黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

2019年!冬アニメ!最終回ラッシュ! その5

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2019年!冬アニメ!最終回ラッシュ!~BanG Dream! Kuro Season~]

 

さて、まだまだ振り返りが終わらない、春アニメを語れない。(何

あまり深く考えず、少しずつ進めていきます。

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

デート・ア・ライブ DATE A LIVEⅢ

(゚ー゚)。○ ( あれ?意外にちょっと面白いぞ?(何

初期の頃に比べると、作画がほんとドイヒーな事になっているけど、

戦闘とか静止絵のパラパラ漫画になっているけど。(ぉ

原作の巻数が出ているだけあって、割とお話は面白い。

(゚ー゚)。○ ( うんうん、デートアライブってこんな感じだった。(何

何はともあれ、今回は折紙ちゃんメインだな。異論は認めない。(ぉ

歴史の修正力。まぁお馴染みのSF設定で、歴史改変系のお話ですな。

これが、こぢんまりとまとまってた感がある。(何

(゚д゚)< まさか、オカリンでも避けて通ったタブーに手を出すとは・・・w

5年前の出来事を大きく改変させる、浅慮で大胆不敵な士道君。

丸く収まったから良いものの、一歩間違えれば大惨事なんだよなぁw

折紙ちゃんの過去を大きく変え、問題は自分で抱えて死亡する。

おおよそ大成功だった訳だけども、折紙ちゃんも例外の枠にに入ってしまい一悶着。

これ、折紙ちゃんがメタトロンの力を手に入れるのが必然だったのか、

歴史の修正力に帳尻が合わされた形か。

ただ、元の修復不能な致命傷ではなく、改変後は修復可能な範囲であり、

士道君の主人公力も相まって、結果はまさしくハッピーウエディング。(何

(゚д゚)< ぇ?何この展開w笑かすなよw

いや、メタトロンの服装はウエディングドレスっぽかったけど、

あのBGMはどうなのwシリアスシーンなのにちょっと笑ったよw

(゚д゚)< 最終回の茶番にはあえてツッコミは入れない。(ぉ
(゚д゚)< まったく、雑なサービス回だな。ちょっと面白かったけどw(ぇ

次に続編を作る際は、話を忘れないうちにやってほしい。

間が空くと思い出すのに時間がかかるんだよね。(劇場版から目を逸らしつつ

 

・ぱすてるメモリー

(゚∀゚)< うーんwこれは茶番w(何

制作側の意図として正しいのか分からないけど、パロコメアニメだな。

色々な人気作品をパロって混ぜこぜにして、良く分からない形で仕上がってる。

往年の人気作品に造詣が深い場合にのみ、ギリギリ楽しめる感じ。

普通の人はカオス過ぎてついて行けないと思う。

販促の為の最低条件だったのか、登場する主人公側のキャラが多い。

そしてこれを、制作側も視聴者側も処理しきれない。(ぉ

キャラの深掘り回があったとは言え、あの人数だと1週が関の山。

キャラを覚える前に最終回になってしまった。

むしろ、毎回登場する女幹部摩耶さんの方が印象に残っていると言う・・・w

(゚д゚)< 見せ場回もあって、この人が一番優遇されているまであるw

ギャグならギャグとして割り切れば良いのに、

そちらの方面へも振り切る事が出来ず、なんだか中途半端な印象。

最終回も、シリアスなのかギャグなのか、あれはどっちだったんだろうか?(何

途中の作画も溶けていて、可愛い女の子を売るにしては、ちょっと酷かった。

(゚д゚)< 結論として、一番評価できるのはOPとEDと言う事になる。(ぉ

特にEDは、尻から太ももへの愛が感じられる変態紳士な仕上がり。

明らかに方向性が間違っているとも思うけれどもw

しかし、円盤の発売停止といい、なんか微妙な作品となってしまった。

(゚ー゚)。○ ( ご愁傷様です・・・。(何

 

・風が強く吹いている

(゚д゚)< 渋いアニメだったな。(何

駅伝と言う「単純に走るスポーツ」に寄り添う形で描かれる、若い選手達の物語。

それぞれに色々な葛藤を抱えながら、それぞれの走る意味を探しながら、

箱根の頂きを目指して共に駆け抜ける。

走る描写に関しては何も大げさな所はなく、

それはアニメ演出を含めてとても地味な、渋い仕上がりとなっている。

ただそれが逆に「長距離を走る」と言う題材にリアリティを与える形になっている。

しかも、全体として地味に仕上げたからこそ、

走君と灰二君の襷を引き継ぐシーンが際立って見えた。(ぉ

 |-゚)っ[流星の様に走る走と、太陽の様に光輝く灰二]

二人の苦悩する若者が迎える物語の到達点としては、

中々に綺麗な結末だったのでは?と思う次第であります。(何

2期分の、長めの尺を取っただけあり、各キャラクターの物語が存分に描写されて、

とても見ごたえのある仕上がり。

登場する10人のメイン選手以外にも、各々見せ場と魅力のあるキャラが揃ってる。

ジックリ腰を据えて楽しめるアニメだったように思います。

(゚ー゚)。○ ( しかし、凄い後味が爽やかだなぁw
(゚ー゚)。○ ( でもまぁ、スポーツアニメはこうあるべきだよねw

 

火ノ丸相撲

(゚ー゚)。○ ( うーん、この・・・。(何

やっぱり、最大の失敗はキャラデザだな。これは致命的だった。

火ノ丸がイケメン過ぎるんだよ。こればっかりは最後まで違和感が抜けなかった。

火ノ丸相撲は、終始展開される泥臭い魅力が肝。

それの権化たる火ノ丸は、やっぱり厳つい顔つきが良い。(ぉ

しかも、イケメンにした弊害で、思ったよりも童顔化してしまい、

格好良さにマイナス補正がかかってしまうと言うね・・・。

(゚ー゚)。○ ( 決まり手顔の時は、原作の火ノ丸顔になるの、ホント苦肉の策過ぎるw
(゚ー゚)。○ ( よっぽど不評だったんだろうなぁw

そして、2期の枠に収める為か、各所描写をカットし過ぎ問題。

流石にラストの団体戦関係はフルでやったけど、

序盤やラストの追出し相撲を端折ったのはいただけない。流石にガッカリした。

(゚ー゚)。○ ( みたいシーンが沢山あったのになぁ。残念過ぎる。(何

あとは、相撲描写だな。よくあそこまで劣化させたものだ。

原作の方はドチャクソ格好良くて熱いのに、どうしてこうなったし・・・。

(゚д゚)< それもこれも、決まり手描写の手抜きが原因だと思っている。(ぉ

流石に終盤は改善されてたけど、それ以外の決まり手シーンの演出が希薄過ぎる。

監督なんて、あそこしか見せ場無いのに、何あの描写・・・。

(゚д゚)< 手抜きかよ!ふざけんなよ!(怒

これはあれかなぁ。制作側が火ノ丸相撲の魅力を分かって無かったのかな。

そうじゃなければ、あんなキャラデザにはならんし、重要なシーンをカットしないし、

(゚д゚)< 最大の見せ場を疎かにしたりしないよね。(力説

アニメを見て、少しでも火ノ丸相撲が面白いかな?と思ったら、

原作漫画を見るべきだと思う。

(゚∀゚)< そっちのほうが10倍は面白いよ!(ぇ

 

