黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

2019年!春アニメ!最終回ラッシュ! その2

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2019年!春アニメ!最終回ラッシュ!~進撃の黒焦げ~]
 

相変わらず雨が降り続き、終わらない梅雨状態ですが、

室内でアニメを見る分には何も困ることはありません。(ぉ

 

と言うことで、今週も最終回を振り返って参りましょう。

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

・さらざんまい

(゚ー゚)。○ ( なるほど、わからん。(何

ユリ熊の感想を振り返って見たのだけれども、その際には次の感想が残ってた。

 |-゚)っ[ピンドラよりも酷いんじゃないか]

そして、今回はどう言う感想かと言うと。

 |-゚)っ[ユリ熊よりも酷いんじゃないか](ぁ

ユリ熊では、「難解な解釈が必要とする話を求めている」と言う感想を述べたけど

確かにそう言ったのは間違い無いのだけども・・・。

(゚д゚)< ここまでしろとは誰も言ってねぇ。(暴

正直な所、1回目での視聴で得られる情報量が少なすぎる。

展開が面白くないので流し見したのも影響していると思うけれども、

物語の吸収率が体感で3割切ってる気がすると言うか。(何

いくら難解なお話が持ち味とは言っても、6割は感じ取れる位には作って欲しい。

(゚ー゚)。○ ( でないと流石に「駄作」なんだよなぁ。(ぉ

登場キャラの洞察として、あのストーリー上での動きに説得力があったのか。

彼らの終わりは本当にハッピーエンドだったのか。

終わりに繋がる重要な情報でさえ、アニメ玄人の黒焦げですら拾いきれなかった。

(゚ー゚)。○ ( こいつは作りに問題があるとしか言いようがない。(ぉ

加えて思うけど、

いかにも男オタクが好きそうな、伏線を拾って咀嚼する形のアニメ。

そのテンプレをホモに当てるのは、果たして正解だったのか。

メインターゲットの腐女子さんに「幾原難解アニメ」はヒットしたのだろうか・・・。

1巻の売上は、ブースト効果もあって4千強は売れたけど、

2巻以降は厳しい戦いになりそうだし・・・。

兎も角、相変わらず人に勧められるような作品を作らないよねw(ぉ

(゚д゚)< 幾原監督、次回作を期待しております。(何

 

・ひとりぼっちの○○生活

(゚ー゚)。○ ( 拭いきれないこの茶番感・・・w

本人らは、極めて真面目に友達作りに励んでいるのは分かるけども、

どうしてもギャグ色を強く感じてしまうw

特に忍者さんと友達になる件は、明らかに今更感が凄かったし、

これぞまさに茶番だったと言わざるを得ない・・・w

まぁでも、

(゚∀゚)< 日常系な訳だからして、茶番上等。むしろ茶番なくしてなんぞする!

と言われれば、確かにその通りなのだがw

コメディとして、ぼっちちゃんが頗るコミュ障だったのは、

面白い動きとしてまぁまぁ楽しめた。

(゚ー゚)。○ ( ここまで堂々とゲロインするの、初めて見たかもしれない・・・w

クラスメイト全員と友達。

陽キャでもだいぶ厳しい目標だが、ぼっちちゃんは果たしてクリア出来るのか。

そして親友との絶交は回避出来るのか。

(゚д゚)< ぼっちちゃんの明日はどっちだ。(何

 

ぼくたちは勉強ができない

(゚д゚)< あー、これ分割2クールか。それにしても半ば感凄いな。(何

そもそも、全体としてショートショート構成が強く感じられる。

原作準拠だから当然と言えば当然だが、

週刊連載のサイズ感と、ABパートののサイズ感が全く一緒になっている。

見やすいのは良いんだけど、こぢんまりし過ぎている感じも、あるっちゃある。(ぉ

加えて後1クール話を進めた所で、本編山場までたどり着くか怪しい所。

そしてその時には既に遅し、って事にもなるかもしれない。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 5等分との、ストーリー展開の自力差が出てしまったか・・・。
(゚д゚)< 秋からの2クール目、奮闘して欲しい限りです。(何

 

この音とまれ!

(゚д゚)< また凄い所で切ったなw最終回だよね?これ?w

まぁ2期が既に決定しているようだし、実質2クールアニメって事かな。

さて、全体の作りとしてはとてもオーソドックスだった。(ぉ

各キャラクター毎の挫折あり、立ち直りあり、色々あり。

ドラマパートは思った以上に青春群像劇だった。

思いの外不良であった事のディスアドバンテージがキャラに対して大きく働いてて、

視聴者側としては、いい感じにやきもきするバランス感覚。

まぁ愛君に関しては、不良キャラも半分は誤解みたいなもの。

ホントはそんな子じゃないのに!感がある、エセ不良と言えなくもない。(何

となれば、尚更こう言う見せ方はキャッチーだし、見てて楽しいので、正解。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( しかし・・・爺さん婆さんネタをやられると、ほんと涙腺が危ない。

死がエピソードに乗っかっているだけに、否が応でも重みが増す。

愛君の男気も相まって、ほんとヤバい。(語彙力

てか、部長の統率力の成長率も半端ない。

数ヶ月でこの伸び方。立場が人を作るとはよく言ったものだw

ドラマパートの興奮冷めやらぬ中、バシッと琴の演奏で結びとする形。

(゚д゚)< これはとても綺麗にハマってる。(ぉ

賞味2回。曲のチョイスと表現の解釈も相まって、

ビジュアルとしてもミュージックとしても、かなり完成度が高かった。

(゚ー゚)。○ ( これは「4月は君の嘘」に肉薄したかもしれん。(ぉ

次は10月か。秋まで待ち遠しいものだw(ぉ

 

・真夜中のオカルト公務員

(゚ー゚)。○ ( うーん、これはB級上位の面白さ!(何

妙にリアリティのある公務員サラリーマンが、

アナザーと呼称する神、妖精、妖怪などとの騒動を解決していく作品。

主人公は安倍晴明の隔世遺伝のようだけど、能力としては通訳能力があるだけ。

戦闘能力は皆無。

従って、普通は会話することが出来ないアナザーと、

積極的に会話することで事件を解決に導いて行くことになる。

危険性のない些細な事件から、下手すると大災厄が起きる手前だった事件まで、

規模の落差が凄まじいエピソードが並んでいく。

これがある意味で、

作中で登場するアナザーの不気味さや、神秘性を丁度良く表している。

(゚ー゚)。○ ( しかし、蚕の事件はほんと危ない所だったな。(ぉ

と言うか、いの一番に強攻策取るとか、ちょっと危機意識低すぎるのでは?

