読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

2017年!冬アニメ最終回ラッシュ! その1

アニメ

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2017年!冬アニメ最終回ラッシュ!~鉄血の黒焦げ~]

 

さて、突然始まりました。アニメ最終回の感想まとめです。

久々に時期に間に合った感があり、黒焦げも満足しています。(何

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

青の祓魔師 京都不浄王篇

(゚ー゚)。○ ( うん、安定感は抜群にあった。(小並感

悪い出来では無かったけれども、特別な感想もあんまり無いですかね。(ぇ

流石の人気漫画原作クオリティというか、隙がそんなに見当たらない。

今回の1つの軸となる、主人公サタン息子バレからの友情劇がしっかり描かれてるし、

両親父さんのサイドストーリーもばっちり話に絡んで、構成が秀逸。

詰みかと思われた不浄王討伐も、主人公覚醒で見事撃退。

弟君の目や、敵の真の目的も謎として残り、引きも中々スマート。

これでもかと言うほどの少年漫画。こう言うのは定期的に見たい。(ぉ

何だかんだ一気に見れてしまう安心のクオリティ。

(゚ー゚)。○ ( あれ?結果べた褒めじゃんか・・・w


ガヴリールドロップアウト

(゚ー゚)。○ ( うーん、そんなに振るわなかったなぁ・・・残念だ。(ぉ

全体を通して言えるのが、天使と悪魔設定が全然上手く使われていなかった点。

これ上手く話しに盛り込まないと、ただの日常系アニメだし・・・w

天使と悪魔設定が使われてると思ったら、それはオリジナル展開らしいとか・・・w

これは何というか、原作がこうだから、なるべくしてなった、そういう事ですね。(ぉ

(゚д゚)< これはゆるゆりの下位互換・・・にしかなって無い・・・w

故郷に戻って、折角天使と悪魔のキャラたくさん出せるのに、

次の話ではアホの子が保健所からイッヌを引き取る話とか・・・

(゚ー゚)。○ ( 面白かったけど、これじゃなくね・・・?w

(゚∀゚)< 悪魔組が可愛いだけのアニメじゃった。(何


・南鎌倉高校 女子自転車部

 |-゚)っ[演出に違和感](ぉ

各所に散りばめられた、違和感が凄かったかなと?(ぉ

ナイトライドの性格変貌から始まり、

自転車のマナーを守ってそうで、結構ガバガバに乗り回す。(先生を含む)

何というか、キャラ思考の一貫性がお粗末な影響で、見ていてもやもやしますね。

話を熱く盛り上げたいのは解るけど、前の発言に繋がるように話を展開して欲しい。

(゚ー゚)。○ ( 割とマジで錯乱したのかと思ったぞ・・・(ぇ

 |-゚)っ[ろんぐらいだぁずの勝利!](ぉ


ALL OUT!!