BanG Dream! 2nd Season

(゚д゚)< あれ、かなり良かったんじゃないか?(高評価

最後にかけてのまとまりと言うか、見せ方がとても良かった。

正直な所、学園祭ライブは何事もなく終わると予想していたので、

あそこで一波起きたのは不意打ちだった。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( せいぜい、中盤のポピパの見せ所位にしか思ってなかったからねw

ロゼリアが繋いで、無事間に合ったー、からのフェイントで・・・。

ほんとこれは性格悪いw

おたえちゃんがさめざめ泣いてるの、ホント心臓に苦し。

中盤の印象づけとしては最強クラスに悪どいと思うんです。(褒言葉

そして、

 |-゚)っ[ポピパ脱退分裂の危機]
 |-゚)っ[一身にヘイトを集めるチュチュのムーブ]
 |-゚)っ[レイナちゃんとおたえちゃんの過去]
 |-゚)っ[ポピパメンバーの葛藤]

この辺りのじっくりとした展開も相まって、

結びとしての「Returns」が最高に映える映えるw

(゚д゚)< おたえちゃん、そこで歌うの最高にロックですよw(何

この辺りの展開を最終回一つ手前までで終わらせて置いて、

最終回はバンドリ出演者全員によるライブで〆。

ポピパの主催ライブは無事成功。各バンドの新曲披露も無事成功。

実益(笑)も兼ねたベストな最終回だったんじゃないかなと思うんですよ?w(何

来年1月に3期も決定していて、

その伏線としてチュチュを最後に持ってくるのも忘れない。

ロックちゃんのお話もまだ控えてるし、3期は確実にこの辺りが展開するだろうねw

サンジゲン制作のもと、作画に割くリソースを物語に向ける事が出来た為か、

1期よりも全体的なクオリティが向上したように思います。

(゚ー゚)。○ ( ライブよし、日常よし、後半よし。とても安定して楽しめたよねw

3DCGに好みはあると思いますが、

このクオリティが出せるのであれば、黒焦げは大歓迎です。

(゚д゚)< 3期の制作も楽しみにしております!この調子で頑張ってください!(ぉ

 

 

 

 

はい。本日はこの辺りでお開きとしましょう。

それではまた次回。お粗末様でした。

 

2019年!冬アニメ!最終回ラッシュ! その4

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2019年!冬アニメ!最終回ラッシュ!~S.A.O クロコゼーション~]

 

さて、今週も冬アニメの最終回を振り返りたいと思います。

それでは、ネタバレに注意してお進みください。 

 

 

 

 

 

 

3D彼女 リアルガール

(゚д゚)< そうやって最後ありきでお話作るから、すぐ矛盾発生するぅー!(何

まず最初にツッコミたいのは、綾戸さん。

最後の最後でバツイチ設定絶対いらんやんw

矢継ぎ早に行われる2つの結婚式に出たり出なかったり・・・。

視聴者が混乱するだけでシナリオに何の影響も与えてないし、完全に蛇足w

(゚ー゚)。○ ( 普通に伊藤君とくっつけば良いだろwなんでこうしたしw

もしかすると、原作側では大人編があったりして、それをカットでもしたのかね?

そうであったにしても、やっぱりバツイチ設定はいらんし、フォローできんけどw

そして最も大きな違和感・・・。

(゚д゚)< 7年間ずっと連絡とってなかったんかい!w

そもそも、脳腫瘍の手術で死亡率が高そうで、聞きにくのは分かる。

けど、あれ程の分かれをしておいて、

術後の結果を全く共有しないのは、関係者各位、人としてどうなのよ?(ぉ

つっつんてば色葉ちゃんが死ぬって決めつけてるし、その後アクションしていない。

これはこれで諦め早すぎて、愛する恋人に対して失礼過ぎるのでは・・・。

初期の性格のつっつんなら、確かに7年間音沙汰なしは分かるけど、

成長した大人のつっつんなら、その辺り考えにくそうなのにね。

別れのシーンも、助かる為に手術するって話なのに、2人とも死ぬ前提だし・・・。

(゚ー゚)。○ ( 視聴者(黒焦げ)と温度差あり過ぎ問題。(ぉ

そして五十嵐弟。お前さぁ・・・。

(゚д゚)< いい歳して関係者に連絡入れてないとか・・・。さいてーだな。(辛辣

姉さんの記憶のことはどうであれ、生きている事ぐらい伝えるべきだろうよ。

自分の恋愛感情を優先して、姉の生死を知り合いに報告しないとか、

(゚д゚)< お前が嫌われてるのそう言う所だからな?(ぉ

こんな感じで、1期も2期も、ちょくちょくクソみたいなムーブするキャラが多い。

 |-゚)っ[五十嵐弟、筒井父、そして高梨](何

おい高梨。お前が1期でクソムーブしたの全然忘れてないし、

2期でも石野さんに対して相当失礼だった事も忘れないからな?(ぉ

黒焦げとしては、キャラの割当・役割と、ストーリーの順番・構成が悪いと思ってる。

高梨を主要キャラとして使うんだったら、一旦叩き落としてから上げないとダメだし、

綾戸さんを必要以上に物語として虐めるのも✕。

病弱伏線の貼り方もいまいち。

脳腫瘍、記憶系の病気なら、健忘的な描写が何回かあっても良かったのでは。

(゚ー゚)。○ ( どうせフィクションなんだから、もっと大胆にだね。(何

なんだろうね、材料は普通のものを集めたけど、下ごしらえを疎かにして、

なんだかイマイチの料理が出来た、的な?(ぇ

(゚д゚)< そして 作画 テメーはもっとダメだ。(何

 

・グリムノーツ The Animation

(゚ー゚)。○ ( 後半、化けの皮が剥がれたな・・・(何

色々な童話を題材にしているだけに、ストーリー重視のお話を構成する必要がある。

けれども、どうにも全体的に質が悪い。(直球

原作をほぼリスペクトせずに、適当に掻き回して終わる展開が大多数で、

何の意味も含みもない。

一応「白紙の本を持つキャラ達の葛藤」と言う筋はあるにしろ、

それに合った童話をチョイスしていないから、噛み合わせが悪い。

敵方も「思考は分かるが、なぜ手段がそうなったし。」的なツッコミしか浮かばない。

何か重大な過去があったのだとは思う。

けど、そこに尺を割いていない訳で、視聴者はまったくわからんちんですよ。(ぉ

ラストバトルも結構酷いもの。

(゚д゚)< アラジンオルタ、そんなに強いの?ランプの精じゃないのに?(ぁ

ラスボスだから勝手に強くなる、強くしてしまえ!じゃぁ、ダメだろうに・・・。

そして満を持して登場したグリムさん。

何がどうなったかは決して説明しないスタイル。考えるな、感じろ。

(゚ー゚)。○ ( あー、そーゆーことね、完全に理解した。(何

アニメがこのクオリティだと、ゲームのシナリオにもケチが付いてしまうのでは。

もう一回言うけど、童話が題材なのに、ストーリーがイマイチじゃ話にならない。

(゚д゚)< その辺り、もう一度よく考えて出直して欲しい。(何

 