原因となるアナザーを抹消すれば万事解決って、ちょっと幼稚な思考回路過ぎる。

そのアナザーの胴元が居る可能性があるし、余計な恨みを買う可能性だってある。

アナザーと意思疎通が出来ないとは言え、そこに意志が存在するのは

経験的に分かっている訳で、事は慎重に運ぶべきだろうに・・・。

(゚д゚)< つーか額に傷がある人。あいつの責任もっと重いだろ。(ぉ

調査不足に、安易な解決方法、そして結果として被害は少なかったとは言え、

大量の死傷者が出る寸前だった。

(゚д゚)< これ、原発事故よりも酷いことになってたぞ。大袈裟ではなく。

どう考えても、あいつはクビになるレベルの失態なんだよなぁ・・・。(何

でもまぁ、サラリーマンだし、責任は上の人が取ったのかな?(すっとぼけ

黒焦げとしては、妙にサラリーマン感のある会話が結構好きだった。

よっしゃ打ち上げ行くか!とか、連勤がどうのとか、給料がどうのとかw

ガヤレベルの些細な会話だけど、現実味のある会話、地味に味わい深いと思います。

A級とまでは言わないけど、B級上位の面白さはあった。

(゚ー゚)。○ ( ちょっと良かったぜ!(何

 

進撃の巨人 Season 3

(゚ー゚)。○ ( なるほど、とうとうここまで情報が開示されたか・・・!(何

壁の外側の真実が、とうとう明らかになった。

思ったよりも複雑な世界情勢が組み込まれていた事に、驚いています。(何

内容から考えても、走りながら考えたような雑さは感じられないし、

これは最初から構想があったのだろうと予想できますね。

(゚ー゚)。○ ( まじで進撃の作者さん、超大型新人だった模様www
(゚ー゚)。○ ( 足りなかったのは画力だけだったのだね。(ぉ

はてさて、今回のアニメの範囲に話を戻すと。

今回は、ウォール・マリア奪還作戦と壁外世界構造の種明かしに、全話使った形。

尺としてはかなり短かった筈なのだが、内容が濃かった為にそれを感じさせない出来。

猿の巨人のワンサイドゲーム、鎧と超大型巨人との決戦、兵長無双。

そして、アルミン決死の大活躍。

硬質化パンチを獲得したエレンもかなり活躍した筈なのだけど、

それ以上に他の方々が活躍しすぎて、印象が薄れてしまったと言うか・・・w

そして相変わらずハイクオリティの戦闘作画。

(゚д゚)< 是非ともゆっくり、2度は視聴して欲しい所ですね!(ぉ

ほんと、兵長の立体機動は毎度格好良い。

あの人外の強さ、毎度鳥肌レベルにクレイジー。もっと活躍して欲しい限りだw

そう言えば、

(゚д゚)< ライナー流石に悪運強すぎない?w

結構な回数負けてるのに、未だにゲームオーバーになってないとか、奇跡的過ぎるw

人情味に溢れすぎている104期のやらかしの影響もあるけども・・・

(゚ー゚)。○ ( ひょっとしてライナーが主人公なんじゃね?(マテ

さて、壁外の実情が明らかとなり、

物語が最終的にどう転がるのか、ターニングポイントに差し掛かった。

鍵はすべてエレンに握られており、彼がどう考え、どう決断するのか、それで決まる。

 |-゚)っ[これ以上巨人と戦うのか、はたまた世界と戦うのか]

どちらにせよ、戦乱は回避できないのか?

もしかして、それを受けて和平解決路線を模索していくのか?

実際の所、昔ほど巨人の力は絶対的な脅威にはならないだろうし、

やりようによっては今ならもう少し何とかできそうな気はするのだが・・・。

次回アニメは2020年とのこと。そして、FINALとのこと。

どんな結末を迎えるのか。楽しみにしておりますので、

(゚д゚)< キッチリとクロージングをお願い致します!(何

 

 

 

 

はい。本日はここまでと致しましょう。

それでは、お粗末様でした。

2019年!春アニメ!最終回ラッシュ! その1

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2019年!春アニメ!最終回ラッシュ!~黒の勇者の成り上がり~]

 

7月なのに、蒸し蒸しと雨が鬱陶しいですね。

まぁでも、そんな季節柄は関係ない。

(゚д゚)< まずは最終回を振り返るんだ。(何

 

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

続・終物語

(゚ー゚)。○ ( うむ、エンドロールって事だろうなぁ。(何

阿良々木君を主軸とし、鏡の世界を通して彼の心残りを振り返る。

そして彼はそれを飲み込み、2割増しで跳躍していくと。(ぉ

阿良々木君の心残りは、今までの物語シリーズから端を発する内容となっている。

各物語を思い返すと、なるほど確かに阿良々木君の心残り足り得る内容だなと。

そのどれかが原因だ、とか何とか言っていた気がするけれども、

案外全部がそうなんじゃないのかな?と思う次第でありますw(ぉ

高校生の終わりに、高校で起きた心残りを振り返って先に進む。

(゚д゚)< 正しく、阿良々木暦の高校物語のエンドロール、終物語だった。(何

 と言うか、いつにも増して意識が高い仕上がりだ。(ぉ

結構丁寧目に説明が入っているとは言え、すんなり理解できるとは言い難いw

エンドロールとしての雰囲気を出したかったのかと思うが、

黒焦げとしてはもう少し咀嚼しやすくして欲しかったw

(゚д゚)< さて、本当に高校生編もこれが最後となる。(何

先を知らなかったら、これでシリーズ完結!って思ってもしょうが無いレベルw

まぁね、大学生の話や成人した話がまだ続くのですがね!w(ぉ

そのうち地上波か映画か何かで映像化されるだろうし、

それまで楽しみにお待ちしております。

(゚д゚)< とても良い物語でした。(何

 

どろろ

(゚∀゚)< 安定の不条理エンド。マイルドではあるんだけどねw(何

手塚原作のどろろから、多少アレンジ改修がされているけれども、

雰囲気を壊すことなく、ちゃんと今風に仕上がっている印象。

最近だと、敵は敵なりの正義がある。味方は必ずしも正義ではない。

っていう、勧善懲悪ではない話が多いからね。

 今回の場合、百鬼丸を捨てた父親側や、その息子の多宝丸の描写も多い。

 |-゚)っ[領民を守るため、我が子を犠牲にして、領地に安定と繁栄をもたらした]

と表現すれば、親父さんが普通に名君に聞こえるのがミソ。

親父さんもある種正しいのだよね。だって、

(゚∀゚)< これは間違いなく、ボブだってそーする。エミヤもそーする。(何

この行為に文句を言えるとしたら、やはり犠牲になった当人である百鬼丸だけで、

必然的に、百鬼丸が体を取り戻す事にも正当性が生まれる。

それが例え、領地領民の平和を損なう事になろうともね。(ぉ

まぁ、平和と言ったけども、鬼神が闊歩する世の中な訳で、

そうなると鬼神に殺される人々も当然いる。

領民の為と言いつつも、領民を殺す鬼神を放置すると言うダブスタっぷり。

(゚д゚)< 親父さん、これは百鬼丸に付け入られてもしょうが無いよ?w

こんな感じで、誰が何をなしても、すべての登場人物が幸せになる、

圧倒的ハッピーエンドは存在しない。

その葛藤と過程、うんうん言って悩み生き抜く様が、とても見所の作品でした。(ぉ

手塚作品だと分かって見ている人は大丈夫だと思うけど、

前情報なしに見ると、かなりやるせない気持ちになるだろうなぁ・・・w

(゚ー゚)。○ ( どう考えても、疲れた人が癒やしの為に見るアニメでは無いw
(゚д゚)< その辺り、覚悟して楽しんで欲しい。黒焦げとの約束だぞ!(何
(゚∀゚)< ちなみに、癒やしを求めるなら、↓ね。

 

