手。

過去の思い出と、開いた実力差。

そして苦悩を語ることで、店長にかつての夢を思い出させる。

親しい間柄だからこそのナイスアシストは、ラストへの導線に不可欠な要素になった。

話が進むにつれて、展開・解釈・作画などが、情緒的になっていって、

流し見るには勿体無い、非常にオシャレな作風だったのも良かった。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( グラスリップもこの出来なら、イミフとか言われずに済んだかな?(何

ラストの盛り上がりは今ひとつだったけれども、終わり方としては良し。

盛大にドカンと花火を上げる、劇的な展開で泣かせる、って作品でもないし、

こういう着地の方が、らしいちゃらしいのかも知れないが・・・w

(゚д゚)< 兎も角、アニメ文学玄人向けの、良作アニメだったと思いました。(ぉ

 

 

 

 さて、本日はここまでとします。

それでは皆様、また次回お会いしましょう。

お粗末さまでした。