読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

2017年!冬アニメ最終回ラッシュ! その2

アニメ

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2017年!冬アニメ最終回ラッシュ!~黒焦げフレンズ~]

 

さて、前回に引き続き、アニメ最終回の感想まとめです。

それでは早速始めます。

ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

3月のライオン

(゚д゚)< ぉ!2期決定か!おめでとうございます。

原作も終わっていないので、色々途中でお話が切れてしまうのは仕方ないとして。

それを差っぴいても、将棋をする棋士の物語を、相当じっくり描いた印象です。

4月は君の嘘もそうでしたが、この作者の作品にはの謎の感動がある。(ぉ

この人の作品、主人公がひたすらに不幸な境遇で、

それを根底に、様々な人と出会い立ち直っていくストーリーを描きます。

本作ではまず、両親死亡で養子に出され、養子先にしがみつく為に将棋に打ち込む。

しかしその影響で、姉弟が悪女&引き篭もり化してしまう。

その鬱屈した家庭環境に耐えられず、一人暮らしを開始。

ここから物語がスタート。

第一フェーズとして、あかりさん一家との出会い。

零くんに色々と足りていなかった、家族の温もりを補給。

第二フェーズとして、友(ライバル)の出現と研究会への参加。

逃げ場所だった将棋が、居場所への将棋へと変わった。

第三フェーズは学校。

喪われた青春が復活しそうである。(予想)

色々と苦労人だった零くんだけれども、少しずつだが良い方向に歩き出してる。

彼の成長物語として、心温まる良作だと心底思います。(ぉ

(゚∀゚)< 今後の展開はあれかなぁ。片思いの悪女お姉ちゃんw(ぇ

どう考えても台風の目で、2期はそこにフォーカスが当たると予想。

(゚ー゚)。○ ( 2期楽しみだなぁ・・・


TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-

まず一つ断っておくと、タイトル詐欺です。

江戸川乱歩と言いつつも、登場人物の名前だけを借りたまったくの別作品です。

それを踏まえた上で、感想を言うと、ゴミでした。(ぇ

特に明智が不快で、序盤から怪しいムーブをしていましたが、本当にゴミだという。

まず、全編において、最年長の大人にあるまじき、無配慮な言動がクソ。

これの影響でかなりのメンバーが不幸になったり、死人も出てる。

二十面相に問い詰められたけど、そっちの方が全くの正論だったと言うレベル。

そしてのその敵の親玉、二十面相と和解してトンズラするラスト。

流石に、二十面相は殺人教唆等、許せるレベルの犯罪者ではなく、

トーリー上断罪されないと、探偵物としておかしいレベルのはずなのに・・・(困惑

2期アニメでしたが、なぜこれが2期もやったのかという・・・謎過ぎる。

多少良い点はあるにしろ、総合で見たらまごう事なきゴミ。

(゚д゚)< いや、明智がゴミ。(ぉ


MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang

(゚д゚)< 謎のギャグセンスにだけは草www

割と普通の女性向けアイドルものだったけれども、

時折光る謎のギャグセンスだけは、評価できると思いました。(ぉ

絶妙で不意打ちなタイミングで、鋭角に切り込んでくるシュールネタは、

最早芸術的ですらあった。(ぇ

(゚ー゚)。○ ( まぁ、ギャグアニメじゃないから、この評価は本意ではなかろうがw

それ以外で言えば、毎回EDを代えるまめさ、本編ストーリーの無難さ、と言った、

可も無く不可もなく、なアニメだったかと。

(゚ー゚)。○ ( まぁ、最後までマジ4の顔の見分けは付かなかったがな・・・w(何


鬼平

(゚д゚)< 正に時代劇じゃった。(ぉ

時代劇のストーリーをアニメに落とし、殺陣などの動きはアニメで進化させた、

そう言った良いとこ取りなアニメだった様に思います。

今回鬼平を見て思いましたが、時代劇をアニメにすると、色々と利点がありますね。

アニメだから大胆な立ち回り描けるの(飛びながら走りながら切るとか)と、

大怪我や欠損描写しやすいため、刀や武器の威力にリアルさが出せる事。

そうしたアニメ特有の描写を生かして、

かなりリアルな時代劇の殺陣が描かれていた気がします。

(゚ー゚)。○ ( まぁ、リアル過ぎて、多少地味な所もあったけれども・・・w

あと、時代劇風のストーリーは、アニメにあまり無かったパターンだったと気付いた点w

主人公の渋格好良さを前面に押し出した人情ドラマって、

普通に考えてアニメでは中々やらないパターンのストーリーですからw

というか、最後の狐火は、ほんと上手い。

第一話と最終話を対比させるとか、こんな燻銀な演出、昨今では見れないよ・・・w

この鬼平、殺陣有り、人情有り、涙有りの三拍子揃って、まさに鉄板時代劇でした。

アニメの一般的な構成や展開からはかけ離れてるけど、まぁこれはこれで良いでしょw

(゚д゚)< 粋なアニメだった。(ぉ


小林さんちのメイドラゴン

最後までぬるっとと見てしまいました。

ぬるっと見れる要因は、ほのぼのとした日常を描いているためで、

それ故、最後のシリアスエピソードは必要だったかに疑問が残ります。

あれを無理やりぶち込む位だったら、最後みんな登場して鍋つつくとか、

そのぐらい緩い最終回の方が好まれたまでありそうです。

そして見終わって気付いてしまいました。

(゚ー゚)。○ ( 小林さんの性別、やっぱり違和感がある。てかおかしい。(ぉ

立ち振舞いが男っぽいのは、ギリギリ個性として割り切れそうでしたが、

男性風のスーツを着るIT系の職場、という違和感に最後の最後で気付いてしまった。

(゚д゚)< 何だこれ!男装コスプレかよwww(ぉ

まぁこれは要するに、本来小林さんは男の設定が違和感無いのだが、

作者方面の方々の都合で、性別のみ女性に変更した、まぁそ言う事なんでしょう。

そこを考慮すると、小林さん(男性)とトールの家族愛をどう描けば良いのか、

そう言った面倒くささから逃げるために設定を変えた、と邪推してしまって・・・

もしくは、萌え豚に配慮したのか?まであるという。(ぉ

何も考えないで最後まで見ていれば、本当に幸せになれるアニメだったのに・・・

(゚д゚)< 失敗した・・・(ぇ

(゚∀゚)< かんなちゃんをぺろぺろしたい人生じゃった。(マテ


けものフレンズ

(゚∀゚)< すごーい!たーのしー!

正に今期の大穴。まさかこんな事になるとは誰が予想したか・・・w

 

まずは最高に胸熱だった最終回の振り返りから。

 |-゚)っ[朗報:かばんちゃん生きてた]

最終回前、セルリアンに取り込まれてしまったかばんちゃんでしたが、

無事では済まなかったけど、無事に生還して何よりです。(錯乱

しかしこの最終回、ほんと綺麗な最終回だよなぁ・・・w

フレンズ全員集合の総力戦の戦い、かばんちゃんの生死の結末、

ボスの無茶しやがって展開、遊園地でサーバルちゃんとデート、

そして新たな旅立ち。

ロードムービーの勘所を押さえた、おおよそ低予算アニメとは思えない、

次への期待とワクワクを含めた感動の最終回。

(゚д゚)< 何とも気持ちのいいフレンズではないか・・・!(何

しかし、最終戦のセルリアンバトルほんと良い。

ヘッドのかばんちゃんが居ない中、勝ち筋薄くて、視聴者が戦々恐々してましたが、

フレンズみんな良い動きするよ・・・(ノ_・、)

知能犯組みによる、穴掘り足止め、水による黒曜石化。ほんと素晴らしい。

そしてひぐまさんによる、面目躍如のフィニッシュブロー。ツヨスwww

かばんちゃん救出後、最後のお仕事、海への誘導は、

 |-゚)っ[サーバルちゃんの火炎紙飛行機]

(゚д゚)< ここで1話のかばんちゃんリスペクトキタァァァ!!!!(落ち着け

(゚∀゚)< すごーい!展開のクオリティすごーい!