・世話やきキツネの仙狐さん

(゚д゚)< 終始世話を焼いて、甘やかすだけのアニメだった。名に偽りなし。(ぉ

中野さんについて、黒いモヤの理由や特異性の件があったりするのだけれども、

アニメの中では全くのノータッチ。

ただひたすらに、社畜リーマンを甘やかすだけの展開が繰り広げられますw

そう言う意味だと、内容が本当にペラッペラなんだけれども、

語るような内容はほぼ無いんだけれども・・・。

(゚∀゚)< 甘やかしの極地を見た。(ぇ

甘やかしに全力 つっぱ。それにより、癒やしのクオリティだけはやけに高いw

黒焦げがやられてるのを差っ引いても、

若干異常なクオリティなのでは?と思ってしまうレベルなのが怖い。(ぉ

ちなみに、本編漫画版だともう少しテイストが違う模様。

過去編とか、お世話に至る経緯とか、物語としてボリュームがあるっぽいw

まぁ、せっかく「うやん」が聞けるのなら、それに特化させたい気持ちもわかる。

が、それも一長一短なんだよなぁ・・・w

そうだ、漫画もアニメも、両方楽しめるって解釈で行こう。そうしよう。(ぉ

(゚д゚)< そこのあなた、人生に疲れていませんか?
(゚д゚)< そんな時は仙狐さんを見よう!黒焦げとの約束だぞ!(何

 

・賢者の孫

(゚ー゚)。○ ( なんだか内容がうっすいなぁ。(何

これはもっぱらWEB漫画版を読んでいるから言えることだけど、

WEB漫画版に比べて、お話がかなり薄い。

演出の省略と物語の省略は基本として(あえてスルーして)、

アニメ化された箇所であっても、説明不足な印象を受ける事が多い。

元々質の良い原作では無いけれども、流石にこれは原作が可愛そうなレベル。(ぉ

例えば、他のなろう原作と比べると、扱いもかなり違う。

今回同時期にやってた盾の勇者と比べると、その差は歴然。これはあんまりだ。

賢者の孫も、2クール分の尺を貰って、序盤のあれこれをしっかり映像化するだけで、

(゚ー゚)。○ ( だいぶ印象が違ってくると思うんだけどなぁ・・・。(落胆

シン君のすっとぼけギャグパート、シシリーちゃんとのノロケ系ラブコメパート、

そして割とちゃんとしてるシリアスパート。

これを普通にアニメ化するだけで、そこそこ面白いはずなんだが・・・。

(゚ー゚)。○ ( こうやってなろう原作がアニメに使い潰されていくのか。
(゚д゚)< 世知辛いのじゃぁー(何

 

ワンパンマン 2期

(゚д゚)< あらー。ガロウ編途中だけど、終わってしまうのか・・・。(落胆

地味に、3期が決定している訳でもないのが辛い。頗る微妙よな。

なんと言うか、盛り上がり手前、キャラが登場していく段階で終了した感じ。

(゚д゚)< これはかなりもやっとする案件。(ぉ

顔見せしかしてないS級ヒーローとか居るし、あいつ何だったのとか普通にある。

ここまでで感想を述べよ、と言われても、確実に困るやーつ。(何

ワンパンマンは、作風的にも一気に見るべき。

なので、早いところ3期を作って欲しい所だよね。(ぉ

しかし、せめて災害レベル竜のオンパレードの所までは、

話を進めた方が良かったのでは?。

(゚д゚)< まぁ、期待してお待ちしております。(圧力

 

盾の勇者の成り上がり

 (゚∀゚)< 3勇者、つっかえねぇwwwww

クソ雑魚ナメクジ過ぎる彼奴等は、一体何なのかw

あそこまで弱いと、何かの呪いでもかかってるんじゃ?とか思っちゃうよねw

最終回にて、戦闘描写すらなく寝てて終了。

しかも、唯一活躍したモブ子ちゃんを追い出す無能ムーブw

王女様も使えない発言に普通に同意しているし、もう笑うしか無いwww

とまぁ、今でこそ笑える様になったけど、序盤のナオフミさんの扱いマジ酷かった。

 召喚側に悪意しか無い上に、権力者・他の勇者共が軒並み無能やクズw

そのせいで割りを食って、主人公が闇落ち直前まで行くとか、酷い話だw

そう考えると、ナオフミさんの生命線こと、ラフタリアちゃん、良い仕事したな。

あれだけ不幸のズンドコだったのに、良くあそこまでええ子に育ったもんだ。(何

若干すりこみの気配は感じるけど、確実に性根は良い子。

(゚д゚)< てか、ラフタリアちゃんって、実は聖女なんじゃね?(ぉ

本筋のストーリーだけはじっくりやってくれたおかげか、

毎話毎話楽しんで見れた印象が強い。

特に、ナオフミさんが闇落ちして、

そこからラフタリアちゃんが引っ張り上げた名シーン。

あそこは手を抜くことなくやり遂げた感がある。(ぉ

ダークファンタジーな側面が強い序盤の、大きな見せ場。記憶に強く残っている。

地味に上手かったのが、

オフミさんがラフタリアちゃんの事が「子供」に見えていた、って言う表現。

発言として匂わせつつ、視聴者側には気取らせない。

絶妙な塩梅で隠したおかげで、ネタ明かしのシーンがぐっと引き締まったと言う。(ぉ

カースシリーズの実績解除・闇落ち土壇場回避の伏線もしっかり改修するし、

(゚ー゚)。○ ( あのシーンは、ホントいっぱい詰まってるよねw

他の世界について、他の勇者について示唆されて、

物語もさらなる展開を見せそうな所で、一旦終わりとなった。

原作ストックはまだまだあるし、もう少し見たい気持ちもあるけど、

まぁ一息休みを入れるのがベターかもしれない。スタッフ的に考えてw(ぉ

2期、決定していないとは言え、この感じだと十分に射程圏内。

(゚д゚)< 楽しみに、お待ちしております。(何

 

 

 

 

ひとまずはここまで。次の機会にお会いしましょう。

お粗末様でした。

2019年!春アニメ!スタート! その3

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2019年!春アニメ!スタート!]


(゚д゚)< うん間に合った。ぇ?間に合ってない?知らん。(ぉ

 

一応ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

ぼくたちは勉強ができない

(゚ー゚)。○ ( 古橋さんの髪の色が想像以上にパステルブルーw

確かに、ベースカラーは青だったと思うけど、

これだけ明るいと一気に現実味が薄れる所ではあるw

(゚ー゚)。○ ( アニメにする上でのキャラ付けだと思うが、違和感が強いなw

さて、5等分と設定が似ていると、当初から話題になっていたけれども、

こちらの内容としてはジャンプ系ラブコメの王道。

随所の味付けが、非常にジャンプっぽいw

いちご、ニセコイの後釜にすっぽり収まった作品な訳で、

ToLOVEる程)お色気も強くなく、ニヤニヤ展開で魅せる系の作品。

(゚ー゚)。○ ( アニメになっても、その辺りキッチリしているようで、何よりw
(゚д゚)< うるるかちゃんはかわいそうだけど、強く生きて欲しい。(何

 

この音とまれ!

