黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

2017年!秋アニメ最終回ラッシュ! その3

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2017年!秋アニメ最終回ラッシュ!~黒焦げ終末旅行~]

 

それでは先週に引き続き参りましょう。

ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

食戟のソーマ 餐ノ皿

(゚ー゚)。○ ( なるほど?この辺りで一旦切るのか。なるほど。(ぉ

やっぱり、一気に見ると分かるけど、ソーマはホント良く出来てる。(何

(゚д゚)< 何と言うか、ヘイトコントロールが上手いかなと。(ぉ

今回だと、叡山パイセンほんと三下感半端ないし、見事に血祭りになってくれる優しさw

(゚∀゚)< 煽り耐性無さ過ぎワロリンwww

着々と薊政権が確立していく様子が描かれて行く所だから、

この次は過去話を少々と、北海道編に突入する感じかな?

(゚ー゚)。○ ( あの、賛否ある、クソ妨害編だな、あざといやつ。(何

いくら何でもそりゃねーよ案件が連発して、色々と物議を醸し出したあの辺り、

皆さんはどのように感じるのでしょうか?(ぉ

黒焦げは、えりな様の囚われの姫様感を演出するための賑やかしだと思っていて、

多少はしょうがないと思っている派です。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( さて、なんも無ければ続編やるだろうし、ゆっくり待つか・・・(何

 

UQ HOLDER!魔法先生ネギま!2~

(゚ー゚)。○ ( 最後のわちゃわちゃは、アニオリの展開だったのね。

確かに、みんな出て来なくても、明日菜さえ出てくれば話繋がるしな・・w

まぁ、ねぎまのお祭り感が出たから、これはアリだとは思いますけどもw(何

何と言うか、ストーリーがちゃんとしている所に、

ちょくちょくラブコメ挟むの、ホント老舗のお仕事過ぎる。

(゚ー゚)。○ ( 見比べると、やっぱり頭一つ抜けてるよね・・・(沁沁

UQから見始めた人でも、全く問題なく見れる造りにも好感が持てるし、

こういうの好きな人には安心して進められる良アニメだと思います。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( しかし・・・メインヒロイン、雪姫で行くのか?w(何

(゚ー゚)。○ ( 下手したらNTr・・・いや、よそう。(ぉ

(゚д゚)< 続きが見たくなるのは良いアニメ。異論は認めない。(何

 

TSUKIPRO THE ANIMATION

(゚ー゚)。○ ( うーん、このラストは・・・。(絶句

(゚д゚)< 総集編からのお歌ダイジェスト・・・か。(何

最終回のダイジェストに関しては、ファンなら集大成とも言えるけど、

客観的には、30分のボリュームに収まらない、失策だと思うのです。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 逆にドリフェスは、別途枠を取った。こっちが正解だろうね。

今期は新しいメンバーも多く、名前を覚えるのも一苦労だったし、

1クールの尺に収めるには、やっぱり無理があったと思います。

キャラの掘り下げ方も、特に目新しい手法も無かったし、

見物客の立ち位置の黒焦げとしては、何も感想が出てこないと。(本音

今期似たようなアニメが多い中、ツキプロはまだ良い方なんだけどね・・w

(゚ー゚)。○ ( まぁこれ、既存のファンにフォーカスしてるんだろうね。

そういう意味だと、ライブビューイング行くような、敬虔なファンなら、

今回のアニメで良かったのだろうと、黒焦げは納得出来ます。(何

(゚ー゚)。○ ( 実際続編が決定しているし、妥当な予想だと、勝手に納得です。(ぉ

 

ドリフェス!R

(゚д゚)< うんうん、それもまたアイカツだね。(何

何から何まで、アイカツなこの作品、違いを言えば、

登場人物が男な所と、シリアスパートの対象年齢が若干高い所か。

(゚д゚)< あ、声優がド下手な所も押さえておきたいね。(ぉ

恐らく、今期女性向けアイドルアニメの中で、一番マトモなストーリーが描かれてた。

純粋にお話の造りや、ペース配分、キャラの数など、とても見やすくできてる。

(゚ー゚)。○ ( あれかなぁ・・・アイカツ経験のおかげかな?w

ふと思ったけど、これ、対象年齢中高生の女子辺りなんじゃまいか?(何

(゚∀゚)< リア充でない、ちょっとサブカル寄りな女子な。(ぉ

そう考えると、アイカツを卒業した層を、そのまま腐女子の道に引きずり込む、

非人道的なアニメに思えてくるのが、また不思議だ。(ぇ

などと、どうでも良い事を考えつつ、

リアルとリンクしている人々(WAG、バンドリ含む)には、

精一杯頑張って欲しいと思います。この先生き残れる様に。(何

 

鬼灯の冷徹 第二期

(゚д゚)< この、そこそこ面白い感が癖になる、良いアニメだよね。(何

地獄の愉快な仲間達コメディ、ホント悪くない。むしろ、良い。

今回も満遍なく面白かったけど、中でも現世編前半は黒焦げ的HIT。(ぉ

完全にギャグだと思ってたら、ある種の世にも奇妙な物語的になってて草w

(゚ー゚)。○ ( あれ、社長視点で話作ったら、面白いの作れそうだよね・・・w

締めは忘年会で悪酔い気味の鬼灯さん。日本の働き過ぎを愚痴る。

(゚ー゚)。○ ( この辺り、鬼なのに親近感あるよなぁ・・・(何

そして終えれ見れば、4月に3期決定の知らせ。

(゚ー゚)。○ ( まぁ、納得の人気だよね。普通に面白い作品だしw

(゚д゚)< 時々悪ノリして暴れちゃう鬼灯さんがまた見れるんですね!