(゚ー゚)。○ (そしてボス・・・無茶しやがって・・・w

なんやかんやで、かばんちゃんも元通り、エンディングへ向けて〆に入ります。

修理したバスに乗り、かばんちゃんは次の場所へ旅立ちます。

他のフレンズたちはそれを見送り、桟橋を戻って・・・

(゚д゚)!!!

そこには、かばんちゃんを追う何ものかの耳が!w(バレバレw

そして、かばんちゃんとサーバルちゃんの旅は・・・つづく!

(゚д゚)< か、完璧じゃないか・・・(ぉ

当然と言えば当然のラストですが、当然の事をやってもらうのが一番嬉しい事もある。

けものフレンズはそういうアニメだった訳ですね。(ぉ

 

さて次は、けものフレンズの総合的な魅力について意見を述べたいと思います。

このアニメの外っ面、もとい、主軸として描かれているのは、

可愛い女の子として擬人化された動物達との、ゆるふわふれあいロードムービーです。

これだけだと、悪く言えば、女の子が可愛いだけのアニメ、とも取れる。

実際、黒焦げとしても、1話の時点では、

(゚ー゚)。○ ( 何だこのアニメは・・・大丈夫か?(ぉ

と言う感想だったのは間違いありません。

しかしこのアニメ、3話からどんどん味わい深くなっていく。

 

まず、擬人化にも拘りが感じられる事。

割と真剣に動物の特徴を調査して、

キャラのモーションやデザインに適用するという意思が感じられますw

ほんこれ、会話できるほどの知能は有しているが、元の動物の知能レベル差を考慮して、

発言が「バカっぽくなる」という所まで徹底されています。

(゚ー゚)。○ ( 無駄に拘り過ぎやろ・・・w

 

そして、秀逸なSF作品である事が判明した事。

最初の段階から、かなり謎の多い世界観設定がなされており、

その真実が、話数を追うごとに明かされていくと言う、渋い作りなのです。

それに3話ぐらいから視聴者が気付き始め、後半になるころには、

けものフレンズ考察班の賑わいが凄い事になっておりました。

しかもこれ、ゆるふわふれあいロードムービー中に巧みに隠され、

それを見つけ出す、発見する喜びが中々熱い。いやかなり熱い。(大事なry

黒焦げでさえ、検証の為に3周ほどしてしまいました。

あ、詳しい考察に関しては、つぶやいた内容を参照。省略な!(何

(゚ー゚)。○ ( マジやられたなぁ、これはwほんと考察たーのしー!w

 

この2本を軸として、素晴らしいOP・EDが合わさり、まさに最強に見える。(何

黒焦げの感覚としては、これがけものフレンズの流行った理由でしょうか。

しかしこれ、決して狙ってできない、ほんと奇跡のようなアニメだと思うのですが、

たつき監督はこれを狙ってやっていたとしたら・・・

(゚ー゚)。○ ( アニメがとくいなフレンズどころではなく、もしかして、神?(ぉ

けものフレンズ、本当にいいアニメでした。感動したっ!(ぉ

(゚∀゚)< すごーい!たーのしー!

 

 

 

本日はここまで。

お粗末様でした。

2017年!冬アニメ最終回ラッシュ! その1

アニメ

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2017年!冬アニメ最終回ラッシュ!~鉄血の黒焦げ~]

 

さて、突然始まりました。アニメ最終回の感想まとめです。

久々に時期に間に合った感があり、黒焦げも満足しています。(何

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

青の祓魔師 京都不浄王篇

(゚ー゚)。○ ( うん、安定感は抜群にあった。(小並感

悪い出来では無かったけれども、特別な感想もあんまり無いですかね。(ぇ

流石の人気漫画原作クオリティというか、隙がそんなに見当たらない。

今回の1つの軸となる、主人公サタン息子バレからの友情劇がしっかり描かれてるし、

両親父さんのサイドストーリーもばっちり話に絡んで、構成が秀逸。

詰みかと思われた不浄王討伐も、主人公覚醒で見事撃退。

弟君の目や、敵の真の目的も謎として残り、引きも中々スマート。

これでもかと言うほどの少年漫画。こう言うのは定期的に見たい。(ぉ

何だかんだ一気に見れてしまう安心のクオリティ。

(゚ー゚)。○ ( あれ?結果べた褒めじゃんか・・・w


ガヴリールドロップアウト

(゚ー゚)。○ ( うーん、そんなに振るわなかったなぁ・・・残念だ。(ぉ

全体を通して言えるのが、天使と悪魔設定が全然上手く使われていなかった点。

これ上手く話しに盛り込まないと、ただの日常系アニメだし・・・w

天使と悪魔設定が使われてると思ったら、それはオリジナル展開らしいとか・・・w

これは何というか、原作がこうだから、なるべくしてなった、そういう事ですね。(ぉ

(゚д゚)< これはゆるゆりの下位互換・・・にしかなって無い・・・w

故郷に戻って、折角天使と悪魔のキャラたくさん出せるのに、

次の話ではアホの子が保健所からイッヌを引き取る話とか・・・

(゚ー゚)。○ ( 面白かったけど、これじゃなくね・・・?w

(゚∀゚)< 悪魔組が可愛いだけのアニメじゃった。(何


・南鎌倉高校 女子自転車部

 |-゚)っ[演出に違和感](ぉ

各所に散りばめられた、違和感が凄かったかなと?(ぉ

ナイトライドの性格変貌から始まり、

自転車のマナーを守ってそうで、結構ガバガバに乗り回す。(先生を含む)

何というか、キャラ思考の一貫性がお粗末な影響で、見ていてもやもやしますね。

話を熱く盛り上げたいのは解るけど、前の発言に繋がるように話を展開して欲しい。

(゚ー゚)。○ ( 割とマジで錯乱したのかと思ったぞ・・・(ぇ

 |-゚)っ[ろんぐらいだぁずの勝利!](ぉ


ALL OUT!!

