黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

2018年!春アニメ!最終回ラッシュ! その6

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2018年!春アニメ!最終回ラッシュ!~黒焦げクレスト戦記~]

 

最近結構涼しくなって参りました。絶好のアニメ日和ですね。(謎

さて、いつもの行ってみます。

ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

されど罪人は竜と踊る

(゚д゚)< 濃厚だと見せかけて、実はさっぱりとしたアニメ。(何

まず、平然と専門用語を連発するスタイル。こいつは不親切。(ぉ

言うほど説明が無いため、物語がかなり頭に入ってきにくい。

これの影響か、各所で消化不良を起こし気味になった印象があると。(ぉ

ストーリーとしても、暗躍する思惑が意外にも多く、手が込んでいる。

(゚д゚)< ように見える。(ぇ

しかして実態を整理すると、割りかし単純な案件が多い。

そう言う意味で、

一生懸命考えたけど、でもそこまで濃厚な仕上がりにならなかった、

と言うのが黒焦げの見解だろうか。(ぉ

メイン2人が男だから、パット見で腐女子向けに見えるけど、

片方は彼女持ちだし、もう片方も結構女の子と寝てたりする。

黒焦げ的には(不自然さがない意味で)好感が持てるけど、

メインの視聴者を考えると、これは如何なものなんだろうか?w

(゚ー゚)。○ ( ハードボイルド感出すなら、女っ気あった方が格好良いけど・・・w

あとこのアニメの課題は、バディ感が足りない所。

悪くは無かったけど、タイバニやWと比べると、物足りない印象がある。

なんと言うか、仲が良いのか悪いのか、信頼してるのかしてないのか、

イマイチ温度感が伝わってこなかった。

結局は仲良く力を合わせて戦う訳だけども、その部分が単純な共闘にしか見えないと。

でもこの辺り、作画や演出の問題な気がするし、制作側のせいかもしれない。(ぉ

ストーリーがダーティで、かつ、やるせない展開が多い。

これは好き嫌いが分かれそうだから、見る人を選ぶアニメだと思う。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( そうね、中二病を拗らせたての女の子なら楽しく見れるかも?(ぉ

 

Lostorage conflated WIXOSS

(゚д゚)< Fin?Fin・・・。へー。(何

Finとしては、明らかに1期最後の方が相応しかった訳だけども、

その辺りは皆様はどう思われるか?(ぉ

前期同様、今回もかなりの茶番劇が繰り広げられました。出来もかなり酷い物だった。

だけど、前期の結末の尻拭いとしては、ギリギリ着地できた形。

(゚ー゚)。○ ( あのそびえ立つクソなラストが酷すぎただけかもだがw(何

もうね、フォローを入れなければクレーム酷かったのか?と邪推するレベルですよ。

普通、新旧主人公がバトルするとなれば、それ相応に盛り上がる展開になるけど、

一番信用ならんカーニバルを100%信じて同士討ちされられてる時点で、

視聴者の思いとして、なんだコレ感半端なかったって言う。

(゚ー゚)。○ ( ほんと、ストーリー回しの下手さは、このシリーズのお家芸かもw

最も印象が悪かったのは、綺麗に着地出来た1期のラストに、見事に蛇足した点。

(゚д゚)< 絵の後ろに!もう一枚絵がありました!!!馬鹿な!w(呆

そして「本当の扉」の効果も、かなり分かりにくい表現。

ルウ達の行動の意味が理解できた視聴者は、一体どれほどいるのだろうか?(ぉ

最後の頼み、アキラッキーの顔芸も、流石に食傷気味。

(゚ー゚)。○ ( 切り札がこれじゃぁ、ネタとしても盛り上がりにくいよなぁ・・・
 |-゚)っ[Fin](何

ある種、もう続きがないのが救いとも言える。

なぜなら、もうこんなクソアニメは生まれてこないから。(ぇ

 

蒼天の拳 REGENESIS

(゚ー゚)。○ ( 次クールに続くパターンだったのか。うむ・・・。

流石にギーズさんの死に際、ちょっと忙しすぎるんじゃ問題w

まさかの留め刺し損ねてる上、別なやつが殺しに来るとか・・・w

そしてギーズさんを屠った仮面の男に対しては、激おこプンプン丸のケンシロウさん。

でも、盟友を屠ったヤサカさんに対しては、意外と寛大な対応のケンシロウさん。

まぁ、飛燕さんが事前に説得してたのが大きいと思うが、それでもねぇ・・・?w

でもこの程度の矛盾、北斗の拳なら日常茶飯事か。

(゚ー゚)。○ ( うん、問題なかった。(ぇ

全体の物語は結構複雑になっているけども、北斗の拳っぽさは全然失われてない。

シリーズ物を力を抜いて楽しむなら、何の問題も無さそう。

ゲームで見慣れたせいか、3Dキャラもそんなに違和感無いし。

どちらかと言うと、血飛沫表現がマイルド過ぎる方が、気になるし不満があるw

(゚ー゚)。○ ( うーん、割と良い北斗の拳だったのかな?(何

 

ハイスクールDxD HERO

(゚∀゚)< 相変わらず、無駄におもしれーなwww

一発ネタだと思ってたおっぱいドラゴンの件、

まさかのそのままメインストーリーに絡めて行くスタイル・・・w

(゚ー゚)。○ ( これはマジキチ過ぎるだろ・・・w

あの下ネタを持ってして、悪魔界の子供に大人気になりましたって話も、最高に酔狂。

しかも戦隊ヒーローショーよろしく、子供達の声援で悪しき力に飲まれず復活!とか、

ネタなんだか王道なんだか、混乱する展開は一体なんなんだ・・・w

 |-゚)っ[そして忘れちゃいけない無駄にクオリティの高いバトルシーン]

赤龍帝のパワーアップ版の鎧も格好良いしw

何ならサイラオーグさんの黄金聖衣も格好いいしw

そしてマダオブーストの合いの手と、純粋なインファイトのラストバトルとかw

これがエロアニメだってのを忘れるぐらい、無駄に熱い展開だ・・・w

(゚ー゚)。○ ( 悔しい・・・でも、面白い!(ぉ

初心を忘れずに、バトルシーンをきっちり仕上げて来るスタンス、嫌いじゃない。(ぉ

(゚д゚)< あ、そうそう、あの2人ようやくくっついたなw

今期のラストでやっと、一誠くんとリアス部長がくっついた。

(゚∀゚)< ほんとお前ら、奥手過ぎないかね?w

これ、一誠くんが告白出来なかった理由に、アニメ1話の生天目さんを引っ張り出す。

(゚ー゚)。○ ( これは中々に懐かしいw

そしてその大事なシリアスシーン、何故か女性陣みんなスッポンっぽんw

(゚ー゚)。○ ( この演出、ほんとひでぇw(褒め言葉

いやー、今期も娯楽として最高のアニメでしたね。

(゚д゚)< 次回作も!おバカなノリを期待しております!(ぇ

 

グランクレスト戦記

(゚д゚)< いや、ほんと最後まで隙き無く面白かった!(べた褒め

なんと言うか、

全体を振り返っても話の展開に無駄がないし、毎回違う形のドラマがあった。

何人か主要キャラが死んでしまったけど、決して無駄死にではなくて、

それぞれの矜持を全うした結果だったし。

(゚д゚)< と言うか、良いキャラ多いよね。見てて凄く楽しい過ぎるw

インパクトで行ったら劇場王とか相当だったし、

ミルザーさんとか、相当灰汁の強い覇王系キャラ(悪)だったしw

つーか、彼は本当に良い感じに敵ポジで活躍してくれた。(何

一騎当千の無双っぷり、そして割りかし頭も切れる。

そこに兄貴分ヴィラールさんの仇って言うわかり易いポジションも加わるw

(゚д゚)< こんなの、ミルザー戦が熱くならない訳がないじゃんw

ちな、主人公2人を棚に上げるなら、黒焦げのイチオシはラシックさんかな。

最初はただの脳筋のイメージだったけど、最後の方とかマジで化けた。

(゚д゚)< 友に並び立つ為、古の巨人サイクロプスぐらい討伐せずしてなんとする!