(゚д゚)< 本当にありがとうございます!(ぇ

 

少女終末旅行

(゚д゚)< 中々、味のあるアニメだった。(何

日常系アニメ扱いで楽しんでも良いんだけど、それだけだとちょっと勿体ない。(ぉ

最終回まで見て、ようやく裏が取れたけど、やっぱり世界観がしっかりしてた。

(゚д゚)< 例えば、ぬこ。やっぱり兵器食いの生物だった。(ぉ

おそらく、間接的に戦争を終わらせたんだろうな。

まぁ、一緒に世界も終わらせてしまったくさいが。(何

そして、それらを信仰していた人々も居た、と。

音波電波による会話と、女子高生らしき子の機械の増殖についての話を考えると、

ぬこ達は生体兵器なのかもしれないまである。(何

この辺り、色々知りたい所ではあるが、もう詳しくは語られそうにない。

(゚ー゚)。○ ( 余韻を残す感じなんだろうなぁ・・・。(何

思えば、お墓にラジオっていうのも、神の声や歌が届くようにって言う、

信仰上の理由なのかもしれないよね。

こう言う、世界観や設定がしっかりした背景を、さも無いかのように、

2人の少女の純粋な終末記録として描く、かなり技術点は高いと思うのです。(ぉ

(゚д゚)< 終末度で言えば、なんやかんや危ない。見ていてハラハラする。(何

崩壊気味の建築物が多いせいか、道中が普通に危ない。

(゚ー゚)。○ ( 橋が落ちたり、ものが落ちてきたり、見ていてヒヤヒヤするw

作中2話に1回はそう言うのがあって、リアルな終末感が味わえると。(何

この辺りも、ただペロペロする作品とは雰囲気が違ったと思います。

2人の関係も、終末だからこその依存関係だし、単純なゆりとも違っていて。

(゚д゚)< 尊い。(ぇ

おそらく、見る人によって、味わい深さが段階的に変わってくる作品だと思います。

(゚д゚)< 女の子でマイルドにアレンジされた、良い終末アニメじゃった。(ぉ

 

 

ふぅ。今日はこの辺でしまいにしましょう。

それではまた来週。

2017年!秋アニメ最終回ラッシュ! その2

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2017年!秋アニメ最終回ラッシュ!~黒焦げルームへようこそ~]

 

はい、あけましておめでとうございます。

今年も一年、サブカル漬け(主にアニメ)でお送りしたいと思います。

 

さて、昨年末に引き続き、去年の秋アニメの最終回を振り返ります。

続々と新作アニメが開始されているのを横目に進めます。(何

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

いぬやしき

(゚д゚)< はい!隕石入りましたー!w安直じゃない?w

悪役の大量虐殺については、演出とは言えちょいとクドいけど、

犬屋敷じいさんを引き立てる為の助走と考えれば、やむない所はありそうか。

役割としては、善と悪にそれぞれ分かれたのだけれども、

その実、そこに至る経緯を(主に悪側を)かなり丁寧に描写していましたね。

だから単純な俺ツエーとはちょっと違う印象。

むしろ、質の良いヒーローとヒールの物語と言って良いと思うのです。(ぉ

突然体が機械になってしまったら?と言う問に対して、

濃厚なストーリーが描かれた、という事で。(何

悪役側になったコウ君も、かなりの割合で因果応報はあるにしろ、

その経緯は納得出来るし、ある種の不憫さも感じたしね。

善側のじいさんは、いっつも泣きながら人助けするし、ナチュラルに格好いい。

(゚д゚)< 両者の対比は、シンプルながら味わい深いストーリーだった。(ぉ

あとは・・・SF作画かな。とっても優秀だった。

このアニメのモチーフだと、CGアニメとの相性がバッチリで、ぴったんこ。

最後のバトルシーンとか、力作の戦闘。1クールアニメにしては頑張りすぎw

(゚ー゚)。○ ( これは狙ってやったな。スタッフGJ。(ぉ

シンプルな分、ちょっと展開が読めちゃったり、単調な所はあるけど、

不思議と長時間連続で見て楽しい逸品。(何

変則ヒーロー譚、いぬやしき。SF好き、ヒーロー物好きならチェック推奨です。

 

干物妹!うまるちゃんR

(゚ー゚)。○ ( 音もなく最終回。流石うまるw(ぉ

思えば毎週ポテイト食べてコーラ飲んでた気がする。リアルで。(ぇ

山もなく、ショートな日常ギャグのみの構成ながら、

視聴者を引き付けて見させてしまう魔力。(何

三役こなすうまると、時々進展する人間関係、それを緩やかにギャグとする。

随時新キャラを追加するのも忘れない。意外と飽きない構成になっているとw

今期は仲良し四人組も結成された影響か、

たぬきちだけじゃなく、ちゃんとしたうまるも出番が多かった。

シルフィンとペアだけど、UMRにもなるし、主人公らしい活躍ぶりだと思うよねw

ギャグだじゃ無く、不意打ち気味に交じるシリアスパート。

これが謎の感動を与えるし、油断してるとちょっと危ない事になるw(ぉ

(゚ー゚)。○ ( ほんと、いくらでも見れちゃうアニメだなぁ・・・w

タイヘイさんの恋の行方が色々と気になる所ではるけど、

続きはしばらくアニメになりそうに無いのが残念。(原作ストック

まぁ、このままシームレスに漫画に移行しろってことなんでしょうw

(゚ー゚)。○ ( これがこの作品の味だよねwうん、うまるっぽいw(ぉ

 

戦刻ナイトブラッド

(゚ー゚)。○ ( おいおい・・・滅茶滅茶過ぎるだろ・・・。(呆

内容スカスカがまずデフォルト。その上、中に総集編を挟む希釈っぷり。

戦国武将をベースにしてるのに、その持ち味を活かしておらず、

この酷さは過去最大にあり得ないレベル。

(゚ー゚)。○ ( コミュ障の信長に、ノータリンの秀吉?失笑もんかよ・・・。

販促の為だけに、各武将を一話づつリレーするヒロイン。

そして、敵味方関係なしに仲良くなる。なんならヒロイン関係なしに仲良くなる。

(゚ー゚)。○ ( みんな仲良し?これ天下統一完了してるんじゃね?(ぉ

結局、厄魔もなんだかわからんかったし、あまりにも酷い。

(゚д゚)< 内容が無さ過ぎて、感想もこれで終わり。(ぉ

(゚д゚)< 解散!

