読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

2016年!秋アニメ最終回ラッシュ! その6

アニメ

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

 |-゚)っ[2016年!秋アニメ最終回ラッシュ!~黒焦少女まとい~]

 

花粉吹きすさび、春の訪れが感じられますが、

黒焦げの中ではもう少しだけ秋が続きますw

 

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

装神少女まとい

(゚ー゚)。○ ( チャレンジよりも、まといを見習って欲しい。(何

無理をしないジャンプ、綺麗な着地。ゆまちによる余裕の決めポーズ。(ぉ

総集編(笑)を残しての余裕の完走。他も見習うべきです。

ふたを開けてみれば、ボス不在という珍しい展開ですが、

このアニメで主軸においている友情と家族愛というシナリオに沿った構成から、

”不要”だと、そぎ落とした結果なのではと思えますね。

10年前の天災から始まる家族の、家族愛は、

父親の涙と、母娘の力によって、家族のみならず世界も救うと。(ぉ

この辺り、パパさんの描写も、といちゃんの描写も、

かなり丁寧に尺を使って描いていて、非常にGoodでした。

(゚ー゚)。○ ( 友情と家族愛。テーマをぶれずに最後までよく走った!感動した!(ぇ

ところで、男泣きするパパさんですが、気持ちは分からなく無いけど・・・w

もう少し踏ん張って欲しかった気もします。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( もう少し力強く送り出すと言うか・・・w

(゚ー゚)。○( カレー作って待ってるぞ、ぐらいやってくれても構わないのだぜ?(ぇ

神様をモチーフにする上で、高次元・多次元のよくあるSF設定を、

くどくない程度に混ぜ合わせて、程よく仕上げた手腕は中々のもの。(ぉ

(゚д゚)< 次元の数が神格に対応する設定は分かりやすいよね!良いと思います!(ぁ

少し不満を言うのであれば、高次元空間のデザインが少し適当に感じてしまった点。

設定や法則性があったのかも知れませんが、ついぞ分かりませんでした・・・。

(゚д゚)< ただ、といちゃんの装飾品のディティールが凝っているのは良く分かる。

七支刀をベースにした草薙の剣、オーソドックスな八咫鏡な盾とかw

そんな説明は無かったけれども、伝わるのはグッドデザイン賞です。(ぉ

それと、分かりやすい天照様デザインの神様も、ミスリード無しでストレスフリー。(何

(゚ー゚)。○ ( この辺の、分かりやすい手触りに拘るのは、いい文明。(何

非常に優等生な作品でしたが、逆に言うと少し地味だったかも知れません。

まぁでも、ゆまちがうざ可愛かったので、良しとしましょう。(ぇ


ブブキ・ブランキ 星の巨人

(゚∀゚)< 最後まで、汚名返上なし、か。(ヤッパリカー

全編通して、登場キャラの一貫性が保たれておらず、

手の平クルクルサーボモーターとは、この作品の為にあると言えます。(ぉ

加えて最後の展開はクソ&イミフの連発です。

 |-゚)っ[駆けつけた仲間ブランキの魅せ場なしw]
 |-゚)っ[緑ブランキの強引な仲直りシーン。イミワカンナイ!]
 |-゚)っ[東母、実は炎帝の脳味噌に、酷いマッチポンプ]
 |-゚)っ[ラストバトルは炎帝オーブ、手足出番無しw]
 |-゚)っ[メインヒロインは礼央子様、どうしてこうなったw]
 |-゚)っ[礼央子様、記憶リセットにつき、東母との約束を果たせない模様]
 |-゚)っ[最終話に謎の主人公葛藤パート、お前そんな性格じゃないやろw]