バミューダトライアングル ~カラフル・パストラーレ~

(゚ー゚)。○ ( 演技と世界観と、不思議なイントネーションがあったね。(何

大体の物理法則は、人魚のファンタジーって事で割り切るとして。

ある種、世界観としてはかなり作り込まれてる感じはある。(ぉ

シナリオの見せ所でも、世界観にちなんだ綺麗な描写が多かったし、普通に好感触。

人魚を意識してのキャラデザなのか、お目々が非常に特徴的。ちょっと斬新w

日常系の仲良しグループテンプレートを、人魚でアレンジして、

世界観とハートフルストーリーで魅せる感じ。

(゚ー゚)。○ ( 鰯雲のライトアップは名シーンだと思う。(ぁ

でもまぁ、話の展開はオーソドックスが過ぎるから、

(゚д゚)< ふむふむ、やっぱりそうなるよねー、感は結構ある。(何

ラストのみんなで歌う所は、話が読めてしまったしねw

でも、歌手?アイドル?デビューまで行っちゃうとは思わなかったけどw

日常系の枠で考えるなら、まぁ充分な出来かもしれないけど、

黒焦げとしてはちょっと物足りなかった。

もう少しだけギャグ増しでやってもらうと、いい塩梅だったかなぁ。(何

まぁ、各所でひじき推しするシュールさは、笑えない事もなかったけどねw(ぉ

 

・W'z《ウィズ》

(゚д゚)< 悲劇が酷すぎて、喜劇だなこれは。(何

ミドリ社長の過去、ホント酷い。2重の意味で。

あそこまでクソ親父なのもさる事ながら、

負傷ミドリ君によく分からんまま引き金引かせせるなよ・・・(呆

そして大体の流れで、

戦う前にちょっと意思疎通すれば円満解決する内容ばかりなのが笑うw

戦闘描写に力を入れたいから、無理筋で戦わせているようにしか見えなくて、

こうなるならいっその事PVでも良いんじゃと思うレベル。

主人公の能力もチート過ぎてバランスが取れていない。(ぉ

シナリオと戦闘のバランスも取れていない。(何

(゚д゚)< うーん、下手くそかな?(暴言

せっかくここまで戦闘作画を仕上げてるから、

もう少し流れの良いシナリオを張ってもらえれば満足なのにね・・・。

(゚ー゚)。○ ( ほんと、平均点を下げる構成は萎えるよ・・・。

まぁ、1期があれだったし、案の定の2期とも取れる。

ある意味では、期待は裏切られてないな。(何

 

不機嫌なモノノケ庵

(゚ー゚)。○ ( 予想以上に不穏な着地のさせ方やな・・・w(ぉ

割とほのぼのとした話が多かっただけに、花繪君の親が妖怪の退治師で、

しかも本人に取り付いているとか、奇抜な事になってきたな。

取り付いている理由はなんとなく察せるけど、

妖怪に対する有り余る悪意は、一体どこから来ているのか。

あの優しそうなお母さんの夫になる位だから、単純なキチガイって訳でもないはず。

(゚ー゚)。○ ( 何か深い理由が・・・あるんだよね?(何

そして、外見的特徴が安倍さんに似ていると言う所も、なんかもう一山ありそう。

まさかの腹違いの兄弟、とかだったらウケるけど、まぁ流石にないかw

花繪君、妖怪が見えるだけじゃなくて、対妖怪スキルも身に着けてきた。

なんだか、若干不穏な雰囲気が流れてるんだよね。(何

(゚∀゚)< 永遠とほのぼの路線だと思ってたから、ちょっと意外だよ!(ぉ

黒焦げとしては、このまま変に崩さずに、この話をクローズして欲しい所。

(゚ー゚)。○ ( まぁでもその話は3期になるのかね。いつになることやら・・・w(ぉ

 

ソードアート・オンライン アリシゼーション

(゚ー゚)。○ ( 話の区切りは良いはずなのに、中途半端でもあると言う謎ラストw

とりあえず、お話も制作も一息ついた、って事にして置きましょうw(何

最後に向けての畳み掛ける様な急展開、

なんならちょっと忙しいぐらいに感じるスピード感。

変態ウィッカーマンや、ソードゴーレム、そしてラスボスと、

強敵感を出しながらも、戦闘での尺が短いのでサクサクと次へ進むw

黒焦げとしては、もう少しジックリ切り結んで貰っても良かったのですが・・・w

まぁ、許容できるレベルかな?w(何

(゚ー゚)。○ ( ドラゴンボールだったら1ボス1話使うレベルだよね・・・w

最後の展開は中々どうして。

命を賭したユージオ選手の協力による、きりりん氏のアインクラッド二刀流。

(゚ー゚)。○ ( これは無駄に熱い展開だ・・・w

ラスボスに金属の刃は効かないと言う伏線も、思いの外スマートに解決。

そういやキリトくんの黒い剣は実は木刀だし、

赤い青薔薇の剣はユージオ君の血だし、両方共金属判定じゃなかったのだねw

そしてここに来て、ホント満を持して、キリト君の二刀流はズルいw

(゚ー゚)。○ ( 作者さん、分かってやってるもんなぁwにくいねw(何

キリト君の二刀流が有利に効いたのは、アンダーワールドに存在しない、

アインクラッドにしか存在しないユニークスキルだったから、

アドミンちゃんも不意を突かれた、って事なのだろうね。

(゚ー゚)。○ ( こう言うメタい設定絡めるの、黒焦げは大好きです。ありがとう。(何

と言うか、ユージオ君、普通に天命を全うしてしまった・・・?

もしかしてもう出番ない?まじで?嘘やろ・・・?(動揺

キリト君には嫁がおるし、アリスちゃんの面倒は誰が見るんや・・・

(ノ_・、) < お前の仕事やろユージオ・・・。(何

流石も流石、正しく気合と手の込んだ作品だったと思います。

純粋に熱中して見れる作品、とても素晴らしいですね。(ぉ

(゚∀゚)< 覇権アニメはこうでなくっちゃ。(何

ラストカットで、

何故か(笑)軍事侵攻を受けてる謎展開とか、

とうとうアンダーワールドに嫁アスナが登場するのか?とか、

色々とぶち込みまくるのも、挑戦的で良し。(ぇ

はてさて、一体ぜんたいどうなってしまうのか。10月の続きが楽しみですね。

(゚д゚)< 期待してお待ちしております!(ぉ

 

 

 

さて、本日はここまでといたしましょう。

お粗末様でした。

バルバトス狩りじゃぁ! ~FGO~

今晩は、黒焦げです。元気です。

ゲームです。

 

 |-゚)っ[FGO レディ・ライネスの事件簿]

news.fate-go.jp

 

GWでプレイしなさいと言わんばかりのスケジュールで行われている本イベント。

黒焦げとしても一通りプレイしたので感想を少し。

 

 

まずはこの人。

 

f:id:kuro-koge:20190507000051p:plain

(゚д゚)< アルトリア顔のアサシン!グレイ実装!(ぉ

※ただしギャグ時空は無視できるとする

 

この子、スキル育成に骨を食う以外は、非常に優秀ですね。

宝具で全体ダメージ、Q3のコマンドカードで星出しと、

微弱ながらNPチャージと無敵持ち、2種の攻撃バフもある。

ジェネリック乳上(殺)というのがしっくり来る性能。

イベ特攻でダメージが上がっているとは言え、

今でもお世話になっているスカサハ師匠に迫る勢いですね。

(゚ー゚)。○ ( ほーいいじゃないか、こういうのでいいんだよ、こういうので。(何

 

 

と、前置きはここまでにして。(ぉ

 

f:id:kuro-koge:20190507001321p:plain

(゚д゚)< バルバトス狩りじゃぁ!w

 

今回のイベントシナリオの構成として、

過去のロンドンに関係する内容を絡めて進む形でした。

まぁね、その関係者だった魔神柱のぉ・・・?