 

DYNAMIC CHORD

(゚ー゚)。○ ( 何を考えて、このflashアニメを作ったんだろう?(哲学

(゚д゚)< あ、大丈夫、こっちはアニメですら無い。(直球

作画、溶けてる。ライブ、カクカクflashアニメ。物語、やおい

油断するなよ?やまなしおちなしのレベル感も、想像を絶する。

(゚д゚)< これは見るだけ時間の無駄。

(゚д゚)< つーか、この子達、一体何がしたかったの?(怒

一部では、強烈なネタアニメとして認識されたようだけど、お前ら甘やかすな。(ぉ

(゚д゚)< ゴミはゴミとして評価しないと、勘違いするからな?(酷

年明け早々見るにはちょっと辛かった。

(゚ー゚)。○ ( うん、忘れよう。(ぉ

 

ボールルームへようこそ

(゚ー゚)。○ ( うむ、ぐいぐい来てたね、グイグイw(何

勢いのある、とても良いアニメだった。純粋に面白い。(若干語彙不足

天平杯が最初のピーク、最終話を次のピーク、それぞれ1クールずつ割り振る。

お話のペース配分も美しく、とても綺麗な構成だと言えるかと。

加えて、最大の見せ場であるダンスシーン。

(゚д゚)< 演出・作画ともにホントに上出来過ぎるw(べた褒

序盤から天平杯にかけて、凄いんだか凄くないんだか良く分からん、多々良君。

でも主人公としてしっかりと魅せれてる。ホント上手いw

パートナーになった真子ちゃんを、最大限に引き立てる。

正に大輪の花の如く見せるという、何処か含みのある、勝利を収める。

(゚д゚)< 完成していない主人公の魅せ方が上手すぎて、一気に引き込まれたよねw

 |-゚)っ[そしてその後、怒涛の登場、じゃじゃ馬ちーちゃん]

満を持して登場した、多々良君の相方。この娘、本当に面白いw

真子ちゃんとは違って、多々良君と衝突しまくり喧嘩しまくり。

そしてそこが逆に、多々良君の成長に繋がるとw

(゚ー゚)。○ ( 泣きながら決別したときにゃ、ホントどうなるのかと思ったw

(゚д゚)< そしてやっぱり、ダンスシーンが一級品。(ぉ

2人のダンスが一体になっていく説明として、

四本足ってワードを使ったり、ドアを同時に開けるって言う表現を使ったり、

ちょっとファンタスティックな例え表現も、

ダンスアニメのスパイスとして、とても良く効いていたなとも思うところ。(ぉ

加えて、それぞれのキャラにも過去があって、それによって複雑な気持ちがあって、

そしてそれがダンスとしても表現される。

それが主人公カップル以外にも、余すこと無く丁寧にやっていくから、

全体として相当に見応えがあったって話ですよとw

(゚ー゚)。○ ( 拗らせ筆頭の明ちゃん、ほんと愛憎引きずりすぎて笑うレベルw

(゚д゚)< しかしこのアニメ、色々とドキドキしちゃうなぁw(何

競技ダンスの緊張感としてのドキドキ、

カップル早くも解消か?のドキドキ、

清春君余計な事しやがってどうなるんやこれのドキドキ、

ちーちゃん顔近すぎない?のドキドキw(ぇ

本題としては取り扱ってないけど、

カップル間の恋愛関係、裏筋としては重要だと思うのですよ。(ぉ

多々良君、少なくとも雫ちゃんには好意があったし、

真子ちゃん天然に多々良君の事好きだし、

ちーちゃんの無類の相棒感は最早夫婦だし・・・w

スポーツ精神に乗っ取り、そのあたりは極力描写は無いけれども、

ダンスというモチーフの性質上、やっぱり気になってしまうのはしょうがないw

(゚д゚)< つーか、ちーちゃんが優勝の勢いでちゅーしたのはホント笑うw

(゚д゚)< 不意打ちでキスは、ラテン系の血を感じる・・・!(何

アニメとしてはとても区切りの良い形で終わり、見る方も丁度いい感じw

漫画本編の連載は続くし、いつか続きのアニメが見れる日が来ると信じています。(ぉ

ホントに良いアニメだったので、是非とも1クールずつ、一気見して欲しい。(ぉ

(゚д゚)< あ、そんときは、ユニゾンのOPはちゃんと見るんだぞ!約束だぞ!(何

 

 

 

 

今日はここまで。

それではまたの機会にお会いしましょう。

お粗末さまでした。

2017年!秋アニメ最終回ラッシュ! その1

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2017年!秋アニメ最終回ラッシュ!~ネト充の黒焦げ~]

 

(゚д゚)< 矢継ぎ早。(何

 

お前、先週までスタートとか言ってたじゃねぇか?なるほど、なるほど。

 

(゚д゚)< ぐう正過ぎて反論できない。(ぉ

 

まぁ、あまり深いことは気にせず行きましょう。

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 ・僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件

(゚ー゚)。○ ( 最後までおんなじ調子を貫いたな・・・w

最初から最後まで一貫して、エロネタベースのギャグに徹したのは、清々しかった。

面白いかどうかは別にして、そう言うネタとして楽しめるレベルではあった。(ぉ

ビッチって言ってるけど、蓋を開ければ耳年増な純粋系ヒロインだし、

高感度が下がることはついぞ無かった。(何

むしろ周りの登場人物がぶっ壊れてる分、ヒロインは相対的にまともに見えると言うw

(゚д゚)< ゆり系お嬢様も、目隠れっ子も、ホモも、どれもインパクト強いw

3人が順番に出てくると、ホント胸焼けしそうになるw(ぉ

エロギャグをベースにしつつも、ラブコメ要素を大事にしていて、

最後はタイトル詐欺張りの清純派な締めくくり・・・w

ネタ要素は場外乱闘の次回予告(笑)に寄せることで、

作品としての後味を良くする采配かな。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( しかし、追加アニメでエキサイトを予告してるけど、需要あんの?w

総合すると、ちゃんとくっついてカップルが出来る、生徒会役員共と言う結論。(ぉ

ノリはそんなに嫌いじゃなかったし、楽しんで見れたけど、

前期のアホガールほどのインパクトは無かった。(ぇ

(゚ー゚)。○ ( 暇潰しに丁度いい、エロギャグアニメだった、かな?(ぉ

 