(゚ー゚)。○ ( タイトルからは分からなかったが、琴の話なんだね。

しかし久遠君、ちょっと理不尽過ぎない?完全に濡れ衣と言う・・・。

警察が頗る無能だし、事実が明らかになったら責任問題ってレベルじゃない。

そして、普通に学校内で暴力事件が起きると言う、世紀末治安な学校w

(゚ー゚)。○ ( おま、後ろからバットでヒャッハーって、それはどうなの?w

まぁ序盤の印象付だろうね。

過激な表現はあったけど、内容は真面目に琴をするみたいだし。

1ヶ月後に教頭をギャフンと言わせる流れになり、やっと軌道に乗った感。

(゚ー゚)。○ ( 楽しく見守れそうですな。(ぉ

 

・群青のマグメル

(゚д゚)< パゥワーが足りない。(何

ワクワクアドベンチャー、って訳でもない。死人とその骨広いの悲痛な話が多い。

それ自体の話の良し悪しは普通だけど、全体としてクオリティは高くない。

(゚ー゚)。○ ( 作画の面でも、ストーリーの面でも。(ぉ

うまく表現出来ないけど、ジャンプ10週打ち切り臭がするんだ。(ぇ

(゚ー゚)。○ ( 流し見で様子見だな。(冷酷

 

・消滅都市

(゚ー゚)。○ ( 意外にもサスペンス風味強いのな。(何

ソシャゲ原作だから、もう少しチャラチャラしているのかと思ってたら、

そんな事もなかったw

謎の災害ロストを巡って、主人公達が謀略や真実と戦っていく。

最初の数話を見ただけだと、どう纏まって行くか予想しにくいけど、

終わりよければ全て良しな奴かもしれない。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( しっかし、無駄に声優豪華だなぁ・・・w(ぉ

 

八月のシンデレラナイン

(゚ー゚)。○ ( うーん、これはベタw

序盤はそれぞれのエピソードを交えつつ、野球をするメンバー集め。

実力者、初心者、それぞれの思いを胸に、真剣に野球に取り組む。

販促アニメと言う事で期待はそこまでしてないけど、どこまで伸びしろがあるか?

(゚д゚)< 経過観察中、ってところですな。(ぉ

 

文豪ストレイドッグス 3期

(゚д゚)< 過去編から始まった。よく覚えてないから逆に丁度いい?(ぇ

とは言っても、流石に主要キャラぐらいは覚えてるけどもw

重力の人、普通の能力者じゃなくて、割と規格外の過去を持ってたのな。

あそこまで強キャラ設定だとは、誰が思っただろうか、というのが感想w

つーか、前触れなしに過去編から開始とか、ほんと新規ガン無視やなw

(゚д゚)< もう好きにやってもらって構わないよ・・・w(何

 

鬼滅の刃

(゚ー゚)。○ ( そうそう、序盤の勢いを殺さずぶん回す感じな。(何

ジャンプ連載が開始した当初から、独特な香りを放つ漫画だと思ってたけど、

とうとうアニメ化となったわけですね。

とりあえず5話まで見たけど、ホント新人とは思えない位の雰囲気と構成力だ。

なんと言っても特徴的なのが、独特な台詞回し。

尖ったキャラクターに合わせて、意味不明で居ても筋の通る言葉を放つ。(何

(゚ー゚)。○ ( 炭治郎君もね、オーソドックスな熱血主人公でもないのがミソ。

極度のお人好しで、それ故の酔狂さが感じられる。

善意を強烈にぶつけて来るので、逆に狂気じみてる的なw(ぉ

ちょうど5話以降、他人との会話が増えてくると、その片鱗が見えるはずw

(゚ー゚)。○ ( 楽しみだなぁw(ぉ

作画面でも相当に気合が入っており、

地味になりそうなシーンでも、一人称視点と3D技術でリアルに見る。ナイス雪景色。

戦闘のシーンでは、型の描写が極めて綺麗。これは強そう、いや強い。(何

(゚ー゚)。○ ( うーむ、流石のufoですわw

出だしとしては非常に安牌。これは良かったと素直に思えるw

(゚ー゚)。○ ( 火ノ丸相撲とは何だったのか・・・。(何

 

 

 

 

はい。最終回冷めやらぬ中、出遅れてしまい、すまない。(ぉ

まぁともかく、これでこころおきなく夏アニメが見れるね!(ぇ

 

それでは次の機会にお会いしましょう。

お粗末様でした。

2019年!春アニメ!スタート! その2

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2019年!春アニメ!スタート!]
 

はい。最終回がぼちぼち始まりそうなのにね。出遅れ過ぎだね。(何

一応ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

・ ダイヤのA actⅡ

(゚ー゚)。○ ( ゆっくりとした立ち上がり。(何

春の選抜で強敵に負けるところからスタートか。

確かに、これはダイヤのAっぽい始まり方w(ぉ

ふと思うのだが、甲子園の前に、

また東京勝ち抜かないといけないのだが、道のり大変過ぎない?w

(゚ー゚)。○ ( 一筋縄では行かなそうだなぁ・・・w

ともかく、変わらぬ健闘が期待出来ますねw(ぉ

 

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

(゚д゚)< 名前はクドいけど、ちゃんとしたSFだよ!(何

タイトルがどうも聞いたことがあると思ったら、

シュタゲよりも前に出た、有名な時間遡行物のゲーム原作ね。

平行世界を行ったり来たり、短期間ならタイムリープもアリか。

時代設定が古く、登場人物が携帯電話を使ってないのがちょっと違和感あるよねw

しかし、亜由美さんの話がエグい・・・。

(゚д゚)< これは辛い。オカリン死んじゃう。(違

とまぁ、とても楽しめそうな気配が満点の作品。

リメイク移植の販促とは言っても、悪くなさそうなのがとても良い。

(゚д゚)< さって、盛大に張った伏線、キッチリ回収してくださいよ?(何

 

・叛逆性ミリオンアーサー 2期

(゚∀゚)< やっぱ、弱酸性が本編だな!(ぇ

弱酸性のED歌詞を考えてるのがスクエニってことは、壮大な自虐って事だよなぁw

(゚д゚)< これは酷いwだが、それが良いw

ちなみにおまけの叛逆性の方は、相変わらずの茶番。(ぉ

ギャグテイストがある分、見れない事もないのが救いか。

(゚ー゚)。○ ( アクエリオンやららんまやらパロるのもいい加減にしなさいよ?w

 

・BAKUMATSUクライシス 2期

(゚ー゚)。○ ( 1話から感じられるネタ切れの香り・・・w(ぉ

相変わらず敵で登場する武将が適当過ぎるw

あんなモブ武蔵、初めて見たんですが・・・w

そして、自己修復する懐中時計。もはやなんでもアリかよ・・・。

(゚ー゚)。○ ( うーん、無理してアニメにしなくても良いのでは?(真剣

 

・Fairy gone フェアリーゴーン

(゚ー゚)。○ ( おや?めちゃめちゃ硬派なアニメだこれ。(何

妖精兵と言う、まぁスタンド使いかな?それを題材にして様々な思惑が交錯する。

妖精兵や妖精が軍事利用された経歴から、色々ときな臭い事になってる。

各登場人物に、それらに関係した過去があり、それをゆっくり紐解くストーリーか。

総合的にレベルが高いので、腰を落ち着けて見ても良いかもしれんね。

(゚ー゚)。○ ( はて、これはどこまで伸びるかね?(何

 

・真夜中のオカルト公務員

(゚ー゚)。○ ( うん?割と面白いかも?(何

しがない公務員が、妖怪変化のドタバタに巻き込まれて行く物語。

ただ、主人公だけは物の怪ことアナザーの発している言葉がわかる模様。

(゚ー゚)。○ ( 話を読む限り、安倍晴明の隔世遺伝ぽい?