ちょっとさぁ・・・w貴方男前過ぎませんか?w

(゚ー゚)。○ ( 返す言葉も一々格好良いし、ホントこの人大好きだわw

このアニメ、テオさんとシルーカちゃんがしっかり活躍するのはもちろん、

その周りのキャラクターも、重要な展開を見せる構成になってた。

サブストーリーの代表格はやはり、マリーネさんとアレクシスさん。

(゚ー゚)。○ ( こいつらの恋愛模様、ホント楽しかった・・・w(ぇ

マリーネさんが、ミルザーさんに無駄に追い詰められて(物理)、

心を病んだりしてた辺りは、流石に気が気で無かったけどもw(ぉ

アレクシスさんが、テオさんに喝を入れて貰うまで意気消沈してたのは、

すっごくモヤモヤしたけれどもw(ぉ

(゚д゚)< でも、締める所は締める、落ちる所に落ちる、大事な事。(何

兵隊さん達で白バラを描いて、公開プロポーズ(再)とか、

(゚д゚)< ヒュー!このキザ野郎!マジでズルすぎるやろ・・・!w(褒め言葉
(゚∀゚)< お前ら、もう結婚しちゃえよ!あ、したかw(何

まさか、三勢力会議が2人の公開プロポーズの舞台になるとか、

誰がこんな展開を予想しただろうか・・・w

(゚ー゚)。○ ( この意表の突き方は、ほんと関心しますよw

そして忘れちゃいけない、テオさんの存在感と安定の格好良さよ。(ぉ

最初は地味な印象があったテオさんですが、それも今だと演出だったと感じる。(何

シルーカちゃんと出会った直後という事で、あえてそう言う感じにしたんだろうね。

テオさんが一定のタイミングで言い放つ、主人公回路全開の発言。

毎回周りを驚かせるし(何なら視聴者も)、それが本当に熱いw

 |-゚)っ[欲は無く、全ては圧政に苦しむ民衆の為]

故郷の島を救うために、まずは世界を救ってしまった。

(゚д゚)< 何と言う主人公ムーブw完璧かよw

そしてハーレム展開が流行る昨今、

シルーカちゃん以外愛さないと言う、最高に純度MAXな一途思考。(ぉ

彼女との夜会話で言い放たれる数々のド直球は、

お見事!シルーカちゃんを滅多刺しのノックアウトでしたw

(゚ー゚)。○ ( と言うか、シルーカちゃん可愛くなり過ぎじゃないか問題。(何

度々CM見て思い出すけど、初回登場時とのギャップが凄いw

まぁ、

 |-゚)っ[中盤で、恋人になろう](直球
 |-゚)っ[お次は、妻になってくれ](直球
 |-゚)っ[そんで、おとんの前でカミングアウツ](サプライズ
 |-゚)っ[そしてラストは、ダブル結婚式]w

こんな流れるようにトントン進めてくれる、有能主人公さんの前では、

(゚∀゚)< 純情シルーカちゃんは、一溜りもないのでしたー。(何
(゚д゚)< 末永く爆発しろ!w

物語の終幕。

皇帝聖印であるグランクレストが誕生し、綺麗なフィニッシュ。

デザインをよく観察すると、その中には聖杯らしき模様が組み込まれている。

聖杯に聖印を注いで混沌をなくす、と言うのはこう言う事なんだろうか。(何

(゚ー゚)。○ ( そうだとすれば、彼女の言った通りとなったのか・・・。

あれだけの活躍を成し遂げながら、有限実行、テオさんは故郷に帰る。

ぶどうを摘みながら、住民と談笑している様は、彼の夢が叶った何よりの証拠。

結構血生臭さを感じる戦闘もあったはずなんだけども、

終わってみれば非常に爽やかな着地。視聴感が最高に良い。(ぉ

ほんと、2クール丸々じっくりと楽しませて頂きました。ありがたや。(何

(゚д゚)< 戦記物の王道、良いアニメでした。
(゚д゚)< 興味があるのならば、是非とも視聴をお勧めいたしますよ!(ガン推

 

 

 

ふぅ。本日はここまで。それではまたお会いしましょう。

お粗末さまでした。

2018年!春アニメ!最終回ラッシュ! その5

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2018年!春アニメ!最終回ラッシュ!~黒焦げとまそたん~]

 

夏祭りの疲れにも負けず、むしろ疲れに負けたからお家でアニメを見る!(何

与太話はこれぐらいにして。

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウマ娘 プリティーダービー

(゚ー゚)。○ ( 思いの外ライブシーン少なかったね・・・(何

割と真面目に、競争とドラマにフォーカスを当てた構成だったという事か。

これは意外と言えば意外な仕上がりかも。

登場するウマ娘は、現実でも存在する「生モノ」。

この辺りを上手い具合にネタに絡めて、ストーリーに組み入れてるのは、良。(ぉ

(゚д゚)< その中でも一番の見所は、やはりサイレンススズカの怪我の件だね。

正直予定調和だった。むしろ怪我をどうお話に組み入れて料理するのか。

確実にここは焦点になるし、腕の見せ所だったと思います。

そして出された回答はこちら。

現実では起こりえない、ウマ娘だからこそのIFとして、

 |-゚)っ[競技中にスペちゃんが助けに入る]
 |-゚)っ[これにより命+選手生命も繋ぎ止めることに成功]

と、中々に好感触な展開を決めてくれました。(ぉ

そしてその後のリハビリ、復帰戦と、強制的に泣かしに来るシナリオ。ズルみ。(ぉ

実況と解説の2人が泣いているのはホント心中お察しです。

彼女らは、立場上色々なウマ娘を見ているはずで。

(゚ー゚)。○ ( ウマ娘の世界でも、復帰する子は少ないみたいだしね・・・。

この辺り、アニメでは慮る必要のあるレベルの考察だから、

視聴者のリアルな知識によってだいぶ温度差あったんじゃないかな?(何

全体としての感想も、妙に爽やかなアニメだった印象。

(゚ー゚)。○ ( この辺りは、PA本当に良い仕事したと思います。(ぉ

どこかアイマスにも似た雰囲気、悪く感じる所が全然ないというねw

まぁ、アニメとしては問題は無かったけど、ゲームは果たしていつ始まるのかw

(゚∀゚)< いい感じでオチが付いた所で、次行ってみよ!(ぇ

 

東京喰種:re

(゚ー゚)。○ ( ほんと景気よく人死に出るよなぁ、この作品。(ぉ

と言うか、大規模戦闘からの人死にって、展開を繰り返してるよね。

確実に構成がワンパターンになっているのは、気の所為では無さそう。

(゚д゚)< あと、主人公がまた元に戻るって展開、ホント駄目じゃね?(ぇ

佐々木の残滓が殆ど無しで元に戻ったよね、これ。

(゚ー゚)。○ ( これじゃぁ今期全部台無しにならないか?(困惑

今期の初めにCCG側に移ったのも、イマイチな展開だと思っているのに、

これを茶番化する再リセットをするのは悪手なのでは?