魔法陣グルグル

(゚ー゚)。○ ( 懐かしいアニメだった。(何

ものっすごい駆け足で話が進む件と、ツッコミが弱い件を除けば、

良い部類のリメイクアニメだったように思います。

でも、上記の2点は人によっては超重要ポイントだし、評価が割れることもあるかも。

黒焦げ個人としては、見たかったギャグシーンがダイジェストやカットされちゃって、

そこそこ不満がある形でしょうか。(ぉ

 |-゚)っ[サブイベ全部飛ばしてメインストリームを最速クリアした感じ。](何

だからこそか、グルグルを象徴する様なシーンは気を使って作っていたのも分かる。

シュールでやや勢い任せなギャグだったり、

くさいシリアスシーンだったり、

キタキタおやじだったり。(ぇ

おやじに関しては、ほんと愛されてるキャラだと思うw

こうやって全編通しで見ると、ホント分かりやすいw

(ネタ的に)おいしい場面多いし、偶にマジで活躍するしw

(゚ー゚)。○ ( 後に主人公張るだけはある・・・w

つーかね、最後の攻撃、おやじだけ見事に全弾命中するの、誰かツッコんでやれよw

そして最後はサプライズ懐メロ・・・w(何

最後の締めとして、前アニメの主題歌アレンジを起用したわけだけど、

これまた、粋な計らいですよねこれはw

あれのお陰で、最後のイイハナシ感が上がって、大団円でフィニッシュ出来たし。

総評すると、多少の不満はあるにしろ、おっさん向け懐かしアニメとしては、

良い部類だと思います。

 |-゚)っ[スタッフの皆様、お疲れ様でございまいした](ぉ

 

将国のアルタイル

(゚ー゚)。○ ( おや?思いの外ちゃんとしてたな・・・w(ぇ

前半のマフムート君は、かなり心配させられたけど、

後半のマフムート君は、安定した発言と行動をしてくれました。

出来る主人公をちゃんと出来ていたから、その点に関しては合格点か。(何

ただ、相変わらず仲間達がほぼモブで、もう少し活躍してもいい。(辛め

マジで解説役としてしか機能していないのは、ちょっと拍子抜けっすわ。(落胆

あと、展開に関しては、可もなく不可もなし。

国や人の動きなどを、理論的に動かせてるとは思う。

そりゃ無理筋じゃね?ってのは、そこまで無かった印象でした。

(゚д゚)< ただ、やっぱり全体としてだいぶ地味w

戦略戦術の応酬は悪くないんだけど、もう少しだけ華が欲しいなとw

この辺り、戦闘武将キャラが居ないせいだと思うのだけど、どう思いますか?(何

あくまで内政と頭脳戦に拘るなら、今のままでもかまわないけど・・・ね?

ストーリーも、区切りが良いようで、中途半端な所で終わってしまった。

こう言う色んなマイナスポイントでだいぶ損してるのが残念すね。

(゚д゚)< そこそこ良い戦記物ではあったよ?(含

 

銀魂 ポロリ篇

(゚д゚)< 来月からまた始まるんかい!w

実質終わってないけど、まぁ深いことは気にしないで行きますw

 |-゚)っ[銀魂はシリアスよりギャグが至高](ぉ

だって、どう考えても、今回のアニメ面白かったしw

ポロリ編、全編に渡ってキレッキレだったし、強引に笑わせられた感はある・・・w

(゚д゚)< 良いものを見させてもらった。(何

(゚ー゚)。○ ( そして次からは最終章か・・・。

まぁ、どうのこうの言うのは、見てからにしましょうかね。(何

 

ネト充のススメ

(゚ー゚)。○ ( ありゃ、10話で最終回だったの?!(残念

後もう一悶着位はエピソードあるのかと思っていましたが・・・。

(゚д゚)< まぁでも、古典で締めるのも悪くないよね。(何

月が綺麗テンプレとまでは言わないにしろ、ありがちな感じに和むw

だって、ゲーム内の月を凝視したであろう、盛岡森子さんを想像すると、

(゚∀゚)< 流石に萌えざるを得ないでしょ?(ぇ

(゚ー゚)。○ ( ホントあのネト充カップル、ほんと反応が可愛かったw

不満があるとすれば、尺10話が短すぎたことか。もっと欲しい。(何

綺麗に着地するのはとても素晴らしかったけど、

カンベさんとか、その他登場人物が完全に置物になってしまってた。

もっと尺を取って、話を膨らませて、彼らにも出番を・・・!(ぉ

ネトゲが題材で、この舞台装置の使い方は相当上手だった。(何

ネットの知人とリアルでばったり。え?まさかあの時一緒にプレイした彼彼女?(何

(゚д゚)< ベタな運命の出会いと言う、ネトゲ界の王道ファンタジーよ。(ぉ

ここまで来ると、古典落語のような安心感すら感じますねw

そしてそこから繰り出される、スレ違いと新キャラメイク。(何

ネットではありがちな、ネガティブあるあるエピソードを、

ブコメとして綺麗に昇華したのは良い手腕としか言えませんw

(゚ー゚)。○ ( 普通ならリアル避けするために複アカ作るもんだからなぁ・・・w

流れとしては、ライバル登場と言った感じなんだけど、物語は終局へ。

(゚ー゚)。○ ( もしや、強引に収束させた感じかな?

小岩井さんはマジで良い先輩で終わったし、桜井さんを口説く女性も出なかったし。

(゚ー゚)。○ ( うーん、ホントにボリュームが悔やまれるw

まぁでも、かなり面白かったんだ。だからこその不満なんだ。(何

(゚д゚)< 黒焦げは合格をあげようと思います。(ぉ

 

 

 

 

ほいほい、今年はこの辺りで締めましょう。

今年一年、お付き合い頂き、ありがとうございました。

また来年お会いしましょう。

それでは、お粗末さまでした。

2017年!秋アニメスタート! その5

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2017年!秋アニメスタート!]