その主人公を中心として、様々な話が展開していく。

味付けが女性向けな所があるけど、割と性別不問で楽しめそうな雰囲気はある。

そして各職員方、色々と複雑な過去を抱えてるよね、これは。

 (゚ー゚)。○ ( お手並拝見ですなぁ。(何

 

・なむあみだ仏っ!- 蓮台 UTENA -

 (゚ー゚)。○ ( 質の悪いソシャゲの販促かな?(ぉ

大仏様をモチーフにした、イケメンレストラン系の作品。

それ以外に目立った特徴はなさそう。

何が困るって、ほのぼの系なのか、シリアス系なのか、どっちつかずな所。

ほのぼのやってたら突然後ろから刺されて負傷するし、

深い傷に見えて一瞬で治るし・・・。

一応、阿修羅やらカーマやら、敵方のキャラは用意されているようだが、

敵として立つだけの動機づけもかなり弱そう。

(゚ー゚)。○ ( もとの神話設定に、おんぶにだっこだし、なんだろうなぁ・・・。
(゚д゚)< あんまり期待は出来ないですね。(直球

 

・RobiHachi

(゚ー゚)。○ ( あれ?ちょっとだけ面白い?(何

くっそ下らない。かなり馬鹿げてる。でも、ギャグアニメとしては褒め言葉か。(ぉ

パーツパーツが意味不明なSFギャグ。

と思いきや、東海道中膝栗毛が下敷きになってるとか。

(゚д゚)< 意識高いのか低いのか訳わかんねwマジ何なのこれw

どことなく感じる銀魂感は、スタッフ故か?キャスト故か?

体感だと、ほんと神楽が居ない銀魂なんだよなぁ・・・w

 タイトルから、タイバニとかダグキリを想像していたが、全くもって別ジャンル。

どちらかと言えば、スペース☆ダンディに近い。

誰も注目していないだろうけど、

(゚д゚)< 黒焦げは引き続きチラ見して行きたいと思います。(何

 

・KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-

(゚ー゚)。○ ( どこかで見たかと思ったら、プリパラだこれ。(ぉ

色々と面白い試みをしている劇場OVAがあると聞いていたが、

蓋を開けてみれば、なるほどw

要は劇場版プリキュアのノリ(観客参加型)を発展させた、女性版プリパラだな。

分析してみれば簡単な話だが、これを考えてここまで育てた人は頗る有能だなw

若干意味不明でノリと勢いでカバーするシナリオ。

それを殺さずライブパートに繋げるスマートさ。そしてライブアピール。

(゚ー゚)。○ ( まんまプリパラですやんw

カオスな噂ばかり耳にしていて、一体どう言う事なのかホント謎だったけど、

本編を見ることで、一気に謎が氷解したよねw(ぉ

楽しむスタンスもプリパラと一緒なんであれば、この作品もそこそこ楽しめそう。

(゚д゚)< マジラブとは別方向性でのネジ飛び作品、ちょっと楽しみかもw

 

続・終物語

(゚д゚)< ベストセレクション見てたら、新作始まった。(驚愕

ちょっとwびっくりさせないでくれよw

そして、危うく新作見逃すところだったわ!!!w

安定した物語シリーズのノリ、凄く体に馴染みます。(ぉ

(゚д゚)< サプライズプレゼントとして、甘んじて受けれましょうともw(何 

 

 

 

 

はい。今日はここまでにしておきます。

それではまた次回お会いしましょう。

お粗末様でした。

2019年!春アニメ!スタート! その1

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2019年!春アニメ!スタート!]

 

毎度のことながら出遅れてますね、本当にw

都合上、最終回の感想が終わってから開始してるので、いつもこうなる。(ぉ

まぁ、下手にネタバレしにくいし、丁度いいかもしれない。(ぇ

それでは、ネタバレに注意してお進みくださいw

 

 

 

 

 

 

フルーツバスケット

(゚∀゚)< うーん、どこかで見た事があるような始まりだなぁ!(ツッコミ待

という事で、フルバのリメイクアニメ、始まりました。

今見て思い返しても、導入の設定はかなり奇抜。

(゚ー゚)。○ ( 女主人公がテント暮らしって、異世界転生でも中々お目にかかれないw

そして、異性に抱きつかれると十二支になってしまうという、

コメディとシリアスを加味した丁度いい設定。

なんかこう、らんま1/2的な古いノリだと思うけど、だからこそ黒焦げは大好き。(何

タイトルから既にseason1とか歌ってるし、長期放送する気満々だぁねw

(゚д゚)< 望む所だ!w(ぇ
(゚д゚)< だがしかし、焦らず頑張って頂きたい。(ぉ

 

・ひとりぼっちの○○生活

(゚ー゚)。○ ( 主人公の名前、これまた凄い適当だな・・・w

わたモテ程拗らせてはないけど、こっちのぼっちちゃんも相当なものw

そして無駄に多い頭突きネタw

(゚ー゚)。○ ( 他意は無いのだろうが、なんなのかw

人見知りぼっち、マイルドヤンキー、本性残念、金髪ニンジャ。

これでもか、と言う程の奇抜な個性の立て方。流石に目を引くw

特に本性残念ちゃんが本当に尖ってる。

(゚ー゚)。○ ( 全身小学生スタイルは、流石に残念って言うレベルじゃないのでは?w
(゚д゚)< 日常系ギャグコメディとして、割と楽しんで見れそうですね。(ぉ

 

・MIX(ミックス)

(゚д゚)< キャスティングで地味に遊ぶなw(ぉ

声優の配役、内田姉弟を起用するの、遊び心ありすぎるだろw

さて、舞台は中学生編から始まる。

(゚ー゚)。○ ( まぁどう見ても二階堂君は訳ありだよね、案の定w

あだち充作品の場合、大概こう言う場合は悪人が居ない法則。黒焦げ知ってた。(何

まぁうまい具合に、中学時代はほぼ無名で燻らせておいて、

高校デビューでドーン!ってパターンが決まる感じだなw

野球展開の魅せ方は、オーソドックスだけど安定感がある。流石大御所。

(゚ー゚)。○ ( あと見所は、家庭内恋愛がどう成立するのか、だね。(ぉ

血の繋がらない兄妹って、よくあるパターンだけど、

実際恋愛とか結婚とか、厳しい部分はあるよね。

まぁそこを含めて上手く見せてくれるだろうと、信頼感もあるのが大御所なんだけどw

(゚ー゚)。○ ( さて、高校生編が本番。楽しみだなぁw(ぉ

 

ワンパンマン 2期

(゚ー゚)。○ ( キング登場からの、ガロウ編突入か。

前期は分かりやすい展開が多かったけど、今回のガロウ編は色々と変化球。

まぁ、まだ前半戦だから、変化球が出てないけどもw

制作会社が変わって、ちょっと雰囲気も変わったけど、違和感は無いか。

兎に角、サイタマさんのトンデモな活躍、

(゚∀゚)< 略して翔んで埼玉、楽しみにしていますよ!(言いたいだけ

 

・世話やきキツネの仙狐さん

(゚д゚)< 日本は病気。(何

ワーカーホリックの主人公を、仙狐さんがひたすらに甘やかすアニメ・・・w

これがアニメ化されるとか、どんだけ日本人男性は心が荒んでるんだ、ってねw

ちなみにエロなしなので、純粋に可愛さに癒やされる系です。

(゚д゚)< 皆様も、健全に甘やかされてください。うゃん。(何

 

・キャロル&チューズデイ

(゚д゚)< タイバニみたいなタイトルだけど、全く関係ない。(ぉ

ざっくり、ミュージシャンとしてアメリカンドリーム、って感じ。火星だけどw

ベースの設定としては、近未来以外はかなりスタンダード。

(゚ー゚)。○ ( 家出少女と孤児のチームが歌うとか、王道過ぎない?(何

挿入歌として、ネイティブな英語の曲が入るのがキモか。

楽曲も悪くなくて、作品の雰囲気に合っていてお洒落。

出だしとしてスローなだけに、じわじわ盛り上がる予感は感じる。(ぉ

(゚д゚)< 最後に化けるのを期待しています!(ぉ

 

・賢者の孫

(゚д゚)< 端折り過ぎ問題・・・。(ぉ

こんな駆け足で進めなくても良いんじゃないのかねぇ?