実は少し位は佐々木成分が残ってて、グールと人間との架け橋的な展開と、

平和的解決って言う落とし所夢見たい所ではあるのだけど・・・。

殉職した隊員(ほぼ家族)に対して、あの冷たい言動を吐くのを聞くに、

(゚д゚)< 佐々木成分は皆無だと言わざるをえない!!(絶望

そもそも、敵も味方も同情の余地のあるキャラばっかりしてしまって・・・

こうしちゃうと、和解以外に視聴者が気持ち良い展開なんて無いんじゃないのかと。

(゚ー゚)。○ ( グール側皆殺しENDとかした日にゃ、糞作品の仲間入りだぞ?(ぉ

分割クールで10月から終章放送らしいけど、心配すぎてヤバい・・・・。(何

 

あまんちゅ!~あどばんす~

(゚ー゚)。○ ( お前ら仲良しかよ・・・w尊い。。。(何

あまりにも二人の仲が甘々過ぎるw以心伝心ってレベルじゃねーぞ

(゚ー゚)。○ ( これはガードしてる上から強引にニヤけダメージ決まるやつだ。(何

しかし、夢のプロの件と文化祭の件は、異色過ぎてコメントし辛い。

水が絡んでたから、ギリギリあまんちゅとも言えなくも無かったけど、

どちらかと言うと、ふらいんぐういっちだった、と言うのが黒焦げの意見w

おしてオチも強烈だったのが割と好き。(ぇ

(゚∀゚)< 縞パンが伏線で、ピーターが遠野先生って・・・w

先生同士の恋愛伏線も見事に回収しているし、無駄にスマートな展開。

(゚ー゚)。○ ( でも、ちょっと釈然としないけどもw

この辺りは異色だったけど、基本はアドバンスを取るまでの一部始終と言う流れ。

今回のサブタイトルに因んだ展開と、非常に区切りの良い幕切れ。

(゚ー゚)。○ ( とても良いあまんちゅだったと思います。(ぉ

前期の感想でも褒めたけど、海の描写は相変わらず綺麗。

今回は特に、ナイトダイビングの夜光虫とか、漆黒の人魚と竜宮城の辺り。

映像としてもじっくり見れて、ホント良い感じのアニメだと思います。

時間と共に変わっていく景色、じっくりと広がっていく人間関係。

そして成長していくてこちゃん。

ハートフルながらも、のんびりとリラックスしながら見れるアニメ、健在。(ぉ

(゚д゚)< 大変ありがとうございました。豚汁美味しそうでした。(何

 

Caligula -カリギュラ-

(゚ー゚)。○ ( うーん、高尚。(皮肉

公式自らP5との類似性をネタにしてたから、とやかく言うのは止してあげたいが。(ぉ

やっぱりモチーフとしても、劣化P4・P5とか言われてしまうのは、

純粋なアニメの完成度の影響だと思われる。

全体として悪くは無かったけども、同時にP5やってるからどうしても見比べるし。

(゚ー゚)。○ ( これは辛い戦いだったよね。(ぉ

現実世界で闇を抱えた登場人物達。

箱庭で幸せを謳歌するが、その作られた幸せは本当に幸せなのか。

登場人物は必ず深い闇を抱えていて、その事を忘れて生活している。

設定としては、極めてダーティーな箱庭系SFと言った所だろうか。

その中で主人公を中心として纏まり立ち上がり、箱庭の管理者と対峙する。

(゚∀゚)< まぁ、ペルソナとダンロン2とSAOを混ぜた様なストーリーだよね。(ぉ

何にせよ、黒焦げとしては最後の展開が物足りない。(ぉ

味方のメンバーはそれほど活躍しない上、

ラスボス相当の敵は小物だけで、突然サイコパス化して暴れだしただけだったのは✕。

敵幹部連中も何だか間抜けだったし、

笙悟君のお相手も肩透かしと言うか、上手く決着すらついてない。

主人公に関しても、蓋を開けてみたらリアルのお前それかよって言う・・・。

(゚д゚)< 主人公は成長したのか?(何

ペルソナとかだと、この辺りは凄く上手描かれるけど、

こっちは、それがそこまで感じ取れない。

自分の憧れの人間を前にして、あの態度でのめり込むのは、

仕上がった主人公の態度や姿じゃぁ無いよなぁ・・・。(呆

(゚ー゚)。○ ( あそこは格好良く決めるべき場面。律君、そう言う所だよ?(何

とは言え、ちゃんと戻ってきて、ちゃんという事言って、ちゃんとケジメはつけた。

(゚∀゚)< これは純粋に偉い。及第点あげちゃう。(ぇ

何気に、最初に言ってた心理学ネタを軽く交えて自分の意見を吐露するのは、

割と良かったと思っています。(ぉ

超絶理屈臭かったが、μに対して幸せを語る姿は、

彼のキャラクター性を考えても妥当な演出だっと思うしねw

(゚д゚)< 以上、上位互換のP5と戦う、caligulaからお送りしました!(ぇ

 

Cutie Honey Universe

(゚ー゚)。○ ( うーん、コメントに困るぅ・・・。(何

原作準拠の話を、この時代に普通にやってしまう勇気。(物語ネタ

学園崩壊大虐殺からの、夏子ちゃん死亡の流れ、今だと普通に糞展開と言われちゃうw

流石にもう少しマイルドにするべきだと思うのだけど・・・(ドン引

と言うか、隠し部屋の伏線は回収してない?

あれでてっきり夏子ちゃんどうにかなる話だと思っていたけど・・・。

(゚ー゚)。○ ( まぁ、全体的にストーリー構成が雑なんだよなぁ・・・。

ドラゴンと蜘蛛の関係とか、全く事前情報無かった気がするし、

お前らなんでそんなに仲が良いの?って違和感が凄いと言うか。

加えて味方のムーブがそもそもお粗末で、

ハニーが能天気に学校通ってるのもアホだし、

それに対してPCISが何も対策してないのもウケるw

夏子ちゃんも、怪しいと分かってて無策でジュネに突撃するし・・・。

「私が帰らなかったらジュネが黒幕」ってメール送るだけでも違うよね?w

ハニーを徹底的にいたぶるドSアニメとしての出来は良かったかもだけど、

それ意外の構成が旧時代過ぎると。

(゚ー゚)。○ ( 唯一良かったのはハニー自体のクオリティかな?

変身パターン毎に、無駄に声を変えたりして手が込んでいたし、

戦闘の見せ方自体はスタイリッシュ&エロ格好良かったし。

と言うか、ほぼ全てこの部分に全振りしてると言っても過言じゃないのでは?(ぉ

(゚ー゚)。○ ( バトルシーンだけで、CHの面目保った感。ヤバいね。(何
(゚д゚)< しかし・・・直次郎こと直子。お前一体なんなんだよw

爆破受けても生き残るし、あまつさえ受け止めて体が原型を留めてて、

もちろん生きてて、最終決戦でガッツリ戦闘に参加って・・・w

(゚д゚)< お前だけデビルマンやないかい!w(何

 

ひそねとまそたん

(゚ー゚)。○ ( いや、流石に最後の所はもう少し細かい経緯が知りたいぞ?w

最終的に助かるのは問題無いけども、

流石にどう言う感じで助かったのかは聞いておきたいのが視聴者の意見かとおもうw

ガラケーを餌にひそまそ発見って、

(゚∀゚)< この作品のカラーに合いすぎてズルいオチですよね?(ぉ

さて、島編までは最高、それ以降は好みの分かれる展開、と言った所でしょうか。

後半は特に、恋愛で飛翔生体に乗れなくなる、神事には生贄が必要、と、

割とオーソドックスなネタで展開したため、目新しさは無さ目。

(゚д゚)< ただ、凡庸でもストーリー運びが中々に優秀だった。(ぉ

例えば、恋愛で飛翔生体に乗れなくなった所。

あえて星野さんとひそねちゃんを対比させる事で、

ひそねちゃんの破天荒な魅力を自然に物語ってるのが上手い。(ぉ

その破天荒さでもって、何にでもマジレッサーしちゃう所でもって、

オーソドックスな生贄システムに意見して、そしてひっくり返しちゃう。

まぁ、ひっくり返し方が雑ではあったけど、

概ね期待通りのムーブをしてくれていて、見ている方は気持ちが良かったのは確か。

全編を通して黒焦げが評価したい所は、

ドラゴンと日本の神事を良い感じにミックスした世界観が構築されている所。(ぉ

外見は極めて西洋チックなドラゴンを、あえて日本での龍と同一に解釈して、

過去からの神事と信仰に結びつけている。

そこから更に盛って、空自でその政を引き受けてるって設定が、最高にCool。(ぇ

現代の空自で管理下に置くための、数々の設定もまたGood。

(゚д゚)< 特に偽装形態を考えたやつ!お前は100点満点だ!(ぉ

なんちゃって偽装なアーマード・ドラゴンでお茶を濁すのかと思いきや、

なんと、バッチリ変形決め込んでちゃんとした戦闘機になるではないですか!(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 初見の感動は中々のものだったなぁ・・・w(何

まぁ、変形と言うよりは変態なので、ゲッターのそれに近いのはご愛嬌だけどw

不思議な作画と、不思議な間と、不思議なギャグセンスは人を選ぶと思うけど、

これはハマったら最高に楽しめる系のやつです。(何

(゚д゚)< 興味が出たなら、一度見てみるのをお勧めするよ!(素直

 

 

 

はい、今日はこの辺りで締めます。

お粗末様でした。

正直ラスアンどうだったよ?