(゚д゚)< スポーツ物は見易くて楽しいなぁ・・・w

最後の話が合宿編で終わってしまったのは、ちと残念ですが、まぁいいか。(ぉ

この作品のイメージとして、敵も味方も派手はプレイをしないと言うこと。

よくある特訓フェーズでは、なんか特別な技術を習得するものだけど、

この作品では、あんまりそう言うことやらなかったんだよね。

ラグビーの本質が、地道な努力と根性、そして力こそパワー、と言わんとしているのか。

トーリーでも、チームワークや家族模様などがメインとなる事が多いのも、

そういうラグビーらしさをお話にしたかったからかもしれないですね。(ぉ

他のスポーツアニメと比べて、心底地味だったけど、

熱い、暑苦しい程に熱いアニメだとは思ったと。(ぉ

まだまだチームが発展途上で、ホントにこれで花園行けるのか怪しいけど、

やっぱり、そこは見所になるに違いないとw

一般的な評価はやや低いけど、黒焦げはこう言うの割りと好き。(ぉ

(゚д゚)< しかし、EDの全力少年は良い。心が洗われる。(何


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

(゚д゚)< これはえらい展開だ・・・こんなの、ざわつくに決まってるわ!w

久々に、主人公側がたくさん死ぬガンダムというか、

生きてる人数数えた方が早いと言うかw

ある意味では、ガンダムらしいと言えばガンダムらしいのですが、

慣れてない視聴者には、とても辛そうではあるw

(゚д゚)< しかも殺し方が毎回心をえぐって来る。(ぉ

鉄華団のメンバーが死ぬ場合は、漏れなく専用イベントがあり、

毎回毎回視聴者にダメージを追わせるトラウマ仕様。(褒め言葉

この辺りの良く練られたシナリオ構成は面白い。しかし、面白いけど、辛い。(涙血

追い詰められた末、オルガさんが死に、三日月が死に、鉄華団は消えて逝った・・・

これは、ガンダム史を振り返っても、

ここまで味方陣営(主人公を含む)を死なせまくった作品はありませんw

最後の後日談によれば、騒動の影響で自浄作用が働いて、幾つかの暗躍はあるにしろ、

姫さんの思い描いた未来に近づきつつある。それだけが救いという。

(ノ_・、)< 鉄華団の犠牲は無駄ではなかったんやな・・・(ぉ

今回のポリシーだったのか、悪人は殺す。慈悲は無い。が徹底されていましたね。

ほんと、大人から子供(オルガと三日月を含)まで、徹底的にやりすぎだろうに。(ぉ

オルガ亡き後、三日月君の成長の集大成とも取れるあの口上、ほんと泣ける。

三日月君の見え難かった真情の変化が、最後に見れる名シーン。これは胸熱過ぎる。

三日月君はあそこまで変わる事ができたのに、未来が無いとは、涙を禁じえない。

(ノ_・、)< 三日月ぇ・・・(何

話は変わって、今回の正妻はなんとアトラちゃん。(ぉ

地味に、幼馴染ポジが正妻になるのは、シリーズでもかなり珍しいw

彼女らの生活が、後日談で語られましたが、無事三日月君の子供を出産した模様。

彼(?)の手には、あの約束のブレスレットが3つ。3つ!

(ノ_・、)。○ ( さっきから泣かされてばっかりや・・・(ぉ

アトラちゃんと姫様は無事結婚したらしく(公式情報)、晴れて家族に。

餌だの燃料だの言われてますが、みんな心が汚れ過ぎてるだろ・・・w

(゚д゚)< 彼女らは晴れて本当の家族になったんやで・・・(何

さて、今回は敵のムーブも中々興味深い。そう、マッキーです。

有能を装って鉄華団に近づき、足を引っ張って自滅するとか、凄い活躍。(皮肉

マッキーは悪魔(バルバトス)に魅せられた、と解釈できそうなのですが、

とは言っても、ポンコツになり過ぎです。どうしてこうなったレベル・・・w

(゚ー゚)。○ ( 情緒の安定したトレーズと謳われたマッキーは何処へ・・・w

最終決戦も、マッキーとの戦闘ではなく、鉄華団リンチのワンサイドゲームに。

恐らくは、戦犯クジャンをどうにかすれば、みんな助かったはずだが。(ぉ

まぁ、ハッピーエンドに関しては、黒焦げはスパロボに任せようと思います。(ぇ

(゚ー゚)。○ ( しかし、ここまで心がえぐられるガンダムになるとは、誰が予想したか・・・w

最後に。

オルフェンズは、任侠ガンダムとしてとても秀逸な出来。

ガンダムのセオリーに、任侠物のエッセンスを加えて、納得のいく作品となっています。

恐らく賛否両論あるとは思いますが、黒焦げとしてはそんなに嫌いじゃないw

(゚д゚)< 良いガンダムじゃった!!

 

 

 

まずはここまで。

けもフレや、その他有名どころが続々控えています。次回を待て!

お粗末様でした。

2017年!冬アニメスタート! その3

アニメ

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

さて、遅れながら本日の話題はこちら。

 

 |-゚)っ[2017年!冬アニメスタート!]

 

いや何とか、何とか間に合いそうです。(気のせい

 

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

スクールガールストライカーズ Animation Channel

(゚ー゚)。○ ( あーはいはい、販促アニメね。薄々わかってた。(ぉ

キャラの可愛さを重視する方針なのか、あまりにも戦闘に緊張感が無いw

確かに、下手に重苦しくやられても困ると言えば困るのだけれどもw

しかし、1話から既に茶番感が伝わってくるのはいかがなものなのでしょうかね。(ぉ

唯一の見所である記憶喪失も、平行世界からのワープか、タイムスリップか・・・

特に展開もなく、わちゃわちゃ学校生活して、最後シリアスして終わりそう感w

(゚ー゚)。○ (予想よ、外れろ!(ぉ


SPIRITPACT

(゚д゚)< ぇ!中華産の上、BLだと?!(驚愕

中華産特有の、キャラ心情の伝わりにくさ。顕在です。(ぉ

文化的な背景あるのか。中華のお家騒動に詳しくないので、イマイチ良く分からん。

(゚ー゚)。○ ( うむ、安定のわかりにくさだな・・・

そこに加えて、まさかの野郎同士のBL展開という変化球。

(゚ー゚)。○ ( 本当にこれ、誰得アニメなんだろう・・・w


チェインクロニクル ヘクセイタスの閃

(゚ー゚)。○ ( 流石というか、しっかり作ってあるなぁ・・・w

1話に関しては、既存の知識というか、ゲーム本編プレイして無いと、

置いてけぼり食らう構成になっている、と思います。(何

そこにはかなり不親切感を抱きましたが、

事前情報無しに、割り切って見れるよう作ってある風なので、何も言うまい。(ぉ

恐らく、ゲーム新シリーズの宣伝も兼ねているのでしょうか。

新しい主人公を交えて、ストーリーが展開していく模様です。

既存キャラもどんどんわんさか出てきて、非常に賑やか。

闇墜ちキャラと、ラストのギャグパートを押さえ、ネタも十分と言った所か。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( やっぱりSEGAだなぁ・・・w


アイドル事変

(゚∀゚)< あー、はいはい、茶番ですね!解ります!(ぉ

ソシャゲの宣伝が分かり過ぎて辛い。内容も兎に角緩いw

ざっと数話見る分には、議員である必要がまったく無いという・・・w

(゚∀゚)< そして老害党の人々wちょろす過ぎるw

声も新人起用している為か、時々棒ってるし、ほんとなんやこれw

(゚д゚)< ギャグ枠かな?そうだよね!(ぉ


弱虫ペダル NEW GENERATION

(゚ー゚)。○ ( 面白いなぁ・・・(直球

あれだけ活躍した3年生が抜け、新一年が入ってくる所は、

スポーツ漫画だと、とても展開が難しいところです。

そこを、タスキを次の世代に渡し、次の世代が1つ1つ煉瓦を積み上げていくかの様な、

その地道で熱い描写が綺麗に描けている。これは良い。(ぉ

クオリティの落ちもまったく無く、ほんと安心して見れる良作ですね。

(゚д゚)< 最後まで頑張っていただきたい。(ぉ


ハンドシェイカー

(゚д゚)< うっわ、何これ凄い・・・(ぇ

記念作品という名目で、作画が頭おかしい事になっています。(褒め言葉

モブも全て書き込まれ、登場キャラは全てうねうね動きます。

(゚ー゚)。○ ( 正直、うねうね動き過ぎて、酔うレベル・・・w

背景3Dと、キャラの作画に少し浮いた感覚を覚えましたが、

見ている間に馴染んできたので、今では問題なし。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( つーかこのレベルの作画・・・幾らかかったんだw考えたくないww

そして、ストーリーに関してもそこまで悪い印象はなし。

コヨリの正体は何なのか、恋仲的な感じに進展する展開なのか。

そして教授は悪党なのか。そこそこ見所ありそうですね。


MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang

(゚д゚)< もう少し、キャラを描き分けたほうが・・・w

主要キャラ4名の顔が、判子過ぎて黒焦げには見分けが付きません。

内容も主だった物語はなくて、馬鹿馬鹿しく学校生活とアイカツする感じ。

(゚ー゚)。○ ( これは化ける余地があるのか・・・?w


SUPER LOVERS 2

(゚ー゚)。○ ( ホモ要素もう少し薄くなんねぇかなぁ・・・(横暴

1期に比べて、ハルさんが人間のくず見たいになって来ているのは気のせいか?(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 1期では、かなりの人格者だった気がするんじゃが・・・

所謂、恋に盲目になりすぎて、耄碌しているパターンなのか。そうなのか?w

明らかにハルさん悪いのに、レンちゃんに謝らせるとか、ほんとなんなの・・・

(゚д゚)< ハルさん最低です!見損ないました!(ぉ


BanG Dream!