A・Bパートの見せ場として成立しそうな所でさえ、スルーしたり適当に流したり。

もっと丁寧に進めても良いのでは。

その中には世界観の説明とかも含まれてる訳だし、その辺りをないがしろにすると、

俺ツエーと言うよりも意味不明になっちゃう。いやなってる。(何

印象としてだが、原作知ってる人が客観的視点を忘れたまま、

ストーリーを引いた感じに思える。

(゚ー゚)。○ ( 何にせよ、やり方があんまり上手くないなぁ。(直球

原作(Web漫画)からして、シン君そりゃねーだろwって

ツッコミを入れて楽しむ形式な訳だが、色々と省略しててそれが出来ない。

(゚ー゚)。○ ( 早急に改善して欲しい所だ・・・。(何

 

・さらざんまい

(゚д゚)< これはひどい・・・(悪い方

凄い力を込めてカオスを作り上げるも、それがウケないと言う悲しい末路になりそう。

ユリ熊嵐でゆり攻めしたから、今度はホモで攻めようって事?

にしても、描写が露骨過ぎる気がするけど・・・。

戦闘?の部分も絵面が相当酷い。ギリギリ笑えないレベルなのが辛い。(何

(゚ー゚)。○ ( これ、大丈夫なのか?(呆

 

進撃の巨人 Season 3

(゚ー゚)。○ ( うーむ、良い。(何

とりあえず見たけど、引き際が毎度の事ながらGood。

割とエレンの活躍ってムラがあるけど、今回は出だしからいい感じだし?w(ぉ

硬質化パンチとか、まんまなネーミングの武器を手に入れ、

鎧の巨人を押し気味に捉える。果たして雷槍は通用するのか?

(゚д゚)< まぁ、普通に面白いよねw(ぉ

物量的にも調査兵団が劣勢で、巨人側には猿も居るし、辛い展開。

ここからどう覆すのか。普通に楽しみ過ぎるw(ぉ

 

機動戦士ガンダム THE ORIGIN

(゚д゚)< とうとう地上波アニメかぁ。(何

安定の面白さであることは、まず言っておく。

ただ、完全にガンダム玄人向けの作品。当たり前といえばそうだがw

 |-゚)っ[キャスバル兄さん、11才にしては有能&凄い胆力]

キシリアさんに言い返したり、普通にガンタンク撃墜してて笑うw

お馴染みのジオンの面々も、早々に登場してくれて嬉しいし、

(゚д゚)< これはじわじわ楽しめそうですなぁ。(ぉ

 

 

 

さて、今日のところはここまでとしましょう。

それではまた次回お会いしましょう。

お粗末様でした。

2019年!冬アニメ!最終回ラッシュ! その7

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2019年!冬アニメ!最終回ラッシュ!~黒焦げポップは笑わない~]


春アニメ・・・梅雨・・・寒い・・・冬アニメ?(錯乱

何はともあれ、本日でラスト。しまっていきましょう!

 

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

賭ケグルイ××

(゚ー゚)。○ ( 相変わらず、安定した面白さだなぁ・・・w

面白さの一端を担っている、美麗な顔芸のナイスなキレ。(ぉ

話の本流としては、生徒会選挙戦に突入と言った所。

その過程で、サイドストーリー的な脇役の話を少しずつ進めていく感じ。

ただ全てにおいて、主人公力を遺憾なく発揮している夢子ちゃんのキレ味が凄いw

(゚д゚)< それはサイドストーリーで脇役ポジでも変わらないw

そして、それに負けじと皆で狂っていく。

(゚∀゚)< これほんと、アニメ映えする展開だよねw

今回のトリを飾った×喰さんも、清々しい程のキレっぷりw

2回豹変するの、ホント凄い勢いだったねw

(゚ー゚)。○ ( しかし、よくもまぁこんなに色々とギャンブル思いつくよねw(感心

元になるゲームやら何やらがあるように思うのだけど、

オリジナリティも、ちゃんとある。

中には普通にプレイしてみたいゲームもあるし、ほんと優秀ですよねぇ。(何

生徒会選挙戦もまだまだ続くけど、本編に追いついて来たから一旦終了か。

この終わり方だとちょっと物足りないけど、やむなし。

続きはゆっくりと待つとします。

(゚∀゚)< さぁ!賭け狂いましょう!(ぇ

 

・エガオノダイカ

(゚д゚)< えっ!これで終わりですか?(何

これはクロージングがショボ過ぎる。女の子の物語って締めもおかしいw

凄惨で泥沼な戦争描写と、敵味方共に生々しい人死にの連続。

そこへ来てラスト、

(゚∀゚)< 兵器(インフラを含む)無力化ビーム!すべて解決!
(゚д゚)< って、そんな訳あるか!www

お前さ、病院や食料製造のライフラインも停止したんだよね?ヤバすぎない?

クロージングの尺が妙に短いと思ったら、ちゃんと終わりを考えてなかったって事?

(゚ー゚)。○ ( まじひくわー。(何

思うに、キャラクターが死んでいく尺が多すぎる。正直くどい。(ぉ

主要キャラが殆ど死にまくったので、お墓のシーンがシュールギャグに見えるレベル。

と言うか、人死に描写は半分位に抑えて、

二人の主人公の出会いと邂逅のシーンをもっと増やすべきだったと思う。

黒焦げとしては、中盤辺りでファーストコンタクトあると思ったのだが、

まさか出会うのが最終回になってしまうとは・・・。

(゚ー゚)。○ ( 面識無いのに共同作業の流れになるの、ちょっと意味不明過ぎない?

ガンダムとかなら入念に尺があって、その辺りの伏線も相応に仕込むけど、

こっちにはそれが無かった。そう言うことだね。(何

女王ととステラ、それぞれの物語自体はそこそこ出来が良かった。

彼女らの葛藤や成長は、そこそこ綺麗に描かれていたからね。

やたら死んじゃうけど、周りの大人も人格者が多かったし。

ただ、それぞれ単発の物語として終わってしまっていて、

せっかくのダブル主人公なのに、交わらなすぎてちょっとつまらんかった。

その辺りは注目して楽しみにしていただけに、

ラストでさっぱり処理されてしまったのが、本当に残念でならない。(ぉ

(゚д゚)< 構成を整理して、もう一捻りしましょう。40点。(ぇ

 

魔法少女特殊戦あすか

(゚ー゚)。○ ( うーん、悪趣味。(ぉ

少女たちが葛藤する作品は、まぁ別に良いとは思う。

しかし、少女たちがただ不幸な作品って、あんまり得する人居ないのでは?