 今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[Fate/EXTRA Last Encore]

fate-extra-lastencore.com

 

ちょうどいい頃合いなので、この話題で行きましょう。

先日、ラスアンの最終回こと約4話分が放映されました。

それを視聴しての感想を少しばかり述べたいと思います。

あ、一応言っておくけど、ネタバレ注意ね。そこんところよろしく。

 

 

 

 

 

 

VS レオくん&ガウェイン

物語はまずここから再開。そして最大の強敵とのバトル。

(゚ー゚)。○ ( 正直ラスボスこいつだったよねw

まさかのまさか。セイヴァーさんがお帰りになられている都合上、

鯖バトルはここがクライマックスに・・・w

 

さて登場キャラは、どいつもこいつも1000年間分拗らせてきましたが、

レオくんは早々に折れてしまい、

そして色々あって(何)、チャンスを伺っていた、であってるのか?(何

エリート完璧超人が陥りがちな、達観負けをしてしまった様ですね。

しかしながら、前回の岸波白野ちゃんとの会話により、多少変化があったと。

この辺り、キリシュタリアも同じ様な感じなんじゃないかな?と思ってますが、

(゚д゚)< それはまた別な話か。(ぉ

 

アリスの栞の伏線を回収しつつ、なんとか勝利をおさめるハクノ&ネロペア。

レオくんの言い分を聞き、一度叩き落とされ、

そしてネロと話したことで、とうとう腹が決まった模様。

Fateシリーズの花とも言える、宝具の打ち合いは、純粋にハイクオリティでしたね。

(゚ー゚)。○ ( 最終バトルに相応しい激熱な戦いだった。(ぉ

 

dic.pixiv.net

 

VS トワイス

(゚ー゚)。○ ( トワイス舐めプし過ぎな件w

と言うか、まさかのセイヴァーさんがご帰宅なされてるとは・・・。

前回の白野ちゃん&ネロは、事実上セイヴァーに負けたわけで、

そのリベンジをしないのかよ!ってツッコミはあって然るべきだろうw

しかもトワイス本人も死んでしまってデットフェイスになってるし・・・w

(゚ー゚)。○ ( この状態で、マスター3人と鯖1人ならなんとかなるよね・・・w

 

最後の戦いについては、なんと言うか、ハクノ君の士郎化を見るアニメだったかなと。

(゚ー゚)。○ ( 自分を度外視した献身を見てると、どうもダブルよね。(何

ハクノ君が選択したのは、

 |-゚)っ[生きて未来を見る。その為なら死んでも構わない]

という、矛盾の塊のような選択だった。

けれども、元々死の総体としてのモノしか持ち合わせてないハクノ君が、

この答えに至ったのはまさに奇跡。

その要因は何だったのか。

ネロだったのか、各階層の戦いだったのか、死んだ者の記憶だったのか。

(゚д゚)< 黒焦げ的にはネロの笑顔のおかげだと思うけどね!(茶化

 

dic.pixiv.net

 

終幕(encore)

ハクノ君の願いにより、あの世界は剪定から免れたのか?

事実はハッキリとしませんが、

凛ちゃんが生きる世界に、ハクノ君が見たかった世界に、

未来が無いなんて思いたくないですよね。(ぉ

 

 

凛やラニのencore、ネロのencore、敗者達のencore。

それとも、世界自体がやり直す意味でのencoreだったのか。

色々と複数の意味合いを感じる、良いサブタイトルだったと思います。

うん、こう言う付いて来れる奴だけ付いて来い見たいなノリ。(何

(゚ー゚)。○ ( 酷いとは思うけど、Fateは昔からそんな感じだからなぁ・・・w

色々と問題のある本作でしたが、黒焦げは割と楽しめたのでまぁ良しとしたい所。

(゚ー゚)。○ ( でも、次のFGO6章7章は、意識高い系にしないで欲しいなぁとは思うw
(゚ー゚)。○ ( 一般受けも大事だと思うのですよ?(何

 

news.fate-go.jp

 

お粗末さまでした。

2018年!春アニメ!最終回ラッシュ! その4

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2018年!春アニメ!最終回ラッシュ!~GKO~]

 

台風にも負けず、家でアニメを見よう!(何

 

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魔法少女 俺

(゚ー゚)。○ ( うーん、微妙。(ぉ

前提として、ギャグセンスが黒焦げと合わなかったのは大きな痛手。

(゚д゚)< これは楽しめない。(ぉ

まぁね、1話2話は勢いもネタ度も高くて悪くは無かったんだけど、

それ以降のネタが続かなかったのが辛い。

同じ様な展開、同じ様なギャグでずっと続いてた印象を受けたと。

(゚ー゚)。○ ( これは2段階目の展開をちゃんと考えていなかったな?(ぉ
(゚ー゚)。○ ( そしてラストの展開も・・・、ちょっと辛い。

あれだけ匂わせていた黒幕、まぁそのままの路線で行かなかったのは及第点だけど、

1ミリもフラグが無かったマネージャーが黒幕は無いやろ。

 |-゚)っ[いっその事、新キャラ出てきた方がマシなレベル](ぉ

しかも最終回はギャグ回じゃなくて、感動展開がメインと言う。

(゚ー゚)。○ ( そう言うの全く求めてないんだよなぁ・・・。

最終回前の方が、意図した作画崩壊とか、そう言うネタでマシだったまである。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( しかしまひろちゃん・・・あんただたのお歌のお兄さんじゃん。(驚

あんだけ不思議能力匂わせておいて、ただの一般人でした!って、それは・・・。

(゚д゚)< これは下策中の下策。(直球

色々と期待の下を行ってしまったこの作品。黒焦げは残念な気持ちで一杯です。(悲

 

こみっくがーるず

(゚ー゚)。○ ( なぞのかんどう・・・w(何

よくよく考えると、寮を建て替えるだけで、卒業とかそう言うイベントじゃないしw

まぁ最終回に合わせて、雰囲気と勢いで、かおす先生の1年の成長を描きたかったか。

全編通してポンコツ具合を披露したかおす先生だけど、

最後は1年間の自分の体験から、1つの作品を書き上げる事ができた。

(゚∀゚)< しかも、一人の力で。(ぉ

そう言う感じの、最終回らしい最終回ではあった。これはこれでよし。(ぉ

(゚∀゚)< 思うのだけど、かおす先生、かなりのギャグセンスをお持ちなのでは?(ぁ

そいやっ!の辺りの間の使い方とか、天丼とか、

なんかジャンプで見たことのあるクオリティだった気もするw

黒焦げは、前々からそっちの方が才能があるんじゃないかと思っていたけども・・・w

(゚ー゚)。○ ( そう考えると、あのボツ原稿、相当お宝が眠っているのでは?(ぇ
(゚д゚)< むしろ、あの編集が見る目ないんじゃないかな!(ぇ

 

