黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

2017年!夏アニメスタート! その2

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2017年!夏アニメスタート!]

 

最終回ラッシュの間違いではない。あしからず。(ぉ

 

それでは行ってみましょう。

ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

縁結びの妖狐ちゃん

(゚ー゚)。○ ( 微妙なアニメ作るのに定評のあるハルオですね。(ぉ

眠くなりながら、いや、寝ながら見てたけど、6話でギア入るって遅すぎる・・・。

これ普通なら、切られてここまでたどり着かないぞ。

 しかも主人公とヒロイン?の妖狐は、現状賑やかしにしかなってない。

くっついた2人は主要メンバーに入るのだろうか?

(゚ー゚)。○ ( これだけやってるから、ゲストではないと思うけども・・・

(゚д゚)< 見流し確定だな。(辛辣

 

ひなろじ ~from Luck & Logic~

(゚д゚)< 予想に反して戦いはそんなに無いのね。(ぉ

前にラクロジのアニメあったけど、こっちのは日常系の色が強い。

トランスはするけど、大した理由でも無いし、活躍も少ない。

これでカードの販促になるのかは眉唾だけど、どうなのかね?(ぉ

そして今のところ、見所はCパートと言う印象w

(゚д゚)< ひなろじの明日はどっちだ。(何 

 

異世界食堂

 (゚ー゚)。○ ( パート完結の劇場型飯テロアニメ・・・w

威風堂々とした落ち着き。今季の覇権アニメだと思っています。(ぉ

全くチャラついてなくて、こうなると雰囲気が「ザ・シェフ」と同じだと言うw

往年の料理マンガのテンプレート通りだから、

1話1話エピソードをしっかり組めば、まずハズレはない。実際ハズレはない。(何

ドアが異世界に繋がると言う設定は、初見では斬新だし、

普通に日本に居を構える食堂屋さんでも、そこまで無理の無い展開に出来ている。

ほのかに人情ものの展開をしつつ、ファンタジー要素を絡める手際も○。

この辺りが普通の料理マンガじゃ見れない展開と言う意味で、オリジナリティもある。

(゚д゚)< 飯テロって事以外は、良い感じのアニメじゃないですか!(ぉ

 

・DIVE!!

(゚ー゚)。○ ( うーん、ハイスピード。(ぉ

スポ根としては良い感じではあるかな。

ただ端々が、ある一定層を意識してるっぽくて、鼻につく印象。

(゚ー゚)。○ ( まぁ・・・しょうがないとは思うけどw

そして当然の様に主人公の彼女ポジを酷く扱う風潮w

最近の傾向から言って、そうなるんじゃと思っていたら、案の定で草生えるwww

(゚∀゚)< 邪魔になるなら初めから登場させるなっつーねw

さーて、うまい所に落ち着けば良いのだが・・・(何 

 

コンビニカレシ

(゚∀゚)< コンビニ店員の話かと思ったら、あんまり関係なかったw

教室でもなく、部室でもなく、自宅でもなく、

主要キャラの集まる場所がコンビニという、変わったラブコメ。 

ポータルとしては確かに珍しいけど、

コンビニだから効いてくるって言うのは、今ん所は特に無い感じ。

(゚ー゚)。○ ( この辺りは今後に期待か・・・?

思いの他ヒロインの心情や、過去のあれそれが謎に包まれてて、

どう展開するのか、真相は何なのか、かなり妄想の余地がある感じ。

(゚ー゚)。○ ( 病弱な上、記憶障害?中々重そうな展開だな。(ぉ

シリアス展開。今後どうなるものか?(何

 

時間の支配者

(゚д゚)< そうだ!ハリボテアニメと名付けよう!(ぉ

パッと見た感じ、絵は綺麗なんだけど、ストーリーがぐだぐだ過ぎた。

加えて登場人物の性格が、軒並みゴミクズで、魅力がなさ過ぎる。(辛

1話の女の子についても、

犠牲になるのを良しとして助けないと思ったら、

その口で唐突に説教するとか、ほんとサイコパスだろこいつ。

(゚д゚)< 今、体で分からせようとしたけど、それやったら致命傷だよね?

(゚д゚)< どんだけクズ思考なんだよ・・・

クロノスのトップもそんなに強いならお前一人でやれよ感凄いし、

結局脳筋過ぎてペテン師に負けるし、無能過ぎる・・・。

(゚∀゚)< これはあかん。(ぉ

 

ひとりじめマイヒーロー

(゚ー゚)。○ ( いやいやいや、おかしくね?(直球

前提条件として、既に男好きっていうのは、ちょっと乱暴じゃないですかね?(ぉ

それありきだと、最早何でも良くなってしまうし・・・

そして大概にして、攻めの方が性格悪くなりがちで、本作も大いにクズ野郎に。(ぉ

 思考回路が鬼畜生過ぎて、普通なら好きでもドン引きしてサヨナラですよこれは。

尺を十分に取ることもしてないから、瞬時にくっつくし、節操もない印象に。

(゚д゚)< こりゃぁ、残念だなぁ・・・(ぉ

 

セントールの悩み

(゚ー゚)。○ ( ん?モンスター娘の日常かな?(ぉ

説明不足がかなりあるけれど、見れば何だかすぐ分かるのでギリセーフか。

基本学校に行って過ごすだけのアニメっぽいけど、

たまによくわからんシリアスを混ぜると。

どうやら原作からこう言った作風みたいだけど、もう少しなんとかならんかったのかw

この辺りは制作側の力量がモロに出てしまっている形で、残念だと思う。

(゚ー゚)。○ ( ほんと演出が下手だし、勿体無いとしか・・・。

 

プリンセス・プリンシパル

(゚д゚)< ジョーカーゲーム(女)。(ぉ

ジョーカーゲームを知ってしまっているだけに、この子達が茶番にしか見えないw

極めて真面目にスパイものを目指しているのは分かるけど、

これだとどちらかと言えば、スパイと言うより、能力物の探偵団だって言うね。

(゚ー゚)。○ ( これは心配になってきたぞ・・・(何

 

はじめてのギャル

(゚ー゚)。○ ( 思ったよりもギャルギャルしいぞこれw

エロ寄りの展開も多いけど、

基本的に野郎どもが馬鹿な妄想プランで暴走するのが見所っていうねw(ぇ

 主人公、意外にもラノベ主人公気質だったようで、

知らず知らずにフラグを立てまくっている模様。既に修羅場待ったなしw

当初は聞き取りにくかったギャル語も、今では普通に聞き取れるし、

この辺りは超えていけるハードルだったみたいだ。(ぇ

(゚ー゚)。○ ( しかし・・・キタエリのギャルって、はまり役過ぎるのじゃがw

本人が如何にコミュ障アピールしても、V系のイメージが強いキタエリは、

ギャルキャラがほんとよく似合うと言うねw

(゚д゚)< ヒロインそっちのけでネタにしてすまんのw(何

 