主人公のあすかは結構プレーンな経歴(ただし過去の大戦中は酷い)だけど、

他の魔法少女たちが(敵を含め)、ハードモード過ぎる。

魔法少女力と、不幸歴が比例する理屈でもあるのだろうか?

(゚ー゚)。○ ( そんなのあったら、それこそ魔法少女なんてクソ食らえなんだけどもw

そして、魔法少女の力を得て、救いがあったのか?って話でも、

だいたいが、救いのない結末&どん詰まり。

トラウマ抱えた少女たちが、敵の存在を理由にして、狂った傷の舐め合いしてるだけ。

(゚ー゚)。○ ( これは本当に・・・見苦しい・・・。(ゲンナリ

そして、それを間接的に誘引しているのが、周りの大人たち。

 |-゚)っ[軒並み無能。通る理屈で動いてるけど無能。]

これ、組織で考えると一番害悪なやつ。

例えば、ラストエピソード。

 |-゚)っ[本拠地急襲壊滅]
 |-゚)っ[要人負傷(瀕死)]
 |-゚)っ[魔法具奪取]

要人が来訪する事、そいつが重要な魔法具携えてくる事、

その両方が敵に情報だだ漏れとか、どれだけ情報戦で惨敗してるんだよ・・・。

まぁでも、敵方有能・味方無能って具合に、作者に雑に動かされてる感じはする。

非人道的な措置をとっているとは言え、

実用レベルの魔法少女をポンポン育ててる敵方はちょっとおかしいし、

敵方の利用しているテクノロジーが、味方と比べて強すぎる。

(゚д゚)< 将軍及びあっちの世界の奴ら何やってんの?頭メルヘンなの?(ぉ
(゚д゚)< でも、敵はメルヘンじゃぁないんだよなぁ・・・。なんだこれ。(呆

どうも味方側を無能にする事で、魔法少女側を苦しめたいらしい。

そんな結論に至っちゃうと、あんまり楽しくは見れないよなぁ・・・。(ぇ

あすかは、まどマギやゆゆゆと比べると、だいぶ視聴が辛い。

(゚д゚)< ドM以外は視聴禁止な!お兄さんとの約束だぞ!(何

 

ブギーポップは笑わない

(゚д゚)< うーんw濃ゆいw(何

予想を裏切らない濃厚なアニメ。一度では処理しきれない程の濃さ。(ぉ

その濃さの理由は、やっぱり敵味方共に良いキャラが出てくるからか。

黒焦げとしては、出番も多かった凪さんの印象は強い。動きも良かったしw(何

彼女の妙に強いムーブ(物理)も、その源流となるエピソードも、

(゚д゚)< とても良い味があった。ほんと素晴らしい。(べた褒

しかし、スケアクロウさん。こいつ見てるとホントニヤニヤしちゃうw(何

冴えないおじさんが、柄にも無いことをポロッと言って、

柄にも無い行動をしちゃって、結果息絶えるも、満足して逝って。

彼の合成人間としての葛藤を考えれば、システムの指示で生きるよりも、

ひょっとしたら最高の死に際だったのかもしれない。(何

(゚ー゚)。○ ( しかし、ブギーポップさんはバッチリ締めてくれる。超優秀。(ぉ

敵が現れた時にだけ、ぽっと湧き出る泡の様に現れては、

事件を解決したらさっと消えていく。

その泡の名に相応しいスマートな手腕。ほんと美味しいところを持って行くよねw

敵方はだいぶ人外になってしまう作品で、ちゃんと戦える戦闘力があるのも良し。

これのおかげで、バトルパートになってもちゃんとアニメとして映えるしw

(゚∀゚)< 怪獣に対して必殺仕事人キメたの、ちょっと笑っちゃったよw(ぁ

各チャプター毎に主人公がいて、

主要キャラが必ずしもメインで動く訳ではないのも、手の込んだ作りだと思う。

その中でも谷口くんと健ちゃんは、一般人なのに凄く良いムーブしてくれたw

(゚ー゚)。○ ( お前らホント主人公だなw流石システムに目をつけられるだけあるw

つーか谷口くんの空手、ちょっと強すぎる気が・・・w

あれ、ちょっと鍛えてましたってレベルじゃない気がするんですけどw

間の4話を変則的に尺追加しただけあって、見ごたえのあるアニメだった。

これは流石と言えるでしょう。(ぉ

(゚д゚)< 人気作品としての面目躍如。ごちそうさまでございました。(ぉ

 

 

 

 

おし。時間はかかってしまったが、なんとか完走。よくやった自分。

さって、気合い入れて春アニメ見よっと!w(ぇ

 

それでは次の機会にお会いしましょう。

お粗末さまでした。

2019年!冬アニメ!最終回ラッシュ! その6

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2019年!冬アニメ!最終回ラッシュ!~とある魔術の黒焦げ~]
 

春アニメ・・・あれ?夏アニメ?(何

ちょっとぐだぐだやりすぎてますが、気にしないことにしました。(ぇ

 

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

・CIRCLET PRINCESS(サークレット・プリンセス)

(゚д゚)< なるほど、わからんw(ぇ

最後まで、戦いの勝敗に関するルールが分からなかった・・・w

武器破壊とか、武器生成とか、ダメージとか、

全てにおいてフィーリングで戦闘が進んでるとしか思えない不具合w(ぉ

と言った感じで、戦闘周りの処理は適当なんだけども、

戦闘に勢いはあるから、ノリだけで走りきれたのも確か。(何

 |-゚)っ[考えるな、感じろ](ぇ

ストーリー展開も、石橋叩いて渡るかなりオーソドックスなやつだった。

わざとらしい展開も含めて、スルッと入ってきちゃうのは作りの良さだったか。(ぉ

(゚д゚)< あとは堀川ジー君、中々美味しい役所だな!

大御所のネームバリューを使った荒い宣伝だと思ってたけど、

思いの外、ちゃんとストーリー上の伏線になっていると言うw

(゚ー゚)。○ ( 娘が居る所に優佳ちゃんを編入させるとか、お父さんツンデレかよw

最終回の激戦後、やんわりとルール改定と新任コーチが来る事を示唆。

(゚ー゚)。○ ( これ、原作ソシャゲへの伏線だよね。(ぉ

販促すべき原作とのゲームシステムの乖離、プレイヤーであろうコーチの存在。

販促アニメである事を忘れていない、大人の気遣いが出来てると思いますw(何

総合的なクオリティはそこまで高くないけど、打点は高く纏まってる印象。

(゚д゚)< 悔しいが評価出来る。ゲームの方も健闘出来ると良いですね。(何

 

ガーリー・エアフォース

(゚ー゚)。○ ( うーん、道半ばエンドか。残念だね。(何

悪くは無かったんだけど、2期やる程でもない、そう言う感じ?(ぉ

トンデモ空戦を賑やかしにして、割とシリアスなストーリーで魅せていく方式。

敵味方の設定周り、かなり作り込みを感じるし、謎とドラマのバランスも良し。

美少女アニメのカテゴライズだけど、割りかし考察出来る点が多いのも◯。

(゚ー゚)。○ ( しかし・・・青い子がちょっと不憫だったね。(何

0歳児でかつ、性格を制御された状況だった青い子。

そんなおり、不自由さから開放されたが為に、自分が何をしたいのか分からない。

故に、ザイとしての基本理念に忠実に染まってしまい、

ラストで敵対する事になってしまった。

一方グリペンちゃんは、鳴谷君との思い出や記憶により、

自分が何をしたいのかが確固としてあった。

(゚ー゚)。○ ( このアニマとしての経験差の対比、非常に思うところがあるよなぁ。

青い子も、決して良い記憶が無いわけでも無かった。

彼女が見た星空は、少しきっかけがあれば、彼女の鳴谷君になりえたかもしれない。

鳴谷君を攻める訳では無いけど、彼が青い子との会話で、

もう少し突っ込んだ回答が出来ていれば、また違う結果になったかもしれないね。

(゚д゚)< 満点の星空、いつかみんなで眺めたいものだな。(微笑み

とでも、咄嗟に出ていれば、あるいは・・・?