(゚∀゚)< 期待を一身に浴びて、アニメスタート!したは良いけど!(何

(゚д゚)< とても普通です・・・(ぉ

主人公ちゃん、アイドル物主人公に良く見られる痛い系天然女子(天真爛漫系)。

その主人公が、周りを巻き込み、一悶着二悶着ありながら、バンドを結成していく。

そして、キラキラドキドキの美麗なバンドステージシーンへ!(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 見なくても内容の予想が付く・・・いや、見たけどもね。(何

クオリティ的には、別に貶す部分は無いのですが、

視聴者のレベルが上がり過ぎて、新鮮味が薄れてきているのも事実。

(゚д゚)< 割と真剣に、スパイス的な劇薬が必要かもしれない・・・(ぉ


リトルウィッチアカデミア

(゚ー゚)。○ ( いや、ほんと、凄く高品質・・・w

流石のトリガーというか、品質問題など話題にも上がらないですぞ・・・w

このアニメ、特殊な経緯を辿っており、期待値もそれなりに上がっている作品。

そこに来て、この堂々たる出だし。マジクール過ぎる。(ぉ

ギャグ成分を交えつつも、真剣に展開するストーリー。

キャラが無駄に躍動的に動く作画、見ていて驚きがあるw

どうしても先にわくわくを感じてしまうストーリー。良い展開。

私がトリガーファンである事を差っぴいても、良作である事は揺るぎ無いでしょう。

2クールの作品なので尺も十分にある。

(゚д゚)< 是非ともじっくり仕上げて頂きたい。期待してます!(ぉ

 

 

 

よし!以上!

それでは次回は最終回感想ですね!(ぉ

お粗末様でした。

2017年!冬アニメスタート! その2

アニメ

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

さて、先週に引き続き、お題はこちら。

 

 |-゚)っ[2017年!冬アニメスタート!~黒焦げちゃんは語りたい~]

 

勢い余って全部見終わってるアニメありますが、流してください。(ぇ

 

それでは、ネタバレに注意してどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エルドライブ

この作者、と言う事で、どうしてもリボーンが頭に浮かぶのはしょうがない事。

しかしながら、案外と普通な少年漫画アニメでした。(何

(゚д゚)< というか、リボ時代よりも伸びやかに仕事して無い?これw(ぉ

いつもの邪推ですが、腐女子に気を使って思う作品を書けて居なかったのかもとw

例を挙げれば、キャラ性別の割合。

人外が相当数混じる作風とはいえ、男女比率がやや女子優勢・・・w

そして、話はどうなのかと言うと、ラブコメに寄せながらのバトルもの。

アニメ化に際しての采配か、独特な間とカットの構図も味が出てる気がする。(何

リボ当時にもあった、変な間でギャグを挟んでボケる作風もそのままで、

とても懐かしい気分に浸れるのも、ジャンプファンとしては良し。

(゚ー゚)。○ ( と言うか、これは普通にありなレベルだぞ・・・w

取り分け女性キャラも、中々可愛く描けているし、色々と考えられない進歩です。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 元々この人の女性キャラ嫌いじゃなかったから、ちょっと嬉しいw(ぉ