異世界はスマートフォンとともに。

(゚д゚)< 意外にも、まったり楽しむ系の作風じゃった。(ぉ

感覚的には、Dogdaysに近い。ハーレムものな所も含めてw

そしてこの作品の見所は、清々しいほどのチート設定な能力w

スマホを便利に使いすぎて、そして強すぎて、草しか生えないwwwww

魔法は全属性全部使える上に、無属性魔法は全てラーニング可能。

身体能力は並以上で、記憶とか脳みそもある程度強い。

神様ともお友達というおまけ付きw

(゚д゚)< 明らかにやり過ぎだろうwww

終いにはスマホによる遠隔魔法、無限検索・・・w

(゚д゚)< チートオブチート。チートのキングだ。(何

あまりの事実に、チート俺ツエー系ギャグコメディと言っても差し支えないw

(゚д゚)< これは予想外に楽しめそうですわ。(ぉ

 

バチカン奇跡調査官

(゚ー゚)。○ ( 個性は出ている気はする。(何

信仰心の割には、科学的、論理的に調査が出来ているのが逆に面白いのか?

普通に敬虔な信者なら、これほど気を病みそうな仕事も無いんだけどねw

しかし、トリックを楽しむミステリーなのか、はたまたファンタジーとして見るのか、

非常に判断に困る作品だと思われる。

最初のエピソードは、ミステリーだったけど、次の話は神秘溢れるファンタジーだし。

これ、2つ同時にやっていくと、胡散臭が凄いことになる予感w

(゚ー゚)。○ ( うーん、面白いのか?これ?(困惑

 

メイドインアビス

 (゚д゚)< かなり骨太な冒険譚じゃないか!まさしく大穴。(誰旨

 可愛いキャラデザに反して、愚直な冒険ファンタジー。

冒険に出た母親を追ってアビスの大穴に旅立つと言う、

新鮮味の欠片もないベースに対して、王道な味付けで良い雰囲気にする実力。

どう考えても無鉄砲にアビスの底を目指している2人だけども、

それが単純に好奇心なのか、アビスで生まれた性なのか。(何

序盤から繰り返される出会いと別れ、思った以上に重くて切なくて、

この作品がシリアス路線として十分に戦えてるのがよく分かる感じ。

結構なテンポで話が進むのも○。

あっという間に旅立って、ドンドコドンドコ底へ底へ。

母親のお師匠に会ったり、謎の獣っ娘に会ったり、アビスの中でも出会いはある。

毒で瀕死になる、血のションベンがでるなど、穏やかじゃなさ過ぎる展開も・・・w

これは今期の隠れた名作になる事間違いない風格。

(゚ー゚)。○ ( 来週も楽しみだw(ぉ

 

 

さて、本日はここまで。

お粗末さまでした。

劇場版Fate/kaleid liner プリズマ イリヤ ちょいと見てきたぞ!

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

タイトル通り、今日の話題はこちらです。

 

 |-゚)っ[劇場版Fate/kaleid liner プリズマ イリヤ 雪下の誓い]

f:id:kuro-koge:20170910212411j:plain

 

何やら良い噂が流れているので、これは是非とも見に行くべきだと。(ぉ

そんなこんなで視聴の感想をつらつらと行ってみたいと思います。

 

!!!注意!!!

ネタバレを含みますので、未視聴の方は注意してください!

 

今回も念入りに目立つように。

公開後1週間は経過したとは言え、見てない人も居るだろうしね!

それでは行ってみましょう!

 

 

 

 

 

 

地上波アニメから謎に包まれていた世界観が、だいぶ明らかになりました。

雪が振り、冬木のど真ん中に大穴が空く美遊ちゃんの並行世界。

まず興味を引いたのは、第四次聖杯戦争が冬木で行われていないであろう点です。

(゚ー゚)。○ ( この辺り、Fate慣れしてる程に、混乱ポイントだと思う・・・w

加えて、アインツベルンが存在せず、

代わりの立ち位置にエインズワースが存在しているようです。

この辺りから勝手に妄想してしまう黒焦げとしては、

(ノ_・、)< アイリさんに合わなかった切嗣さんとか、目頭が決壊しそう・・・

ってなりそうでした。(早

おそらく、Zero以上に救いのない状態だった事は、容易に想像できます。

劇中の切嗣さんの様子にも鬼気迫るものを感じましたし、

本編以上に救済への渇望があったのだろうと想像出来ます。

(゚ー゚)。○ ( でも士郎くんにもう少しマシな対応してあげてよ、とは思うw

 

次に、冬木の現状について。

無料配布されたマテ本見て予想するに、

冬木はエインズワース、間桐、遠坂により魔術的に統治されて居たが、

まさかの棚ぼた。すぐそこに願望器が有ることを知ったエインズワースが大暴走。

世界救済の名のもとに、他の御三家をクレーターでふっ飛ばして根絶やしにしつつ、

願望器(美遊)を掻っ攫ってコンプリート!としたい所を、切嗣に奪われる。

(゚д゚)< ざまぁ!w(ぇ

ここでポイントなのは、間桐・遠坂の両家で生き残ったのは桜だけだという事。

(゚д゚)< 凛!死んでしまったのか!なんでさ!(ぉ

劇中妙に桜が倍プッシュされると思ったら、そんな背景があったとは・・・

(゚ー゚)。○ ( ラスボス系後輩ヒロインのボーナスタイム過ぎるだろうに・・・w(ぇ

つまり、地上波プリヤでイリヤ達がやってきた段階ですでに、

エインズワースの一人勝ち状態、王手で投了間近って言う事だろうと。

(゚ー゚)。○ ( 酷い無理ゲーぶっこんできたなぁ・・・w

ちなみに、魔術協会側の勢力はほぼ機能していない模様です。

神父も仕事しないでマーボーラーメン屋開いてる始末で、

(゚д゚)< 彼は別な意味で愉悦の道を開いたのだ・・・(ぇ

と、ネタなのかマジなのか分からない状態w 

(゚д゚)< そういう意味で似非神父にならなくて良いからw(ぉ

 