 

最早何も言うまい。だって今日で最後だもの。黒焦げ。(何

 

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

十二大戦

(゚ー゚)。○ ( お?純粋硬派なバトルロワイヤルか。珍しいw

尺の都合か、ポンポンキャラが消えていく。出し惜しみは無い。

長丁場で喋り出したり、過去回想入ったら死ぬという、

ある意味メタな死の宣告システムには、ちょっと疑問が残るけど・・・w

(゚д゚)< ネタバレ止せよw(ぉ

お爺ちゃんが空回りしたり、ネクロマンサーが強すぎたり、

意外な展開が多いのも、面白い所か。

(゚ー゚)。○ ( 飽きずに見れてるという事は、このアニメ、出来が良いんじゃね?(ぉ

何と言うか、純粋なバトル展開に、過去話はエッセンスとして効かせて、

余計な思想や思慮がそこまでストーリーに絡まないから、ある種スッキリ見れると。

下手にエログロで釣ったり、魔法少女混ぜて色出してみたりしない意味でも、

かなり硬派で正統派なバトルロワイヤルになるのでは・・・?(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 最後まで息切れしなければ言うことないかなぁ・・・w

 

ラブライブ!サンシャイン!! 2期

(゚ー゚)。○ ( だいぶ前回の最終回を引きずってるなぁ・・・w

なんだろうね、この最初の3話。無駄に劇場風の演出な。(何

良いか悪いかは、ある程度個人差があると思うのだが・・・

黒焦げとしては、途端にリアリティーが無くなるから、

あんまりこう言う演出はしないで欲しい派です。(何

突然脈絡無しに人文字作ってみたり、どこからともなくスポットライト当てたり、

こう言うの「作ってる感」が出て逆効果だと思うのです。(ぉ

前期の最終回、あんまり評判良くなかったのに、

そのノリを引っ張る采配、如何なものなのか・・・?

とは言っても、ライブパートは安心のクオリティ。

歌、ダンス、年季の入ったカメラワーク、どれを取っても流石です。(素直

4話以降はキャラ回が混ざるようで、劇場風じゃなくなったか?

制作側でも意見が別れてるのかな?ちょっと経過観察ですね。(何

 

アニメガタリズ

(゚д゚)< よし!3話切りするか!(ぉ

こう言う、程よくメタいネタで弄るのは、割りと好きですw

ゲーマーズって言う、実はゲームそんなにしないアニメよりは、

アニメについてちゃんと語る気配があるのがちょっと安心した。(何

表面上の印象だけだと、

楽しくアニ研作ってお話しましょ、って言う、日常寄りの学園コメディだけど。

(゚ー゚)。○ ( でも、見所はそっちだけじゃ無い気がすると思う。(何

非常に細かいアニメネタをどれだけ拾えるか、楽しめるかによって、

実際の面白さが全然変わってくる形のアニメじゃないかと。(ぉ

とりま3話まで見たけど、

ここまででそれが分かる位には、濃いめのネタを沢山盛り込んでいるとw

(゚ー゚)。○ ( 今の所、玄人向けのアニメ、って事になると予想。(ぉ

(゚д゚)< 可愛い女の子に釣られると、ちょっと辛い事になるかもよ?!(何

 

血界戦線 & BEYOND

(゚ー゚)。○ ( 流石の良い雰囲気アニメ。(ぇ

2期になって、見る方もう熟れてくると、ちゃんと楽しめる様になってくる。(何

(゚ー゚)。○ ( 異常が日常、実に愉しい世界観ですよね。(ぉ

序盤だけだと、特に話が動くという事もなく、まずは小手調べな感じ。

既存キャラの紹介的なものと、新キャラをちょっと出したり。

その過程で前々からの世界観が伝わる様な、程良いエピソード構成ですね。

(゚д゚)< 十分に楽しめる出来になると思います。(何

 

いぬやしき

(゚д゚)< なるほどなるほどwこう言うアニメだったのねw(ぉ

中々ネタが豊富な上、変則ヒーロー活劇としても面白いじゃないですかw

老け込みすぎた犬屋敷さん(58)、ガン宣告され余命短い所に、

外来のテクノロジーにより、サイボーグGちゃんとなってしまう。

気が弱いが根っからの善人である犬屋敷は、

自身が人間であることを証明するために、不器用ながらも人助けに奮闘する・・・(何

(゚д゚)< このGちゃん、中々面白い動きをするw

格闘センス無いけど頑張って戦ったり(力は強いのでKO出来る)、

車に轢かれた猫を助ける為に、医療能力に目覚めたり、

四苦八苦しながら、飛ぶ技術を身に着けたり・・・w

(゚ー゚)。○ ( なんだろうね、この応援したくなる感じw

敵となるのは、同時に巻き込まれてしまった少年か。

こっちは、もとからサイコパス風な所はあったにしろ、

改造されて思い悩み、おかしくなって殺人鬼になってしまった感じか。

OPを見る限りでは、この2人が対決するのだろうし、色々と展開がよめんw

実際の所、奥浩哉のクレジットをみて、大体察しがついたけども。(ぉ

(゚д゚)< SFとしても、変則ストーリーとしても、期待が持てそうですよね。

(゚ー゚)。○ ( これは、流石のノイタミナになりそうですわ。(ぉ

 

 

 

(゚ー゚)。○ ( ふー。これで・・・やっと秋アニメのチェック終わった・・・(ぉ

この記事を書いている時点で、色んな最終回が押し寄せてきているけどもw

こりゃ正月はじゃんじゃんアニメ見ていくスタイルが良いのかもしらんなぁ・・・

 

それでは次の機会にお会いしましょう。

お粗末さまでした。

2017年!秋アニメスタート! その4

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2017年!秋アニメスタート!]