 

 |-゚)っ[伝説のイベント バルバトス制圧戦(レイド)の復刻]

 

新規さんは知らないかも。

今のFGOの盛り上がりを作ったとも言える伝説のレイドイベント、

終局特異点ソロモンの年末レイドのプチ復刻。

しかも、ドロップ素材が旨すぎたため、最速でしばき倒されたバルバトスの復刻w

今回のドロップも非常に旨く、周回難易度としても低め。

(゚ー゚)。○ ( バスター宝具術アタッカーが居れば、ほぼ1ターンキル可能ってw

しかも、1晩も持たなかった前回違い、今回は充分な在庫があり、

結構な人が魔神柱の収穫に勤しめたのではないのでしょうか?(ぇ

(゚∀゚)< 人類悪と化したマスターによる、仁義なき魔神柱刈りが始まるッ!(ぇ

 

とまぁ、システム面とイベント内容については、結構満足の出来でした。

テキストシナリオ中でも、専用スチルあり、新しいエフェクト演出も多め。

DELiGHTどうした?と思ってしまう程度には、そこそこ進化しているとw(ぉ

 

(゚ー゚)。○ ( あとはシナリオテキストか。(何

語弊の無いように言っておきますが、シナリオ自体は良かったし、楽しめたのです。

ただ、ゲームテキストのシナリオになれていないのか、

つなげ方が甘かったり、説明不足で分かりにくかったりする所が、気になる。

これ、年末番組で事件簿のアニメの内容にも似た違和感を感じていて、

おそらくこの作者さんの作風に通じているのかもしれない。(ぉ

としたら、まぁ好みの問題でもあるので、しょうが無いのかもね。

 

前半・後半と分かれているらしい本イベント、本筋のシナリオは決着しているけど、

(゚ー゚)。○ ( これの続編でなにかするのか?(懐疑的

まぁちょっと察しているけど、この流れだと後半ギャグイベだよね?

(゚д゚)< 不安しかないwww

さて、前半戦ももうすぐ終了です。

(゚д゚)< 皆様もお忘れなきようイベントをクリアしてくださいね?

 

それではまたお会いしましょう。お粗末さまでした。

2019年!冬アニメ!最終回ラッシュ! その3

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2019年!冬アニメ!最終回ラッシュ!~クロサイコ100~]
 

さて、今週も冬アニメの最終回を振り返りたいと思います。

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

・ラディアン

(゚д゚)< うーん、これは中の中ぐらいの面白さ!(何

最後まで視聴すると分かるけど、確かにそこそこ見れるアニメだと思う。悪くはない。

シリアスパートや戦闘パートはしっかりしているし、

キャラや世界観も見やすくは出来ている。

ただ、プレーンな優等生過ぎて、昨今の日本作品郡と比較すると、

相対的に無個性に映るのは間違いない。(ぉ

長年アニメおじさんをやっていると、どこか見た事がある様な感覚に遭遇するけど、

ラディアンは殆ど全編にかけてそんな印象を受けるのだよね。(ぉ

 |-゚)っ[黒焦げ的にはブラクロと同じぐらいだと評価](何

まぁ、ジャンプの中堅漫画と同等レベルであれば、結構高めの評価ではあるかも?

このレベル感の面白さならファンも付くだろうし、

続編アニメ制作決定も、喜ばしいことでしょうな。

(゚д゚)< 2期も健闘を祈っております。(何

 

・私に天使が舞い降りた!

(゚д゚)< ストーカーをストーキングしていくスタイルw

百合姫の割には、ギャグがキレッキレでいい味出ている。鋭角に切り込む感じ。(ぇ

日常系で女の子しか出ない異空間でありつつも、

そこを無視すればギャグアニメとしてまずまず見れる。

そこへ、百合目的で見ている視聴者へのゆるい百合サービスで味付けと。(何

黒焦げとしては、松本ちゃんの存在がパンチが効いてると感じていて、

偏執的な愛情を花ちゃんに向けるみやこちゃんを、メタるやり口がとても光ってるw

そして、三者の関係性を把握しつつ、的確なコメントをするひなたちゃん。

Q.みやこちゃんと花ちゃんの関係は、どんな関係ですか?
A.あなた(松本ちゃん)とみやこちゃんの関係と一緒かな。
(゚д゚)< おまwなんでちょっとクレバーやねんw(何

最終回のAパートはやたら荘厳なミュージカルで、最終回用のサービス回の様相。

しかし、Bパートは平常運転のギャグパートで安心したw

そうそう、引きニート気味のみやこちゃんに、当たりの強い花ちゃん。

(゚д゚)< こういうのでいいんだよ、こういうので。(ぉ

今期の日常枠として、充分に満足できる出来栄えだったと思われます。

こう言う作品を1つ位は見ておいて、色々と薄めておかないと、

見るのが辛いドギツイアニメが最近多いからなぁ・・・。

(゚ー゚)。○ ( ある意味、このアニメは天使かもしれない。(何

 

・バーチャルさんはみている

(゚ー゚)。○ ( うーん、凄いアニメだったなぁ・・・。(意味深

構成としては、ショートコントをつなぎ合わせたシンプルな奴。

バーチャルグランドマザーこと、ラスボスの幸子さんと、

うんちくと通学路は、黒焦げ的に安定して面白かった様に思います。

(゚д゚)< それ以外は・・・スベリ芸としてなら・・・?(ぉ

VTuberのノリをそのままに、地上波に乗り込んできた、が全て。

それは、長所と短所を両方兼ね備えていると言えるでしょう。(何

元からのファンは充分に楽しめると思うけど、

新規視聴者はそのノリを受け入れられるかが試金石。

ギリギリショートコントとしての体は保たれているので、

ポプテピほど上質なクソアニメではないにしろ、

そっち系のコンテンツとして楽しめない事もないか、と言う感想です。

(゚ー゚)。○ ( まぁ、現代の世相を反映したコンテンツではあるよなw(ぉ

後は、これがどう受け入れらたかどうか。

分かりやすく2期決定でもすれば、色々と納得できるのですけどね。(何

 

・五等分の花嫁

(゚ー゚)。○ ( 極めて無難な感じ・・・w(何

原作が普通に続いてるし、道半ばで最終回なのは、まぁ仕方がないか。

最終回っぽく、キャンプファイヤーと未来の結婚シーンで締めたのは◯。

(゚ー゚)。○ ( 最終回だし、多少は華やかにしないとねw(ぉ

しかし、各キャラにおいてまだまだ深掘りできそうなネタを山程残している。

故に、今回のアニメ化範囲では非常に物足りないのも確か。

それこそ原作見なさいよ、って話な訳だけども、

アニメ側としてのボリュームも、もう少し欲しかったと言う話なんだよ。(何

どちらかと言うと、原作がこの量しか溜まってないのに、

アニメ化に踏み切ってしまった企画側の問題とも言えるかもしれない。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 昨今のアニメ事情が透けて見える・・・。世知辛いのじゃ。(何

アニメ放映範囲で見ると、ヒロインの勝敗予想はどんな感じだろうか。

 |-゚)っ[1三玖、2一花、大きく離れて3二乃、4五月、5四葉]

と言うのが黒焦げの見解。

ストレートに歩を進めてる三玖ちゃんと一花ちゃんに対して、

変則的に物語に絡む二乃ちゃん。

五月ちゃんのセンター補正を考慮すると、おそらくは後半追い上げ型。

そして、まだカードを切っていない四葉ちゃん。

三玖ちゃんがこのまま逃げ切るのか、ゴール直前で一花ちゃんが刺すのか?

