黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

2017年!春アニメ最終回ラッシュ! その3

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2017年!春アニメ最終回ラッシュ!~月が黒焦げ~]

 

7月も半ば、新しく始まるアニメそっちのけで、春アニメを見続けていますw

 

(゚ー゚)。○ ( 今の所、異世界食堂しか見てないなぁ・・・w(ぉ

 

では、もたもたせずに始めましょう。

ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

恋愛暴君

(゚ー゚)。○ ( 最後まで軽いノリのギャグだったなぁ・・・w

と言うか、あまりにもバカバカしいから、途中で深く考えるのをやめました。(ぉ

スナック感覚でククリナイフを刺す系ヒロインと、腐女子系あーぱーヒロインとかw

(゚д゚)< こんなのギャグでしか成り立たねぇよ!w

たまに思い出したかの様にラブコメするけど、大概が茶番に終わるというw

(゚ー゚)。○ ( ほんとコメディ色強いよなぁ・・・w

ただ、ストーリー全体を通せば、ヒロインズの恋愛模様の輪郭があるから、

ブコメと言われれば、ラブコメに分類できるというね。

(゚ー゚)。○ ( なんだか不思議な作品なのであった。(何

 

ひなこのーと

(゚ー゚)。○ ( ごく普通の日常系アニメじゃったか・・・(ぉ

話の作りが甘いのか、さほど山場があるように感じなかったですね。

最初の演劇が一番の盛り上がりで、あとはずっと消化試合。

(゚ー゚)。○ ( ラストももう少し盛り上げても良かったのでは・・・これで終わり?w

やっぱり、お茶飲む合間に演劇するバランス感覚だったか。(ぉ

まぁその辺りは、日常系を逸脱しないという意味では良かったのかもしれない。(何

と言うか、後半から妙にお色気シーンが目立った気がするのは気のせいかね?

露骨な露出シーンや、パンもろ、足から舐める様なカメラムーブと、

だいぶ強引な表現が数々見られた形。

作品の雰囲気と合っているのか微妙な所で、これは如何なものだろうか・・・?w

(゚д゚)< あと、本食べる子がこなたに見えてしょうがない・・・w(ぉ

(゚д゚)< この子共通点多すぎやろ・・・w

 

アリスと蔵六

(゚ー゚)。○ ( 実に雰囲気の良い終わり方だった。(ぉ

ラストのゆかりん紗名の語りかけ、あの年まで成長して、かつあの言い回しだと、

蔵六爺さん多分亡くなってるよなぁ・・・

まぁ、歳が歳だし、仕方がないとは思うけど、何とも侘しい気持ちになるな・・・

(゚ー゚)。○ ( まぁ、色々察しすぎな気もするが、性分なんでなw(何

全体として、思ったよりもゆっくり物語を動かした印象が強い。

小学生アリスの夢ホルダーの子で、最後の話になるとはちょっと思ってなかったw

何話も使っただけに、最後の紗名との会話や、両親の描写、蔵六達の描写と、

それぞれ感慨深い気持ちにさせてもらった。(何

(゚ー゚)。○ ( しかし、小学生にここまで思い詰めさせるとか、両親反省すべし。(ぉ

まぁ、マジな行方不明案件になって、最後のただいまのシーンを見れば、

その辺りは余計なお世話っぽくはあるんだけれどもw

(゚∀゚)< いやー、泣けますわー。(ぉ

(゚д゚)< しかし蔵六爺さん、まじで説教で世界を救ってしまった系ですか?w

一喝したシーンはホント草w理想的な頑固じじいと言うか、何と言うかw

(゚ー゚)。○ ( 蔵六爺さんの活躍が見たかったから、ちょっと満足しましたよっとw

序盤から、大分雰囲気が出来ていて、見どころのありそうな作品だったけど、

それが最後まで続いて、思った以上のハートフル群像劇に仕上がった。

蔵六爺さんの良心的頑固さがいい味出してて、それが紗名ちゃんに良い影響を与える。

それが一貫して描かれていて、とても和まされる作品でしたね。

最後まで見終わって、1話のゆかりん紗名の語りかけを思い出すと、

(゚ー゚)。○ ( これは違った感想が出てくる感じだなぁ・・・w(何

 

笑ゥせぇるすまんNEW

(゚д゚)< 駄目、だな。(辛辣

この新シリーズ、黒焦げの評判がすこぶる悪い。

(゚д゚)< 何と言うか、これを笑うセールスマンとは認められない。(ぉ

まず、ストーリー展開。話の展開が、笑うセールマンしてない話が多すぎる。

本筋として、依頼者がどんどん勝手にドツボに嵌っていくのが必須で、

喪黒さんが強引に後押しする場合があっても、

直後の依頼者は、ある種幸せそうな状態で描写されないとあかん。

そこまでの展開と演出が、お粗末だったり足りなかったりで、酷過と言うね・・・。

(゚ー゚)。○ ( 何回ぐらいかなぁ?いや、何でそうなったし?ってツッコんだの。

依頼者の因果応報を描くのが基本だし、そこまでのプロセスは、伏線張ったり、

然りげ無い喪黒さんの発言だったり、ふとしたカットだったりが必要だと。

化けた男が最たる例で、リピート放送するぐらい好評だったか知らんけど、

リメイク前の原作アニメの方が、3倍は面白いと言うね・・・(ぉ

(゚д゚)< これは見比べて欲しいレベル。かなり印象が違うよ?(真剣

そして最もやらかしてるのは、喪黒さんの性格と行動。

(゚д゚)< 最悪のキャラ崩壊だぞこれ・・・(辛

まず、喪黒さんのモノローグを入れるという暴挙。

神秘性と恐怖を感じさせるキャラが売りなのに、やっすい小悪党になっちゃってる。

(゚д゚)< これはありえんやろ・・・(怒

そして、普通に犯罪に加担する回が多すぎる点。

悪意があって陥れてるとしか思えない描写はもちろん、普通に詐欺ってる回もある。

喪黒さん、確かに結果として依頼者は滅茶苦茶になるけど、

悪意が在るのか無いのかは、視聴者の想像に委ねるのが基本スタンスのはずでは・・・

(゚д゚)< いい加減にしろ!(ぉ

賛否両論ありそうな、喪黒さんのコメディ描写も、黒焦げとしては否定派。

(゚д゚)< 喪黒福造は、心底不気味であるべき。

(゚д゚)< コメディであっても、不気味に笑わせるブラックジョークであるべき。(ぉ

計24話かな?中には良い作品があったけど、悪い作品の方が圧倒的に多い。

(゚д゚)< これは不満爆発ですわー(ぁ

しかしまぁ、ここまで文句を書き連ねた訳だけども、

よく考えると、笑うセールマンはハードルが高かったのかも。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( この作品は、駆け足で1クール以内に作るもんじゃない。(何

つまり深夜アニメじゃ土台無理だった気がしてならないと言うねw

そうなると、昔のリメイクに頼らないとな、今のアニメ業界が病んでるのかも?(飛躍

(゚∀゚)< これはアニメ業界の心のスキマを喪黒さんに埋めて貰わないとだな!(マテ

 

月がきれい

(゚ー゚)。○ ( 度々引用される太宰がじわる。(茶化

中学三年生と言う事を考慮に入れると、初々しいのが納得できるw

ハネてる君がやや大人びている感じがあるのは、文学少年だと言う事で納得しよう。

等身大なのかどうか、おっさんと成り果てた黒焦げにはもう思い出せないけれども、

茜ちゃんの心理描写は、年相応に可愛らしかったのではないだろうか。(何

この2人が全編を通して初恋をする訳だけど、うん、だいたい全部が爆発案件だな!w

(゚д゚)< 手を繋いだり、何かある毎に赤くなったり、ほんと幸せそうだなこいつらw

この作品のいいトコは、ハネてる君がここぞと言うタイミングで男気を魅せること。

(゚ー゚)。○ ( 告白しかり、付き合ってるから宣言しかりw

イメージが草食系だっただけに、登場人物・視聴者共に驚かされたのは間違いない。

最後の展開も、非常に纏まっていて、流れるような素晴らしさ。

引っ越しの前フリからの、受験失敗、茜友の告白、茜ちゃん号泣からのサヨナラキス、

小説メッセージを経て、エクストリーム告白。

これをラスト1話に詰め込んだはずなのに、だいぶスッキリ見れたのが、

(゚д゚)< ほんと凄いと思いました。(小並感

(゚ー゚)。○ ( しかし茜ちゃん、相当不安だったんやろうなぁ。(何

結局一緒の高校には行けないし、親友の告白の話を彼氏は話してくれなかったし。

そりゃ中学三年女子だったら、自分の感情に整理がつかなくて、

訳も分からなくなりますよね。(上から目線

そしてそんなのは、中学生男子にどうこうできる問題じゃないと言うね・・・w

客観的に見ても、ハネてる君が悪いわけではないと思うしwちゃんと断ったしw

(゚∀゚)< 誰だってそーする、俺だってそーする。(ぇ

そうして色々とモヤモヤして、涙の別れに成りそうだった所からの、

 |-゚)っ[ 投 稿 小 説 ラ ブ レ タ ー ]