さて、そろそろ本作の見所(自薦)を話題にしながら感想を述べたい。(何

(゚д゚)< やっぱりね、士郎さんでしょ、士郎さん。

劇場版プリヤの主人公(誤植ではない)こと、士郎さん。

彼のムーブがほんと彼らしいと言うか、見ていて懐かしい気持ちになる。(ぉ

切嗣じいさんの事もあるのに、それを排して美遊を妹として育てちゃう辺り、

(゚д゚)< 流石と言うか、何というかw

劇中の士郎さんの呟き、「俺、何やってるんだ」って言ってますけど、

あんたならそうとしかしないだろって、ツッコミを入れてしまう訳で・・・w

そうした葛藤と決心の末、美遊を外に連れ出して真相を伝えるタイミングで・・・

(゚д゚)< コラァ!偽一成!お前間ぁ悪すぎぃ!w

これが士郎さん覚醒の、第一の布石になるのであった、まる。(何

この辺りから士郎さんヤンデレヤサグレ化。(違

魔術鍛錬に傾倒したり、黒鍵礼装で結界にアタックしてみたり、

逸般人化が始まりました。

そしてラストトリガーは、本作のメインヒロイン事、桜ちゃんである。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( もうなぁ・・・この辺りはズルさの塊。あざとい。(何

桜の散り際はHFの前哨戦かって程に切ないし、

コロコロしちゃったワカメなアサシンのキレ芸は完成度高すぎだし、噛ませだし。(ぉ

そして驚愕に値する、偽ギルガメッシュのクラスカードによる演出。

アーチャークラスのクズカード。呼ばれるのは無名の能力。

フェイカーである士郎さんを英霊エミヤに覚醒させるのに、

これ以上の舞台装置があるかって話ですよ?w

(゚д゚)< 真剣に、これ考えた人天才だと思うw(ぉ

ワカメアサシンを綺麗に屠ってからは、しばらくは士郎さんのターン。

第五次聖杯戦争出来レース)に颯爽と殴り込む我らが士郎さん。

ここでいろいろな敵と戦う総集編が繰り広げられますが、

鯖とマスターの思いもよらない組み合わせは、短いけどとても楽しいシーンでしたw

(゚д゚)< あ、何メロイか知らないけど、説明ありがとうございました。(何
(゚д゚)< 流石ロードは人形になっても博識ですね!(ぉ

 

そして物語は終盤へ。ラストスパートが始まります。

まずは偽一成との邂逅。

(゚ー゚)。○ ( このシーンなぁ・・・。マジで原作リスペクト過ぎる。(ぉ

要はこれ、HF士郎のそれと同じ決心なんだよね。

世界の救済よりも、一人の女の子を助けたいと願う。

ここまで忠実にHF士郎をリスペクトするなんて、もしや!

(゚∀゚)< これ作者は、HF大好きで桜大好きに違いないな!(ぉ

決別の台詞のあとは、美遊ちゃんとの邂逅。

第五次聖杯戦争の魔力リソースを美遊の儀式に使おうとしていた、

エインズワースの目論見を潰しつつ、聖杯の力で美遊ちゃんを他の並行世界へ飛ばす。

もちろん、別れの言葉は、前に言えなかった言葉を添えて。

(゚д゚)< 迸る主人公力。うんうん、プリヤの主人公は士郎さんだね!(何

ここで当然止に入る、ラスボス担当アンジェリカ。

結構唐突に登場するので、地上波見てないと、突然現れたおっぱい要因でしかないw

まぁ、勘の良い人ならこの辺りからニヤニヤします。(何

(゚д゚)< そりゃそうよ、士郎vsギルガメッシュ戦の焼き直し来るか?!(ぉ

って感じだからね・・・w

そして予想を裏切らない展開。熱く激しく繰り広げられる戦いです。

(゚д゚)< 投影、投影、投影。そしてトドメのアンリミ。(ぁ

作画、演出、展開と、スキの生ぜぬ3段構え。

これは良くやったと褒めずにはいられない出来栄えで、素直に楽しめました。

ここの辺りは、是非とも劇場でちゃんと見てほしいですね・・・w(ダイマ

ラストカット、空気の読めないアンジェリカが、エア抜いちゃう。

対する士郎さんは、固有結界内の全ての剣を束ねて応戦。

激しい衝突の末、試合には負けてしまうけども、勝負には勝った。

 |-゚)っ[時間稼ぎ成功!美遊ちゃんは別世界へ!]

そして、本編プリヤ1話へ続く・・・。

(゚д゚)< いやー、良い劇場版プリズマイリヤだった。(ぉ
(゚д゚)< ん?プリヤ?プリヤって誰だ?士郎さんのことかな?(ぉ

ちなみに、最後まで全く出番がないのかとちょっと焦ったけど、

最後の最後にイリヤは登場しますw完全にチョイ役ですけどもwww

 

何というか、ホント濃厚な仕上がりだと思います。

プリヤ本編のギャグパートが全くない、遊びが全くないという点でですがw

逆に地上波のプリヤに馴染んで見に来ている視聴者は、

この映画を見て楽しめるのか疑問に思うレベルまであるかとw

(゚д゚)< ぁぁ、黒焦げのようなFate玄人なら存分に楽しめますよ?(何

総評として思うのは、

 |-゚)っ[HFの人間味溢れる士郎さんと、UBWの熱い戦いの良いとこ取り]

って感じかなぁと。

これが出来るなら、そりゃ面白くなるし、上映延長も決定するって話ですw

正直、プリヤを全部追ってる勢以外には辛いけれども、

きっちり追っかけてるならば、今回の劇場版は必見レベルです。

設定本とかも配ってるし、是非とも自分の目で確かめて欲しいですね。(ダイマ

 

 

さて、一頻り話した所でそろそろお開き。

お粗末さまでした。

2017年!夏アニメスタート! その1

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2017年夏アニメスタート!]

 

(゚∀゚)< うーん、この残暑の最中でスタートとか言われても?