はたまた大本命の五月ちゃんが追い上げて大逆転勝利なのか?

ダークホースである四葉ちゃんの動きはどうなるのか?

(゚д゚)< この風太郎杯を制すのは一体誰なのか?この続きは本編で!(何

 

・えんどろ〜!

(゚∀゚)< まおちゃん、突然の自棄っぱちw

姫様をたしなめた件はどうなったんだw

メイゴちゃんの事があるにしても、もう少し上手くやれただろうにw

まおちゃん突然のカミングアウト、

ノーテンユーシャちゃんのトンデモ理論、

そして謎の生物によるトンデモ解決と、

ゆるい作品じゃなかったら、よっぽどのクソアニメな展開でフィニッシュw

まぁ最終回用、つまりエンドロール用のシナリオを用意したかったのかもだが、

もうちょっと上手く作れたんじゃなかろうか・・・w(ぉ

最後こそあれだったけど、中盤は割りかし見れた気もした。

個性的な世界観やキャラクター達に沿って、ちゃんと個別エピソードもあったし。

(゚ー゚)。○ ( 意外にオリジナリティあった方なんだよねw(何

まぁでも、考えすぎると脳髄をやられるから、深入りは禁物。

適度な距離感を持って、ご視聴をお願いします。(ぉ

ゆるふわでちょっとサイコなファンタジー系日常アニメ。

(゚∀゚)< 後味は奇抜だったけど、まぁこれはこれで?(ぇ

 

モブサイコ100

(゚д゚)< まさかの伏線はブロッコリーの種w

きのこ雲の演出により、絶望感を煽っておきながら、

実は巨大ブロッコリーでしたっ!って、誰が予想できただろうか・・・w

戦闘作画の優秀さに目を奪われがちだけど、

黒焦げとしては、こう言うギャグセンスもだいぶ好き。(ぉ

そして、その筆頭でもある霊幻さん。

今回も要所要所で掻き回してくれていて、ホントナイスムーブだと思うw

ネタ要員かトリックスター要員か。出たとこ勝負で2重に活躍する。

(゚д゚)< こんな博打みたいなキャラクター、美味しすぎるやろw

そして、モブ君。

素直に優しい主人公をしてくれて、でも、ちゃんと戦って勝ってくれて。

王道の少年漫画展開を綺麗になぞってくれる感じ。

この作者さんって、ワンパンマンもそうだけど、

(゚ー゚)。○ ( しっかりと様式美を決めてくれるから、ホント安心して楽しめるw

次回作はOVAになるのか。モブサイコの方も、中々調子が良いみたい。

そう言えば、霊幻さんのスピンオフもあるらしい。

(゚д゚)< とても正しい判断です。(何

 

 

 

 

はい。今回はここまでとしましょう。

お粗末様でした。

2019年!冬アニメ!最終回ラッシュ! その2

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2019年!冬アニメ!最終回ラッシュ!~黒焦げ様は告らせたい~]

 

さて、先週に引き続き、冬アニメの最終回を振り返りたいと思います。

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

転生したらスライムだった件

(゚ー゚)。○ ( うんうん、毎週最高に楽しませて貰ったよ。(ぉ

なろう系アニメのテンプレではあるのだけれど、

特に気にならない程度にはお話の構成が良い感じ。

最後は、なんやかんやでリルムさんが俺ツエーする訳だけども、

言ってしまうと予定調和でしかないんだけど、

それを差っ引いても楽しんで見れてしまうのは、素直に感心する所ではあるw(何

ちょっと言うなら、もう少しゆっくり話を進めても良かった気がする所か。

原作小説や漫画版でのネタをもっとたくさん拾って行って、

じっくりやるスタイルでも良かったんじゃないかなって。(ぉ

まぁ、原作ストックはあるようだし、気にするレベルでは無いのだろうけども。

(゚ー゚)。○ ( ふと見回すと、ヒトガタだけど仲間はモンスターばっかりだなw

この辺りは、主人公がスライム故の必然か、

仲間になるキャラクター達がほぼ人外しか居ない件。ちょっと珍しいよね。

OPで人間に見えてたキャラも、鬼人だったり、魔王だったり、ドライアドだったり、

ここまで人外で固めてくるとは思ってなかった感じですわw(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 他の作品だったら、ヒロイン位は人間かエルフにしそうだからなw

さて、やはり大人気だったわけで、余裕綽々の2期決定。順当w

黒焦げ的には、ジャンクフード感覚で見られるなろう系アニメは好みだし、

地味に嬉しい限り。(ぉ

(゚д゚)< 2期も楽しみにしていますよ!(何

 

・明治東亰恋伽

(゚ー゚)。○ ( あれ?こんな都合のいい記憶喪失してたっけ?(ぉ

確かにそんな設定があった気がしたけど、

本人の天然ボケかと視聴者が誤認するレベルだったのも事実。(ぇ

そして、例え現代の記憶が戻ったとしても、

実際に現代に戻ると言う結論になるかと言うと、何とも言えん気がする。

人の良さそうな友達風の人に、何度も声をかけられる描写が出てきたけど、

そんなに思い入れのある出来事だったのだろうか・・・?

もう少し濃い目の戻る口実が必要だという事で、評価点は下げ補正だな。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( しっかし鴎外さん、情緒不安定過ぎないか・・・?w

別に死んでもない元恋人の生霊を見るとか、どんだけ未練たらたらなんだよw

そう言うメンヘラなキャラ設定は、太宰さんの専売特許だと思ってた。(ぉ

そして、理屈じゃねぇ!主人公の天真爛漫さに癒やされろ!って言う、

すっごい力技で終盤の問題を解決する・・・。

(゚д゚)< あっ・・・はい。(何

話も全体的に間延びしているし、話数の割にはエピソードも少ない。

うん、概ね質が悪いって言う事だと思います。(直球

雰囲気で押し切ったけど、黒焦げとしては締まらないラストに思えました。

 |-゚)っ[販促、お疲れ様でした](何

 

・同居人はひざ、時々、頭のうえ。

(゚ー゚)。○ ( 猫畜生は、動かしやすそうだなぁ・・・w(何

それが普通の猫であると言う事だけで、

理屈もヘッタクレも無く、思うがままに動いてくれる。まさに野良猫。

ストーリーを構成する上で、これはとても楽できる感じ。(ぉ

話の筋もオーソドックス。

主人公がふとしたきっかけで猫を飼う事になり、今まで気づかなかった事に気づく。

周りに居る人々だったり、自分のファンだったり、死んだ両親だったり。

特に両親絡みの話は、相応に重くなる。

(゚ー゚)。○ ( 孝行したい時に親はなしとか、そう言うやつな。(ぉ

その重い過去と、至って真面目な猫との同居生活との対比。

これがこの作品の見所にして、とても好感が持てる点だったかな。

この作品を見るにあたって、猫側心理描写パートがほんと良いアクセントになってる。

言うほど裏がある訳じゃないんだけど、若干人間側とすれ違う感じに仕上げていて、

シリアスだったり、ユーモラスな所に一役買ってる仕上がりになる。

全体的にとても見やすく、安心して楽しめる良アニメでした。

(゚д゚)< いやー、ハルちゃんはほんとにかわいいなー。(何

 

