読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

2016年!秋アニメ最終回ラッシュ! その3

アニメ

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

さて、少し間が開いてしまいましたが。

 

 |-゚)っ[2016年!秋アニメ最終回ラッシュ! ~黒焦げ on ICE~]

 

ということで、秋アニメの最終回振り返りと行きましょう。

それではネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

・ViVid Strike!

(゚ー゚)。○ ( なんか凄いなこのアニメ・・・w

(゚д゚)< 肋骨はもちろん、奥歯もばっきばっき折れるよ!w

何というか、必ず美少女が病院送りにされるアニメって、

ニッチな需要に答えてる訳ではないよね?w(ぇ

クリスマススペシャルでも残虐シーンを特集流す辺り、製作サイドは明らかに笑わせに来てるw

もともと、美少女が肉体言語で語るシリーズだとは言っても、

ちょっと描写が少年漫画より過ぎる気がするんですが、それはw

今回は特に、ストライクアーツ(魔法使わないで格闘ルール?)で戦うだけに、

殴りあうシーンも多く、本当に最初から最後まではじめの一歩だったんだよなぁ・・・w

(゚ー゚)。○ ( ヴィヴィオちゃんの戦闘は、完全に真柴と一歩のボクシングだったしw

おかげさまで、美少女が殴りあう様を変なテンションで眺める事が出来ました。満足です。(ぇ

格闘描写の作画問題については、当たり外れがあって、お世辞にも褒められないけど、

抑える所を抑えたギリギリラインは確保できてた・・・とは思います。(何

あとは、あのシリアスストーリーパート・・・。

(゚д゚)< いやいや、えぐすぎるやろうこれ・・・w

拳で語った結果、最後は立ち直ったリンネちゃんですが、経緯がヤバイ・・・w

(゚д゚)< 同級生の顔面をグシャグシャにする系のヒロインって、斬新だよね・・・(ぇ

色々あり(笑)、いつもの魔法少女らしからぬ(笑)、魂の熱血スポ根アニメで幕を閉じ(笑)、

いい加減、スタッフも悪ふざけしてるんじゃないかと最近思っていますが、

正直な所、ほどほどに戦闘見れて、程よく女の子がゆりゆりすると言う点で見れば、

需要はあるんだろうと思います。黒焦げ見たいな奴にw(ぇ

(゚д゚)< 健やかな肉体(脳筋)には健全な精神が宿る。これからも皆がんばってね!(何


・終末のイゼッタ

(゚ー゚)。○ ( あー?こう言う感じになっちゃう?(ぉ

序盤はそんなに違和感無く見れたのですが、中盤移行の展開が雑でしたね。

総じていかんかったのが、イゼッタちゃんの対抗馬の用意の仕方でしょうか。

イゼッタちゃんが最強俺ツエーするのは展開として必要なので良かったのですが、

ライバルキャラを用意するまでの設定で既に、

(゚д゚)< ゲールの科学力は世界一ィィィ!(ぉ

過ぎて、最早魔女よりも凄い事になってると言う・・・w

死体からクローン技術で魔女を復活させ、量産する技術が確立できてたり、

魔法の力を既に科学燃料として活用できてたり、

動力問題を魔法でカバーしてるとはいえ、原爆もどき作ったりw

ゲールの技術班優秀過ぎて、第一次世界大戦の設定ガン無視してるよ・・・w

(゚д゚)< こんな技術力あったら魔法無くても戦争勝てるわ!w

加えてストーリーも、エイルシュタットの不利に事が運びすぎというか・・・w

敵国の官僚が堂々と重要会議のパーティーに女ずれで出席してたり、

敵が侵入した際に、運よく魔石が落っこちてきたり、

実は農夫のおじいちゃんが熟練スパイだったり・・・・w

(゚ー゚)。○ ( トンデモ展開が目に入ってきて辛い・・・w

まぁ、魔法設定の下地とかは決して悪くなかったのです。

それをどう戦争終結のネタにするのかと、活目していたのですが・・・