文学少年の本懐と言わんばかりの、どストレートなメッセージ性溢れる小説で、

あの子のハートを鷲掴みでしたね!(ぇ

このラストカットで、この子達はこれから大丈夫そうだなと安心させて、

エンドロールで余韻のある「それから」。

(゚∀゚)< 結婚して子供までいて、本当にリア充爆発しすぎじゃぁないですかね!(ぉ

有名な小話の「月が綺麗ですね」を、

文学に明るくない茜ちゃんから言われて始まった初恋が、

陸上する彼女を見る彼、お囃子をする彼を見る彼女と、

それぞれの対比を加えながら惹かれ合っていく様は、本当によく出来てた。

青春を謳歌出来なかった人が見ると軽くショック死する程度には、

良く出来た初恋物語だったと思います。(べた褒

あとは、流石の歌唱力、東山奈央さんも良い仕事で劇中を彩ってた。

(゚∀゚)< もう、マクロスΔのネタ担当とか言わせないぞ!(何

青春が欠乏しているのなら、月がきれいを見るべきです。

 |-゚)っ[月がきれいのすゝめ](何

 

 

 

さて、本数は少なめですが、今日はこの辺りでお開き。

お粗末様でした。

2017年!春アニメ最終回ラッシュ! その2

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2017年!春アニメ最終回ラッシュ!~黒焦げ ザ ビギニング~]

 

さて、夏アニメが始まっている最中ではありますが、

まずは最終回を見ていくスタンスです。

それでは、ネタバレに注意してお進みください!

 

 

 

 

 

 

 

ID-0

(゚ー゚)。○ ( 思ったよりも良い着地したなぁ・・・w

最初の感想はまさにこれ。前オリ作品と比べたら、よっぽど綺麗に終わったw

とは言っても、欲を言うと少しだけ物足りない感じ。

マヤは非戦闘員だから活躍させづらいのは分かるけど、

最後の涙の演説(笑)以外に、見せ場が欲しかった気はする。(ぉ

尺の使い方が甘かったのか、敵子安が情緒不安定キャラみたいになってて、

あの辺りはもう少し丁寧に描写すれば、もう少し諸行無常感出たと思う。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( あと、最後4人のMT会話は、もう少し丁寧にすればね・・・?w

(゚∀゚)< つーか、突撃シーンの謎BGM・・・w

最後の特攻シーンなのに、えんやぁ~!って、どういうセンスなんだよとw

明らかにあのチョイスの必要が無かった。だけどインパクトはあった。(ぉ

(゚д゚)< こんなのずるいやろwww

最後のラストスパートに参加出来なかった仲間も、結構雑に扱われた所を見ると、

まだまだ改善の余地がありそうだと感じる。

それでも、締めとしては筋が通ってたし、意味不ENDでは無かった。

(゚д゚)< これは素直に良かった。(ぉ

最終回に幾つか不満はあったけど、中盤のキャラ回や、採掘作業シーンはとても○。

(゚ー゚)。○ ( 正直この辺りの尺が短くて、勿体無いと思うまである。(ぉ

それこそ、2クール分尺を用意して、ピーキーで変な採掘作業をもう少し請け負って、

最終回をもう1話分ぐらい尺追加してじっくりやれば、最高だったのでは無いか?(ぉ

味のあるキャラいっぱい居るから、そいつらメインのお話がもっと見たかったなぁとw

(゚д゚)< サンジゲンにはこの調子で頑張ってほしい。(何

 

弱虫ペダル NEW GENERATION

(゚ー゚)。○ ( ほんと名作アニメだよ・・・。(しみじみ

三年生が抜けて頼りなくなったチームでも、こんだけ熱く盛り上げるんだから、

作者の力量は推して知るべしである。(ぉ

しかし総北新キャプの手嶋さん、この人やっぱり凡人じゃないだろw

マシントラブルを待つと言う無意識の紳士っぷりを発揮する所、予想外過ぎるw

その事実を踏まえて、山岳取れなかった事を考えると、物言えぬ切なさがあるな。(泣

(゚д゚)< 平等にあって欲しいとか、ほんとお前格好良すぎんよ・・・。

出遅れた小野田君も、しっかりキャプのフォローに回って、無駄にはならなかった。

きっとこの救出が、後々チーム総北の手助けになるんだろうなぁと思うと、

(゚д゚)< ほんと胸が熱くなる・・・w

しかし、鼻歌混じりで山をクライムする小野田君は、ほんと化物やなw

加えて今回のヒメヒメも、いい感じに寒くてワケわかんなくて、最高に笑うw

(゚∀゚)< その様が、何か異様なものとして語られててなお笑うw

今回はやはり、新人にもスポットライトを当てに行ってるのも印象に残った。

 |-゚)っ[一年オレンジオールラウンダー(スプリント◎)]

神様とのやり取りも、かなりの良エピソードだったし、これは将来楽しみですね。(ぉ

今回の展開としては、スプリントも山岳も両方箱学に取られる展開になって、

(゚д゚)< 逆風が凄い。(何

流れとして、2年目は勝てないパターンの可能性も高いし、これは見逃せない。

悪役御堂筋率いる筋肉フェチも良い感じに頭おかしいし、登場キャラはほんと完璧w

(゚д゚)< うん、どんどんアニメ化してもらって構わないよ?(ぉ

 

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?

(゚ー゚)。○ ( む?こんな終わらせ方しちゃう?(何

ある種、悲壮感漂わせENDとしては悪くないけど、後味は悪いな。(ぉ

まず不満は、伏線回収が出来ていない点。

クトリの前世に、何かエピソードがあった臭いのに、

結局は謎の演出のみで終わってしまった。

(゚ー゚)。○ ( どう考えても過去のヴィレムさんの関係者が関わってるだろ・・・w

その辺り、もう少し盛り上げる所なのに、

なんかの都合か、バッサリカットされように見えるんだよなぁ・・・。(何

(゚ー゚)。○ ( うーん、勿体無い。(ぉ

それと、剣が手に入れば助かる云々が忘れ去られたのは仕様かな?(ぉ

これ、想像するにアニメをクローズするためのオリ展開臭いよね・・・と。

この辺り、クトリが助かるルートがまだまだ沢山あったように思えて、

そこを期待していた黒焦げに対して、あの終わりだから、後味は悪くて然るべき、と。

あとはクトリの前世の声。経験の浅い子供使うのいい加減やめて欲しいんじゃが。(怒

(゚д゚)< ちょっと演技が下手すぎるやろ・・・(呆

幼さと神秘性を兼ね備えた演技なんて、そう簡単にできるもんじゃ無いんだから、

そんなの子供にやらすなよと・・・。(正論

これのせいで深みのある精神世界描写に水を差されたて、集中出来なかった・・・。

まぁ、色々悪い点はあるにしろ、ラノベらしからぬ展開で見どころはあった。

クトリの死を駆けた純愛物語が貫かれたし、対してヴィレムさんは凄く誠実だった。

(゚ー゚)。○ ( まぁ、若干ヘタレてる所はあったけどもw

後半の甲斐甲斐しくイチャつく描写や、突然のプロポーズも悪くなかった。

(゚ー゚)。○ ( あの急展開に、視聴者は、ファ!?ってなっただろうなw

序盤中盤と、2人のやり取りが微笑ましくて好きだっただけに、

もうちょっと救いのある終わらせ方をして欲しかった、とは正直思う所。

まぁ、救ってもらっていいですかって、確かにクトリは救われたかもしれんが、

視聴者の気持ちも、もう少しすくい取って欲しかったと思う次第です。(何

 

正解するカド KADO: The Right Answer

(゚д゚)< この終わり方はあんまりやろ・・・

真道さん死んでからの娘登場って、予想の斜め上過ぎんよw

この負に落ちない感じは、以下の理由によるものである。(何

 |-゚)っ[ザシュニナ、突然のサイコホモ感、殺すしか無い、和解なし]

 |-゚)っ[伏線はあったとは言え、ぽっと出の娘に全部持ってかれた]

 |-゚)っ[娘が居るなら、真道さん死ぬ必要ない]

 |-゚)っ[真道さん、外交官の腕の見せ所じゃ無いんかい!]

 |-゚)っ[と言うか、異方で子供生んで放置、あとは花森子育てヨロって、ぐう畜]

(゚д゚)< な ん で こ う な っ た ! (ぉ

序盤中盤と、最高のSF作品だったのに、終わりですべて台無しにしてしまった。

(゚ー゚)。○ ( こうやって名作だった物が、突然クソアニメになるんだね・・・(ぉ

 