テイルズオブゼスティリア ザ クロス

(゚д゚)< あれ!!!これ面白いんじゃね!!!!(大声

ゲームがあれだけ下げられているので、少し身構えていましたが、

2期数話の時点での展開に、特別な問題は見られない気がします。(ぉ

むしろ、お姫様にフォローが入ったり、

ロゼが相応なショックを受けている描写が行われたり、

何か聞いてた話しとだいぶ違いますw(ぉ

(゚ー゚)。○ ( もしかして、完全別路線アニメルートが来るのかこれ?!(ぇ


銀魂

(゚д゚)< 銀魂、だなぁ。うん。銀魂。(何

冒頭こそ遊び心がありましたが、基本はストーリーをなぞる展開。

今回のアニメ本編は、それほど古い話でも無いので、懐かしさもさほどなし。

最近の銀魂はストーリーが追いにくい傾向があったので、

振り返り視聴に丁度いい感じでしょうか。

(゚ー゚)。○ ( 気楽にみよう。(ぉ


・ガヴリエールドロップアウト

(゚ー゚)。○ ( つーかこれ、ほぼゆるゆりじゃね?(ぉ

ギャグのノリが非常にゆるゆりに近く、シリアスな展開は無いので、

日常系ギャグとして完全に割り切って見れる作品のようです。

しかし、折角の天使悪魔設定が、腐っているのも思うところで、

このままだと、唯の学園ものでしかないと言う・・・w

(゚д゚)< もう少しがんばれ!(ぉ


・霊剣山 叡智への資格

(゚д゚)< 相変わらず無茶な展開で、逆に面白いわ!(ぉ

実家立て直し編、まさかの大事になって、草がはえるwww

(゚ー゚)。○ ( 王陸さん、ほんとあたまおかしいよこの人www

 |-゚)っ[修行の成果で俺ツエーの合間に混ざる、トンデモ頓知展開](何

この不意打ち気味に混ざるエッセンスが、ほんとネタとして卑怯w

無相剣骨でおっぱい盛って女装したり、

ノンケでもほいほい食っちゃったり、

霊感商法で村人騙したり、

作画とかストーリーとか、アニメとして不出来でも、

これだけぶっ飛んでればネタとして楽しめると言うね・・・w

(゚ー゚)。○ ( このシリアスなのかギャグなのか、紙一重感・・・w


・ACCA13区観察課

(゚ー゚)。○ ( ぉ?これは良い感じじゃね?(何

まず主人公の有能さをガチにアピールして、加えて巻き込まれ体質である事も披露。

この1話の構成が中々に見事。

13区それぞれの物語を絡めながら、ジーンさんがじわじわストーリーを進め、

それが、本作のメインストーリーのクーデターにつながる。

(゚д゚)< ほんと話の作り方が上手いですねぇ・・・!(何

ジーンさんの周りの登場人物も、キャラが濃くて見ていて楽しい。

(゚д゚)< ジーンさんの謎、家族構成や監察に残る理由、黒幕は誰か?(ぉ

このあたりの上質な餌に食いつかざるを得ない。美味しいです。(ぇ

(゚∀゚)< ACCAは良い文明!(ぇ


小林さんちのメイドラゴン

(゚ー゚)。○ ( 意外と普通なのね・・・(ぉ

メイドは味付けで、メインはドラゴンの擬人化、かな?(何

話が進むと、小林さんとトールとカンナちゃんのハートフルな日常が展開するしくみ。

トールちゃんらドラゴンチームは、元の異世界で色々あったようで、

そこで小林さんがジャストフィットする感じですね。

ぼーっと見てしまう魅力は感じつつも、何が面白いのかは良く分からない。

(゚ー゚)。○ ( 様子見が必要か・・・・(ぉ


クズの本懐

(゚д゚)< すごいダーク・・・wすごいエグみ・・・w

何がどうクズなのか。1話をみればきっちり分かる親切設計。良し。(ぉ

ただし、それがかなり奇抜なパターンを形成していて、今後の予想が楽しげw

普通ならお兄ちゃんに特攻して、先生にライバル宣言する所を、

代理恋人は斬新過ぎる試みだと思うのですが・・・w

登場人物は、麦君良い奴、先生悪女、お兄ちゃん朴念仁、友達サイコレズ・・・w

展開は、スワップヤンデレNTR・・・w

この悪意しかない布陣も、相当きてる。業が深すぎるぞ・・・w(ぉ

(゚ー゚)。○ ( しかしこう考えると、花火ちゃんはそんなにクズじゃないな・・・w


うらら迷路帖

(゚д゚)< ぉ?良く脱ぐなこいつら?(何

とてもきらら作品らしい。この感想で全て片付きそうw

女性しか登場しない理由も、占いが女性のものだから。

(゚д゚)< 男なんていない。いいね?(圧力

ある意味競女に通じる潔さを感じなくもない・・・w

そして気のせいではなく、女の子どおしの距離が近い。そして脱ぐ。(ぇ

友情というよりはYOUJOUを感じるのですが、まぁ最後まで見てみようか。(何

そう言った所を差っぴいてみれば、きらら系日常アニメ感がでてます。

(゚ー゚)。○ ( 生暖かく見守りますか・・・w(ぉ


セイレン

(゚д゚)< つーかこれ、アマガミ3期ですね。分かります。(ぉ

ヒロイン毎に数話でお話を切った、手ごろな構成。

唐突に行われる、通常ではありえない面白ハプニング。

そして主人公の変態紳士っぷり!そう、変態紳士っぷり!(重要な事なので2回

(゚д゚)< この感じ!懐かしい!(ぇ

まずはあやねるのお話を全部見ましたが・・・

 |-゚)っ[このヒロインは黒焦げ的に微妙だった](ぉ

戦争が起きそうなので言及しない方が良い気がしてきた・・・w

(゚∀゚)< よっしゃ、次のヒロインの話を見ようかな!(ぉ

 


ここからは、全話視聴しましたので、終了の感想です。アシカラズ。

 


Rewrite

最後に盛り返すだろうと、序盤は好意的な目で見ていた本作ですが、

結果から言うと、最後までダメな感じで終わってしまいました・・・。悲しい。(ぉ

何よりこれでは、視聴者置いてけぼり過ぎる。

説明フェーズが無さ過ぎて、話がどう展開しているのかがさっぱり解りません。

(゚ー゚)。○ ( 1期、2期と瑚太郎君がどういう経緯を辿ったのか、説明してくれ・・・

黒焦げぐらいのアニメおじさんともなれば、話の本筋は察せますが、これは不親切。

もう少し削る部分を削って、解りやすく魅せて貰いたい気持ちでいっぱいでした。

原作ゲームのボリュームから察するに、アニメに落としきれなかったのでしょうか。

(゚ー゚)。○ ( とても遺憾なことだ・・・


亜人ちゃんは語りたい

(゚д゚)< 高橋センセイ!!ムッキムキやで!!(何

思った以上に良い筋肉が出てきたので、これは言わざるを得ない・・・w

(゚ー゚)。○ ( しかし、体育教師でもないのに、あんなにムキムキになるのかな?w

さて本題。

デミ要素を現代社会生活にスケーリングする試みは、純粋に面白かったですね。

良く聞く伝承と、実際のデミの生態設定の切り分けも、違和感の無い良い塩梅でした。

(゚ー゚)。○ ( 妄想設定の解説も、なかなか面白かった・・・w

デミちゃんは語りたいとの題通り、終始誰かしらのデミちゃんに重きを置かれた

トーリー展開がなされ、デミの生態が良く分かりました。(小並感

やっぱり、高橋先生が凄く良識がある先生なのがとてもGoodですね。(何

生徒(一部先生)との距離感だとか、それを踏まえたギャグの掛け合いとか、

普通に微笑ましくて安心して観れました。(ぉ

あとは、佐藤先生のターンが地味にツボw

一人で空回っては、高橋先生を催淫するの、ほんと笑える・・・w

(゚ー゚)。○ ( あの2人、くっついて欲しいなぁ・・・w(ぇ

全話を通して、サキュバスの謎についてはあまり語られなかったので、

次があるならば是非とも、

(゚д゚)< 黒焦げちゃんはサキュバスについて語ってほしい!(何

 

 

はい、本日はここまで。

お粗末様でした。

2017年!冬アニメスタート! その1

アニメ

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

さて、今年も始まりました。へ?そんなの誤差でしょ。(ぇ

と、定期コントをこなしつつ、始めます。

 

 |-゚)っ[2017年!冬アニメスタート!]

 

それでは始めます。ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

・AKIBA'S TRIP

(゚ー゚)。○ ( 勢いのある販促アニメと言った印象だが・・・(何

GONZOが関わっているだけに、端々のクオリティはかなり高めなのだけど。

勢いで色々なものが誤魔化されている雰囲気があるw

かなりわちゃわちゃした雰囲気だから、どっと勢いで視聴するのがアリなのかも。

(゚ー゚)。○ ( あと、露骨なイヤホンズプッシュwwwネタ細か過ぎwww


政宗くんのリベンジ

(゚∀゚)< BLかと思ったけど、全然普通のラブコメだった!(ぉ

主人公の政宗君は、結構ゲスでアホい性格しているのだけれども、

基本的に容姿・学力等は、努力で獲得している所は好感度高い。

加えて、リベンジ果たす為に名前まで代えるとか、最早感心するレベルw

藤ノ宮さんが出てきた辺りのシナリオは、見せ方は結構上手かった感じだけど、

オチが普通に病弱って流れだったのは、悪い意味で意外だったかなと。

ラストに向けて、偽者をどう処理するか、残虐姫はどう処理するのか。

これの良し悪し次第で、評価が大きく変わるかなぁ・・・


幼女戦記

(゚д゚)< ようじょしぇんき!(何

序盤はかなり尖がってる。碧ちゃん超腹黒いし。なんでかな?(ぉ

デグさんのキャラの目新しさで、最初の4話はほんと面白い。

(゚ー゚)。○ ( デグさんの入れ知恵でどんどん戦局が変わるし・・・w

存在Xが、どう見てもかまってちゃんな所も、メタ的な意味で面白い感じ。(ぇ

かぶりつきでずっと見ていたわけだけど、終盤戦にかけて大分失速してるなぁ・・・

贅沢な事を言うと、地味な印象を受けるというか?w(ぉ

ライバルキャラのオッサンも登場して、ストーリーがどう動くのか。

(゚д゚)< じっくり、腹黒い描写でお願いしたい(ぇ


青の祓魔師 京都不浄王篇

(゚д゚)< すっごい懐かしい!って、あながち間違いでも無いのか・・・w

2012年に1期をやっているから、もう5年近く前になる。

(゚ー゚)。○ ( そりゃ、設定忘れてるよなぁ・・・w

思い出し思い出し、視聴していくのが得策やね。(ぉ

まずは静かな滑り出しと言ったところで、基本原作を崩さない形か。

正直コメントするような事は・・・ない。(ぁ

(゚ー゚)。○ ( 強いて言うなら・・・お父ちゃんの声・・・しかたないか。


昭和元禄落語心中

(゚д゚)< 期待の2期開始!(ぉ

舞台背景が大分現代に近くなり、1期とは色々と異なる状況となる。

与太ちゃんがかなり苦労する展開となりそうで、いろいろとモヤモヤしますね。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( しかしあの子供、誰の子供なのかなぁ・・・(何