鹿楓堂よついろ日和

(゚ー゚)。○ ( これは侘び寂びあるなぁ・・・(沁沁

第一印象がイケメンレストランだった訳で、この印象の劇的変化はさもありなん。

思った以上に、

鹿楓堂の店員と、そこに来るお客さんとのショートストーリーがよく出来ている。

ちょっと前に異世界食堂があったけど、

あれに日本の侘び寂びを上手い具合に足した、と言う感じかなと。

(゚ー゚)。○ ( いや、これは一周回って基本に立ち返っただけかも・・・?w

基本的に、登場するゲストキャラの年齢層が若干高めで、かつ話も重め。

だから舞台である和風カフェが良い感じにハマる。これはベストマッチ。(何

そして地味に料理が美味そうなのも良いw

(゚ー゚)。○ ( 不意打ちな飯テロアニメとも思ったしw(褒め言葉

しかし最終回・・・。含みのある渋い最終回だった。

道を違った兄を引き止め、茶を一杯交わし、一言交わし、そして去る。

思い出の器と、思い出の場所。そして思い出の茶。

(゚ー゚)。○ ( 今どきこんな渋い最終回をやるアニメなんて、ないんじゃないかな?w

これは良いアニメを見せて貰った。

(゚д゚)< また鹿楓堂でお茶をしたい限りですね。(ぉ

 

・Butlers~千年百年物語~

(゚ー゚)。○ ( これはヤバい・・・wネタ度が突き抜けてる・・・w

今年の糞アニメ選手権の上位ランカーを目指せるレベル。

非常に有力で強力な選手が現れましたよ?(ぇ

 |-゚)っ[ストーリー、タイムスリップを全く活かせないゴミ]
 |-゚)っ[キャラクター、主人公が癇癪持ちの脳筋、そして突然悟るブレブレさ]
 |-゚)っ[極めつけは最終回の作画]
(゚∀゚)< もうこれは、参考文献として、一度は見て欲しいレベルの酷さw

止絵、フェイスアップ、止絵、フェイスアップ、フェイスアップ、と、

動いていいる風に見せかけて、高速で画面を切り替えているだけw

動いたと思ったら、その画を数秒後に使い回す。まさかのキメ顔も使い回すw

光る背景に合成処理を行ってまで間を伸ばすとは、ホントこれはどうなってるのかw

顔の造形なんて、気にしたら負けな程崩れているし、作画監督仕事してるか疑うw

下手に動かそうと努力してるから、余計ヘッポコな所が目立ち、負のスパイラル。

(゚д゚)< あー、笑った笑った。(ぉ
(゚д゚)< このやろう!時間返しやがれ!千年百年物語だけに。(ぇ

 

覇穹 封神演義

(゚ー゚)。○ ( うーん、このゴミ構成よ。絶対もっとなんとかなったやろ。

同人じゃねーんだから、やりたい所だけやって後はダイジェストって許されんよ。

(゚ー゚)。○ ( ほんとひでぇ・・・。

最初から最後まで構成がごちゃごちゃ。

頭に入ってこない上に、意味のないネタバレもしてる。

(゚д゚)< これじゃぁまず間違いなく、初見は置いてきぼりだろうなあぁ・・・。(呆

2期も尺があった筈なのに、そのリソースを使ってこの出来じゃ、

原作ファンも失望するってもんですよ。

設定や伏線が大きなファクターを占めるこの作品で、

これだけ全部をぶち壊しながら進めたら、そりゃゴミしか出来上がらない。

(゚д゚)< これを作った戦犯は誰なんだろうね?(怒
(゚∀゚)< わかった!これは視聴者を封神させる為のアニメだったんだね!(ぉ

 

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(GGO)

(゚ー゚)。○ ( やっぱりピトさん、予想通りお前だったんだなw

ちょっとフェイントかけたけど、まぁそんなんじゃぁ騙されないよねw

まぁこの辺りの展開に関しては、あんまり言うことは無いかな。

 |-゚)っ[めでたしめでたしでフィニッシュ](ぉ

さて、本作はSAOとはある程度切り離して考えて、視聴したほうが楽しめそう。

以前にキリト君が大暴れした世界観だとは言え、キャラが一新されて完全に別物。

戦う目的も理由も、新しく沸き上がったもの。完全な新作アニメです。

SAO成分は、たまに出てくるフレーバー的な物で、

立ち位置としてはアクセルワールドに近い印象まである。(ぉ

そう言う意味で「ガンアクションをアニメ化した一つの作品」として見るのが、

最も楽しめると思った次第であります。(何

ピトさんもレンちゃんも、若干無茶な動きをするけど、一応ゲーム設定の範囲だし、

アニメの演出としても(メタな意味で)マッチしている。

ある程度制限されたトンデモキャラが、

ちゃんとガンアクションしつつ、見応えのあるバトルをする。

(゚ー゚)。○ ( これだけでも、十分に良いアニメだったと思うw(ぉ

特にレンちゃんはAGI特化。

スピード感のある動きで、走ったり撃ったり蹴ったり、とても格好良い体捌きだったw

物語の終盤で、無駄に背面立ちでピトさんに対峙する所とか、

(゚∀゚)< もはや格好良すぎて鼻水でそうだった。(ぇ

そして各所でいい味を出すモブ達。(何

黒焦げのイチオシは、PM4の無名さん達。Mとの会話が無駄に激熱ですw

(゚ー゚)。○ ( こんなのニヤニヤしてしまうだろうが・・・!w

おそらく、元のSAOとは違った視聴層にウケるであろう本作。

黒焦げとしては十分に守備範囲でした。

逆に、SAOがファンタジー過ぎて、なろう小説っぽすぎて毛嫌いしている方。

(゚д゚)< そんな貴方に、この硬派に寄せたGGOは如何でしょうか?(ぉ

ワンクッション置くのに丁度良いガンアクションアニメを見れることでしょう。(何

(゚ー゚)。○ ( しかし、レンちゃんチーム、見事にロリ揃ったな・・・w
(゚ー゚)。○ ( うむ、御都合主義って本当、最高だよな!(ぇ

 

 

 

以上、本日はここまでとしましょう。

それでは、お粗末さまでした。

FGO 無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング 空想切除!

今晩は、黒焦げです。元気です。

ゲームです。

 

 |-゚)っ[FGO 無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング]

news.fate-go.jp

 

と言う訳でして。

この休みを使って、ちょくちょく銅リンゴを噛りながらクリアしました。

丁度いいので感想を残しておきたいと思います。

ネタバレを含みますので、覚悟してお進みください。

それでは行ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(゚д゚)< つらい。(何

今回のストーリーは、実は悪人らしい悪人がいません。

異聞帯の女王である、スカディさんはもちろん、

大ボスのスルト君でさえ、直球な愛によって動いた結果の大惨事でした。

という事で、その辺りをじっくり振り返って見ましょう。

 

スカサハ=スカディ

スルトによって、剪定されるべき不毛な土地へと変貌した北欧を、

少ないリソースを泣く泣くやりくりし、残った命を存続させる。

自己の保持する殆どの魔力を世界の維持に使用し、

それでもままならない、足りない部分は・・・補えない。(何

結果として、愛する吾が子達を、切り捨てるしかない。

時に、ラストバトル前の彼女の問は、胸にくるものがありました。

 |-゚)っ[おまえたちの汎人類史に、ヒトはいかほど生きる?]
 |-゚)っ[一同悲痛な表情]

助けてくれ、と思いはせど、助けは来ず。

そして結果として、カルデアから助けにも似た引導を渡される。

彼女人身、全て分かっていたようで、それがなんとも・・・。

dic.pixiv.net

 