ソード・オラトリア ダンまち外伝

(゚∀゚)< 最後のバトルの異様な盛り上がり・・・w

うーん、59階層引っ張って置きながら、精霊もどきと戦っただけか・・・。

これが剣姫さんの知りたい事って、ちょっと盛り過ぎなんじゃないかな?(ぉ

(゚ー゚)。○ ( あと、剣姫ちゃん驚いてる描写すら無いのも問題か。

最後のバトルとしてのクオリティや盛り上がりは、非常に良かったけど、

トーリーの一部としては、いささか微妙だった印象。

スピンオフとしての悪い所が出てしまったか、今ひとつ物足りなかったですね。

思えば、ベル君の居ないシーンを意識してピックアップし過ぎたあまり、

トーリーに纏まりが無かったり、ツギハギ感が出てしまったのが✕。

(゚д゚)< もっとベル君が活躍しても良いのよ?(ぉ

ベル君が遺憾無くアルゴノート力を爆発させて、ミノの撃破シーンを再放送したけど、

これは色んな意味で最高に良い演出でした。

この作品の主役は誰か、ラストバトルの奮起のきっかけ、ベル君分の補給と、

一石三鳥ぐらいの効果がありましたよねー。(何

(゚д゚)< もっとベル君が活躍しても良いのよ?(2回目

しかし、サイドストーリー、これだけインフレして大丈夫なのか・・・?w

(゚ー゚)。○ ( これじゃぁ、ベル君しばらく剣姫ちゃん達に追いつけないよなぁw

主人公だから依怙贔屓されるのはあるだろうけど、あまりやり過ぎると冷めるし、

バランスが難しそう・・・w

まぁ、次の本編まで、お茶を濁すぐらいには丁度いい作品だったか。

(゚д゚)< だいたいそんな感じ?(ぉ

 

アトム ザ・ビギニング

(゚ー゚)。○ ( まぁ、最後は仕方がないか・・・。(何

2クール目突入すると思ってたけど、ここで終了するのか。もしや原作切れ?

とは言え、最終回は色々と含みのある終わりだった。

周りは気づいて無いけど、A106にかなりの自我が形成されつつあると。

弟機A107の登場と共に、これからどっと盛り上がりそうな展開だけに、

ここでアニメが終わってしまうのは、「待て」くらった感が凄いw

ロボレスの終着も含めて、単純なドンパチロボバトルにしなかったのも、

アトム0としては正しい。非常に正しい。(ぉ

AIロボットSFの元祖として、アトムは度々濃厚な考察が行われたり、

他の作者によるスピンオフが行われたりするけど、

これもその系譜をしっかり受け継いだ、正統派アトムと言って良いと思うと。(ぉ

続編がいつになるか分からないけど、待ち続けても良いぐらいには面白いアニメ。

(゚д゚)< さっさと続編オナシャシマス!(ぉ

(゚д゚)< つーかヒロイン蘭ちゃんの出番もっと多くしろ!(ぇ

 

 

 

 

はい。今日はこの辺りでお開きです。

お粗末さまでした。

2017年!春アニメ最終回ラッシュ! その1

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2017年!春アニメ最終回ラッシュ!~エロ黒焦げ先生~]

 

さて、時期としてはジャストタイミングで開始しましたこの企画。

果たして旬を過ぎる前に終えることができるのでしょうか?(ぉ

 

それでは、いつもの通り、最終回の感想などをつらつらと残したいと思います。

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

ロクでなし魔術講師と禁忌教典

(゚∀゚)< ここに来てゴテゴテの花嫁泥棒パターンwww

確かにろくでなしを名乗るなら、花嫁泥棒は必修科目とも言えなくもない。(ぇ

そこまでの過程が雑過ぎて、ちょっと駄目じゃね?とは思うけれども、

正直そこまでのクオリティはそもそも期待していないのでセーフ。(ぇ

(゚ー゚)。○ ( そもそも最終回の展開自体、だいぶ詰め込んだ風に見えたし・・・w

白猫さん、いくら何でも葛藤からの立ち直り早すぎだし、

ラスボスは過去と比較して、そんな強い様に見えなかったのもマイナス。

色々と仕掛けたネタは説明されずに効果があった風に演出するし、何なのとw

(゚ー゚)。○ ( ろくでなし先生の内職は最後まで謎だった・・・w

(゚ー゚)。○ ( これは雑だ、詰め込み過ぎだ言われても、擁護できないよね。

まぁでも最近だと、最弱言っといて全然弱くなかったりするアニメがある中、

この作品は終始相応のろくでなしだったのは好感が持てるw

最後までその部分は光ってて、

いくら裏に意図があっても、あんな堂々とGUESSな玉の輿発言はできないぞとw

(゚∀゚)< 本人前にして、玉の輿とか、相当酷いぞこれはw

(゚∀゚)< まぁ白猫ちゃんも、男の趣味が悪いと思うんだけどもなw

(゚д゚)< うん、ろくでもないラノベアニメだった。(褒め言葉

 

王室教師ハイネ

 (゚ー゚)。○ ( うーん、最終回はイマイチかな。惜しい。(ぉ

最後の議会乱入の件、締めは熱い説得なのは良いと思います。

ただ、そこまでの過程はもう少しスマートに出来たのではないだろうか。(ぉ

特に違和感があるのは、成長した最高頭脳のブルーノ王子が居るのに、

あまりにも無策に会議に望んでいる点。

ハイネ先生を再雇用するにあたって、不利な部分は何か補填すると思ってたのにw

(゚ー゚)。○ ( 犯罪歴の無罪証言とか、地味な地固め作業してないのかよとw

そこら辺の土台を固めて、最後の熱い説得があれば、おぉ!ってなるのだが・・・(ぉ

とは言えこの作品は、全体を通して楽しめた印象はある。

ベタって言えば、ベタベタではあるんだけれど、そう言うの嫌いじゃないですから?w

欲を言えば、成長した王子達が活躍する話が見たかったけれども、どうなのかな?

(゚ー゚)。○ ( 尺が足りなかったのか・・・?原作にそう言う話が無いのか?

(゚д゚)< 黒焦げとしては、もうひと頑張りして欲しかったかな!(ぉ

 

グランブルーファンタジー ジ・アニメーション

(゚∀゚)< グラブってる?ウェーイ!(何

印象が強すぎて、本編で登場したらストーリー吹っ飛んだ。魚じゃなくてイカやw(ぇ

大人気、と言われるソシャゲ原作だけあり、そこそこアニメとして面白い。

3話1島のペースで、急がすお話を進めるスタイルが功を奏し、

すごく丁寧な仕上がりに見えました。

トーリーが原作基準なのかが見えない所ではありますが、

アニメのストーリーとしては良い部類なのは間違い無い感じです。

(゚ー゚)。○ ( 最後のお祭り騒ぎのキャラ活躍は、大人の事情絡んでると思うがw 

(゚ー゚)。○ ( ちょっと偶然居合わせ過ぎじゃないですかね?w

グラブルの良い所は、野郎どもも中々良いキャラしている所でしょうか。

(゚ー゚)。○ ( おっさんが格好いい作品は良策。はっきりわかんだね。(ぉ

そして綺麗に終わったと思わせてからの、唐突な女主人公登場からの水着回・・・w

(゚д゚)< このご都合主義としか言えない、女だらけの騎空団はねーよw

最後の最後でこんな茶番を持ってくるとか、中々話のわかるアニメだな。(ぇ

総評として、販促としては上等、アニメとしてはそこそこ。

このクオリティなら、2期も見てみたいと感じかな。

(゚∀゚)< まだまだ尺があるんだろうし、やってみたら?(煽

 

有頂天家族2

 (゚ー゚)。○ ( 原作知らんと、賛否別れちゃうなぁ、これは。

オチが微妙に落ちてなかったり、二代目と弁天の関係性も謎だったり、

悪役2人組が突然地獄に落ちたりと、最終回としてはおかしな印象を受ける本作。

それもそのはず、原作でもここで話が終わっていて、続刊はまだ出てないと言う。

(゚ー゚)。○ ( そりゃこうなるよなぁ・・・(ぉ

と言うか、前作のアニメのクオリティを考えれば、こんな最後は有り得なくて、

もっと愉快に終わる筈なんですよ。

(゚д゚)< 面白きことは良きことなり!だからな!(ぉ

ということで、これは後編が出るまで待つのが上策。

(゚д゚)< 黒焦げは作者さんを応援しております!(ぉ

 