(゚д゚)< ぐぅの音も出ないよね。うん。(何

 

この夏は、ちょいと出遅れてしまいましたが、まぁ追いつくように頑張ります。(ぉ

 

さて、それではぼちぼち始めましょう。

それでは、一応ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

ナイツ&マジック

(゚ー゚)。○ ( ぉ?こいつは面白いんじゃね?(素直に褒

俺ツエー+異世界転生と言う、食傷気味のネタにも関わらず、ちゃんと面白いw

ショタで天然のロボオタ主人公も良い味出してるし、

出て来るロボットも純粋に格好いいw

(゚д゚)< 斑鳩の動きが頭おかしすぎて、変な笑い出るwww

浮いてるってレベルじゃないwいや、浮いてるけどそういう意味じゃなくw(ぉ

全体を通して、ロボの戦闘が重厚感あって見ごたえあるし、

ロボ制作パートも、程よい技術うんちくを踏まえて見やすい感じ。

転生先の技術背景と比較出来てるから、新機体の有能感が程よく伝わる両采配。

(゚ー゚)。○ ( 間違いなく、今期一押し候補ですわ!(ぉ

 

潔癖男子!青山くん

(゚ー゚)。○ ( ちょっと微妙かなぁ・・・(直球

坂本ですがと、ナンバカを足して3で割った感じと言うか。

ギャグならギャグで、変にOPにサッカー要素を入れなきゃ良いのに、

入れてしまったが為に、どっち付かずになってるねこれ。

あくまでギャグだから、真面目なサッカーはしない。

でも、中途半端にはサッカーする、この矛盾が・・・。

(゚д゚)< すっごいもやもやする。(ぁ

言ってる側から、サッカーネタが切れてサッカーしてないし、

EDは巨人の星をパロるネタEDだし、もう分けわかんねぇな・・・

(゚ー゚)。○ ( 後半の挽回を期待します。(ぉ

 

妖怪アパートの幽雅な日常

(゚∀゚)< 金田一少年の事件簿!このあとすぐ!(何

どうも作画の関係か、金田一少年がちらついて・・・w本編には全く関係ないけどw

某少年誌のような、キャッキャウフフのドタバタラブコメディっぽいタイトルだけど、

意外にもシリアス成分が多めの構成。

(゚д゚)< とりあ、ラブコメではないのは確かw

中3にして不幸を背負った主人公が、妖怪アパートで幸せを取り戻していく感じ。

(゚д゚)< ちなみに、幻想はぶち壊さない。(不幸&声優ネタ

既に最初の数話時点で話が重く、

裏のエピソードが笑いで済まされない、どうしようもなさが垣間見える。

(゚ー゚)。○ ( 同級生が普通に犯罪で捕まるのは非常にショッキング。

同居していた従姉妹が、泣きながら懺悔するなど、暗いパートは中々辛い。

それでも、理不尽なラストになる事は無いし、安心して見れるところは○。

無個性気味な主人公に能力も付き、話がちょっと盛り上がってきた感じ。

(゚д゚)< これはいい感じかもね?(ぉ

 

恋と嘘

(゚ー゚)。○ ( 国に結婚相手を決められる…赤い糸…ジャンプ…うっ…頭が…!(何 

 主人公全モテのハーレムパターン。ただし男も含む模様w

と、茶化してみたけども、中々ネタと真面目さを兼ねたちゃんとしたアニメです。(ぉ

主要4人が出揃ったところから推察するに、

高崎さんの相手は、あのホモォだろうなぁ。

始まりの段階で色々と拗れている分、上手く話を転がせば面白い展開になりそう。

(゚ー゚)。○ ( 次はキャンプだけど・・・一体どうなるやら・・・w

余談だけど、こう言う優性遺伝的な考え方が含まれると、

五月蝿い人達がなんやかんや言うから、

日本では余程進退極まる段階まで進まないと、導入は難しいと思う制度だw

(゚д゚)< 世界一の科学力で、配偶者を決めるのだぁ!(何

(゚ー゚)。○ ( まぁでも、今の日本も進退極まる一歩手前かもしれんが・・・w

 

ナナマルサンバツ

(゚д゚)< ヒロインの声のせいで、全く話が入ってこない。(真剣

ちょっと調べたけど、なんだこれ・・・久々にゴミ見たいなパターンだぞ。

クイズを題材にした、楽しくスポ根するアニメで、

題材は全く悪くないのに、こう言う余計な茶々を入れられて台無しに・・・

(゚д゚)< マジでキャスティング考えたやつ戦犯だろうこれ・・・

このヒロインさえ喋らなければ、良いアニメなのに・・・そう思うレベル。

(゚д゚)< 来週からキャスト変更してても、誰も文句言わないよ?ね?(何

 

18if

(゚ー゚)。○ ( 意識たけぇ・・・(呆 

意識が高い内容もいまいち馴染めないけども、もっと気になるのは主人公の性格。

各話の脚本書いている人が違うからか、登場する話ごとに主人公が別人レベル。(ぉ

殺人を容認するサイコパスだったり、真面目な優等生だったり、チャラ男だったり。

(゚ー゚)。○ ( ほんと何なんだよこいつは・・・(呆

あと、作風の全体の一貫性も担保されていなくて、見てるのがモヤモヤする。

好きな作風の話があっても、もうその作風の話は出てこないという事。

1話完結の話なのであれば、ストーリーテーラーの主人公ぐらいは一貫性もたせるか、

作品自体の雰囲気は合わせておかないと駄目でしょうに。

(゚ー゚)。○ ( 後半戦・・・大丈夫なのかね?(呆

 

将国のアルタイル

(゚д゚)< じ、地味ぃ!w(ぁ

最初にドカンと見せ場を持ってきてないから、まずまず地味なスタートw

加えて若い主人公が挫折する所から始まってるから、スカッとしない所もキツイ。

この組立方だと、4話目以降次第では、視聴切られるまであるぞっと。(ぉ

アルスラーンと違うのは、支える仲間(初期)が居ない所か。

やっぱ成長前の主人公の傍らには、序盤はある程度強キャラの仲間が居ないと、

話として無理が出て来るという事だと思う。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 仲間も増えていくっぽいけど・・・これは微妙そうw 

 

魔法陣グルグル

(゚ー゚)。○ ( だいぶ演出が難航してそうなイメージ・・・w

昔のままでやるのも芸が無いから、色々とドットを取り入れたりしてるけど、

仕上がりとしてはあまり上手いこと行っていない模様w

懐古厨から言えるのは、ナレーションツッコミが無いのはやっぱりアカン。(ぉ

衛藤ヒロユキのシュールなギャグは、ツッコミ無いと現代っ子には辛いのでは?(ぉ

見てる黒焦げとしても普通に物足りないし、脳内で補完してるし・・・

(゚д゚)< やっぱり必要な要素だと思います!(ぁ

内容や展開は原作通り。ただし、全力でカット、カット、カット。(ぉ

どう考えても駆け足過ぎるけれども、何をそんなに急いでいるのか・・・w

(゚ー゚)。○ ( 楽しみにしてたギャグパート切られるのは辛いのですよ・・・?