スルト

封印されたスルトは、ある時炎に焼かれた少女に出会う。

彼女に抱いたのは、驚きだったのか、憐憫だったのか、愛だったのか。

彼はそれに答えようとしたけれども、彼に出来るのは破壊のみで。

彼も彼女もその全てを破壊しつくす事でしか、存在意義を示せなかった。

(゚д゚)< まぁ一番の特技が想い人に認められないって、相当辛いだうね。(ぉ
(゚д゚)< しかもシグルドと比べられるおまけ付き。これは拗れる。(ぉ

振り返って見ると、スルト君は割とストレートに感情を表現しているんですよね。

深い所がわからないオフェリアや、視聴者は、この辺りを恐怖だとしか取れない。

IFを言うのもなんですが、ぐだーず並にコミュ力・共感力が高ければ、

スルト君とは仲良く出来る未来があったのかもと、妄想してしまいます。

(゚ー゚)。○ ( これは邪ンヌパターンで救ってやってほしい・・・(ぉ

 

オフェリア・ファムルソローネ

世界を救う旅に出る筈だったのが裏返り、強制的に異聞帯に関わることに。

恩もあり、思いを寄せる、キリシュタリアを失望させない為にも、

「自分は魔術師である」と言い聞かせて、身を焦がして耐える。

助けに答える快男児に救われるも、彼女は魔術師の矜持を見せ、死んでしまう・・・。

正直な所、彼女は魔術師で有り過ぎた為に不幸になった、と言えるのでは?と。

(゚ー゚)。○ ( スルト討伐のシーン、誰も大令呪までは求めてなかったからねぇ。

彼女の魔術師としての矜持やケジメが、

そこまでの行動をさせてしまったのだと思っています。

そして本当は、一人少女として、友達や恋人が欲しかっただけなんだろうな、と。

(゚ー゚)。○ ( 魔眼も何もない平行世界辺りで、幸せに暮らして欲しい。(何

dic.pixiv.net

 

そして残されるカルデア一同

(゚д゚)< もうね、雰囲気悪いわ!w
(゚д゚)< 新所長も、そう言う事あえて言わないの!大事だけど空気読んで!(ぉ

誰一人として悪人の居なかった異聞帯。

それを消し去らねばならないカルデアの宿命。

前回よりも辛く感じるのは、この異聞帯が儚く弱かったからだと思います。

儚く弱い世界を握り潰して進まなければいけなかった。

この事実に向き合うぐだとマシュは、相当に辛かったと思いますよ・・・。

 

 

 

(゚∀゚)< あまりにも辛いので、ちょっと楽しかった事を思い出します。(何

 |-゚)っ[シグルドとブリュの夫婦漫才(重)]
 |-゚)っ[悪夢になると助けてくれるエドえもん]
 |-゚)っ[言うに困って「カルデアの者です」って捨て台詞残す謎の人物]
 |-゚)っ[まさかのイリヤ(SN)の登場]
 |-゚)っ[高感度爆上がりのゴルドルフ新所長]
 |-゚)っ[ラストに登場、シオン族。]

 

(゚∀゚)< うん何だか楽しくなってきたね!(ぇ

 

 

2-2部、大変面白かったと言うのが正直な所です。

(゚д゚)< この調子で濃厚なシナリオ、期待しております。(ぉ

 

それではこの辺りでお開き。

お粗末さまでした。

 

www.fate-go.jp

 

 

 

2018年!春アニメ!最終回ラッシュ! その3

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2018年!春アニメ最終回ラッシュ!~クロコゲライン~]

 

暑い日は家に籠もってアニメ。異論は認めない。

 

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニル・アドミラリの天秤

(゚ー゚)。○ ( 割りかし凝ったアニメだったな。意外に。(ぉ

なんと言うか、9時台のサスペンスドラマレベルな感じ?(何

そして、そこそこ楽しめるストーリー?(何

結構な人数のキャラが登場したけど、全員分の伏線は尺内で回収してるし、

総合してスッキリ終わったのも良い感じ。

その中でも、販促や乙女ゲーに必要な要素(宣伝と掘り下げ)をしっかりこなしてる。

(゚д゚)< 思うにかなり優等生なアニメなんじゃないか?

ただ、黒焦げ的には、鴻上君と由鷹さんの処理がちょっと雑だった印象を受けた。

(゚д゚)< 鴻上君、なし崩し的に梟に戻るには流石に無理があるw

あの辺りは部長さんが機転を利かせて、

「2重スパイご苦労」とだけ言って貰うだけでも違うのだが・・・?w

由鷹さんに関してはなぁ・・・。

(゚д゚)< お前、周りにあんなに事情通居るのに、もう少しマシに動けなかったのか?

書くだけなら何も問題はない。それは分かってる筈。

誰かに見て欲しいって願望も特に無かったようだし、

事情を説明してオフィシャルに書かせて貰えば良かったと思うのだが・・・。

彼自体がアウラを見える上、生み出せるとなれば、重宝されるのは間違いないし。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( まぁでも、終わりよければ全て良しかな。(ぇ

予定調和ではあるが、隼人君が綺麗に総取りする構図にw

(゚д゚)< ワレェ!婚約者だったんかい!w

あまりにもベタベタ過ぎて、見ながら半笑いだったけど、

でも黒焦げはそう言うの嫌いじゃないです。(ぉ

道教授も天罰下って綺麗に始末されたし、ホント良い落ちだった。(ぇ

程々のクオリティのアニメに仕上がって、何よりだと思います。(ぉ

 

食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車篇

(゚ー゚)。○ ( 連隊食戟の初戦で〆か。成る程。(何

物語のキモとして明かされた過去。やっぱり中々面白かった。

極星寮の黄金期と、ソーマの父ちゃんの過去。

映像になっている以外の所でも、色々と考察しがいのある良い作り。(何

親父さんの摩耗と、薊の思考の果て。

このバックボーンが、今の遠月学園の状況を作り出してるってのがよく分かる。

(゚ー゚)。○ ( 原作もそうだけど、この辺りの伏線の引き方が綺麗なんだよね。(ぉ

もっと妄想すると、親父さんがまた料理をするようなった理由。

十中八九ソーマのお袋さんのお陰なんだろうなぁ・・・w

それが「食事処ゆきひら」を開くのに関係してるのだろうしw

この辺りのエピソード、いつやるのか分からんが楽しみで仕方がないw(ぉ

(゚ー゚)。○ ( しかしえりな様、ヒロインの貫禄出てきたねw(何

序盤はどう見ても田所ちゃんがヒロインだったけど、今回ばかりはえりな様が強いw

反逆者をまとめ上げてリーダー張ったり、トラウマの薊父に啖呵切ったりw

ソーマの親父に夢見る乙女になったり、そしてとうとうソーマにデレた。

凛々しさと可愛さの、両方の魅力が全面に推出された印象だよなぁ・・・w

連隊食戟の後半、えりな様が食戟で活躍するけど、

そこまで見れないのが残念でしょうが無いw(ぉ

諸事情を察するに、次のアニメ化はだいぶ遠そうなのも、なんとも言えない・・・。

(゚ー゚)。○ ( やきもきするが、気長に待つしかないか・・・(何

(゚д゚)< 次のアニメ化、楽しみにしてますよ!ごちそうさまでした!(ぉ

 