 

と、名乗りを上げたものの、既に無理が出始めている。(何

幾つかのアニメは最終回迎えてるし、

来週まで引き伸ばしちゃうと、もっと数が・・・

しかしながら都合により、全部は行けなさそう。

 

まぁ、気を取り直して行きましょう。

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

UQ HOLDER!魔法先生ネギま!2~

(゚ー゚)。○ ( おー、これはかなり面白いな。(直球

滅茶苦茶安定感があって、正に大御所の仕事といった所か。(ぉ

何より、ハーレム構築までに、ちゃんとしたバトルやドラマがあるのが素晴らしい所。

キャラも中々に可愛い動きをするし、ラブコメとしても流石のレベルの高さ。

ノリと勢いに任せて、湯水の様に女の子を追加していく、

雑なハーレム作品が蔓延する中、ゆっくり丁寧に進めるのは本当に美徳です。(何

実は黒焦げ、ねぎま、あんまり知らないけど、今の所ちゃんと楽しいし、

この出来なら逆輸入する人も多いと思う次第です。

(゚ー゚)。○ ( しかし、ネギ先生の圧倒的レジェンド感・・・w

成長後もめっちゃイケメンだし、ホントこの人ズルいですわ・・・w

 

Just Because!

(゚ー゚)。○ ( 仕掛け無しの直球勝負で来たか?意欲的だなw(ぉ

今だと色々と変化球を混ぜるのが流行っているこの業界、

こう言う直球の恋愛ものって珍しいかもしれないね。

現代の高校生をちゃんと意識したいのか、スマホとの向き合い方がやっぱり独特。

隣り合わせながらもスマホのLineで会話したり、

スタンプ使ったり、既読スルーしたり、ホントオッサンには空中戦過ぎて・・・w

(゚ー゚)。○ ( そんなん思うのも歳を取った証拠なのかなぁ・・・w

ベースは幼馴染どうしの片思いから始まって、新キャラが恋愛模様を掻き乱す形か?

(゚ー゚)。○ ( ひとまずは様子見ですね。(ぉ

 

王様ゲーム The Animation

(゚ー゚)。○ ( うーん、中々酷いなぁ・・・(何

開始の時点だと、謎を隠す必要があるとは言え、

流石にこの情報だけだと、無理ゲー感凄すぎて、推理の入る余地が無い・・・。

そうなってくると、ただ若者が、気が狂いつつ死んでいくのを見るだけのアニメに。

(゚д゚)< 何その胸糞アニメ。流石にねーよ。(真剣

加えて経験者の主人公が微妙ムーブ。いくら何でも冷静さに欠けるクラスメイト。

(゚ー゚)。○ ( 序盤見ただけでも、こんなの全滅フラグビンビンですやん・・・

命令を字面通りとり過ぎて少しも考えないし、

王様の命令権を意味のないクラスメイト殺しに使おうとするし、

(゚ー゚)。○ ( こいつら脳ミソ腐ってるのかな・・・?(ぉ

これ余程上手く展開しない限りは、三流デスゲームアニメに落ち着きそう。

(゚ー゚)。○ ( はてさて、どうなることやら・・・・。(呆

 

アイドルマスター SideM

(゚ー゚)。○ ( 初代アイマスアニメの焼き直しワロタ・・・w(ぉ

初代アイマス、だいぶ古いから忘れてる人も居ると思うけど、

Mの序盤の展開が、まんま一緒と言う、ネタなんだかなんなんだか・・・w

Jupiterのプロローグの出来が良く、本編もこの調子で行くのかと期待してたけど、

思ったより本編はいまひとつな印象がある。

前職から個性を出すって言う方向性と、

アニメスタッフの力量のお陰で、合格ラインは超えてるけど・・・。

女性向けアイドル戦国時代の今、このペースとノリで押し切るには、

まだちょっと弱いと言わざるを得ない。(ぉ

まぁ、まだ各チームの紹介回しか見て無くて、結論付けるのは早いかもだが・・・。

この後、315で纏まっていく、いつものアイマスシナリオになるのだろうし・・・

作画は極めて安定してるし、楽曲もそこそこ。その辺りは心配ないけども。

黒焦げとしては、アイマスらしいアニメの魅せ方を期待してしまうと言うねw

(゚д゚)< そこら辺の有象無象アイドルアニメとのレベルの違いを見せて欲しい!w

(゚д゚)< そう、課せられたハードルは超高い。(何

 

クジラの子らは砂上に歌う

(゚ー゚)。○ ( 重い展開で来るのか。まぁ当然の成り行きかな?(ぉ

容赦なく幼馴染を退場させて行くスタイル。ある種登竜門的なシリアス展開w

内容が濃いから、見る方も身構えてしまうし、疲れそうなアニメだなw

雰囲気としては、新世界よりに近い感じか、展開も似た様な事になるのか・・・?

その辺りを踏まえて、比較的楽しみながら見れる感じではある。

つーか早くもOP詐欺と言うツッコミもあるし、展開は気になるよねw

(゚ー゚)。○ ( ガルガンティア超えあるかな?期待し過ぎかな?(ぉ

 

 

 

今日は少ないけど、ここまで。

おそらく次でラストになるけど・・・

(゚д゚)< 来週になったら冬アニメ最終回ラッシュじゃん!(爆

それでも黒焦げは躊躇わない。愛ってなんだ?(何

 

・・・

 

それでは、お粗末さまでした。

2017年!秋アニメスタート! その3

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2017年!秋アニメスタート!]

 

さて、年末進行中とかそう言うのは野暮ですよ、野暮。(何

先週に引き続きます。

それでは、ネタバレに注意しつつお進みください。

 

 

 

 

 

 

ブラッククローバー

(゚ー゚)。○ ( とうとう始まったねぇ・・・(沁々

ジャンプでの連載の調子も良かったし、アニメ化するかなとは思っていたけども。

出だしとしては原作通りの雰囲気かな。

 |-゚)っ[可もなく不可もなく](ぉ

ただ、アニメにすると思った以上にアスタがうるさい事が発覚したかな?w

ジャンプが求めた熱血漢努力系主人公だとは言え、

あからさまに演出し過ぎな気もするw

原作ストックを考えると、2期以上の構成で考えてるのだろうし、

長い付き合いになりそうっすね・・・w

(゚ー゚)。○ ( ユノの様に冷静に行こうか。(ぉ

 

食戟のソーマ 餐ノ皿

(゚ー゚)。○ ( えりな様・・・お声が・・・。

キャスト変更、やむ無しとは言え気になるのは間違いない。

前の配役が嵌り役だったってのが大きいのだろうね。

(゚ー゚)。○ ( 困ったときの金朋えもんに頑張ってもらうしか・・・?w(何

さて、今期は屋台から始まりだったか。

このペースだと、速攻でえりな様がヒロインする話に突入するな。

(゚ー゚)。○ ( うーん、金朋えもん!助けて!(何

 