面白いっちゃ面白いけど、黒焦げとしてはもう少し軌道修正してほしいかなぁとw

 

・- THE REFLECTION - ザ・リフレクション

 (゚ー゚)。○ ( お?ガチのアメコミじゃないですかぁ!(何

作風は好みが分かれそうだけど、アメコミなら、これは王道。

ぱっと見た感じ、ストーリーも悪くない。とても好感触。(ぉ

あとは、登場人物の能力が現行ヒーローをオマージュしてる感じがすごいw

(゚ー゚)。○ ( 腕からびよーんって、なんかどっかで見たことあるよね?蜘蛛的な?w

そして主人公のチート感。コピー系ヒーローですね、分かります。

(゚∀゚)< ヒロアカとこれと、これはアメコミブームでも来てるのかな?(ぇ

 

 

 

ほい。本日はここまで。続きは来週にしましょう。

それでは、お粗末さまでした。

2017年!春アニメ最終回ラッシュ! その5

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2017年!春アニメ最終回ラッシュ!~リトル黒焦げアカデミア~]

 

うむ、色々あって、ここまでもつれ込んだ。(何

まぁ、気にせず春アニメの〆といきませう。

 

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

進撃の巨人 Season2

(゚ー゚)。○ ( うむ、大満足の面白さだった。(ぉ

2期になり、段々と謎が明らかになってきて、

予想を立てて楽しめる範囲まで情報が出てきた感じですね。

そして最初に襲撃を企てた巨人の正体も判明して、物語は大波乱。

クソ野郎と罵られつつも、巨人サイドにも色々と複雑なお家事情がある模様・・・

(゚ー゚)。○ ( でもあの2人、どう取り繕っても印象は回復しないなぁw因果応報かw

そしてアニメ終盤、お姫様エレンがまたもやチート能力をゲットした模様w

曰く「座標」と呼ばれる能力らしいけど、これほんと強すぎじゃないかとw

堪え性のないエレンが使う事に一抹の不安はあるけど、

主人公だし、アルミンも居るし、上手いことやってくれるのかね?w

(ノ_・、)< そして、おっちゃん・・・逝ってしまったか・・・

死亡フラグを建築しまくってたから、もう予測はついていたのだけれども、

やっぱり死んで欲しくはなかったというね・・・

あと、個人的なヒットは、エルヴィン団長。

(゚д゚)< いやいやいやいや。ちょっとマジキチ過ぎるでしょうw

リヴァイ兵長も中々にアレでしたが、流石その団長。もっとアレでしたw

(゚ー゚)。○ ( 腕持ってかれてるのに、全くブレない言動。マジでこの人は・・・w

物語も確信に近づいており、もう少しでゴールしそうな雰囲気が出てるけど、

あとどれくらい風呂敷を広げて、どんな風に畳んでいくのはホント楽しみ。

1期ほど、人気に勢いは無かったけれども、面白さは全く変わってなかった。

(゚д゚)< 是非とも3期、お待ちしております。(ぁ

 

武装少女マキャヴェリズム

(゚ー゚)。○ ( あれ?バトル物として普通に面白い方じゃね?(ぉ

作画に関しては、予算相当の一長一短だとして、

バトルとストーリーとかに関しては、そこまで悪くなかったと言う印象が。

最後、五剣との決着を付けずに(厳密には負けだがw)、

因縁の相手と戦ってラストとか、マンネリ展開だっただけに高評価をあげたい。(ぉ

天羽さん、要約するとヤンデレだったって事だけど、

そうやって切り捨てるには失礼な程度には、

しっかりした物語描写があって、結構納得出来てしまったと言うのが良いw

このアニメ、お色気で媚びると言うより、お色気ハプニングで笑わすノリが強くて、

普通に馬鹿っぽくて面白かったのは○かと。

バトルパートも、止め絵作画と必殺技バンクを駆使して、

ギリギリまで良く見せようとしてたし、そこまで印象は悪くなかった感じ。

(゚ー゚)。○ ( 必殺技(と名乗り)で笑い取るスタイルも、個人的には嫌いじゃないw

(゚ー゚)。○ ( まぁ、一部必殺技なのか?って物もあるけど、ご愛嬌かw

(゚д゚)< うむ!サンキューノムラ!(何

 

冴えない彼女の育てかた♭

(゚д゚)< ラノベ原作アニメの皮を被った、描写の秀逸な作品じゃった。(ぉ

本当に濃い作品だった、って言うのが口をついて出る。(何

特に最後の、主要メンバーの2人がサークルを抜けてしまう展開。

正直な所、色々ともやもやするけど、展開としてはありなんだよなぁ・・・(何

あの2人がメインヒロインとして活躍していた流れをあえて断ち切り、

新学年の仕切り直しに劇薬を投入した形にしたかったのかと。

しかも流石にただ抜ける、引き抜かれるって単純な話では終わらせず、

冴え彼の色とも言える、クリエイターのジレンマを絡めてくる。

(゚ー゚)。○ ( 流石としか言えませんは・・・これは腹に来る。(何

そして3人のヒロインが、別々の思いと理由で泣いて行く展開。

アニメ2期分の最後として、相応しい感動だったように思うわけですよ?(ぉ

あとは、

(゚д゚)< やっと来ました加藤ちゃんのターン!(ぉ

後半3話ぐらいからの怒涛の追い上げ感。

(゚д゚)< お前やっぱりメインヒロインだったんだなw(ぇ

このまま冴えない彼女で終わってしまうのかと危惧していたけれども、

無用な心配だったようです。

副代表で友達で仲間と言うポジションに着地したように見せて、

いやいやその実、心境的にはそこに留まっていない感。

(゚ー゚)。○ ( とても味わい深いキャラで、ぽかぽかしますなぁ・・・(ぇ

これからも、朴念仁のリンリ君にブーメランを投げ返しつつ、

夫婦漫才をしながらヒロイン力を上げていって欲しい所ですね。(ぉ

さて、今後の展開が気になる所ではありますが、

アニメの最後に「おしまい」って出てしまいましたし、

しばらくはアニメ化する予定はないんでしょうね。

(゚ー゚)。○ ( 続きはノベル本編でってことか・・・ズルいなぁ。(ぇ

 

クロックワーク・プラネット

(゚д゚)< マリーは噛ませだと思っていたら、ダブル主人公の片割れだった。(ぉ

マリーのポジ、思ったより良い所に収まったと言うかw

このポジになっちゃうと、最早ヒロインと言うより相棒になっちゃうのだけれどもw

(゚д゚)< でも、とてもよいとおもいます。(ぉ

しかし、ストーリーの組み立て方が中々に上手。

順番にフラグを立てながら、そこに演出を加味して、

ラストのダブル主人公覚醒まで持って行くの、本当に良い感じだった。

お互いのコンプレックスを認めあってからの、同じ台詞での偶然のシンクロ。

(゚д゚)< なにこれ、無駄に熱いんですけどw

メインヒロインのリューズには、ちゃんと指輪を贈り、

見せ場を用意するフォローも完璧。

(゚ー゚)。○ ( 本当にみんな幸せ。優しい世界。(ぁ

主要メンバーの最終的な関係性が、属性被りの無い家族みたいになってるのも、

非常にバランスが良くて良いと思います。

(゚ー゚)。○ ( うむ、実にスッキリ見れるアニメじゃった。(ぉ

 