風夏

(゚д゚)< ほほう。CMの煽りに偽りなしか。(ぉ

正に王道のラブコメ。誰にも異論は無いはず。

視聴した4話までの展開が非常に綺麗。見事なトライアングル。

風夏を暴力系ヒロインとして、下げ気味に紹介した後、じわじわと魅力を出す。

片や、アイドルたまちゃんを描写し、幼馴染という強力な設定とともに正妻と戦う。

この手の作品だとバランスが難しくて、

どっちかのヒロインに偏った展開になってしまいがちだけど、

この作品では見事なバランスで、どちらにも勝機がありそうだという・・・w

加えて、バンド活動の青春感も相まって最強に見える。(ぉ

後は、主人公が下手を売ってぐだらせなければ、確実に良作になる確信がある。(ぉ

(゚д゚)< 根性見せてくれよな!(ぉ


鬼平

 |-゚)っ[時代劇]

アニメのテンプレをだいぶ崩してる感じ。良くも悪くもw

1話は主人公が魅せる回にするもんだけど、

仲間の加入とその対応により、間接的に魅力を描くというトリッキーさ。

話を重ねるごとに、顔キャラが増えていくのは、スタイルとしては中々Good。(ぉ

殺陣の作画に関しては・・・微妙かな・・・w

目新しい事は認めるけど、心なしか見辛い・・・w

良い意味でも、悪い意味でも時代劇。そう思えば楽しめそう。

(゚ー゚)。○ ( 気のせいだと思うけど、作画がたまに井上雄彦さんに思える。(何


・南鎌倉高校 女子自転車部

(゚∀゚)< 局所的に見られるトンデモ設定!ダメ!(ぉ

水泳部の自転車バトルもよう分からんかったけど、

ナイトライドレースの展開も訳分からん。

参加だけで大丈夫そうな実績を、無理して上位入賞狙う流れになってたり、

初レースが危ない夜だったり、

自転車部以外の初心者集めてトレインしたり、

みんなで仲良しスタートしておいて、切捨てロケットでゴール目指したり・・・

(゚д゚)< これは酷い。(素直に罵倒

これは完全に、弱ペダとろんぐらいだーずの間を取ってバランスに失敗してる印象。

(゚д゚)< ご都合主義スギィ!ろんぐらいだーずを見習え!(ぉ


けものフレンズ

(゚∀゚)< すごーい!たーのしー!(何

まさかの大穴、ダークホースw

このアニメの凄い所は(狙ったかどうかは微妙な線だけど)色んな楽しみ方ができる事。

 |-゚)っ[フレンズ、かーわいー勢]

 |-゚)っ[シュールなギャグ草生えるwww勢]

 |-゚)っ[ジャパリパーク設定考察勢]

 |-゚)っ[NHK教育テレビ勢]

 |-゚)っ[すしざんまい勢](ぇ

1話を見た段階では、ここまで発展性のあるアニメだとは予想できなかったw

(゚ー゚)。○ ( むしろ、製作陣も予想できなかったと思うが・・・w

そんな黒焦げは、考察+たーのしー勢。(ぉ

3話付近からじわじわと味が出て、継続視聴させてからの、繰り出されるIQデバフ。

考察中の思考力を下げにくるアニメ展開は、中毒性があるかもしれない・・・w

終わりが見えてきましたが、展開が読めない・・・どうなってしまうのかw

(゚∀゚)< たーのしー!


この素晴らしい世界に祝福を!2

(゚д゚)< あれ?10話しか無いのか・・・(残念

スタートの感想を書こうと思ったら、アニメが終わっていた。何を(ry

ということで、このすばに関しては総合的な感想を。

振り返ると、今期はやっぱりギャグに重きを置いたんだなと思いますね。

作画を意図的に崩して、シリアス度を下げギャグ度を上げる。

クズマさんのハーレムラブコメ描写を減らして、ギャグ描写を増やす。

1期はもう少しラブコメ的なノリがあった気がするのですが、

2期はあえて減らしてると思われるぐらいに減っていますね。

(゚ー゚)。○ ( 各ヒロインはもう少しエロ可愛かったよね。ただしアクアは除く。(ぉ

まぁ、ギャグに全振りしてぶち抜いてる分、馬鹿馬鹿しくて楽しかったのは間違いない。

ただ、これは好みがあるし、一長一短だとも思うわけで・・・w

何だか最後は、戦闘作画を良くして、イイハナシダナーだった感を出して逃げ切るという、

浅はかだけど賢明な判断、黒焦げは嫌いじゃないです。(ぉ

(゚д゚)< 酷いアニメだった!(褒め言葉

 

 

本日はここまで。

お粗末様でした。

2016年!秋アニメ最終回ラッシュ! その7

アニメ

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2016年!秋アニメ最終回ラッシュ!~黒焦げ!ユーフォニアム~]

 

本日で去年分はラスト。

それでは張り切って言って見ましょう。

ネタバレに注意してお進みくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


SHOW BY ROCK!!