(゚ー゚)。○ ( うーん、無情よのぅ。(何

総合的に悪くなかったけども、

この作品に最後まで付き合った視聴者は、どれぐらい居たのだろうか。

最近では、強烈なキャッチが無いアニメは伸びない傾向があるし、

この作品も多分にもれずこのパターン。

(゚ー゚)。○ ( ちょっと勿体なかったかもなぁ。(何

 

・荒野のコトブキ飛行隊

(゚д゚)< 空戦全振りだなw(ぉ

空戦だけ見ると、ある種の映像資料の様なリアルさ。

これはかなりガチなサーカスで、確かに凄い。語彙も失う。(ぇ

ちょっと拘りが強すぎて引くレベルw(褒言葉

ただ、そこにエネルギーを全ツッパした結果、それ意外の部分が弱すぎる。

主人公の過去と葛藤とその決着、悪役の主張やキャラ付けが微弱。

語られたのは設定だけで、ドラマはほぼ無いし、ラストもオチが着いた感がしない。

コトブキ飛行隊の面々のドラマも、ある程度は見たかったし・・・。

(゚ー゚)。○ ( ちょっとイマイチと言うか、薄味過ぎるって。(残念

誰も求めてないとは言え、あれだけ被弾してパイロットが死なないのも違和感がある。

 ガルパンと違ってオーバーテクノロジーって訳でも無いのに、

登場人物全員幸運過ぎるんじゃないですかね?

この内容だったら、せめて敵側位には多少死人が出てもらわないと、

何の解決にもならないって話ですよ。

(゚ー゚)。○ ( 敵の頭が残ったままでは、コトブキはジリ貧だろうしね。(ぉ

人気が出たガルパンテンプレに頼りすぎて、

ちょっとドラマ方面で楽しすぎたのかもしれない。(辛口

まぁ「空戦を鑑賞するアニメ」と割り切ってしまえば、

ここまでクオリティの高いアニメはないし、ドラマ部分は無いものとして、

(゚д゚)< 空戦だけ楽しむのが正しいのかもしれないね。(ぉ

 

キャプテン翼

(゚ー゚)。○ ( うーんw面白すぎるw

どこからどう切り込んでも、トンデモサッカーでしかないのに、

(゚д゚)< なんでこんなに面白いのか・・・w不思議だw(ぉ

体が砕け散ってもとか、ここで死んでもとか、翼くんは本気で言ってるのがマジ狂気。

(゚∀゚)< まさにサッカーキチ。だが、それがいい。(ぇ

何だかんだ、両チーム優勝で全部丸く収まってるのも芸術点が高い。

 |-゚)っ[南葛V3達成]
 |-゚)っ[明和悲願の優勝]
 |-゚)っ[若島津君のサッカーやめるフラグクラッシュ]

勝ち負けが決まる、スポーツ作品にあるまじき結末なんだけどね・・・w

(゚д゚)< やっぱり、キャプ翼は必殺シュートだね。(ぇ

必殺シュートをダイレクトで必殺シュートで返す。

自分で言ってて意味わかんないけど、本当に熱かった。

てか視聴者側も、タイガーショットで人が吹き飛ぶのを、

平然と受け入れられる様になってるのがマジでヤバいw

(゚∀゚)< ボールがパンクするとかも、どんだけだよw
(゚∀゚)< それを顔面で受けるって、どんだけだよw

冷静に考えると、ツッコミ所しかない。

けど、そんな事を気にするのも野暮なんだよなぁ。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( うむ、お腹いっぱいになりました。とても満足です。(ぇ
(゚ー゚)。○ ( やっぱり、人気過去作品は自力が違いますなぁ・・・w(何

 

とある魔術の禁書目録

(゚ー゚)。○ ( うむ、流石に面白いね。(何

膨大な原作ストーリーをカットしまくってる上に、戦闘描写がイマイチだけども、

それでもストーリーだけで十二分に面白いって凄いと思う。(ぉ

(゚д゚)< いやー、上条さん分を存分に補給できた!(ぇ

ボスに説教、優秀な身体能力でジャンプや体当たり、

そしてトドメは、敵の頬に必殺のグーパンチw

ラストバトルの問答での足場、あんなにボロボロでなければ、

もう少し会話が耳に入ってきたんだがねぇw(何

(゚ー゚)。○ ( 上条さん、ジャンプからの押し戻されて元の場所に着地・・・w
(゚ー゚)。○ ( しかも、3回ぐらい繰り返してた・・・w

まぁでも、無茶苦茶やっても、何だかんだ丸く収めてくれる上条さんが好き。

黒焦げ達はこれが見たかった訳で、このトンデモを必要としていたんだ。(何

(゚ー゚)。○ ( そして、出番が多かった一通さん。美味しい立ち位置だw

悪だの善だの白だの黒だの。最後の件は中々に胸熱。

絶唱からの天使化、大規模攻撃の相殺。

ある種、上条さんよりも人類救ってる、まさにヒーローだと思うw

打ち止めちゃんも無事治った事だし、ほんと万事解決の大団円だなw(ぉ

(゚д゚)< そうそう、浜面君?きみは末永く爆発すればいいよ!(雑

上条さんに、一通さん、浜面君と、主人公3人分を処理している訳で、

こりゃぁ大変なボリュームな訳ですよ。

(゚д゚)< それを2クールで収めようって、土台無理な話だよね。(ぉ

これは、3倍の尺を使っても良かったと思ってるけど、大人の事情も分かる。(何

話によると、尺を増やすと予算が倍々になるらしい。

あの量の原作を丸々アニメ化したら、そりゃぁ予算がいくらあっても足りないよねw

(゚ー゚)。○ ( 泣く泣くカットしたんだろうなぁ。お察ししますw

まぁ黒焦げ個人としては、W'zなんて作ってないで、

とあるに全力ツッパして貰って、戦闘作画のクオリティを上げて欲しかったけどねw

(゚д゚)< ほんと、色々と歯がゆいなぁw

さて、お次は一方通行のアニメ化が控えてるようです。今年の7月。もうすぐ。

時系列的には、今回のアニメよりも昔になるっぽい。

PVを見る限りは、今回の会心っぷりの落差にやられそうな気がしてるw

ともかく。

(゚д゚)< とある科学の一方通行、楽しみにしておりますw(何

 

 

 

 

さて、本日はここまでとします。

順当に行けば、来週で冬アニメの振り返りもラスト。

はてさて、どうなることやら。

 

それでは次の機会にお会いしましょう。

お粗末さまでした。