ゴールデンカムイ

(゚ー゚)。○ ( 濃いキャラしか出てこねぇ・・・w

登場人物が基本的に悪人。主人公の杉本さんも、善人寄りの悪人w(何

まぁ近代の日本で、砂金の為なら人殺しもやむ無しってスタンスだから、

基本的に悪人になるのは当然の話ではあるw

この一癖も二癖もある登場人物達が、

策謀と己の肉体を巡らせて、砂金の在処の刺青を奪い合うと。

(゚д゚)< これは悪くない。(ぉ

すべての話が、登場人物の濃いキャラクター性を全面に押し出した形で展開する。

だから各エピソードが自然と尖ってくるし、衝撃も印象もかなり強いw

登場する刺青持ちは、最終的には死んでしまうけども、

ただ展開上消費されるって言う感じが全くしないのが凄い。

囚人それぞれの、矜持や狂気がちゃんと描かれるから、

毎回ニヤニヤしながら見れる素晴らしい展開だったw

(゚ー゚)。○ ( 二瓶も辺見も、死なせるには惜しい奴だった・・・w(ぉ

アシリパに関する重要な情報を得た事で、杉本一行は網走へ向かうことに。

まさかの仇討ち所の話じゃなくなってきて、物語が盛り上がってきた。

第七師団の鶴見、そから離反した尾形、幕末の亡霊土方、そして我らが不死身の杉本。

(゚ー゚)。○ ( こんなにワクワクする配役、昨今あったか?w

ほんとこれ、次は何が飛び出すんだろうか。

無事、2期目も近日放送予定。ならば。

(゚д゚)< 次のクールも楽しみにしています!(ぉ

 

多田くんは恋をしない

(゚ー゚)。○ ( 随分強引にハッピーエンド風にしたったなw

最後の数カット、怒涛の展開過ぎて、ファンタジーとしか思えないレベルw

まぁ創作物だし、リアルな悲恋を求めているのかと言われると、NOではあるw

王女に対して婚約破棄とか、地位も名誉も失う以上に、

下手したら市民から恨みを買うレベルのハズ(しかも理由が女絡み)。

流石に、これ全部をシャルルさんに背負わせるのは、ちょっと違う気がするんだw

これ最後の展開って、理論的なシナリオ放棄しちゃったのかね?(ぉ

(゚ー゚)。○ ( これは賛否ありそうな大問題のラストだぞ・・・?

まぁ2人の途中経過は、中々に丁寧に描写されていて、大事にされているのは分かる。

何なら、2人を取り巻く友人達の話をベースに、関係性が発展するって言う、

恋愛物の鉄板、ちゃんとした展開だったし、良く出来てる方だとも。(ぉ

それだけに、最後の強引さにちょっと違和感を感じるのは仕方がないって話で。

これ、女王様だと、ホント逃げ道なさ過ぎだから、

もう少し設定をゆるくしても良かった気がするw公爵令嬢とか、第3王女とかw

まぁでも、それだと悲恋感が薄れちゃうから、微妙だとは思うけども・・・。

(゚ー゚)。○ ( これはバランス難しそう・・・w

最後の良く分からないハッピーエンド。

もう少しスッキリ落として貰えれば、と切に思った次第です。(何

 

鬼灯の冷徹 第弐期 その弐

(゚ー゚)。○ ( 相変わらず丁度いい面白さ。(何

地獄の日常系アニメ、確かに言い得て妙だよね。(ぉ

今回も見てて思ったけども、語られてない設定が深い。

さらっと出てくる風景とか登場キャラ。中心じゃなくても考えられてると言うか。

と言うか、ちょい役のキャラクターがしれっと有名な妖怪だったりするから、

見る人が見れば一発で分かるw(何

そう言う妖怪地獄ネタをしっかりやりつつ、現代風の要素を混ぜ込んでくるから、

ネタとして楽しく見れる、と言う仕組みなんだね。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( ギャグアニメながら、良い仕事してるよねぇw

(゚д゚)< しかし鬼灯さん、まじで有能ですよね。(何

怖いのは違いないけど、しっかり仕事すれば怒られる訳じゃなし。

そもそも本人自体が完璧超人で、凄く頼りになるしw

(゚ー゚)。○ ( これは理想の中間管理職なのでは?トネガワ超えでは?(ぉ

さて、次の機会はいつになるのでしょうか。楽しみですね。(何

(゚∀゚)< また地獄で逢いましょう!(ぇ

 

デビルズライン

(゚ー゚)。○ ( これ、割と面白かったよね・・・(ぉ

いや、菊原が突然爆死した件については、ちょっと唐突過ぎて笑ったけど、

そう言う面白さじゃなくてw(何

続刊してる原作をクローズするのに、だいぶ強引な手を使ったのだろうと予測。

(゚ー゚)。○ ( でもあれはちょっと酷いかも・・・?w

さてこのアニメ、吸血鬼と人間の恋と、吸血鬼を取り巻くサスペンスと、

両輪の面白いストーリーを展開してくれた。

まずサスペンス部分に関して。これはスパイ物並の腹の探り合い。

(゚д゚)< これが以外に悪くない。(ぉ

石d・・・じゃなくて、石丸班長、曲者だとは思ってたけど、二重スパイだったとはw

確かに言われたら、一番しっくり来る配役だw

どう見ても悪人とは思えないムーブから始まり、あの鬼への理解っぷりからの、

もしかしてジェイソン?からの、二重スパイでフィニッシュ。

その周りを動くF班のメンバーも、中々に最善で動いて、

(゚д゚)< お前ら!もうちょっとちゃんとやれよ!(怒

的な感情が生まれなかったのが、非常に素晴らしかった。

F班が残念ながら解体に追い込まれてしまったけど、

(゚д゚)< これは2部開始&再結成のフラグだと受け取っておきます。(ぇ

(゚д゚)< 続きが楽しみですね!(ぇ

そしてこのサスペンス展開にモロに巻き込まれる、安斎・つかさカップル。

流石主役。ピーチ姫もびっくりの巻き込まれっぷり。どんだけー。(何

二人が巻き込まれて行くトラブルを受けて、

深まっていく絆と、深まっていく吸血欲と、その葛藤と、それの克服。

吸血衝動のどうしようもなさも、つかさちゃんの天使の献身っぷりも、

ストーリー中でじっくりと描かれて、お腹いっぱいでなるほど辛いw

黒焦げとしては、

安斎さんが覚醒&横っ飛び壁張り付きスパイダーマン(物理)で、

つかさちゃんを拾って助けるシーンがホント格好良かったし、

その後の二人の会話が・・・、ヤバい。(ぉ

二人のイチャイチャ・・・いや、吸血衝動の制御訓練もまだ途中だったし、

もう少しどうなるか(意味深)見てみたかったけど、最終回になってしまった。

安斎さんがどう言う形で力を制御出来るようになるのか。

そしてその力で一体何をするのか。つかさを守りきれるのか、幸せになるのか。

(゚ー゚)。○ ( ホントもう少し見ていたかった。(ぉ

結果としては、

安斎さんの隣にはつかさちゃんがいて、周りには元F班のメンバーが居る。

そう言うハッピーエンドに違いないのだろうけどもw

(゚ー゚)。○ ( あのED後の強引な幕引きだと、ちょっと不完全燃焼だよ?w

(゚ー゚)。○ ( これは、おとなしく原作チェック案件かなぁ・・・w(ぉ

 

 

今日はこの辺りでおしまい。お粗末さまでした。

2018年!春アニメ!最終回ラッシュ! その2

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2018年!春アニメ最終回ラッシュ!~クロコボクス~]

 

よしよし、今日も順調だな。(何

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・実験品家族 -クリーチャーズ・ファミリー・デイズ-

(゚ー゚)。○ ( うーん、この・・・(汗

この家族、タニス君にしわ寄せ行き過ぎだと思うんだ。(ぉ

天才君とは言え他の子よりも若いんだし、もうちょっと年上陣頑張れないのかと。

(゚ー゚)。○ ( 正直、他の兄姉無能過ぎるって話よ?(何

特にスイシちゃんは、人外由来の欲求もなさそうだし、かなり人間寄りのハズ。

一番タニス君に近い立ち位置なのに、お前が家出のトリガー引いてどうすんねん。(真

つーか、スイシちゃんのテレパス設定、どう見ても作者側が上手く扱えてない。

テレパス特有の思考作法がトレース出来てないからホント違和感がある。

(゚ー゚)。○ ( 上手く使えないなら、そう言うキャラ出さなければ良いのに。(ぉ

そうそう。

(゚д゚)< アイスリ姉ちゃんの蜘蛛腕ってどこ行ったの?