B-PROJECT~絶頂*エモーション~

(゚д゚)< 夜叉丸ぅぅ!wお前もう出張るなよ・・・w(何

2期まで引っ張っておいて、夜叉丸さんのオチがあまりにも酷くて草生えるwww

情報通の熟練Pの癖に、なぜか自分の妹の情報は全く知らないと言う謎。

そして、社長にネタ明かしされた後、散々悪態吐いて去ったのに、

最終回では良い人風吹かせてるの、ほんまお前なんなんやw

てか、最後のムーブができるなら、そもそも妹を干した奴特定できるやろw

完全に逆恨みの八つ当たりでとばっちりだった主人公ちゃん、まじで不憫ですねw

しかし最後の展開、大型ドームレベルで出演側のダブルブッキングとか、

絶対現実じゃありえんやろ。

これ、ぶっちゃけ賠償請求できるレベルで、

責任者ドロンとかでごまかされる訳ないんだよなぁ。

(゚ー゚)。○ ( あまりに荒唐無稽で、シナリオが頭に入ってこないw

現実にも則している、ライブビューイング要素を取り入れたかったのだろうが、

そこに落とし込む為に、無理やり話をこね過ぎたのは失敗だったかもね。(ぉ

まぁファンとしては、推しが美麗なダンスを踊って、

多少アニメとしてキャラが広がれば良し、なのかもね。

だから、意味不明な点がちらほら出ても、おそらくは許容範囲なんだろうね!(ぉ

(゚д゚)< うーんwお腹いっぱいですwご馳走さまでしたw(ぇ

 

ドメスティックな彼女

(゚д゚)< ちょっと少年!w若さ持て余し過ぎじゃないですかねぇw(何

大真面目に三角関係を描いているハズなんだけども、

どうしても面白すぎる展開に目が行ってしまう感じ。

作劇としては大変面白いのだけども、シリアス味まで殺してしまっていて、

ちょっとだけ勿体無い気がする。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 特に後半のキャラムーブは、ツッコミ所多過ぎてなぁw

先生と夏生君との関係のバレ方も突拍子なければ、

その後の先生のムーブもネタ盛り過ぎなんじゃないかと言うねw

教職に着いてる成人大人が、家族に内緒で蒸発できる訳ないし、

それ以前に通すべき筋は普通通すし、

いやいや、もっと良いやり方いくらでもあったでしょ感が凄くてw

(゚ー゚)。○ ( なぜあそこまで下策中の下策に走るのか、謎ですね。(ぉ

まぁこの辺り、終わってない原作とアニメとしての結末の都合だとは気づいてる。

にしても、突然文才に目覚める夏生君とか、カツラ被って待ち構える瑠衣ちゃんとか、

元極道のオネェふんどしとか、情報量多すぎて訳がわからないよw(ぉ

全体的に、恋愛衝動に駆られた言動が多いキャラクター達。

実際、年齢設定も若め(先生でさえ20代前半)だから、まぁ分からなくは無い。

それでも、先生にはもう少し大人の振る舞いをして欲しかった。

天真爛漫キャラだったとは言え、教職があそこまで愛に奔放なのはどうなのってねw

(゚∀゚)< そういうとこやぞ!日笠ァ!(違

本気で見るか、距離を置いてネタで見るか、だいぶ印象が変わるかもしれない。

黒焦げとしては後者がオススメだけど。(ぇ

おそらく、漫画本編だともう少し違うのだろうけど、

少なくともアニメはあんまり真面目に取り合わない方が楽しめる気がするw(何

 

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~

(゚д゚)< マーチン良い。OPが最高過ぎる。(ぉ

アニソン界の大型新人と言う触れ込み、ちょっと笑ったw

しかも制作側の遊び心もあったりで、かなり愛されたOPだと思うw

 |-゚)っ[OPがめ組のひとに妙にシンクロする件]

女子勢の目でピースとか、男子勢の振り付けとか、どう見てめ組です。本当n(ry

さて、OPも良かったけど、本編もかなり楽しめた。(ぉ

白銀君もかぐや様も、いい感じに拗らせてて(笑)、

それが良質のラブコメとして綺麗に成立してる。

ここに藤原書記がトリックスターとして引っ掻き回す事で、

両者の恋愛頭脳戦にアクセントが付くと。

基本的にこのメンバーで全てが完結しているから、

余計な登場人物を増やさなくても、話が綺麗に楽しめるw

最終回、かぐや様が不憫過ぎて不覚にも泣きそうになるも、

白銀君が颯爽と収めてくれるイケメンムーブ。

(゚д゚)< と・・・尊い・・・(ぇ

そして、この作品がラブコメである事を忘れさせない最後のBパートw

(゚д゚)< ん?よくよく考えると、白銀君が痛いだって・・・?痛いだって・・・?
(゚∀゚)< あっ!確かにwwwww

最後も綺麗にすれ違って、大団円の最終回。とても良いものを見せて頂きましたw(ぉ

是非とも、次のアニメ化も期待したい所ですね。

もっと大型新人様にもご活躍して欲しいですしw

(゚∀゚)< 粋な事件、起こりそうだぜ、めッ!(何

 

 

 

はい。本日はこのぐらいにして。

それではまた次回お会しましょう。

お粗末様でした。

2019年!冬アニメ!最終回ラッシュ! その1

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2019年!冬アニメ!最終回ラッシュ!~クロコゲクサ~]
 

春の訪れは、冬アニメの終わり。

皆様、最終回はご覧になっていますでしょうか?(何 

先週まで、スタートだどうのこうの言っていた黒焦げですが、

今週から瞬時に切り替えていきます。(ぉ

 

最終回の感想戦、行ってみましょうか。

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

逆転裁判 Season2

(゚ー゚)。○ ( かなり熟れて来た感があるね。(何

大昔のゲーム原作、人気作だけに今映像化してもそこそこ面白い。

やっぱり作られた時代はさほど関係は無く、面白いものは面白いよね。(ぉ

ただ、これはゲームプレイ時から感じていた事だけど、

この時点から、逆裁も流石にネタが尽きてきたんだろうなと思う。(ぉ

例えばゴドー検事の自出と動機、流石に無理がある気がするし。

まぁ、一発限りのお話で制作したゲームだったろうから、

ゲーム3作目ともなると、無い所から絞り出したんだろうなとは思うw

(゚ー゚)。○ ( 実際この後の続編は・・・お察しだしね・・・w(何

と言う勝手な想像から、アニメは本作でラストだと思っている。(ぉ

 |-゚)っ[スタッフの皆様、お疲れ様でした](ぉ

 