ツインエンジェルBREAK

(゚д゚)< 最初の茶番に最後の茶番。両方茶番だけど、最後のはまともな茶番。(何

ほんと、前半は酷いけど、後半になるにつれエンジンかける手法小狡い。

終わりよければって言うけど、ラストの印象ってやっぱり重要だからなぁ・・・。

(゚ー゚)。○ ( そこを考えると、このアニメは分かってるんだろうなぁw

意外にも伏線の張り方と処理が上手いし、感動の雰囲気もよく出てるというw

手の抜きどころ、力の入れどころ、その辺りの加減が上手いというか、

仕上がりが悪くない。

(゚ー゚)。○ ( 不満はあるんだけど、下げる所がない、みたいな?(ぇ

(゚д゚)< コインがジャラジャラしてるシーンはパチスロ感出てて良かったんじゃね?

とか、的はずれな皮肉言うぐらいしか出来ないと言うね・・・w

 

タイガーマスクW

(゚∀゚)< まさかの女子プロオチwこれは蛇足w

最終回は気にしないとして、Wはそこそこ面白かったと言う印象。

何かというと、もとのタイガーマスクアニメ知ってても知らなくても、

程よく楽しめてしまうという所。

(゚д゚)< なかなかうまい。(何

展開がガチガチのプロレスで、そしてタイガーマスクでもあった。

その辺りはキッチリ意識して作っているのかと。最後まで一貫してましたし。

むしろ引き際が前作よりも良い感じで、

仇に一泡吹かせた後、Wタイガーとなって2人の戦いは続くのだ、は非常にスマート。

まぁでもなんと言っても、中盤のWタイガーの戦いは熱かった。

仇は同じなのに、敵同士で戦い合うタイガー&ブラックタイガー

戦闘後に明らかになるマスクの素顔、そして和解からのタッグマッチ。

欲しい展開をこれでもかって程にやって貰えた訳で、見てるこっちは大満足ですよね。

相応によく出来たアニメだったので、

気になった方は、初代のアニメタイガーと合わせて見てもらうのも一興かもです。(ぉ

 

sin 七つの大罪

(゚д゚)< 全部色欲じゃねーか!(定期

うん、駄目アニメでした。(酷

QBでも、もう少しお話面白かったと思うのですが、これは壊滅的過ぎる。

なんか、脈絡が無いっていうのが全編通してあって、考えるのを辞めたいほど。(ぁ

見所が露骨にはだける以外に無いから、それ目的以外の視聴は辛い。

ネタアニメとしてギリギリ見れるかどうか、だけど、

イマイチ振り切れていない感じが否めないので、不完全燃焼。

どちらかと言うと、アニメ本編より、制作元の方がネタになるというおまけ付きw

(゚∀゚)< この作品が遺作になるって、そんな酷いことある?(煽

 

リトルウィッチアカデミア

(゚ー゚)。○ ( 伸び伸びした良いアニメじゃった。(ぉ

やっぱり、予算の心配無しに、自由にアニメが作れると、

ゆとりのあるアニメが出来るんだなぁと。(何

2期分の尺をじっくり使って、最初から最後まで淀みなくストーリーが紡がれる感じ。

(゚ー゚)。○ ( 流石と言うか、何というか・・・w

序盤、駄目アッコのドタバタギャグパートから始まり、

周辺の友人キャラの掘り下げと、熱い友情パートで広げて、

杖の☆集めでアッコが成長して行き、ライバルダイアナとの和解。

黒幕クロワ先生登場からの、シャリオの過去話、そしてラストのエピソード。

(゚д゚)< 特に後半の展開はマジで隙がねぇよw

バトルをすると言うより、魔法で飛んだり跳ねたりするのを重視するのも、

魔女アニメとしては王道で正解だと思っていて、

あれをトリガーの本気作画でやるんであれば、誰も文句言わないわな、って感じw

(゚∀゚)< あ、プリキュアdisってる訳じゃないですよ?(ぉ

ネタ所で言うと、やっぱりコンスタンのロボット回がクリティカルヒットでしょうとw

変形口上からのドリルパンチって、グレンラガン吹いたの黒焦げだけじゃないはずw

(゚д゚)< 魔法帽をグイって上げる動作好き。これは卑怯w(何

この、ゴールデンのお茶の間タイムに放送しても何ら問題ないアニメ、

もっと評価されるべきだと思います。

(゚д゚)< ほんと、こう言うのでいいんだよ、こう言うので。(ぁ

 

 

 

さて、無事完走です。

これで来週からは夏アニメの感想に移れるぜ・・・(ぉ

それではまた来週お会いしましょう。

お粗末さまでした。

歌マクロス、つづけました。

今晩は、黒焦げです。元気です。

ゲームです。

 

 |-゚)っ[歌マクロス スマホDeカルチャー]

uta-macross.jp

 

(゚д゚)< 不自然なほどにプッシュ。

だけど黒焦げは反省しない。(ぉ

 

先週からだいぶプレイ回数を重ねている上、

チケットを大量にムシャムシャしながら、

ひたすらDance Dance Join Danceするイベントが開催されている都合上、

自分のスキルも、物理的なランクも、否応なしに上がっていきますw

 

f:id:kuro-koge:20170816003247p:plain

(゚ー゚)。○ ( もうランク30目前かwあっという間に上がるなw

 

ちなみに、前回手に入れたプレートを鍛え上げ、

シェリルさんの衣装を無事Get。

やっぱり私服で踊らせるのはなんか違うので、こっちの方が安心するね!(ぉ

 

(゚ー゚)。○ ( まぁ、私服は私服で、別の意味で威力高いけど・・・w

 

何かって言うと、ランカちゃんとかが歌うようなキュート系の曲の場合、

(゚д゚)< 確実にシェリルさんに違和感しかないwww

そういう場合だと、私服の方がマッチするし、

キラッ☆ってされれば、タップをミスるって言う話ですよ。(何

 

薄々感じて来たのですが、

黒焦げが好きな楽曲、マクロス7系やFのシェリルさんの曲。

これ、もしかしなくても、高難易度楽曲になってるんじゃまいか?(ぉ

序盤あまりにも、ランカちゃんの曲の解禁が多かったり、

バランスおかしいとずっと思ってましたが、

これ、難易度の問題で、あと解禁に調整されてる気がすると言うね・・・w

 