ゼロから始める魔法の書

(゚ー゚)。○ ( ちょっと丸く収まり過ぎじゃないかなぁ?w

最後の政治的な動きが雑に感じるから、多分こう言う意見が出るw

なんやかんやで魔法国家に成りましたって、急展開過ぎるやろうとw

そして13番の突然の改心。

突然に物分りが良くなり、謝罪までし始めた。何?妹にデレたの?w(ぉ

あれが成り立つのであれば、もっと序盤で和解出来てもおかしくなかっただろうにw

と、細かいストーリーの粗はあったわけだけど、

全部駄目だったかと言うとそうでもなくて、好みの差があれど雰囲気は良かった。(ぉ

遅めのテンポと、冒険譚風の演出。

それに合わせたスローライフなED。

暗めの話が多かったけど、それにマッチした演出ではあったと思います。

(゚ー゚)。○ ( まぁ、人によっては合わない事もあるだろうが・・・w

(゚д゚)< つまり、頑張りました、って所かな?(何様

 

エロマンガ先生

 (゚∀゚)< そんな恥ずかしい名前の人はしらないっ!(何

 最後に程よいギャグ回を突っ込んで行くスタイル。割りと好き。(ぉ

原作のストックの問題なのか?そうなのであれば、この切り方は妥当だとは思う。

終盤3話でメインヒロイン3人のピックアプシナリオを投入して、

ブコメアニメとしての満足度を上げる仕組み。非常に良い。(ぉ

(゚д゚)< 特に村正先輩はチョロすぎるやろ・・・wマジチョロインw

真面目なところだと、紗霧とお兄ちゃんの馴れ初めも中々に感慨深い。

まだ複雑な家庭事情の全容は把握出来てないけど、

紗霧が一方的にお兄ちゃん大好きなのは分かった。(ぉ

作中紗霧が何気なく、一つ目の夢が叶ったねとぶっこんだ訳だが、

あれは最高に味のある台詞回しだったと思います。粋だよね。(ぇ

今後の物語としては、

お兄ちゃんの処女作小説の応援イラストを書いていたのが紗霧だとバレたり、

お兄ちゃんの書いた小説がアニメになったりする所にフォーカスが当たるんだろうか。

(゚ー゚)。○ ( 展開を考えると、OVA的な何かになる可能性も・・・ヤメテ。(ぉ

全体を通して感じたのは、俺妹よりもギャグ成分が多い気がすること。

例えば、キャラ崩壊しない程度にネタな動きをする所。匙加減が絶妙ですよ。

これは明らかに、アニメとしてかなり良くなっていると言えます。(何

 (゚д゚)< そこ、主観とか言わない。異論は認める。(ぇ

事実、大分笑いながら、ツッコミを入れながら、楽しく視聴できたしね?w

華を添えたOPとEDを考慮すれば、総合点は更に高い。

(゚ー゚)。○ ( これは今季の良策認定間違い無いな。(ぉ

(゚д゚)< 2期、お待ちしております!(何

 

 

 

本日はこのあたりで一区切り。

それでは、お粗末さまでした。

2017年!春アニメスタート! その3

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

よっしゃ、ギリギリ滑り込みセーフ!(アウト

 

 |-゚)っ[2017年!春アニメスタート!]

 

ごめんなさい、見逃してください。

黙って読み進めてください・・・・

 

それではネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

進撃の巨人 2期

(゚ー゚)。○ ( やっぱ面白いな、進撃の巨人は。(ぉ

後のお楽しみと言うか、撮り溜めておいたのを一気見したというか。

途中パズドラにネタバレされるという最悪の事態を差っぴいても、面白い。

(゚ー゚)。○ ( マジパズドラ許さん・・・(ぉ

巨人の正体が次々に明らかになっていくと言う、最高に盛り上がる展開。

そして、相変わらず頼りないエレンがカツカツで戦うのが、ほんと手に汗握る。(ぉ

そして謎のキーパーソン、クリスタが話に加わって、物語の核心に迫ってきた。

惜しむらくは兵長の出番が少なめな事だけど、

まぁ、戦わなくてもドスが効いた眼光を飛ばして、活躍はしてると言える・・・?w

(゚ー゚)。○ ( う~ん、しかしエレン、捕らわれ過ぎwヒロインかw

前から思ってたけど、ミカサに守られるヒロインポジでもあるんだよね、エレンw

そのミカサも、絶妙な距離感で寄り添うあの感じ。

 |-゚)っ[この子、エレンのこと好き過ぎである](ぉ

人気作品、堂々と健在。これは良作っすわ。

(゚д゚)< このまま全話、駆逐してやる!(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 最近、駆逐言わないのが寂しい・・・(ぇ


スタミュ 2期

(゚ー゚)。○ ( 1話人多すぎて酔う・・・(ぇ

つーか、突然人が多くなって、全然捌ききれてないのですけども・・・w

1期の主要キャラを思い出してる所にこれだから、だいぶ出鼻を挫かれたぜ・・・。

(゚ー゚)。○ ( この安直なキャラ追加はどう考えても失敗だろ。(ぉ

ただそれを差っ引いても、前期と同様に、

ミュージカルの歌詞とストーリーを上手くつなぐ構成は健在。正直巧い。

(゚ー゚)。○ ( 鳳組の信頼感は、中々に良くできた熱さを感じるしね?(ぉ

他の似た作品と違って茶番感が少ないのも、前期の良さを引き継いでるかなと。

(゚ー゚)。○ ( さらっと6話まで見れたから、悪くない出来なんだろうな。(ぉ


ツインエンジェルBREAK

(゚д゚)< 新キャラ売る為とは言え、設定雑スギィ!(ぉ

先代は何故かやられた、残り一人は自らネズミになった。

(゚д゚)< もう少しマシな設定あったやろ・・・(真顔

コスチュームのデザインが全く違っていて、無駄に薄着。

この辺りから、前より露骨におっさん狙ってるのがまる分かりなんですよね。(ぉ

まぁ、パチ新シリーズの販促なんだろうから、こうなるのは必然だとは思う。

そして恐らく、このまま当たり障りなく終わるんだろうと予測もできる。

(゚ー゚)。○ ( う~ん、この・・・。(何


神撃のバハムート VIRGIN SOUL

(゚ー゚)。○ ( これは相変わらず頑張ってる。(ぉ

前作も中々良かったけども、今回も少なくとも雰囲気は前と同じく良い感じ。

前作のキャラもちょくちょく出てくるようだし、

同窓会ほどやり過ぎず、程々に活躍を希望したい所です。(ぇ

進撃のバハムートにはこれっぽっちも思い入れないし、正直ゲームは下火だろうけど、

ほんとアニメだけはちょっと面白そうなのが意外なんだよねw

(゚ー゚)。○ ( しかしこの力の入れようはほんと謎だ・・・w


ベルセルク 2期

(゚ー゚)。○ ( おおぅ・・・。1話がさらに置いてけぼりパターンか・・・w

最早これは、開き直りの初見切捨て・・・w

とは言え、ベルセルクっぽいダークな雰囲気はそのまま残し。それで良し。(ぉ

今回のフォーカスは銀の人なのかね。

(゚д゚)< まぁ、緩くウォッチしますか。(ぉ


冴えない彼女の育てかた♭

(゚ー゚)。○ ( ますます良質なクリエイターラブコメになってるなぁ・・・w

1期からそうだったけど、もの造りする人の心情が、ほんと良く出てる。面白い。(ぉ

特に今回は、どのヒロインも恋愛感情の核心に迫るストーリー展開。見応えありすぎw

女子メンバー同士の、尊敬、嫉妬、信頼、などの感情が、各人の個性で描写されてて、

(゚∀゚)< 何だか、心がぽかぽかするね!(ゲス顔

(゚д゚)< それに対して主人公は良い感じに不甲斐ないw

恋愛としては全く的外れな行動するけど、

その突飛な行動は、クリエイターとしてはとても面白い動き。

失言がかなり多いけど、それも展開の為の言動で、ほんと良い感じに掻き回してるなw

そこに対して、ある種の達観した女性陣。

滅茶苦茶イライラしてるの目に見えて分かるのに、主人公は鈍感で気づかないと言うね。

(゚ー゚)。○ ( この辺りをメタで話題にする点も、演出抜け目無いよなぁ・・・w

主人公もとうとう鈍感力を捨てるのか?色々と2作目に気合いが入った模様。

次回作のタイトルは「冴えない彼女の育てかた」。

本妻加藤ちゃんのターン開始か?最後に向けて良い感じに締めて欲しいw


ソード・オラトリア ダンまち外伝

(゚ー゚)。○ ( 展開が事務的だなぁ・・・。

スピンオフの性質を考慮に入れても、展開が説明的でつぎはぎが目立ちすぎる。

ダンまちやってたのも大分前だし、展開覚えてる人じゃないと、視聴辛いかも。

副ストーリーとしては悪くないけど、ロキファミリアばかりだとバランスが悪い。

やっぱりベル君の出番はもっと必要だと思うのだがねぇ・・・

(゚ー゚)。○ ( あえて1期のベル君のシーンを焼きなおしても良いと思うんだ。(ぉ

しかし、剣姫とベル君の実力差がありすぎて、こりゃ当分ベル君に出番ねぇな・・・w

(゚ー゚)。○ ( ベル君ファイトだよっ!(何


sin 七つの大罪

(゚∀゚)< うっわ、ここまで中身が無いアニメじゃったか・・・w

メリオダス出ると思ったら、出ないまま一話終わった、と言うのは良く聞く話。(何

ざっくり説明すると、お色系アニメの、酷い部類のやつ。(ぇ

本質的にはエロアニメと同じで、本筋のストーリーが皆無。

(゚д゚)< 円盤の修正で釣る商法にしても、これは露骨過ぎるだろうとw

(゚ー゚)。○ ( この茶番に付き合うべきかなぁ?(ぇ


アトム ザ・ビギニング

(゚д゚)< ぉぉ?なんだなんだ?結構良い感じじゃんw

ビギニングを歌ってるだけあって、A106の野暮ったさがとても良い感じ。

デザインも好みだし、そんなに喋らないのが良い味出してる。

この辺り、もっと後半戦でじわじわ覚醒しそうだし、広がりが大きいよね。(ぁ

あと、キャラデザに関しては、ギリギリ原作の雰囲気を保とうとしてる努力は認めるw

(゚ー゚)。○ ( まぁどう頑張っても、お茶の水さんは無理があるけどなw

(゚д゚)< しかし、A106の程々に強い感が絶妙っすね。(ぉ

チートなんだけど、チート過ぎないのは、ストーリー映えするし?