URAHARA

(゚ー゚)。○ ( 第一印象は意識高い系、しかしながら、それだけでは無い気配。(ぉ

ウラハラってタイトルも、単純に裏原宿ってだけな訳は無いだろうし、

少女の思惑とは裏腹に、一悶着二悶着、何かありそうだね。

(゚ー゚)。○ ( まぁ、無かったら駄作決定だけど・・・w

例えば、単純に敵を浄化してお菓子にして食べてるけど、これがまずなんかありそう。

敵を分解して地球人に取り込ませて、

何か別のクリエイティブな生物を生み出す、狙いとかがありそうな予感?(ぉ

まぁ、こう言うギミックより、ポップで珍しい原宿ナイズされたアニメを試すのが、

案外正しい楽しみ方かも知れない。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( さて、どうハードルを超えてくるのかな?楽しみですね。(ぇ

 

DYNAMIC CHORD

(゚д゚)< ゴミ!!!!!ゴミか!!!!これはゴミか!!!!(落ち着け

何も伝わってこない構成の1話、崩れた作画、flashアニメのようなカクカクした動き。

(゚д゚)< 冗談みたいなflashのPVの事をアニメとは言わせん。(怒

(゚д゚)< つーかお前ら一体誰なんだよ。自己紹介ぐらいしろ。(呆

(゚д゚)< いったい何がどうなればこんなアニメが生まれるんだ・・・(悲

(゚д゚)< どうしたんだってばよ・・・(哀

(゚д゚)< あまりにも酷い。(真顔

 

ドリフェス!R

アイカツテンプレから繰り出される、安定したストーリーの乙女向けアニメ。

(゚д゚)< それがドリフェス。(ぉ

悔しいけど、貶すつもりでも荒が見つからない位には、

ストーリーだけは良く出来てるんだよなぁ・・・w

このアニメの唯一のツッコミどころは、

主役張ってる面子が中々声優上手くなんねー所だなw(ぁ

2期もやれば、仮面ライダー俳優でももっと上手くなるというのに、こいつらはw

(゚ー゚)。○ ( 弄られる為にわざとやってるのかな?(ぉ

 

鬼灯の冷徹 第弐期

(゚ー゚)。○ ( ちょっとだけダークなギャグ、なんか懐かしいなw

ギャグとしてちゃんと落とす所は落とすし、安定して面白いw

前期前提の弐期になってしまってるけど、それを考えなければ良いアニメの部類か。

(゚∀゚)< 鬼灯と愉快な獄卒たちの活躍が楽しみですね!(ぉ

 

Code:Realize 〜創世の姫君〜

(゚ー゚)。○ ( お?意外とまともなアニメじゃん!(ぇ

ロンドンとか史実とか、分かりやすい設定から捻った設定まで、

結構色々頑張って考えてあるのが分かる。(ぉ

かと言って、設定だよりの手抜きって訳でもなくて、

オリジナルのヒロインちゃんも、ちゃんと仕事してると。

(゚ー゚)。○ ( まぁ、メインユーザーの投影対象だから、当たり前ではあるがw

(゚ー゚)。○ ( さっきまで、それすら出来てない糞を見てたからな・・・(虚

シナリオ的に、平和な世界になりがちな部分はチラホラあるけど、

是非ともメリハリをつけて、見せ所を作って欲しい所です。(何

 

つうかあ

(゚ー゚)。○ ( お?極めて真面目路線の構成で行くのか・・・w

ギャグを折り込んだ作品なのかと勝手に思ってたので、ちょっと驚きw(ぇ

各ドライバーの人間模様を描きつつ、主人公組の優勝までを描く算段かな?

ちょっと馴染のないモータースポーツが出てきたけど、

アニメを見進めればそこそこ理解できそうだし、初心者にも問題はなさそう?

香りか?何処かガルパン見たいな雰囲気を感じるのは、さほど気のせいでもなさそう。

2人で参加する競技って事で、なんかカップリング要素が強いのが違いかも?w

(゚ー゚)。○ ( うむ、好調なスタートと言えるのでは?(ぉ

 

EVIL OR LIVE

(゚ー゚)。○ ( 拭いきれない、この、ハルオ感。(何

今回の作品はそこまで出だしが悪くないけど、これ以上良くもなりそもう無いのがw

強制収容所でのし上がるやつのテンプレ的な展開。

普通にやる分には悪くならないはずなんだが・・・果たして。

ここで問題なのは、スキルや才能で魅せる役割を果たす(はずの)、

取り巻きやヒロイン、圧倒的にイマイチな印象を受ける点。

主人公の設定の引き出しを出し惜しみしている構成に見える中、

謎の先導者X(シン)だけでは、どうにも場が繋がらないと思いますよ?

そしてまさかのゲロインと言う、ギャグなのかシリアスなのか良く分からん采配も、

深く考えてないのだろし、やっぱり見てて不安要素しかないw

(゚ー゚)。○ ( 即切りしないだけまし、何か化学反応待ち、といった所ですね。(ぉ

 

 

 

さて、本日はこの辺りで。お開きとしましょう。

お粗末さまでした。

2017年!秋アニメスタート! その2

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2017年!秋アニメスタート!]

 

先週に引き続き、行ってまいりましょう。

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

TSUKIPRO THE ANIMATION

(゚ー゚)。○ ( うーん、もっと工夫をして欲しい。(ぉ

前回同様、アニメを使った宣伝、と言った枠は出ていないかと。

新しいグループについて、じゃんじゃん宣伝して行きたいってのが見て取れる。

単純に、グループ毎の紹介に各話構成してるのも飽きるし、

そこまでグループに色があるようにも見えないのが、ファン以外には辛い。

(゚ー゚)。○ ( スルー推奨かな。(直球

 

少女終末旅行

(゚ー゚)。○ ( 独特なの始まったな・・・。

明るいアニメを装ってるけど、バックボーンは明らかに暗い。

(゚ー゚)。○ ( 狙ってやってるのかな?(何

メタ的に、死ぬことは無いとは分かっているけど、

明らかに危険な設定が満載なのが、慣れるまで無駄にハラハラする。

発電所のお湯に浸かったり、良く分からん魚食ったり、銃を冗談で人に向けたり、

見知らぬ男をすぐに信用したり、賞味期限の怪しいレーションを食ったり・・・

(゚д゚)< お前それ、サバンナでも同じこと言えんの?(ぇ

って、心配し過ぎの黒焦げであった。(何

さて、このスローライフ&冒険なノリで、このまま安全に続くのか?