(゚д゚)< 黒焦げの明日はどっちだ。(何

 

 

それでは今日はここまで。

お粗末さまでした。

歌マクロス、はじめました。

今晩は、黒焦げです。元気です。

ゲームです。

 

 |-゚)っ[歌マクロス スマホDeカルチャー]

uta-macross.jp

 

(゚д゚)< はい、見事に爆釣です。(何

 

血潮にマクロスの曲が染み渡っている黒焦げとしては、

こう言うのはどうしても無視できない。

事前登録をスマートに済ませ、配信直後にダウンロードプレイと相成りました。(ぉ

 

正直リズムゲーとか、10代前半以来、久しくプレイしていなかっただけに、

このおっさんに両足を突っ込んだゲーマーに、付いていけるのか未だに疑問です。(ぉ

 

幸か不幸か、ノーツの数は少なめで、両親指が動けばなんとかなるレベル。

そこに加えて、楽曲は歌えるほどに頭に入っているので、

タイミングの微調整を経て、なんとかノーマルはクリアできておりますw

(゚д゚)< そこまでチートしてノーマルかよ!ってツッコミは無しな!(ぁ

 

ちなみに、ゲーム開始直後に最初の歌姫を選択する訳ですが、

 

ここに、バサラさんとミレーヌちゃんが居ない。

 

大事なことだからもう一度言う。

 

ここに、バサラさんとミレーヌちゃんが居ない。

 

(゚д゚)< なんでさ!(ノータイム

 

まぁね、ミンメイ、ランカ、シェリル、ワルキューレを一気に実装している手前、

セブン組までリソースが回らなかったのか。

あるいは、

バサラのイレギュラーっぷりに、実装を迷った結果、先送りになったか・・・w

公式ページ見てもらえればわかりますが、色々とやばい。もちバサラな。

(゚ー゚)。○ ( 9:1で黒一点って、違和感しか無いww

決め顔とか、決めポーズとか、

一体バサラVerはどうなるのか、今から気が気でないと言うのが本音です。(ぉ

 

ちなみに私の初期キャラは、銀河の妖精シェリルさんを選択。

(゚д゚)<  バサラさんが選べないなら、まぁ、シェリルさん安定よな。(何

 

 

ちなみにこのゲーム、おそらくファンしか見てないタイプのやつです。(ぉ

超時空SNSなんて、本編見てないと何の事かわからないし、※

(※ 登場タイトル、エピソード、背景、キャラ説明、何一つ説明なし)

これをニヤニヤ楽しめるなんて、訓練されたマクロスファン以外あり得ません。(断言

 

明らかに素人にはおすすめ出来ないやつですが、

逆に言えば、玄人には好感触なのではと。

リズムゲーという事で、導入のハードルは高そうですが、

割りとしっかりとした音ゲーとして出来ている様に見えますので、

気になっている方はぜひともプレイをお勧めします。(ダイマ

 

それでは、ちょっとランク上げてきます。

お粗末さまでした。

 

f:id:kuro-koge:20170807013646p:plain

(゚д゚)< やったぜ!ねんがんの ステージいしょうをてにいれたぞ!(ぉ

2017年!春アニメ最終回ラッシュ! その4

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2017年!春アニメ最終回ラッシュ!~覆面系黒焦げ~]

 

夏アニメが出揃って、ソッチのほうが気になるのは分かる。(ぉ

それでも春アニメの最終回うんぬんを頑なにやり続ける私。(何

 

さて、今週もじゃんじゃん行ってみましょう。

 

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

つぐもも

(゚ー゚)。○ ( う~ん、エロと言うよりは、セクハラかな?(何

真面目なパートと、ギャグパートの落差が激しくて、最後まで慣れなかったw

(゚ー゚)。○ ( メリハリあり過ぎて違和感あると言う、珍しいケースw

割りと真面目に能力バトル物をしているのに、

細かい展開は鈍感力を発揮するハーレム物と言うのが、原因だと思うけども。

お姉ちゃんが自殺してどうのこうのとか、ガチで暗い話を混ぜて見たり、

その次の話では、主人公とヒロインが裸で同衾する話混ぜてみたり・・・

(゚ー゚)。○ ( これを落差が激しいと言わずして、なんとするか・・・w(ぇ

ただまぁ、この辺りのノリに慣れてくれば、そこそこ楽しめるのも確か。

重厚で精巧な作りを楽しむ作風では無いから、気楽に見るのが正解ですね。(ぉ

 

スタミュ 第2期

(゚ー゚)。○ ( 相変わらず無駄に出来が良いアニメだなぁ・・・w

結局、キャラ増やしすぎ問題は解決しなかったけど、

活躍するキャラを絞ってなんとかなったので、良しとしましょう。(ぉ

ミュージカルパートと本編ストーリーのリンクも、安定の仕上がり。

ここは前期に引き続き、安心して楽しめた形なぁと。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( しかしミラクルさん、ほんとミラクルムーブするの草www

コミュ力お化け+強運は、遺憾なく主人公であることを魅せつける。(何

シナリオの中でもその実力は垣間見られて、

 |-゚)っ[影役だと思ったらまさかの主役抜擢]

 |-゚)っ[天岩戸作戦、改心の大成功]

と、獅子奮迅の活躍という。(ぉ

同チームのメンバーからの信頼も無駄に熱く、何かのチートかと思うほどですねw

黒焦げ的今期のポイントは、仲間達から貰った、絆アイテム。(何

序盤の演出としては、なんじゃこれ?って思ってたけど、

最後のカットでああいう風に使うとは・・・w

(゚д゚)< うん、なかなかやるじゃない。(ぉ

最後に颯爽と加わる鳳さんのヘアバンドが、良演出過ぎてヤバイ。(語彙力

終わりだと思って油断してたから、不意打ちもいいとこでしたともw

このレベルの出来なのであれば、女性ウケが良いのも頷けます。

(゚ー゚)。○ ( 2期放映は伊達じゃない・・・w

(゚д゚)< これは3期あるかもしれんね・・・?(ぉ

 

FRAME ARMS GIRLフレームアームズ・ガール

(゚∀゚)< ふぁ?突然のアイカツ?(ぉ

最終回に特に脈絡もなく、歌って踊るFAガールに草を禁じ得ないwww

(゚д゚)< なお、クオリティはそんなに高くない模様。(ぁ

しかし、ラストバトルはもう少しどうにかならなかったものか・・・。

戦う意味とか理由とか、そう言うの全部置き去りおざなり過ぎるだろうと。

(゚ー゚)。○ ( いくら緩いって言っても、これでは雑すぎる・・・(真剣

敵の魔改造の件も、それに合わせて合体技で戦った件も、

その後の描写が無いのは余りにも酷いと思います!(ぉ

そもそも、最初から最後まで徹底して、山なしオチなし意味なしだったから、

今更突っ込むのも馬鹿馬鹿しいと言われたらその通りなのだが・・・(落胆

(゚ー゚)。○ ( 武装神姫も大概だったけど、これはもっと酷いかなぁ・・・?(ぉ

販促としての側面が強かったであろう、FAガール。

果たしてこれできちんとした販促になったのであろうか・・・?(ぉ

 

カブキブ!