・revisions リヴィジョンズ

(゚ー゚)。○ ( うーん?何だこれ?(困惑

そこまで真剣に見てなかったのは認めるけど、

それを差し置いても、頭に全然話が入ってこない。

大風呂敷の割に尺が短すぎたのか、単に作るのが下手だったのか、判断に悩む所。(ぉ

なんか慶作君、ホント巻き込まれ損過ぎるよね、これ。

(゚ー゚)。○ ( 彼に対する運命の当たり、キツすぎるんじゃ・・・?w(ぉ

お母ちゃん眼の前で殺されたり、体乗っ取られてラスボスになったり、

最後は友達に殺されて、亜空間的な所で浄化って・・・。

(゚д゚)< 扱いだけ見たら、こいつ前世で一体どんな悪い事したんだレベルw

そしてミロちゃんの存在意義の無さよ。

影薄いと言うか、結局こいつ主人公チームのドラマに絡めてないよね。

ミロちゃんの存在が薄いのって、

未来人側の癖に、未来の情報を全然吐き出さないせいだよね。(何

秘匿事項とか言って、主人公チーム(および視聴者)に情報渡さないから、

話が後半になるまで全然進まないんだもの。(ぉ

唯一の救いは、大介君がちゃんと成長して主人公してくれた事。

ただ、「前半酷い」からの、「後半普通」なだけだとも言える。

(゚д゚)< つまり、不良が優しさを見せると評価される理論ね。(ぁ

続編、匂わせてるけど、まずありえないわなぁ。

(゚∀゚)< もういい・・・もう休めよ・・・(何

 

約束のネバーランド

(゚ー゚)。○ ( まぁ、脱走する所まで、一区切りだよな。

大方の予想通りの進行具合。丁度いいね。

黒焦げは、ジャンプ本誌で内容と今後の展開を把握済みと言う前提で。

そもそも、本編漫画がとても良い出来なので、

この原作でアニメしくじる方が難しいんだよなぁw(何

加えて、サスペンス風味を強める演出を各所に追加しており、

アニメ独自の良さも引き立ちつつ、手堅く良い仕上がりになった感じですな。(ぉ

そして、今後につながる情報は程々に隠して、余計な伏線をあえて落とさない。

そうする事で、脱走までの話をスッキリ見せるのに効いてきてる。

 |-゚)っ[そして、続編決定]

まぁ、当然だろうね、いい出来だったしw

(゚д゚)< 最近のジャンプ漫画の有力株。引き続き、頑張って頂きたい。(ぉ

 

けものフレンズ2

(゚д゚)< コレジャナイ・・・コレジャナイ・・・。(何

作画クオリティ、もとい3Dモデリング以外の全てにおいて、

けもフレ1から劣化していると言える。(ぉ

まず、SF考察勢は肩透かしでガッカリ。

世界観は全く広がらず、新たな情報は1つもなかった。

(゚ー゚)。○ ( 考察材料が何もない。そうだ、ケムリクサを見よう。(ぇ

次に、フレンズに癒やされたい勢。

フレンズのギスギス地獄を目の当たりにし、げんなりする。

本作に新登場するフレンズ達は、けもののはずなのに人間のエゴい部分を多く持つ。

それにより、言動に敵意あり過ぎたり、争ったり・・・。

(゚ー゚)。○ ( のけものは居ないんだよ?お前ら仲良くしろよ・・・。

そして大事な大事な、話のオチ。これが強烈に酷い。(ぉ

ラスボス戦としては地味な、コピーの大群と戦う展開。

強い強いと皆は言うけど、殆ど雑魚のように瞬殺されてるじゃん・・・。

あと、キュルルちゃんの謎行動。

ビースト(トラ)を何故か引き連れて、ビースト化を解かないまま暴れさす暴挙。

その前のイマジナリーフレンズとの会話を踏まえると、

キュルルちゃん、ジャパリまん(暗喩)でもキメたのでは?としか思えない始末。

なんやかんや敵が倒され、最後のクロージング。

なんか、かばんちゃんとサーバルちゃんに、シリアス全部持ってかれてる・・・。

(゚д゚)< キュルルとは一体何だったのか。これではまるでデス種のようだ。(ぉ

追い打ちでも一つ言わせてもらうと、キュルルちゃんの出生への説明について。

かばんちゃんの過去は、じっくり尺を取って丁寧に掘り下げたのに対し、

キュルルちゃんの過去は、Cパートで一瞬表示される絵のみ。

黒焦げの様なアニメ玄人なら、察せる所もあるが、殆どの人は気づかないのでは?

スケッチブックとサンドスターが反応して発生したキュルルちゃん、なのだろうか。

これだと、かばんちゃんの時と比べて、ジャパリパークとの関連性が薄く、

(゚∀゚)< 明らかに取ってつけた設定だと言うのが丸わかりと言うね・・・。(落胆

なんと言うか、1期のけもフレを頑張って再現してみたけど、

勘所を掴めてなくてまったく再現出来ませんでした、と言う感じに見える。

(゚д゚)< まぁ、やっぱり駄目だったか。(直球

ただね、敗戦処理とは言え、もう少し上手い事出来たと思うんやで・・・。

平成最後のタイミングで、悪い意味で歴史に名を刻んでしまったけものフレンズ

(゚ー゚)。○ ( これはヤシガニと同等に、後世に語り継がれる事案だよなぁ。(落胆

 

・ケムリクサ

(゚д゚)< いやぁ、これは、売れるよ。(何

純然たるSFとして、世界観や設定の見せ方が上手い。

単調に見せかけたストーリーラインの中に、謎のヒントを散りばめるスタイル。

(゚ー゚)。○ ( これは想像力を刺激するなぁ・・・w

例えば、中盤ぐらいまででを落ち着いて整理すると、

 |-゚)っ[彼女達姉妹は、1つ個体からケムリクサとして分離した]
 |-゚)っ[ワカバ君は水分を得たみどりから発生したケムリクサ]
 |-゚)っ[背景描写から、おそらくは日本の関東地方と予想]

など、色々と想像して判明する謎が多い。

シンプルなエンディングの中でさえ、物語では語られない変成を表していて、

しかも、最終回手前で演出にも応用する狡猾さw

(゚ー゚)。○ ( このしてやられた感は、中々に心地よかったw(ぉ

エンディングでワカバ君消えちゃうの、ホントズルい。

そして、最終戦でワカバ君が無事だった理由もホントズルいw

(゚д゚)< あの、しつこく巻いてたみどりのツタ、お前まだ持ってたんかいw

よくよく考えれば、胸ポケットにお守りが、と同じレベルの陳腐さなのだが、

まさか何の意味も無さそうなツタによって死亡フラグ回避するとは・・・w

(゚д゚)< この黒焦げの目をもってしても見抜けなかったw

そして、何だかんだ危ない目に合ったけど、初期メンバーは全員生きてた。

これは圧倒的ハッピーエンド過ぎる。

やっぱりお話は、ある程度納得のゆく結末にする必要があるよね。

(゚д゚)< 何と比べてとは言わないが。(ぉ

ローコストな見た目とは裏腹に、とても考察しがいのある世界背景。

2、3週なら視聴に耐えれるレベルだから、これは円盤が捗るだろうねw

唯一欠点を上げるとすれば、戦闘描写の物足りなさ。

けもフレ1では回避出来ていた案件だったけど、この作品ではモロに影響を受けてる。

いかにも小さなスタジオの限界と言った所で、

ここ”だけ”は、けもフレ2に負けてしまっている所だろうね。(何

荒廃したSFが好きなら、是非とも抑えておきたい作品だと思う。

たつき監督、本当に良い仕事をする監督さんだと言うのが証明された感じ。GJ。

(゚∀゚)< すっごーい!たつき監督は、荒廃SFアニメが得意なフレンズなんだね!