派手ではないけど、何か光るものを感じるので、ちょっと期待出来そうですね。(ぉ

 

キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series

(゚ー゚)。○ ( うむ、これはガチだw(ぉ

1話目に「人を殺すことができる国」を持ってくる。

この分かりやすくキノ節が炸裂している話でスタートとか、制作本気過ぎるだろうw

頭にアウトロ、尻尾にイントロを入れる所も、原作小説を意識した造り。

碧ちゃんのキノ演技も見事で、再現度がヤバい。

(゚д゚)< これは本人。(ぇ

1話から惜しみなく、大御所ラノベの実力の差を見せつけるスタイル。

(゚ー゚)。○ ( うんうん、これだよこれ。こういうのでいいんだよ。(何

 

宝石の国

(゚ー゚)。○ ( だいぶトリッキーなの来たなぁ・・・w

宝石に関する事前知識が無いと辛い、オシャレ系アニメの認識をしてしまうかも。

宝石の性質を設定に取り入れてるけど、説明があんまり無いから分かりにくい。

まぁそこを差っ引いても、世界観は見る価値があると断言できる。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 中々に良い感じだ。(ぉ

作画と言うか、CGか?かなり特徴的なフォルムで、人形だけど人間では無い。

そのあたりがしっかり伝わる良い表現だと黒焦げは思います。

(゚д゚)< これでストーリーが伴えば、結構凄いことになりそう。(ぉ

 

ブレンド・S

(゚ー゚)。○ ( 思ったよりラブコメ寄りなんだなぁ・・・w

基本的にはきらら系のゆるふわなノリなんだけど、

各所でWorking見たいな雰囲気にもなってる印象。

おそらくは制作側の個性によるもので、原作の味では無い気がする。

(゚ー゚)。○ ( まぁ、マッチしてるから悪くはない。むしろ良い。(ぉ

登場人物の性質がオタク寄りに設定されているのと、

ボケのかまし方がそっち系が多いので、チェックのポイントにして欲しい。(何

ドS設定がだいぶ苦しそうなのが心配だけど、このまま続くんかな?w

そして店長の恋の行方は?

(゚д゚)< 次回、「変態店長死す」。デュエルスタンバイ!(ぇ

 

魔法使いの嫁

(゚д゚)< どこの玄人歌手かと思ったら、Junnaちゃんだった。(ぉ

聞いた声だと思ったら、そら当たり前だわなwほぼ毎日聞いてるw(歌マクロス

なんだか全体として、世界観とその雰囲気を大事にした作品と言う印象。

純然たる魔法系ファンタジーとしての作風が大事にされているのか。

序盤は出し惜しみ無く、

チセの過去、魔法と不気味なエリアス、そして嫁にすると言うパワーワードなど、

設定を大放出するも、まだまだ溜めを残した展開。

2期も決定しており、腰を据えてじっくりやる所存ですね。わかります。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 前評判通りの良いアニメになりそうですねぇ・・・w

ちな、2期の主題歌はMay'nさんとAKINO with bless4らしい。

(゚д゚)< 何このマクロスアクエリオンが同時にやってくる凄さ。ヤバくね?w

 

妹さえいればいい。

(゚ー゚)。○ ( 随分奇をてらう出だしだな・・・

狂気の妹パートから始まり、ゲームして飯食って、突然のシリアス。

思いの外奇抜で、なんだか良くわからない出だし・・・w

割りとシリアス展開が多そうな雰囲気だけど、どうなのだろうか?

(゚ー゚)。○ ( 今の所、半々な印象だけどw

そして、妹要素がどこに着地するのか全く読めない点。

「妹さえいればいい、だがいない。」から始まって、

「義理だけどボクっ子の妹だから問題ないよね?」に展開して、

「妹のためなら死ねる(社会的に)」になるのか・・・?(何

作家あるあるとしての、作劇ものにも見えてきてるし、これどうなるんだ?

(゚ー゚)。○ ( 静かに見守るとしてよう。(ぉ

 

ネト充のススメ

(゚д゚)< へ?!まめぐ?まじで?!(落ち着け

と喜んだのもつかの間、なんかイマイチまめぐっぽくない声で不満。(ぇ

(゚ー゚)。○ ( なんだろ?わざと没個性気味に歌ってるのかな?(ぉ

それとて。

この作品、本編は実にチープだが、流れが最高に小気味良い。(ぉ

色んな力が抜けているけど、締める所は締まってる。

リアルとネットが交錯する、使い古された題材だからこそ、魅せ方の腕が問われる。

同じネトゲで、別キャラを新規に作り出した所なんか、

(゚д゚)< まじかよ~?そうきたぁ~?↑(ぉ

って感じにテンション上げてしまったと言うねw

地味だけど、今期食いつきで見てるアニメ筆頭です。おすすめ。(ぇ

 

僕の彼女がマジメ過ぎる処女ビッチな件

(゚ー゚)。○ ( あーはいはい、エロ寄りのコメディね。(何

とは言っても、本当にエロいかは、別問題ではあるw

何と言うか、下ネタに近い所があって・・・。

(゚д゚)< 妹は思春期とか、そっち系のそれ。(ぉ

つーか、ヒロインの声が碧ちゃんのせいで、アホガールとタブル深刻な問題が。(ぇ

ギャグとしてはプラス効果だけど、エロとしてはマイナス効果。

(゚ー゚)。○ ( 一体どうすれば良いのか・・・・w

 

 

 

さて、本日はこの辺りでお開きとしましょう。

それでは、お粗末さまでした。