学生ロボコンの話挟むことによって、A106の性能面を際立たせる演出も見逃せない。

展開はじっくりやってるから少しもやもやするけど、質が良いから楽しく見れそうだね。

(゚д゚)< A106の活躍に、乞うご期待!(ぉ


さて、最後は次のタイトルだけど、実は最終回まで見終わってしまってござる。(ぁ

という事で、まとめた感想をお送りします。


夏目友人帳 陸

6期目となり、黒焦げとしても、夏目は癒し枠になりつつあります。(ぉ

今期も特に土をつける内容はなく、それどころか各種物語の進展を見せてくれました。

まずは、友人帳について名取さんに事情を話した件。

夏目君にとって、友人帳の事情を話す事は、色々とリスクを孕んでおり、

胡散臭いけど良い人の名取さんに事情を話すのは、中々勇気の必要な話でした。

その葛藤や思いを丁寧に描き、なし崩しとは言え、決断して伝えた事は、

何か大きな物が動いたように感じましたね。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 名取さんに話した事で、友人帳に関する何かが進展するだろうし・・・

そして大事件がもう一つ。

 |-゚)っ[祖父?夏目の存在が・・・?]

と言うかこれ、レイコさんの人物像が、ガラッと替わる事になるかもしれない案件。

実はレイコさんが、直接名前を奪ったかどうかって、あやかしの口伝だったから、

本人かどうかって言うのが、非常に微妙な所だったんだよね。

(゚ー゚)。○ ( ずっと先代の、もしか祓い屋の夏目さんが居るのだとしたら?(ぉ

案外レイコさんも、夏目君と同じ様な事をしてたのかも知れない・・・。

(゚д゚)< うむ、この辺りは続編に期待しようかw(ぉ

しかし、本当に安定したストーリーを提供してくれるよね。

これだけ長いことアニメ化してるのに、全く雰囲気が崩れないのは本当凄い。

こう言う安心感のあるアニメがあると、精神衛生上良い。素晴らしいと思います。(何

(゚д゚)< 是非とも7期、期待してます!(ぉ

 

 

 

よし、春アニメのチェックは終了!

と言っていたら、来週からは夏アニメが始まる・・・w

 

(゚ー゚)。○ ( まぁ、幸せな事だと思いますよ?(ぉ

 

ということで本日はお開き。

お粗末様でした。

2017年!春アニメスタート! その2

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

先週に引き続き、この話題で行きます。

 

 |-゚)っ[2017年!春アニメスタート!]

 

それでは、どんどん行って見ましょう。

ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラダリセット

(゚ー゚)。○ ( すっごい、とっつき難い1話だなぁ・・・?w

物語の主管は、1回こっきりの共同タイムリープ

主人公の精神的負担が大きそうなのは、シュタゲと大体一緒。

主人公の思考速度が速く、かなり浮世離れした考えをする所が、

どのくらい視聴者に受け入れられるかが肝になりそう。

(゚ー゚)。○ ( これ、既に精神磨耗してる臭い・・・?w

初めの段階から意識高い系の雰囲気が漂いつつも、慣れると意外と良い感じ。(ぉ

まぁ、掴みの1話をああ仕上げるのは、チャレンジャーだと評価したい。(ぉ

善とか偽善とか、赤い外套の人の葛藤じゃあるまいし、

いきなり言われても困るだろ普通は、ってねw(何

序章が中学生だったせいか、中二病成分を多く含んでいるのがポイント。

抑揚の少なめな演技と演出が相まって、不思議空間が形成されています。

凄く尖った作品に間違いないけど、その分分かりにくい部分も多い。

(゚ー゚)。○ ( 能力説明については、もう少し尺を割いて欲しいけどなぁ・・・(ぉ

かなり灰汁の強いアニメだけど、見所はあると思います。

(゚ー゚)。○ ( まぁ、黒焦げは見るけど、初心者にはお薦めしにくいなぁw


サクラクエスト

(゚д゚)< ファンタジーかと思ったら、現代の町おこしだったでござるw

OPだけ見ると、さっぱり何のことだか分からなかったけど、本編見れば一目瞭然。

(゚д゚)< ピンク髪のみゃーもりが、田舎で町おこしするアニメというねw

偶然(話の必然)で、(町の中では)若いメンバーが集まり、

なにやら始まりそうな予感がする序盤の展開は中々に良い。

各主要メンバーごとに、じっくり個別シナリオを2話づつぐらいで振り分け、

メンバーの成長と、みゃーもりが町に馴染んでいく姿が綺麗に描かれている感じ。

(゚ー゚)。○ ( うむ、手堅い・・・w

最後に大きな山場がどんと来そうな雰囲気があり、それで最終的な印象が決まりそう。

(゚д゚)< 期待しているぞ!(ぉ


武装少女マキャヴェリズム

(゚д゚)< まぁ分類としては、おいろ系アニメですね。(ぇ

ろくでなし系主人公と言うことで、なんかあのアニメとダダ被りしている気がしますが、

住み分けは出来てそうなので、良しとしましょう。(ぉ

問答無用で斬りかかってくるメインヒロイン、

意外に真面目に戦闘を行っていくスタイル、

勝負に負けた後、漏れなく惚れてくる展開。

 |-゚)っ[ド直球な格闘ハーレムもの](ぉ

ただこの手のアニメは、レシピ通りに作るとそこそこ面白いのがズルい。(ぇ

ネタ要因として登場する、ヒロイン”マツコ”も物議を醸しだし、最強に見えてきた。

(゚д゚)< これは良作となりえるのか?!乞うご期待!(ぉ


月がきれい

(゚ー゚)。○ ( このタイトルは有名なあれだよね・・・w

主人公の文学少年によるラブストーリーだという事で、

タイトル的にはベストマッチしている感が凄いですね。

(゚д゚)< と言うか、カップリング大胆だな・・・w(何

影キャの文系主人公と、あがり症の運動部ヒロインの恋愛という、

変わった取り合わせなのが、目を引いて良い感じでしょうか。(ぉ

ガチ文系で小説も書く主人公が、太宰を妄信してたのはワロタけど、

恋を知って太宰を捨てたのは、メタ的にちょっと面白かった。(何

すれ違いや三角関係など、鉄板要素もじっくり描写されて、正に青春。

(゚∀゚)< によによ青春タイムの始まりだぜ!(ぇ


クロックワーク・プラネット

(゚ー゚)。○ ( 一昔前のアニメみたいな雰囲気だと思った。(良い意味

昨今では珍しい、世界観をガチガチに固めてた雰囲気ラノベアニメ。

最近こう言う作風減ってるので、非常に懐かしい気持ちになりました。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 漠然とシャナっぽいと思ったんだよ?(何

歯車をベースにした、特殊な世界設定、

そこにマッチした、クーデレオートマタの毒舌ヒロイン、

主人公は並外れた聴力を持つが故に、時計修理に携わり始める・・・

こんな感じの世界が、じっくりアニメ化されているので、

そこまで悪くない印象のアニメになっている気がします。

(゚ー゚)。○ ( 思いの外面白い?w


カブキブ!