(゚ー゚)。○ ( 大人の事情なのだろうか・・・(ぉ

全体の構成がとても雑で、取って付けたというか、無理やり作ったと言うか・・・。

大人の事情が満載だったのでは?と邪推する位には微妙な感じでしたね。

新曲を売り出したい、新キャラを宣伝したい、ないし、ソシャゲ宣伝したい。

そんな思いが若干垣間見れた気がします。はい、エスパーです。(ぇ

何というか、1期のポリシー的なものが感じられなくなっていて、とても残念という。

1期は、楽曲、3D2頭身マスコットバトル、ストーリーが良いバランスで混じってた。

黒焦げ的には、そこに新鮮味を感じたし、そこが面白くて楽しく見れた節がある。

そこに来て、バトルシーンは減ったし、ストーリー構成もかなり乱雑。

(゚ー゚)。○ ( 特に最初のシアン召喚の件、適当すぎて草も生えん・・・(ぉ

1期の終わりを考えると、2期自体が無理筋ってのは分かるけど、

もう少し気の利いた方法でやらないと、どうにも白けてしまうよ・・・w

(゚ー゚)。○ ( 3期があるとして、またシアン輸送ロボでたらほんとクソだよなぁw


魔法少女育成計画

(゚д゚)< 赤点。もう少し頑張りましょう。(ぇ

まぁ、良い点は結構ある。

展開にかなりエッジが効いているのは確か。

(゚ー゚)。○ ( 魔法少女がばったばった死んで行くのは、確かに刺激的ではあるw

そして、所々混ざるメタイ笑いをとりに来るところも、さほど嫌いじゃないw

(゚ー゚)。○ ( 魔法のコンパクトでテクマクするのは、歳がばれそうな?w

ただ、そう言う所をネタとして楽しめただけで、

女の子がバトルロワイヤルしただけで終わってしまったのが解せぬ。(ぉ

魔法少女設定は、序盤に視聴者からの悪意ヘイトを溜めるのには一役買ったけど、

それ以降、上手く効いたところが無いのが非常に残念。

特に最後は、何か魔法少女的なオチを期待していただけに、

2人は何とか生き残りました、じゃ、肩透かし過ぎると言うか・・・・

特に白雪さんは、ほぼ何にもしてなくて(記憶に無いw)、

泣いたり笑ったりしただけのイメージしかない・・・w

(゚ー゚)。○ ( もう少し、活躍しよ?ね?(何

あと気になったのは、強敵の雑な殺傷方法w

爆聴能力持ちの森の人が不意打ちで大穴開いたり、

メアリおばさんがシュリケーンが刺さって死んだりw

アリスちゃんも、集中できなくて変身できないって、そんなのあるかよw

(゚ー゚)。○ ( 結構な重症を追ってる人が結構動いてるしね・・・w

インパクトはあって、ネタとしては楽しめたけど、質は良くなかった感じかなぁ、と。


文豪ストレイドッグス

(゚д゚)< 審議!(ぉ

流れは整えていたけど、武装探偵社とボートマフィアが手を組む展開は、無理が・・・

(゚ー゚)。○ ( 1期であれだけ対立煽っておいて・・・w

最後の共同作業ダブルパンチをやりたいが為に、結構強引にレール引いた感があるw(ぉ

そもそも、人間失格さんが”なぜか”裏方に徹しているけど、

あの人が出てくれば、もう少し展開楽なんですがそれは。

あの人の挙動は、結構無駄があるように思えて、好感持てないんだよなぁ・・・w

2期を一通り見た感じだと、最初の回想過去話が最高だった。(ぉ

前半が最高だっただけに、後半は物足りなかった。(ぇ

主人公も段々と強くなってきてるし、話もそこそこ面白いし、

無事売り上げも上がっているようで、なりよりです。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( この調子なら3期確定かな・・・w


Lostorage incited WIXOSS

(゚д゚)< あ!これダメなやつだ!(直球

凄いこれ。迸るハッピーエンド風のバットエンド。レベル高い。(ぉ

ストーリーはひたすら女の子達が不幸になっていくもので、見ていてイライラする。

(゚ー゚)。○ ( しかも、葛藤を装った間延びしてるし、ほんとグダグダなんだが・・・

最後のラストバトル後、なんか良い風に終わったけど、何も解決していない・・・

完全に2期に丸投げするスタイル。

しかし、1期爆死の雰囲気で、2期は怪しいまである・・・。

そもそも、ゲームのルールがばがば過ぎる。遊戯王でもこんなの中々ない。

 |-゚)っ[強制攻撃スキルを、地面を狙ってタゲをそらすw]

 |-゚)っ[地面の攻撃で床が破壊され、敵のダイレクトアタックを回避w]

 |-゚)っ[バトル中に外野から切り札のコインを貰うw]

こんな古のTRPG見たいなルールありだったら、絶対里見に負けんわw

つーか里見と何でまともにバトルしてるのかも謎というね。

あんな怪しいバイトを女子高生にさせてたら、即御用ですってwww

里見は戦わずして豚箱に送るべき。そうすればみんな幸せ。

(゚д゚)< リルグは人間界の法を舐め過ぎだとおもうよ?(ぉ

このクソみたいなアニメ、さらっと2期が通知されました。

(゚д゚)< これは0話切り待ったなしですわ・・・(ぁ


・ブレイブウイッチーズ

(゚∀゚)< ぱんつもそろそろ見慣れてきたよね!(ぇ

ぱんつは兎も角、最後まで安定した展開、恐れ入ります・・・w

特にシナリオが脳筋熱いwとにかくブレイブに溢れるwww(ぉ

主人公のひかりちゃんを含め、どいつもこいつも血の気が多くて、

正にブレイブの名に偽り無しという・・・w

おじさんの杞憂としては、被弾で致命傷にならないかとひやひやしてますが、

まぁ、作風的に無傷なんでしょうねw戦争なのに平和だw

しかし、伏線の張り方はわざとらしかったですが、銃のお守りはいいぞ。(何

 |-゚)っ[銃のお守りが無ければ危ないところだった]

 |-゚)っ[銃に入ってた1発の弾丸が勝負を決めた]

(゚д゚)< あざとスギィ!!!!www

まぁでも、このくらい分かりやすい方が良い事もある。何事もバランス。(ぇ

初めて見る502のメンバーですが、キャラのエピソードも美しい。(ぉ

ひかりちゃんの成長物語もしっかり描ききれている。(ぉ

ラストはみんなで奮闘して大勝利!(ぉ

これだけ分かりやすく面白ければ、良いアニメになりますよね?(何

放送スケジュールは物議を醸しだしましたが、まぁ忘れます。(ぇ

(゚∀゚)< ということで!ブレイブ~、ウイッチーズ!(ぁ


フリップフラッパーズ

(゚∀゚)< 意 識 高 い ! w w w

最後を盛大に盛り上げれば、何だか良いアニメに見える法則。あると思います。(ぉ

何というか、やりたい放題やりきったのは良く伝わったw

ギリギリリスペクトと取れなくも無いパロとか、

過去の敵が総登場する戦隊的なノリとか、

分かるか分かんないか、ちょっと分かんない寄りの不思議設定とかw

各所に原石が眠っている感じはするのに、その魅力が100%伝わっていない感なw

その辺りが上手く言語化できないために、口コミでの伝聞が厳しい。(ぉ

結果として「なんか不思議と魅力があったけど意味分からん」と言う意見となると予想。

(゚ー゚)。○ ( ちょっと勿体無い気がするなぁ・・・w

ただ、この路線は昔のアニメでたまにあって、それのリスペクトとも感じます。

雰囲気良いでしょ?ヌルヌル動く作画動くでしょ?最高でしょ?といったアニメですね。

そういう”意識高い系アニメ”って、今の世の中受けるんですかね・・・?w

(゚ー゚)。○ ( 誰の為のアニメか・・・?w(ぉ


響け!ユーフォニアム

(゚д゚)< 良いアニメだ!感動した!(直球

1期2期と続きましたユーフォですが、2期は特に隙無く面白かったですね。

何をとっても、ストーリーを展開する順番がとても上手い。

久美子ちゃんは吹奏楽部の問題を、1つ1つ展開していくのですが、

それが冷めるか冷めないかの絶妙な間で、次の事件が爆発する・・・w

何の職人なのかと思うぐらい、飽きさせない展開がスバラです。(ぉ

特にお姉ちゃんとあすか先輩の対比は良く出来ていて、

久美子ちゃんが号泣しながらあすか先輩を説得するシーンは、作中屈指の完成度です。

かたや育まれる、麗奈ちゃんとの熱いYUJYOU。(ぉ

1期・2期と、怪しい?友情関係を育んできた2人ですが、

この2人の、持ちつ持たれつな関係と成長過程が、ほんと尊い。(ぇ

最後の語らいでは、ドストレートに本音でどつきあう仲にまで進展し、

視聴者層としては、感慨深い限りですよねw

久美子ちゃんを中心に展開する2つの人間ドラマが、見事な螺旋を描いて合体して、

ラストのストーリーを見事に纏める。これこそお見事と言えるのではと。

そして勿論、ストーリーを強く支える楽曲と、京アニの鬼作画も忘れてはならないw

要所要所でピンポイントで使われる楽曲は、どれも効果的で素晴らしいし、

作画は良過ぎて困る事は無い、と言わんばかりのキチクオリティの作画は見事。

(゚д゚)< ストーリー、楽曲、作画、これらが合わさって最強に見える。(ぁ

(゚д゚)< 良いアニメじゃった。(ぁ

 

 

 

 

以上です!お疲れ様でした。

気付けばもう3月も半ば。冬アニメが終わってしまう・・・w

流石に間延びし過ぎなので、次の感想の完走を急がねば・・・w

 

それでは、またの機会に。

お粗末様でした。

2016年!秋アニメ最終回ラッシュ! その6

アニメ

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2016年!秋アニメ最終回ラッシュ!~黒焦少女まとい~]

 