(゚д゚)< スポーツ物は見易くて楽しいなぁ・・・w

最後の話が合宿編で終わってしまったのは、ちと残念ですが、まぁいいか。(ぉ

この作品のイメージとして、敵も味方も派手はプレイをしないと言うこと。

よくある特訓フェーズでは、なんか特別な技術を習得するものだけど、

この作品では、あんまりそう言うことやらなかったんだよね。

ラグビーの本質が、地道な努力と根性、そして力こそパワー、と言わんとしているのか。

トーリーでも、チームワークや家族模様などがメインとなる事が多いのも、

そういうラグビーらしさをお話にしたかったからかもしれないですね。(ぉ

他のスポーツアニメと比べて、心底地味だったけど、

熱い、暑苦しい程に熱いアニメだとは思ったと。(ぉ

まだまだチームが発展途上で、ホントにこれで花園行けるのか怪しいけど、

やっぱり、そこは見所になるに違いないとw

一般的な評価はやや低いけど、黒焦げはこう言うの割りと好き。(ぉ

(゚д゚)< しかし、EDの全力少年は良い。心が洗われる。(何


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

(゚д゚)< これはえらい展開だ・・・こんなの、ざわつくに決まってるわ!w

久々に、主人公側がたくさん死ぬガンダムというか、

生きてる人数数えた方が早いと言うかw

ある意味では、ガンダムらしいと言えばガンダムらしいのですが、

慣れてない視聴者には、とても辛そうではあるw

(゚д゚)< しかも殺し方が毎回心をえぐって来る。(ぉ

鉄華団のメンバーが死ぬ場合は、漏れなく専用イベントがあり、

毎回毎回視聴者にダメージを追わせるトラウマ仕様。(褒め言葉

この辺りの良く練られたシナリオ構成は面白い。しかし、面白いけど、辛い。(涙血

追い詰められた末、オルガさんが死に、三日月が死に、鉄華団は消えて逝った・・・

これは、ガンダム史を振り返っても、

ここまで味方陣営(主人公を含む)を死なせまくった作品はありませんw

最後の後日談によれば、騒動の影響で自浄作用が働いて、幾つかの暗躍はあるにしろ、

姫さんの思い描いた未来に近づきつつある。それだけが救いという。

(ノ_・、)< 鉄華団の犠牲は無駄ではなかったんやな・・・(ぉ

今回のポリシーだったのか、悪人は殺す。慈悲は無い。が徹底されていましたね。

ほんと、大人から子供(オルガと三日月を含)まで、徹底的にやりすぎだろうに。(ぉ

オルガ亡き後、三日月君の成長の集大成とも取れるあの口上、ほんと泣ける。

三日月君の見え難かった真情の変化が、最後に見れる名シーン。これは胸熱過ぎる。

三日月君はあそこまで変わる事ができたのに、未来が無いとは、涙を禁じえない。

(ノ_・、)< 三日月ぇ・・・(何

話は変わって、今回の正妻はなんとアトラちゃん。(ぉ

地味に、幼馴染ポジが正妻になるのは、シリーズでもかなり珍しいw

彼女らの生活が、後日談で語られましたが、無事三日月君の子供を出産した模様。

彼(?)の手には、あの約束のブレスレットが3つ。3つ!

(ノ_・、)。○ ( さっきから泣かされてばっかりや・・・(ぉ

アトラちゃんと姫様は無事結婚したらしく(公式情報)、晴れて家族に。

餌だの燃料だの言われてますが、みんな心が汚れ過ぎてるだろ・・・w

(゚д゚)< 彼女らは晴れて本当の家族になったんやで・・・(何

さて、今回は敵のムーブも中々興味深い。そう、マッキーです。

有能を装って鉄華団に近づき、足を引っ張って自滅するとか、凄い活躍。(皮肉

マッキーは悪魔(バルバトス)に魅せられた、と解釈できそうなのですが、

とは言っても、ポンコツになり過ぎです。どうしてこうなったレベル・・・w

(゚ー゚)。○ ( 情緒の安定したトレーズと謳われたマッキーは何処へ・・・w

最終決戦も、マッキーとの戦闘ではなく、鉄華団リンチのワンサイドゲームに。

恐らくは、戦犯クジャンをどうにかすれば、みんな助かったはずだが。(ぉ

まぁ、ハッピーエンドに関しては、黒焦げはスパロボに任せようと思います。(ぇ

(゚ー゚)。○ ( しかし、ここまで心がえぐられるガンダムになるとは、誰が予想したか・・・w

最後に。

オルフェンズは、任侠ガンダムとしてとても秀逸な出来。

ガンダムのセオリーに、任侠物のエッセンスを加えて、納得のいく作品となっています。

恐らく賛否両論あるとは思いますが、黒焦げとしてはそんなに嫌いじゃないw

(゚д゚)< 良いガンダムじゃった!!

 

 

 

まずはここまで。

けもフレや、その他有名どころが続々控えています。次回を待て!

お粗末様でした。