(゚ー゚)。○ ( 全然軟派なアニメじゃなかった・・・w(ぉ

第0印象が悪かったんだ・・・質の悪い腐向けアニメっぽかったからw(ぇ

蓋を開けてみたら、チア男子ぐらいには出来の良さそうなアニメだったという。

そして驚き、キャラ配置のバランス感覚が良い。

おねぇキャラに、男装の麗人楽天的天才肌、生真面目秀才肌、そして熱血歌舞伎馬鹿。

どうせ全員イケメンで構成されるんだろ?ハイハイお疲れさまって思ってたから、

好感度が有頂天ですよねー。(何

高校で歌舞伎をするって言うモチーフを上手く活用して、

現代解釈版とガチ歌舞伎版との二部構成をやってみたり、中々おつな展開も好みです。

チア男子の様に、恋愛要素として糞展開のウルトラCを決めない限り、

これは良作になる予感がする・・・。

(゚ー゚)。○ ( 期待していいのかな?(ぉ


正解するカド

(゚ー゚)。○ ( これすげぇな・・・ダークホース過ぎるだろ・・・w

純然たるSF作品ではあるのに、現代舞台のリアリティはしっかり残っている。

オーバーテクノロジーが現代にもたらされたらどうなってしまうのか?が、

ほんとしっかり面白さとしてアニメに出来ているのは、素直に凄い。

展開も去ることながら、登場人物も相応に立ってる。

終始怪しいザシュニナさん、完全無欠の真道さん、天然の羅花さん。

序盤は展開重視のストーリーでしたが、終盤になるにつれてキャラの内面が・・・

最新話まで見ましたが、相当にアグレッシブなラストを迎えそうです。

(゚ー゚)。○ ( ほんとこれどうなってしまうんだ?w


境界のRINNE 3期

(゚ー゚)。○ ( 古の日常系アニメ、貫禄の3期。(ぉ

(゚д゚)< 予想通りこのアニメはなじむ。この肉体にしっくりなじむぞ・・・(何


エロマンガ先生

(゚ー゚)。○ ( この作者さん、ほんとに妹物好きだなぁ・・・w

俺妹の時にも思いましたが、ラノベの割には一本ストーリーの芯が通ってると。

作者の身の上話が含まれてるんじゃ無いのかと、勘繰ってしまう程に、

終始リアルな内面描写が行われて、とても面白いわけですね。

訳あり兄妹と、それを取り巻く、2人の女流作家先生、

各ヒロイン毎にピックアップ回もあり、それぞれでとても可愛い。

後数話で本当に終わるのか、終わってしまうのか、と色々と考えてしまうほど。

OPとEDの楽曲と演出も素晴らしく、何だかぼーっと毎回見てしまいます。

(゚ー゚)。○ ( クラリス本当に、良く育ったなぁ・・・(何

まだちょっとだけ続くんじゃよ、と、エンドロール入りましたが、

それ逆に不安なんですけど?w変なフラグ立てないで頂きたいw


有頂天家族2

(゚ー゚)。○ ( 相変わらず独特な雰囲気のアニメだなぁ・・・w

しかし、1期見て無いと、話の端々が分からなくてちょっとつら目。

その辺りはどうにも仕方ない部分はあるんですかねぇ・・・

(゚д゚)< まぁ、1期見ろって事だな・・・w

頓知の利いた言い回しは流石。今回も素晴らしい出来に仕上がっているようです。

(゚ー゚)。○ ( このクスクス笑える感じが堪らないよね・・・w

今回の主軸は、天狗の二代目と弁天様。

なにやら、惚れた腫れた、切った張ったがありそうな展開で、目が話せませんw

(゚ー゚)。○ ( 一体どうなるって言うんです?(ぉ


ID-0

ブランキの影響で、軽くサンジゲンのアンチに成りかけていた黒焦げですが、

この作品によって、かなり良い印象に改善しました。(ぉ

マヤちゃんがなし崩し的に、限りなくグレーな海賊なる王道展開から始まり、

仲間との信頼とチームワークで窮地を切り抜けたり、

イドさんが冷徹なようで、絶対に見捨てない主人公力を見せ付けたり、

リックさんがチャラ格好良い行動と台詞を吐き捨てたり、

裏切りつつも、最後のラインを超えられないカーラさん良い人だったり、

何だか見ていて気持ちの良い展開が○。(ぉ

そう来ると、ロボデザインも良い方向に働いて、

(゚ー゚)。○ ( あれ?これ総合的に面白いんじゃね?(ぇ

といった感じに落ち着きつつあります。

さて、ラストスパートの雰囲気が出ていて、物語も終盤。

(゚д゚)< これ、ちゃんとクローズしてくれるのかね?(ぉ


ゼロから始める魔法の書

(゚д゚)< 私のもふもふだ!(何

タイトルで色々と損をしそうなのが残念。名前紛らわし過ぎw

主人公がジュウマンという、中々珍しい設定なのも点数は高めとしたいです。

コメディというよりは、ガチガチにシリアスな展開をするようで、

雰囲気が暗めで重めなのがちょっと気になるところではある。

少しテンポも悪く、しばらく雲行きが怪しかった為、心配していましたが、

ラストにして、ようやく盛り上がりを見せてきました。

(゚ー゚)。○ ( 傭兵とゼロ、上手い事元鞘に収まって欲しいなぁ・・・(ぉ


終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?

(゚ー゚)。○ ( いや、このタイトルの煽り要らないよね・・・?w

タイトル煽り過ぎで、逆に損をしている珍しいタイプw

蓋を開けて見てみれば、色々としっかりしていて面白いというね・・・w

ヴィレムは500年前に活躍した人間族の勇者、しかし目覚めた時代では人間は絶滅。

自暴自棄に生きていた主人公は、人間そっくりの妖精族と出会う。

妖精族は自らの命を武器に魔物と戦い、若くしてその命を落としていく。

今度は本作のヒロイン、クトリが犠牲になろうとして・・・?

妖精族のクトリと、最後の人間のヴィレムの純愛ストーリー。

(゚∀゚)< 果たして彼らの行方は・・・?

(゚ー゚)・・・

(゚д゚)< いやこれ、逆タイトル詐欺だろ・・・w(ぉ

タイトルに反して、くっそ真面目な展開してるの毎回違和感ある・・・w

こんな煽りタイトルなんだから、馬鹿ギャクコメ来ると思うじゃんよ・・・w

というか、このアニメ普通に面白いし、純粋なファンタジーとして良く出来てる。

特に、クトリちゃんがほんと健気に戦っていて、見ていて辛い。

まさかハッピーエンドで終わらないとかは無いと思うけど、

ヴィレムさんにはキチンと漢を見せてもらいたいと思います。(決定事項

 

 

はい、じゃぁ本日はここまで。

お粗末様でした。

2017年!春アニメスタート! その1

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

6月も半ば、ぶっちゃけ春は過ぎ去ってますが、キニシナイ。

いつも通り、初めてしまいましょう。

 

 |-゚)っ[2017年!春アニメスタート!]

 

それでは行って見ましょう。ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕のヒーローアカデミア

(゚ー゚)。○ ( 概ね原作通りだな。

今にしてみると、オールマイトの煽りは、あまり良い結果を生まなかったなとw

結果論でしか無いけど、今の制限付きバトルのきっかけ作ってしまったからなぁw

(゚ー゚)。○ ( オールマイトは、指導者としてはあまり宜しくないよね?w(ぉ

この調子だと、体育祭終わりで丁度1クール終わりそう?

まぁ、無理せず続けて欲しい。


グランブルーファンタジー ジ・アニメーション

(゚ー゚)。○ ( 先行放送の2話分は丸々いっしょか。

導入としては極めてオーソドックス。

程よい動機付けと、当たり障りの無い旅立ち感。

主人公が強引に巻き込まれて旅立ちをする事になったのは意外だったけどもw

(゚ー゚)。○ ( 離れたら死ぬって、そりゃ行くしかないっしょwww

子供の頃からの夢でもあったわけだし、Win-Winの関係だね!(ぇ

始まりを見る分には、安心して視聴できそう。

(゚ー゚)。○ ( 期待値上げずに、ゆるりと見よう。(ぉ


アリスと蔵六

(゚ー゚)。○ ( 蔵六爺さん何物なんだよ・・・w

年の功以上に肝が据わっている、蔵六爺さんが魅力的だと思いました。(何

(゚ー゚)。○ ( 声だけ聞くと、何処かでスニーキングミッションしてるんだよなぁw

(゚ー゚)。○ ( 花屋ってレベルじゃねーぞ

異能力に対して、ガチで説教という、斬新なムーブをする良識人の蔵六爺さん。

爺さんとアリスちゃんと、その他周りの人が織り成す、ハートフルアニメだとすれば、

それだけで面白そうではある、のですが。

合間合間に入るバトル要素をどう捕らえて良いのか、未だに迷います。(ぉ

個人的には、爺さんの活躍をもっと増やして欲しい。

(゚д゚)< もっと説教して欲しい。(ぇ


つぐもも

(゚д゚)< お?九十九神だったのか。モチーフ。

てか、どんぱちバトルからの、お色気シーン・・・これはこう言うアニメなのか?(ぉ

バトルやるのは良いけど、良く分からない展開をするのはやめて欲しい。

特に、くくりとの戦いとか、茶番の割には命の危険がありそうな描写で、

この辺りの戦う動機付けが、適当すぎてイライラしてる。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 話の作り自体があまり宜しくなさそうだな・・・不安だ。(ぉ