(゚ー゚)。○ ( ふむふむ、思いの外良かったぞこれ・・・w(ぉ

歌舞伎を部活動でやるって言うモチーフを忠実に活かして、

自由に破茶目茶に、歌舞伎を楽しんでいくって所が、単純に良かった。

現代版と歌舞伎版の2部構成をしてみたり、背景に解説字幕出したり、

色々とフリーダムだけど、現代っ子に合わせた理にかなった調整は、ホント◎。

(゚ー゚)。○ ( 思わず見入ってしまったぜw(ぉ

白金屋さん、最後まで参戦しないのかとヤキモキしてたら、

ラスト、脅しに根負けする形で参戦したけど、これはどうなんだろうか・・・?w

色々と内面的な葛藤やらなんやらを、伏線として引いてはいたけど、

最後のあれだけ見ると、脅迫に屈したとも見えない事もないから、微妙な気がするw

歌舞伎部って言うだけあって、歌舞伎パートはかなり真面目。

最終回のBパートをまるまる使って歌舞伎をやった程で、これは挑戦的だと思うw

(゚ー゚)。○ ( お陰で、最終回のクロージングとしては、微妙になってたしね?w

(゚ー゚)。○ ( まぁ、この位だったら、愛嬌ってことで通るとは思うけどもw

歌舞伎だから、登場人物男ばっか、よって腐女子向け(暴論?)、

って言う先入観を破壊したのは、かなりポイント高いと思うんだよねw

(゚д゚)< 中々良いものを見させて貰いましたは。(何

 

ベルセルク 第2期

(゚ー゚)。○ ( ガッツさんが、「うちのもん」とか言ってると、完全に任侠者w(ぉ

そしてそれが無茶苦茶格好いいまでで定期。(何

2期目は、かなりのキャラの性格や相関が動いた印象が強いですね。

(゚ー゚)。○ ( ガッツがキャスカに避けられたり、ファルネーゼがまともになったりw

特にガッツに関しては、仲間を頼る節が出てきてる。

どちらかと言うと、過去の仲間思いのガッツに戻りつつある、って言う感じかな。

(゚ー゚)。○ ( これはなんとも言えない味があるなぁ・・・(何

その辺りの影響で、ガッツの物腰が幾らか柔らかくなってて、

仲間達に対して、優しさを見せるガッツ。影から見守るガッツ。

(゚∀゚)< 格好いい!抱いて!(ぉ

バトル物の宿命といえる強化パートも、とてもベルセルクらしい物になってましたね。

(゚д゚)< だってさ、狂戦士の甲冑ですよ?これ以上にないベルセルクだ。(ぉ

言うて、肉体のリミッターを解除しながら強引に戦う上、

負傷した肉体や骨を、甲冑の内針で無理やり矯正しながら戦うって・・・w

(゚д゚)< これ、バーサーカー過ぎるやろう・・・w

デザインも中二病感に溢れ、とても良い感じ。

ガッツのもとの鎧も好きだったけど、こっちのフルプレも悪くないと思います。(ぉ

さて、PT構成も整ってきて、盛り上がってきた所で、今期は終了。

どうやら、妖精の島に話が入っちゃうと、ほぼ原作に追いついちゃうみたいですね。

とするのであれば、開き直って過去編やって欲しいと言う願望。

そもそも、過去編を盛大に飛ばしてるから、次回アニメ化するならそっちを頼む。(ぉ

ちょっと硬派過ぎたのか、アニメの一般ウケは良くないかもだけども、

黒焦げとしては、こ言う作品はだいぶ好きなので、もっと広まってほしい所。

原作信者どもが、なんか色々言っているけど、

言うほどアニメ、悪くないと思うんだがねぇ・・・(ぉ

(゚д゚)< つーことで、3期はぜひとも過去編をよろしく!(ぁ

 

覆面系ノイズ

(゚ー゚)。○ ( うむ、悪くない。悪くないぞ。(何

細かい所で粗が目立つ印象はあったけども。

主に話と話の繋ぎとか、説明不足気味の飛躍的な発言とかね。

ニノに関しては、そう言うキャラ付けもあって、セーフな所はあるけど、

他の人は違うんだから、もう少し気を使って欲しかった所ではある。

まぁでも、これらはほんの些細な事だと。(ぉ

(゚д゚)< 本筋の恋愛模様は最高にドロドロしてて良かった。(褒め言葉

序盤から綺麗な三角関係を描いた上で、

それぞれの登場人物の立ち位置や境遇が絡み合い、上手く話が展開する。

楽曲の使い方も良くて、要所要所では、必ず何らしかの曲が絡むのは○だっかと。

初めは、shout系ロックボーカルを、はやみさが演るって聞いて、

声質的にどうなのって思ってたけども。(ぉ

いや、正確には今でもベストマッチだとは思って無いけど、

最後の「ノイズ」だけは全くの別物だったと言うね。(下げからの上げ

正直、「ノイズ」ありきではやみさチョイスしたと言われても信じるレベル。

(゚ー゚)。○ ( いや、ほんと見事なキャラ同調っぷりだったわ・・・

(゚д゚)< さすがははやみんですわ。さすはや!(何

しかし何というか、モモの両親がゴミクズ過ぎてどうにかならんものか・・・w

(゚д゚)< 借金払わせた上に、強請かけるなんて、ほんとこいつ何なの?w

(゚д゚)< 諸悪の根源過ぎて、変な笑いが出そうなんだが・・・w

この展開の影響で、どう見ても両思いのニノとモモが、超険悪のスレ違いする上に、

巻き込まれでユズが諦められないと言う泥沼。

(゚д゚)< す、救いがなさ過ぎるんだが・・・w

原作未終了と言うことで、ここで切るなよバッカ!感が凄いですが、まぁしゃーなし。

言い方を変えれば、すごく続きが気になるという事ですね。(ぉ

取り急ぎはお疲れ様でした、と言う事で、一息入れてもらって、

原作溜まった辺りで、もう一度アニメにして欲しい所ですね。(ぉ

 

 

と言う感じで本日はお開き。

お粗末さまでした。