リュックで隠している様子もないし、背中から普通に生えてない。

まさか(あれだけ嫌がってた)薬常飲してる訳もなし。どういうこと?

身体改造計画が上手く進んでるのなら、最終回の茶番はありえない訳だし、

(゚∀゚)< 一体何がどうなってるんだ・・・(唖然

という事で、このアニメは意味分からん。

(゚д゚)< ホント下手くそなアニメだなぁ・・・。(直球

 

弱虫ペダル GLORY LINE

(゚ー゚)。○ ( この辺りが潮時か?(意味深

小野田くんが2年目にしてインターハイ最終日。全体的に敗色濃厚w

(゚д゚)< これ間違いなく、1位はおろか、2位すら取れるか微妙な流れ・・・w

これ、今年は箱根が一旦優勝して、小野田くん3年でリベンジする展開だろうとw

あとは、内容が繰り返しになってる部分も多くて、

いくつか新鮮味にかける所があるのも今ヒトツ。

(゚ー゚)。○ ( ネタ切れ・・・なのかな?(ぉ

まぁ、本筋のストーリーは今後に任せるとして、

アニメ自体は最後まで悪くないクオリティだった。これは平常運転。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( まぁまぁ悪くないアニメだった・・・のか?(投げやり

 

フルメタル・パニック! Invisible Victory

(゚ー゚)。○ ( ん?なんじゃこりゃ?

最終回、何だか良く分からん事になってるな。どうした?

分割クールの告知が入るでもなし。特別番組の予定あり?どう言うことなの?(困惑

(゚ー゚)。○ ( これだったら総集編入れる必要があったのかと。どうした?

まぁでも、シナリオとロボットCGには、一定の評価を送りたいと思います。(ぉ

ロボットCGについては、好みで賛否あると思うけど、

この位なら問題にならないと黒焦げは思う派です。(ぉ

難点を上げるとすれば、

CGで楽出来た筈なのに、総集編を妙に挟んで尺調整したのが気になった点か。

とは言っても、シナリオは中々ワクワクして見させて貰いました。

(当然だけど)シリアスしか無かったから、ちょっと内容が重たかったとは言え、

全体としては面白い部類に入ると思うし。

しかし、続きが気になるだけに、この幕引きはちょっとどうなのかね?

作品も完結している筈だし、もう少し上手く出来たんじゃぁないのかね?

(゚ー゚)。○ ( こうなると、前の制作が良かったとか、変な事言われちゃう・・・。

(゚ー゚)。○ ( うーん、中盤は良かっただけに、これは勿体無い。(ぉ

 

BEATLESS ビートレス

(゚д゚)< ぇぇぇ・・・(ドン引

お前これ、総集編入れて過ぎて尺足りないとか、何やってるの。

地上波最終回をもう少し上手くやると思っていただけに、失望感が凄まじい。

どれだけ大仰な世界観や思想を盛り込んでも、完結しないとかただの出来損ないだよ?

尺が足りなくなった事により、

強引な会話の時間が増えて、それに比例して内容も分りにくくなってるし、

会話だから画が動かない。最終回なのに、アニメとして地味・・・。

そもそも、動かそうにも作画がヤバいので、寧ろ会話が増えてラッキーまである。(ぉ

この辺りのイライラに加えて、主人公や登場キャラにツッコミ所多すぎるのも✕。

(゚д゚)< 主人公がお人好しを超えた軽いサイコパスじみてる。(ぉ

流石にレイシアの事、無条件で信用し過ぎなんじゃないのかと。

だってあれ、仮にレイシアが普通の人間だったとしても、

あんなベタベタに信頼するのは違和感のあるムーブでしょうに。

それこそ、HIEにアナログハックされる人類、ってワードが出てきているんだから、

アラトはもう少しその辺りの事で葛藤しないと駄目なのでは・・・。

レイシアの善意か真意。その辺りを見極める前から全権の信頼を置くアラトは、

(゚д゚)< ちょっと主人公の器に見えないって思うよ?(ぁ

ちょろいだとか、あやつり人形だとか、言われてもホント仕方がない。

(゚ー゚)。○ ( だって事実そうだものなぁ・・・(呆

(゚ー゚)。○ ( あとは登場人物・・・。辛い。(何

何なんだろうねこれ。登場する人間が、どいつもこいつも拗らせた奴ばかり。

HIEとか以前に、お前ら人間としてどうなんだって話ですよ・・・w

このアニメがもう少し良い着地をしてくれたら、

考察しがいのあるアニメだった気がするけど、これじゃぁどうしようもない。(直球

一応最終回までやるみたいだけど、

最後に綺麗にケツを拭けるかどうかが見所とか、ホント残念過ぎるよ・・・。(呆

 

ピアノの森

 |-゚)っ[ピアノを聞くアニメ](何

完全にメインはピアノ。これは過言じゃない。

でもこれ、良い意味でも悪い意味でもある。

ちゃんとしたストーリーはあるんだけれども、軸がピアノの演奏に寄り過ぎてる。

演奏シーンが3DCGだった事も含めて、後半は特にアニメっぽく無かった。

相対的にストーリが弱く感じられてしまった。これは微妙だと。(ぉ

でも裏を返せば、ピアノ演奏はかなり強かったと言う話でもあって。

そっちを目的とするのであれば、相当に気合の入ったモノにはなってる。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 放送局の色が出てるのか、この辺りはお家芸と言えるのかもw

最終回、ショパンコンクールでカイ君がやりきって終わったけど、

マジで演奏オンリーで終わらせるとは・・・w

既に分割クールが決まってるようだし、続きはまた今度!って事なのかね?w

まぁ、次のアニメがあるのであれば、もう少しアニメとしてのドラマが見てみたい。

(゚д゚)< 次はその辺り、よろしくおねがいします!(何

 

メガロボクス

(゚д゚)< 流石に真っ白に燃え尽きるENDじゃなかったか・・・w(何

最後まで見てみれば、メガロボクスっていう新しい要素を組み入れつつ、

原作を最大限にリスペクトする、程良いアニメだった。

最底辺からの這い上がりから始まり、強大なライバルの出現、

そして最後は、生身同士のイレギュラーボクシング。

(゚ー゚)。○ ( まぁ、リアルではそっちがレギュラーだけどw

ユーリの方がギアを脱ぐ展開になったのは少し予想外だったかも。

ありえる話ではあったけど、パターンとして思慮から外していた感があるw

自身のボクサー人生の中で、最大の敵とフェアに戦う。

最初から敷かれてきた伏線を温めて、最終話でしっかりと発火させた。

(゚ー゚)。○ ( 良いボクシングだった。これは胸が熱くなる。(ぉ

まぁでも、エピローグで思った以上にジョーが丸くなっててちょっと笑ったw

(゚ー゚)。○ ( やりきったにしろ、変わりすぎやろw

そして本作の主人公、南部のおやっさん。(ぇ

このおやっさん、ほんといい味出してるし、美味しい所盛っていくし、なんなのw

半アル中のダメダメから立ち上がり、過去直面して立ち直り、

最後の八百長もちゃんと突っぱね、ラストは未来へ歩き出した。

そして、トレーナーに求められていた「立つんだジョー」を言ってくれたし、

もう何だか全体的に美味しい立ち位置。ホントなんなのかとw

南部のおっちゃん、お世辞にも人格者とは言えないし、

どちらかと言えば下衆な部類のキャラクターなんだけど、

この溢れる人間味は不思議な魅力がある。(ぉ

(゚д゚)< おっちゃん!男気見せつつよくやってくれた!ありがとう!(何

メガロボクスとか、原作信奉している人には眉唾ものだったと思うけれど、

今アニメ化するなら、これ位大胆にやって大正解だった。(ぉ

(゚∀゚)< このアニメはちゃんと面白かったし、本当に良かったと思いました。(何

 

 

 

さて、今日はこの辺りでお開き。

お粗末さまでした。