笑ゥせぇるすまんNEW

(゚ー゚)。○ ( あっれ?意外と雑な展開・・・w

原作アレンジ+新作の、ABパートで1話という構成っぽいですね。

押しなべて原作アレンジの出来が微妙で、笑うセールスマンっぽくないw

なんか全体的に、喪黒がただの悪徳業者に成り下がってる節があるのが微妙な点。

喪黒さんはあくまで、怪しい商品を売りつけるだけで、

悪いのは、その商品を使う際の言いつけを守らない主役側である必要があると。

そのあたりが4話とも結構ぶれていて、主役が悪くない場合まであるw

なんか評判を受けて修正しているのかな?後半につれて良くなっている節はあるけど。

まぁでも、現代社会に蘇った喪黒さんとして、期待している部分は大きいので、

あの胡散臭さを爆発させながら、現代人を恐怖のズンドコに陥れて欲しいw

(゚д゚)< ドーーーン!(ぉ


FRAME ARMS GIRL

(゚д゚)< どう見ても武装神姫です。本当にありがとうございました。(ぉ

全くコンセプト一緒なので、こう思われても仕方なし。異論は認めない。

実際の所、先行して発売してるプラモの販促っぽい。

(゚ー゚)。○ ( まぁ、このプラモ、出来が結構良さそうなのが流石w

しかしこれ、本当にFAGがキャッハウフフするだけのアニメっぽいw

2話目でゆり展開ぶち込んでくる時点で、豚向け確定だし、ほんと手が早い。(ぉ

これはひたすら可愛いを追求するつもりだな?

(゚д゚)< その心意気やよし。(ぇ


ロクでなし魔術講師と禁忌教典

(゚д゚)< 1話は丸ごとろくでなし、その後も度々ろくでなし。(ぉ

タイトル通りの、ろくでなしゲス野郎である事に、感銘を受けております。(ぇ

こうしたろくでなし要素の中にも、やるときゃやる、もしかしてカッコいい?

的な要素を混ぜる事で、オーソドックスなギャップが演出されています。

ラノベ原作よろしく、可愛いヒロインと色々する展開も押さえ、

「HTEラノベ原作アニメ」を地で行ってる感じがひしひしと。

(゚ー゚)。○ ( よし、流し見しよう。(ぇ


王室教師ハイネ

(゚д゚)< この教師、有能につき。って違うか?合ってるか?(ぉ

このハイネ先生、どんなキャラかと思ったら、身長以外は完璧。そう、完璧超人。

そしてその完璧教師が、問題児王子4人に対して、教育的指導をするアニメ。(ぉ

問題児王子たちが、ハイネ先生の圧倒的教師力に落ちていくのは中々小気味よく、

安定したニヤニヤ感を得られます。

 |-゚)っ[これは良作]

キャラデザは女性向けですが、内容はそうでも無いので、見やすいのもありがたい。

王子を貶める謎の人物との戦い、明かされるハイネ先生の謎とは?

目が離せませんね。


恋愛暴君

(゚∀゚)< か、軽いwこんなノリの作品だったのかよ・・・w

ノリと内容がめっさ軽い。ラブコメというよりは、ギャグだよこれはw

もう少し真面目な内容を想像していたために、ギャップで中々飲み込めない・・・w

死んだり生き返ったり、設定もガバガバで、ツッコミを入れるのも馬鹿馬鹿しいw

(゚ー゚)。○ ( まぁ、ボケ担当のヤンデレとか、新しい部分はあるんだけどもw

あんまり深く考えないで、ガハハと笑いながら見るアニメか。

(゚д゚)< よしきた!(ぉ


ひなこのーと

(゚д゚)< OPとEDが騒がしい!(ぇ

なんだ、日常系アニメだったのか、というのが最初の感想。

そして、内気な子が小劇場をやるという展開に・・・

(゚ー゚)。○ ( ハナヤマタパターンかな?(ぉ

序盤を見る限り、当たり障りが無さ過ぎて、逆に不安要素大。

(゚ー゚)。○ ( 大丈夫か?これ?


覆面系ノイズ

(゚ー゚)。○ ( このタイトル、どう言う事なの?関係性がまだ分からん。

(゚ー゚)。○ ( って、初っ端から三角関係スタートですかw

主人公のアリスも、はなゆめ調の重い主人公で、少しヤンデレ混じってる勢いw

そしてゆず君も重い。少しヤンデレ混じってる勢いw

最後にもも君は境遇が重い。実家が既に止んでるw(三段オチ風

かなり表現と感情の起伏が大袈裟に描かれて、原作柄が感じ取れる作風。

(゚ー゚)。○ ( これは見てると胸焼けしてきますわ・・・w

展開は確かに気になるのだけど、黒焦げ的にはもう少し薄味でお願いしたいところw

(゚ー゚)。○ ( そういえば、海に向かって歌う系キャラ?(ぉ

(゚∀゚)< 山に向かって歌う系キャラは知ってる。かなり好き。(何


Re:CREATORS

(゚д゚)< 神々の世界へ!ようこそ!(ぉ

創作元の世界(地球)を神々の世界として、そこに色んな媒体のキャラが集まるのかw

そして、召喚されたキャラが物理法則無視して圧倒的に強いのがなんとも言えないw

ある種、創造主よりも余裕で強いって言うのが、凄く良いよねw

(゚ー゚)。○ ( 設定は中々楽しそう。第一印象は○。

登場キャラクタのチョイスも、色々な媒体から、色々なキャラを呼び寄せるようで、

ファンタジーヒロイン、ゲーム魔法使い、魔法少女、漫画の悪役、リアルロボットw

(゚ー゚)。○ ( バラエティ感が出ててとても良いw

あと、世界観の違いも、シナリオに考慮されているのも、中々良い。

魔法少女がいつも通りに大暴れして、建物が直らないで困惑する件とか、良いよね。(何

(゚д゚)< いきなり魔法少女を泣かせるなんて、悪いやつだなぁ!(ぇ

謎原作の強キャラ少女は一体何物なのか。引き方もいい感じで上手。

(゚ー゚)。○ ( これは期待できそうやな!

 

 

 

よし、本日はここまで!

お粗末様でした。

2017年!冬アニメ最終回ラッシュ! その6

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2017年!冬アニメ最終回ラッシュ!~アニオタの本懐~]

 

さて、長かった冬も、もう終わりますね!(ぇ

 

(゚ー゚)・・・

 

季節は春を通り過ぎておりますが、なに、あわてる様な時間じゃない。(ぇ

 

という事で、冬アニメ感想のラストパート、いざ尋常に参ります!

ネタバレに注意してお進みください!

 

 

 

 

 

 

 

風夏

(゚ー゚)。○ ( うーん、これは勿体無いなぁ・・・(何

真面目に視聴している方は分かる話なのですが、なんかラストが凄いやっつけ感。

幼馴染が突然お色気特攻しかけたり、

憧れのバンドが帰って来たのに、ほほう、あいつらやるじゃん、枠だったり、

無意味な交通事故描写があったり・・・?