できるだけ、面白おかしく突っ込んでみましたが、如何だったろうか。(ぉ

ラストシナリオで、これだけの濃度。全編を通したらほんとヤバイ。(真顔

シナリオは糞だとして、ロボアニメとして期待していた訳ですが、

それも微妙だったと言わざるを得ませんね。

(゚ー゚)。○ ( オーブはモデルチェンジパワーアップすると思ってたんだがなぁ・・・

ラストシーン、ブランキの親玉は東母と旅立ちました。

(゚д゚)< もう帰ってこなくて良いですよー!(ぇ


レガリア The Three Sacred Stars

(゚д゚)< 話題性だけには事欠かなかった、稀有な作品。(皮肉

まぁ何というか、石を投げられながらも、

(作画を含め)完走した事だけは拍手を送りたい。(同情

ただやはり、良いアニメだとは決して言えない。これは紳士に受け止めて欲しいw

女の子は確かにとても美しかったのだけれども、

それがアニメの良し悪しに直結しなかったのが、痛恨のミス。

むしろ逆に、姫様が等身大に善良過ぎて、戦いの世界観と全然マッチしない・・・。

可愛さを求める上では、あの性格付けは必然だけれども、

ロボバトルをモチーフにするなら、あの性格では上手く動いてくれないでしょう・・・

せめて、周りの大人達は、姫にもう少し厳しく当たって、甘やかすべきじゃなかった。

(゚ー゚)。○ ( というか、みんな姫様大好きすぎて、正常な判断できてないw

姫様の、ぽわぽわ平和脳は、ほんと色んな所で拙い効果が出てる。

政治的判断を問われる所で、私的感情を優先し過ぎだし、

それをやるにするにしても、もう少し屁理屈を練ってクレバーに回答して欲しかった。

レガリア(姉)を渡せと要求された時も、姉は家族です渡せません、じゃなくて、

対抗しうる軍事力をむざむざ渡して無防備になるわけにはいきません、で全力つっぱ、

裏でお姉ちゃんごめんね・・・するのが良かったと思う。(何

こんな感じで、戦争物をやる上での押さえ所を外しまくっていて、

総合的にシナリオイミワカンナイって言われてる感じか。(ぉ

深い設定ありそうなのに、抽象的表現し過ぎて伝わらない所も非常に勿体無いし、

デザインは中々カッコいいのに、ロボの魅せ方がちょっと下手なのも勿体無いし、

この積み重なるイマイチ感が・・・(^^;

(゚д゚)< 姫様が可愛いだけのアニメじゃった。


・ろんぐらいだぁず!

(゚д゚)< ロングライドはいい文明。はっきりわかんだね。

このアニメの好感が持てる点は、設定と流れにそこまで無理が無い事。

あみちゃんはズブの初心者だけれども、毎日少しづつ自転車に乗っている描写があるし、

周りが全員、自転車経験豊富だから育成計画も万全。(ただし、スパルタw

あと、時間とお金に比較的余裕がある大学生という設定も重要ですね。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 高校は時間があるが金が無い、社会人は金はあるが時間がないw

徐々に距離を伸ばし、長距離、山越え、夜間走、雨天と、次々に成長して、

あずみオータムライド160km完走時は、良くやった感が残る、良い終わりでした。

まぁ、キャラがどうにも、何処かで見たことのある性格付けなのが、

唯一のツッコミどころかもしれませんね。

(゚ー゚)。○ ( ビジュアルだけでも、けいおんに見えなくも無い・・・w

(゚д゚)< ん?唯一?ほんとうにでござるかぁ?(何

(゚д゚)< 例の作画問題と、放送延期問題だな・・・?(ぉ

(゚д゚)< もうなんだ、レガリアと並べたのは悪意があるよ。(ぇ

ろんぐらいだぁずは、総合的にかなり良い作品なのですが、

レガリアに引っ張られて、(製作元が一緒、それが影響で落としたと言われている)

ろんぐらいだぁずの作画と評判を落とした。と言われていますね。

ということで、黒焦げとしては、ろんぐらに問題は無いと考えています。(キリッ

(゚д゚)< レガリアが問題なのであって、ろんぐらは問題ない!異論は認めない!(ぉ

 

 

 

 

以上です。次でラストでしょうか。

お粗末様でした。