 

 

 

まずはここの辺りで。

ネタの鮮度を考えて、このチョイスにしてみましたが、いかがだろうか。(ぉ

それではまた次回にお会いしましょう。

お粗末さまでした。

2019年!冬アニメ!スタート! その4

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2019年!冬アニメ!スタート!]

 

いや、さっきまで凄い勢いで最終回やってましたけど、気にしない。

黒焦げはそんな些細なことを気にしないんだ!(ぇ

それでは、一応ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガーリー・エアフォース

(゚ー゚)。○ ( ふーむ?(何

1話見ただけでは、なんだろうなこれ、と言った感想だったけども、

4話目までみてやっとこ1セットな感じな印象。

(゚ー゚)。○ ( 幾分スロースターターだが、そこまで悪くは無いと思う。(ぉ

空戦は超異次元過ぎてファンタジーだけども、派手さはある。良判定。(何

ブコメ的な要素も微妙に残しており、その手の需要にはギリギリ答えている形か。

ふと思うのだが、明らかに幼馴染みがモブ化しているw

シュレディンガーのドッペル幼馴染みまで登場し、彼女の存在意義が皆無w

(゚ー゚)。○ ( まぁ、そもそもピンク一強過ぎて、勝負になってないけどなw

 

・荒野のコトブキ飛行隊

(゚д゚)< 空戦全振りかよwww

作っている所のお家柄か、リアリティ重視の空戦描写は光ってる。(ぉ

ただ題材柄か、見ていてあまり凄さが伝わらないのが難点か。

そして空戦にステを振りすぎて、アニメとしてのその他諸々が弱い。

(゚ー゚)。○ ( これじゃぁ3D空戦鑑賞会になってしまわんかね?(ぉ

しかし、これはまた対象的なアニメが同時期にやってるなw

(゚д゚)< 比較しがいがあるじゃぁねーかw(ぉ

 

デート・ア・ライブ DATE A LIVEⅢ

(゚∀゚)< 説明は極力しないスタイル。(何

地上波からOVAを挟んでいる訳で、何人かはシナリオすっ飛ばしてるけど、

全く意に介さないと言う豪胆さ。(皮肉

あまり新規に優しくない始まり方なのは、ちょっと気になる。

かと言って、どうすれば良いかもわからないけど。

そして、かく言う黒焦げも時間が開いてるから、

各キャラやストーリーについて結構忘れてる。

前半数話見てだいぶ思い出してきたけど、それでも十分じゃないなぁ。

ある種、途中でOVAや劇場版に移ったコンテンツは、

地上波に戻りにくいって事を証明してしまったのかも。

そこそこアニメで人気出たから、OVAや劇場版で続編やろうか!は、

今後を考えると諸刃の剣になりかねない、という事やな。

(゚ー゚)。○ ( 何とも難儀な話だなぁ・・・。(ぉ

 

魔法少女特殊戦あすか

勢いにごまかされそうになるけど、導入の説明範囲だけだと、かなりガバガバ。

ざっと考えても、

 |-゚)っ[全世界で魔法少女9人しか居なかったのか?]
 |-゚)っ[女の子しか適正がないのか?]
 |-゚)っ[あんな戦闘力を持った少女をストッパーなしに野放しにするのか?]

とか、色々疑問点が多い。

軍の実務功労者が保護観察しているとは言え、

変身アイテムぐらいは厳重管理が筋なんじゃないかね?

なんと言うか、魔法少女を展開に組み入れる為のご都合主義設定を揃えないと、

現代社会ではあんな展開には、到底ならないんだよなぁ・・・。(ぉ

恐らく今後の展開も、あすかちゃんを苛め抜くオンリーの展開だろうし、

初見の段階で既に見る気分を損なう。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( これは・・・うーん。(何

 

賭ケグルイ××

(゚д゚)< 百喰だけに、噛ませ犬ってか?(ぇ

蟲喰さんが、見事に2期冒頭の噛ませ犬で笑うw

しかも、なんかイイ話風に終わってるの、もっと笑うwww

と言うか、ああいうチキンレース系のギャンブルを、

あの自傷キチと一緒にやったのがどう考えても判断ミスだよねw

相変わらず狂い描写に力がこもってるし、見ごたえアリ。

雰囲気も崩れず、2期もとても楽しめそうな予感。

(゚ー゚)。○ ( まぁ、黒焦げは賭け狂いたくはないけどね?(何

 

・ものフレンズ2

(゚ー゚)。○ ( うーん、劣勢を覆せるポテンシャルを感じない。(何

作画って言って良いか分からないけど、絵面的なクオリティは前よりも良い。

けれども、それが逆に件のファンには印象が悪いかも。

(゚∀゚)< 金かけて絵面良くても中身が~(ry

加えて、5話の内容。

ケンカ、する事自体はお話としてありだと思うが、内容がよろしくない。

丁度、1期にも似たような話があり、対比できてしまうのもよろしくない。

件のファンの、一番ナーバスな部分を煽っている様にもみえる。(ぉ

(゚∀゚)< 操るとか、従えるとか、けもフレにイラン要素を~(ry

そしてトドメは、6話のかばんちゃん再登場回。

出てくるのは良いと思うけど、内容が超悪手過ぎる。

これ、暗にサーバルちゃんが一回動物に戻って記憶なくしてるって言ってる訳で、

1期の続き物として2期がある本作スタンスとして、生やしてはいけない設定だった。

(゚д゚)< 1期の旅の先に、かばんちゃんとサーバルちゃんの悲しい別れがある?!
(゚д゚)< ふざけんなよゴラァ!!!(何

公式の設定で、そんなけもフレに求められていない展開をやるとか、

マジで正気を疑うレベル。(ぉ

これ何に影響するって、例えば3期で1期の続きの時系列をやった所で、

2期の決定された設定を覆せなくなってしまう事。

(゚ー゚)。○ ( つまり、TOZのせいで、TOBにケチがついた話と一緒。(ぉ
(゚д゚)< これは・・・まじかよ・・・(落胆

 

・ケムリクサ

(゚д゚)< たつき監督は、終末SFが得意なフレンズなんだね!(何

SFの導入として普通に悪くない。謎要素の出し方が普通に上手い。(ぉ

贔屓目を考慮しても、予算の割によく出来ていると思う。

主要キャラの謎の生態系、色を認識出来ていない節、視覚意外の感覚が乏しい描写、

襲う個体と襲わない個体、襲う個体と同じ色の主要キャラ、

ふたば君の身元、退廃した日本と思われる世界。

なんと言うか、「解き明かされる謎」をじわりじわりと見せていくのが上手い。

(゚ー゚)。○ ( これはけもフレ1期にも通じる所があった。(ぉ

たつき監督が作りたかった世界観が、こう言う作品だったとすると、

逆にけもフレハンデ戦だったのでは?まである。(ぉ

滑り出しからこの戦力差なら、あっちと勝負にならない所か、

(゚д゚)< 立っている土俵すら違うのだけれども、いかがだろうか?w(ぉ

 

 

 

(゚д゚)< よし、チェック完了であります!

あえて対抗馬な作品を並べて見せていくスタイル。とても意地悪だと分かっていますw

でもまぁ、それが世間の目でしょうし、同時期にやったんだから覚悟の上でしょう。

後ほど最後までチェックして行きますが、果たして結末はどうなるやら。

最終回ラッシュも始まっていますし、GWまでにはあらかた見ていきたいですね。

 

それではまたの機会にお会いしましょう。

お粗末さまでした。