(゚ー゚)。○ ( 未完作品だからと言っても、最後雑過ぎない?(ぉ

ちょっとおかしいと思って、Wikiで調べてみたら・・・なるほど。(ぉ

これ、残りの尺で、原作の激しい展開を盛り込めないとの判断をして、

止む無し泣く泣く、原作改変のオリジナルラストを用意した臭い。

(゚ー゚)。○ ( 確かに。あの原作を聞くと、尺が足りないのは分かる。(ぉ

しかし、それだからこそ、このラストには納得は行かないよね。

この改変の影響で、続編アニメの可能性がほぼ断たれてしまったし、

改変後のラストで、面白くないアニメの印象を与えてしまった可能性もある。

(゚ー゚)。○ ( 改変後のラストは、かなり出来が微妙・・・(ぉ

まず、ラストフェーズの優くんの心情的には、そこまで風夏が好きだったのか、

あのタイミングで恋心に気付くのか、凄く微妙な所だと思う。

そして流れ的に、幼馴染みの特攻に、優くんが耐えられるとは思えない所w

(゚ー゚)。○ ( あの時点は、幼馴染アイドルに軍配が上がってたしw

最後の展開の印象で、この作品に低い評価が着いてしまいそうなのが凄く勿体ない。

まぁ、有効な方法は1つだったと黒焦げは思います。(何

 |-゚)っ[初めから2期前提でアニメを作るべきだった](ぉ


・プリパラ

(゚д゚)< 3年間、アイカツとのバトル、お疲れ様でした。(ぉ

視聴者に丸分かりな程、アイカツを意識した作品・作風で、

そして、多分にネタに走っていた印象がありましたね。

(゚ー゚)。○ ( ほんと無駄にキャラ濃いw胸焼けするw

(゚д゚)< マジキチあじみ先生登場時、変な笑いが出たのも良い思い出ですw

キャラの中では、ドロカスのカスっぷりが割りと好きでした。(ぇ

完全に好感度を度外視して、キャラ付けにステ全振りしてる感が良い。凄く良い。(ぇ

(゚д゚)< あんなの絶対人気でねぇだろwww幼女向け番組だぞ?www

プリパラのアイカツと異なる点、それは歌の人と中の人が同じな所。

この差別化がとても功を奏していて、そしてとても重要で需要があった。

(゚ー゚)。○ ( 何って、アニオタ向けのライブ展開に強いからな・・・(ぉ

アイカツ島から強引に客を引き抜かなきゃいけない都合上、

戦略的にアイカツおじさんを引き抜いたのは、ほぼ間違いありませんw

思えばストーリーも、幼女向けというより、年齢層が高く設定してありました。

今でも覚えてるけど、らぁらママと校長先生の再開のくだりとか、

ファルルとガァルルの夢がどうのこうの、くだりとか、

不意打ちでガチ泣きさせられるとは思わなかったって言うね。(ぉ

クール毎にいつ終わっても良いように(後発特有の切られる恐怖との戦い)、

クール終わりには山場を意識して持ってきてる点もアニメとしてよかった。

山場ではダンスパートの演出が極まってるし、ストーリーもきっちり盛り上げてくる。

(゚ー゚)。○ ( うむ・・・wこれは油断ならんなw

そして最終回まわり。ほんとお祭り騒ぎって言うのがしっくり来る。

(゚д゚)< これは質の良い総集編!(ぉ

ソラミが神アイドルになるのは予定調和だったけど、演出は最後に相応しい豪華さ。

ラストの勝負のために、女神ユニットのデュエ曲を取りおろす気合い入れよう、

加えて、ソラミは新曲を披露と言う、ド直球打ち返す満塁ホームランw

毎回盛り上げ方は秀逸だけど、流石のラストは大きな打ち上げ花火で飾ったな。(ぉ

アイカツより後発で始まって、懐疑的な気持ちで見始めたけど、

今もこんなに見続ける事になるとは思ってなかったというね・・・w

という事で、最後に。

(゚∀゚)< かしこま!(ぉ


ハンドシェイカー

(゚ー゚)。○ ( うーむ、作画に全振りした結果がこれだよ・・・(ぉ

確かに、常時キモイほどにうねうね動き、えらい作画だけども、ほんとそれだけだった。

一番良くないと思うのが、ストーリーの構成。

破綻していると言うより、薄い上に繋ぎもあまい。そうこれは、

 |-゚)っ[失敗したもんじゃ](何

超豪華な具材を使っているから、味は美味しいけど、

(゚д゚)< これ、素材のまま食ってんのと変わらんじゃん・・・(ぉ

美麗な作画だけだったら、1枚絵で良いし、画集で良いってことですな。(辛

特に気に入らないのは、登場キャラが取り合えず戦ってしまう展開。

そして事情の説明を毎回サボる、主人公サイド。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 最初の戦闘狂意外は、話せば分かってくれそうなもんなんだが・・・?

まさか人殺してまで叶える願いてもなかったように見えるし、

死人の上に立った時点で破綻する願いもあったし・・・。

(゚ー゚)。○ ( 終始その辺りがもやもやしていかんなぁ・・・これは良くない。(ぉ

記念作品で気合い入ってたのは分かるけど、これは力の入れかた間違えてる。

(゚ー゚)。○ ( ちゃんとアニメを作って欲しいもんだなぁ。(辛


BanG Dream!

(゚д゚)< 前半の茶番感が凄かったものの、最後は綺麗に纏めた。それは認める。(ぉ

しかし、でもね? アイマスラブライブ、ショーバイと色々見てきた後に、

バンドリと来ると、全般的に霞んで見えてしまうのは仕方が無いでしょう。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( これはやるのが遅過ぎた。(ぉ

まぁね、リアルのバンドありきだから、きっと評価する所はかなり多いんだと思う。

さらっとアニメで使われているOPとEDの楽曲とか、あと挿入歌。

これ恐らく本人たちが演奏してるんだろうし、聞けるレベルなのは素直に凄い。

実際ライブ行っても同じ様なクオリティを期待できるのは、かなりの強みだと思うし。

ただなぁ。黒焦げは基本的にアニメおじさんだから、アニメ以外の評価が高くても?w

純粋な楽曲で言ってしまうと、そりゃ他のプロ演奏に負けるのは当然だし、

純粋なアニメとして見ても、作りとしては何番煎じだよってなる。

特に主人公の性格とその後の展開が、もろラブライブと被ってるって言うのがねw

(゚ー゚)。○ ( もう少しどうにかならなかったのか・・・?(ぁ

 |-゚)っ[(スタッフが)もう少し頑張りましょう]


クズの本懐

(゚ー゚)。○ ( 濃厚なアニメだなぁ・・・wこんなの久々に見たかも知れんw

まずはラストから語ります。(ぉ

麦君と花火ちゃんの関係性を、エンディングの詩と重ねてくる巧妙さ。

(゚д゚)< これが上手いと心底思うのですよ?(何

物語の序盤から中盤、あれだけ山あり谷ありの人間関係を築いたのに、

10話ぐらいの展開で大体精算されて、あの二人の間には障害が無くなってしまった。

このまま普通にくっついちゃうの?って思ったけれども、そうはならなかった。

見終わった第一印象としては、なんでこうなったし?とはなるんだけれども、

よくよく考えれば、正しい心情帰結。(何

歌詞から言葉を借りると、

初めの出会いで平行線で交わった為に、宇宙を抜け出す時間が経っても、

二人は交わらなかった、ってことかな。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 身代わりの恋人契約なんて出会い方しなければ、幸せな未来も・・・

そんじゃ次は、キャラを。

この作品、ほんとキャラの想いが強い。

どのキャラも充分に心情描写で掘り下げて、各キャラそれぞれの思いを苦く解説。

これのお陰で、あり得ないほどドロドロした気持ちにさせてくれましたw(ぉ

(゚ー゚)。○ ( いや、正直かなり辛い・・・だいぶ胃がキリキリする・・(ぇ

そして、キャラ(鐘井先生以外)には軒並み(度合いは違うが)クズな描写があって、

当黒焦げも「えぇ・・・?(ドン引き)」が結構あったけども、

その後の内情パートから、理屈はなんとか理解はできました。

この辺りは、ほんと構成が上手だと思います。(小並感

その中で、一番のキーポイントだと思われるのは、やはり、

 |-゚)っ[ビッチオブ豊崎先生&解脱鐘井法師](ぇ

いや、あそこまで糞みたいに印象の悪かったビッチに対して、

全てを悟りきった、神対応の鐘井法師は、正に目から鱗w

鐘井先生の、ある種のキチガイともとれる器のでかさが、ほんと笑うほど凄いw

(゚∀゚)< (ビッチを)やめなくて良いよ?好きでやってるんでしょ?(笑顔

(゚д゚)< その発想はなかった。(真顔

そして隙の生じぬ二段構え、速攻のプロポーズw

(゚д゚)< これは流石に草生やしたわwwwズルいやろwww

まぁ、鐘井先生的には、充分にデート重ねて、いよいよのお泊まりデート。

ある意味でプロポーズの準備ぐらいしてたのは当然ではあるw

(゚ー゚)。○ ( 視聴者は不意打ちだがな!w

神対応の鐘井先生に対し、麦少年の不甲斐ないことよ。(ぉ

性欲を持て余す時期で、多少の情状酌量の余地はあるにしても、

やっぱり待ってる花火ちゃんを放置、はあかんかったよなぁ・・・。

まぁ、騙されてるとしても、あのビッチの誘いを断れる胆力があるかと言われると?w

(゚ー゚)。○ ( あそこは、漢の見せ所だったんだよなぁ・・・(ぇ

まぁでも、この辺りの動機付けに、序盤に交わした約束の一つ、

 |-゚)っ[どちらかの恋が実ったら別れる]

がボディブローのように効いてるのは、とても秀逸だとは思うw

という事で総評。

胸糞悪くなるけどついつい見てしまう魅力がある。

最後も、大分もやもやしたけど悪い印象はない。そんな二律背反なアニメだった。(ぉ

あと誤解の無いように言っておくと、ヒロインの花火ちゃんは全然クズじゃなかった。

むしろ純粋過ぎて自己嫌悪してるだけたった。てか取り巻きがややこしかっただけw

 |-゚)っ[つまりクズはテメーだ!ビッチ!]

 

 

 

 

はい、2017年冬アニメ、全部見終わりました。

これが書き終わる頃には、2017年冬序盤の感想を忘れているわけです。(ぉ

なので、毎回総評に困ります。なので、総評はしません。(ぇ

 

それでは、次は2017年春アニメでお会いしましょう。

お粗末様でした。