花粉吹きすさび、春の訪れが感じられますが、

黒焦げの中ではもう少しだけ秋が続きますw

 

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

装神少女まとい

(゚ー゚)。○ ( チャレンジよりも、まといを見習って欲しい。(何

無理をしないジャンプ、綺麗な着地。ゆまちによる余裕の決めポーズ。(ぉ

総集編(笑)を残しての余裕の完走。他も見習うべきです。

ふたを開けてみれば、ボス不在という珍しい展開ですが、

このアニメで主軸においている友情と家族愛というシナリオに沿った構成から、

”不要”だと、そぎ落とした結果なのではと思えますね。

10年前の天災から始まる家族の、家族愛は、

父親の涙と、母娘の力によって、家族のみならず世界も救うと。(ぉ

この辺り、パパさんの描写も、といちゃんの描写も、

かなり丁寧に尺を使って描いていて、非常にGoodでした。

(゚ー゚)。○ ( 友情と家族愛。テーマをぶれずに最後までよく走った!感動した!(ぇ

ところで、男泣きするパパさんですが、気持ちは分からなく無いけど・・・w

もう少し踏ん張って欲しかった気もします。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( もう少し力強く送り出すと言うか・・・w

(゚ー゚)。○( カレー作って待ってるぞ、ぐらいやってくれても構わないのだぜ?(ぇ

神様をモチーフにする上で、高次元・多次元のよくあるSF設定を、

くどくない程度に混ぜ合わせて、程よく仕上げた手腕は中々のもの。(ぉ

(゚д゚)< 次元の数が神格に対応する設定は分かりやすいよね!良いと思います!(ぁ

少し不満を言うのであれば、高次元空間のデザインが少し適当に感じてしまった点。

設定や法則性があったのかも知れませんが、ついぞ分かりませんでした・・・。

(゚д゚)< ただ、といちゃんの装飾品のディティールが凝っているのは良く分かる。

七支刀をベースにした草薙の剣、オーソドックスな八咫鏡な盾とかw

そんな説明は無かったけれども、伝わるのはグッドデザイン賞です。(ぉ

それと、分かりやすい天照様デザインの神様も、ミスリード無しでストレスフリー。(何

(゚ー゚)。○ ( この辺の、分かりやすい手触りに拘るのは、いい文明。(何

非常に優等生な作品でしたが、逆に言うと少し地味だったかも知れません。

まぁでも、ゆまちがうざ可愛かったので、良しとしましょう。(ぇ


ブブキ・ブランキ 星の巨人

(゚∀゚)< 最後まで、汚名返上なし、か。(ヤッパリカー

全編通して、登場キャラの一貫性が保たれておらず、

手の平クルクルサーボモーターとは、この作品の為にあると言えます。(ぉ

加えて最後の展開はクソ&イミフの連発です。

 |-゚)っ[駆けつけた仲間ブランキの魅せ場なしw]
 |-゚)っ[緑ブランキの強引な仲直りシーン。イミワカンナイ!]
 |-゚)っ[東母、実は炎帝の脳味噌に、酷いマッチポンプ]
 |-゚)っ[ラストバトルは炎帝オーブ、手足出番無しw]
 |-゚)っ[メインヒロインは礼央子様、どうしてこうなったw]
 |-゚)っ[礼央子様、記憶リセットにつき、東母との約束を果たせない模様]
 |-゚)っ[最終話に謎の主人公葛藤パート、お前そんな性格じゃないやろw]

できるだけ、面白おかしく突っ込んでみましたが、如何だったろうか。(ぉ

ラストシナリオで、これだけの濃度。全編を通したらほんとヤバイ。(真顔

シナリオは糞だとして、ロボアニメとして期待していた訳ですが、

それも微妙だったと言わざるを得ませんね。

(゚ー゚)。○ ( オーブはモデルチェンジパワーアップすると思ってたんだがなぁ・・・

ラストシーン、ブランキの親玉は東母と旅立ちました。

(゚д゚)< もう帰ってこなくて良いですよー!(ぇ


レガリア The Three Sacred Stars

(゚д゚)< 話題性だけには事欠かなかった、稀有な作品。(皮肉

まぁ何というか、石を投げられながらも、

(作画を含め)完走した事だけは拍手を送りたい。(同情

ただやはり、良いアニメだとは決して言えない。これは紳士に受け止めて欲しいw

女の子は確かにとても美しかったのだけれども、

それがアニメの良し悪しに直結しなかったのが、痛恨のミス。

むしろ逆に、姫様が等身大に善良過ぎて、戦いの世界観と全然マッチしない・・・。

可愛さを求める上では、あの性格付けは必然だけれども、

ロボバトルをモチーフにするなら、あの性格では上手く動いてくれないでしょう・・・

せめて、周りの大人達は、姫にもう少し厳しく当たって、甘やかすべきじゃなかった。

(゚ー゚)。○ ( というか、みんな姫様大好きすぎて、正常な判断できてないw

姫様の、ぽわぽわ平和脳は、ほんと色んな所で拙い効果が出てる。

政治的判断を問われる所で、私的感情を優先し過ぎだし、

それをやるにするにしても、もう少し屁理屈を練ってクレバーに回答して欲しかった。

レガリア(姉)を渡せと要求された時も、姉は家族です渡せません、じゃなくて、

対抗しうる軍事力をむざむざ渡して無防備になるわけにはいきません、で全力つっぱ、

裏でお姉ちゃんごめんね・・・するのが良かったと思う。(何

こんな感じで、戦争物をやる上での押さえ所を外しまくっていて、

総合的にシナリオイミワカンナイって言われてる感じか。(ぉ

深い設定ありそうなのに、抽象的表現し過ぎて伝わらない所も非常に勿体無いし、

デザインは中々カッコいいのに、ロボの魅せ方がちょっと下手なのも勿体無いし、

この積み重なるイマイチ感が・・・(^^;

(゚д゚)< 姫様が可愛いだけのアニメじゃった。


・ろんぐらいだぁず!

(゚д゚)< ロングライドはいい文明。はっきりわかんだね。

このアニメの好感が持てる点は、設定と流れにそこまで無理が無い事。

あみちゃんはズブの初心者だけれども、毎日少しづつ自転車に乗っている描写があるし、

周りが全員、自転車経験豊富だから育成計画も万全。(ただし、スパルタw

あと、時間とお金に比較的余裕がある大学生という設定も重要ですね。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 高校は時間があるが金が無い、社会人は金はあるが時間がないw

徐々に距離を伸ばし、長距離、山越え、夜間走、雨天と、次々に成長して、

あずみオータムライド160km完走時は、良くやった感が残る、良い終わりでした。

まぁ、キャラがどうにも、何処かで見たことのある性格付けなのが、

唯一のツッコミどころかもしれませんね。

(゚ー゚)。○ ( ビジュアルだけでも、けいおんに見えなくも無い・・・w

(゚д゚)< ん?唯一?ほんとうにでござるかぁ?(何

(゚д゚)< 例の作画問題と、放送延期問題だな・・・?(ぉ

(゚д゚)< もうなんだ、レガリアと並べたのは悪意があるよ。(ぇ

ろんぐらいだぁずは、総合的にかなり良い作品なのですが、

レガリアに引っ張られて、(製作元が一緒、それが影響で落としたと言われている)

ろんぐらいだぁずの作画と評判を落とした。と言われていますね。

ということで、黒焦げとしては、ろんぐらに問題は無いと考えています。(キリッ

(゚д゚)< レガリアが問題なのであって、ろんぐらは問題ない!異論は認めない!(ぉ

 

 

 

 

以上です。次でラストでしょうか。

お粗末様でした。