(゚д゚)< 魔力枯らして、この世から魔法オサラバパターンかー。それなー。(何

このパターン、黒焦げは個人的にあんまり好きじゃない奴です。

今までの魔法活劇一体何だったの?と、ちゃぶ台返しだと思っていて。

そもそも、おいそれと魔力全部吸い上げて良いと思ってるのが頭おかしいしw

(゚ー゚)。○ ( これ、地球の維持に必要な力だったりしないの?土地死んだりしないの?ってw

まさしく、後先考えずやってしまった、何とかブランキのお母さんみたいですよこれ。(ぉ

全体のレベルが高かっただけに、厳しい採点で低評価、そんな所に落ち着きそうです。

(゚ー゚)。○ ( なんだろう、魔法少女とお姫様をゆりゆりさせたかったアニメだったのかな・・・?(何


うどんの国の金色毛鞠

(゚д゚)< あっれ?たたむの早くない?w

祭りのシーンから一転、突然にたたみにかかるストーリーに面食らいました。

(゚ー゚)。○ ( 良い祭りダッタナーで終わりそうな展開からの唐突なクロージング・・・w

しかも、たぬき秘伝の幻影の術による、過去回想&邂逅。ここに来て強引なオカルトw

(゚ー゚)。○ ( まぁ、ポコが人間になってる時点でオカルトか・・・w

個人的には、もう少しじっくりうどん作ると思っていただけに、この終わり方は拍子抜けでしたw

(゚ー゚)。○ ( まぁ、原作も終わってないようだし、良くあるあれだろうなぁ・・・w

(゚д゚)< 良いうどん県宣伝アニメだった!のか?!w


・ドリフェス!

(゚д゚)< 声が!声優が!ドイヒー!!!!

アイカツテンプレから繰り出されるストーリー構成は、可も無く不可もなく。

それだけだったら評価する点も多そうですが、さすがにこれは・・・w

(゚д゚)< 声が!声優が!ドイヒー!!!!(2度目

リアルありきのアニメなんでしょうね、これ。

(゚ー゚)。○ ( 確かに、中の人、いや、リアルの人はイケメンなんだよね・・・w

ファンは、下手な事を受け入れた上で見ていると言う、すごい調教具合です。(ぉ

2期、製作決定らしいけど、全然うれしうくねぇ・・・w


・ユーリ!! on ICE

(゚д゚)< これは良いスケートアニメ。ただしホモ注意。(ぇ

このアニメ、最後までスケートに命をかけ、滑りきりました。これはお見事。

本当にスケートシーンが最高に美しくて、男女問わず引き込まれる事請け合いです。

都合上、主人公であるユーリ君のスケートシーンが多く、けっこう同じ曲目を滑ります。

しかしながら、ほぼ同じ構成のスケートシーンを見ているはずなのに、どこか違うスケーティング。

その内面の感情と、前後のストーリー展開から、様々なドラマが生まれます。

細かい演出のなせる業なんだと思いますね。(ぉ

そしてユーリ君に関しては、主人公として堪らなく不完全な所も、とても魅力的なところ。

(゚ー゚)。○ ( 彼、ほんと毎回なんか失敗しそうな雰囲気あるから、ほんとハラハラするんだ・・・w

この不完全さが非常に良いスパイスとなって、このアニメを格段に面白くしていますw

そしてラストの、

ヴィクトルの持つ、2つの世界記録を2人のユーリが更新するってのがほんと熱いと思う。

これのお陰で、ヴィクトルがユーリの監督になった意味とか、いろんな物に決着がつくし

(゚ー゚)。○ ( いやー、良いスポ根スケートアニメだなぁ・・・・

(゚д゚)< と、思うじゃん?(何

ある一点に目を瞑れば、ほんとに良い作品だと思うんですがねぇ・・・w

(゚д゚)< 愛情表現おかしいやろ・・・wホ、ホモォ・・・w(ぁ

ユーリ君がエンゲージリング買い出したシーンは、最早ギャグかと思いましたw

ラストシーンは少し自重して、爽やかな師弟愛っぽく終わった感じですが、

それまでが濃すぎて薄め切れていません・・・・w

(゚ー゚)。○ ( これだけ描写が厚いと、普通に人に勧めにくいよ・・・wほんと困るw

(゚д゚)< ちな、JJは割と好きです。声がいいよね!声が!(宮野フリーク

 

ほい、本日はここまでです。

お粗末様でした。