読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

2016年!夏アニメ最終回ラッシュ! その1

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

最近はPSO2の話題ばかりでしたが、本日はこちら。

 

 |-゚)っ[2016年!夏アニメ最終回ラッシュ! ~このアニオタには問題がある~]

 

と言う事で、夏アニメを最終回を元にして振り返ります。

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

境界のRINNE

るーみっくわーるど内での日常パートを延々と描く、非常にほっこりする作品に動きが!(ぉ

(゚д゚)< りんね君と桜ちゃんがいよいよ進展するのかっ?!w

(゚д゚)< いやでも、動きはあったけど、これはこれでいつも通りやね・・・w

最終話付近に合わせて、二人の恋仲がいよいよ進行しました。ほんとじらし上手w

犬夜叉は、別に嫌いではなかったのですが、本筋がシリアストーリーよりでしたので、

こういった、らんまやうる星のようなラブコメのノリの方が、黒焦げは好みです。(ぉ

気付いて見れば、りんね君の周りには、男も女もライバルだらけw

黄金比率のなしえる、ドタバタギャグラブコメが展開されています。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 来期楽しみやなぁ・・・w


スカーレッドライダーゼクス

(゚∀゚)< アハハハハハハ!(ぇ

いやー、最後までクソアニメの王道を突っ走ってくれましたね。変な笑いが出ます。(ぉ

もう色々とツッコミどころが多過ぎて、些細な所にツッコミを入れる暇がありません。

(゚д゚)< 無意味にマスクを脱いだりするとかね。(ぉ

なんか勢いで押し切ろうとしていますが、普通にヒロインちゃん死亡エンドですので、

(゚д゚)< バッドエンド!w

(゚д゚)< 爽やかに笑ってもごまかされねーからな!w


サーヴァンプ

(゚ー゚)。○ ( おや?このアニメ、後半型だったか・・・。(何

中盤がかなりだれ気味だった事や、構成が女性向けだったために、

度々微妙な気持ちになったことは、否定せずに指摘するとして。

ただ、10話からのラストスパートの出来は、中々魅せるものがありました。

(゚ー゚)。○ ( 最後の最後の処理は、オリ展開だったのか?いささか乱雑に感じたけどねw

こうやって、キャラの過去を掘り下げて、綺麗に構成できるのであれば、

この方向性で、色んなキャラの過去話ぶち込んでもらってもかまわないのよ?とw

あと最後に言わせて貰うと。

(゚д゚)< 横文字英語のカットイン!めっちゃダサい!www(ぁ


この美術部には問題がある!

(゚∀゚)< みずきちゃんのブサ声は、癖になる可愛さ!(錯乱

中の人は、みずきちゃんみたいに、等身大に怒ったり泣いたりする演技がはまり役ですね・・・

過去の作品の中で一番印象が良いというのが黒焦げの意見です。(ぉ

さておき。

内巻君の二次元に生きる様は、ヤバイと言うレベルではないですね。

しかしその牙城がじわりとみずの侵食を受けているのが見て分かり、非常に萌えます。(ぇ

みずきちゃんの泣き顔みて、次の萌え要素決めたり、

みずきちゃんを二次元嫁モデルに起用したり、

好きになった二次元キャラクターが、みずきちゃんの性格と似てたり・・・w

こう言うのを色々と邪推してくと、ほんと心がぽかぽかして楽しい気持ちになります。(ぉ

(゚∀゚)< 薄い本が捗る。(マテ


ReLIFE

(゚д゚)< なるほど、あれほどコミュ障なら、リライフ対象になっても不思議じゃないw(何

最終回に色々ぶち込んできて、中々エンターテイメントしてますねw

まずは、おおが君の告白タイミングw

あまりの出来事過ぎて、視聴者共々目が点になったに違いないw

ただまぁ、狩生ちゃんと無事くっついたし、ナイスエピソードで相違ない。

花火シーンは上記に合わせると思っていたので、

海崎・ひしろんペアが、最後に打ち上げるとは不意打ちでした。

加えてここで、

 |-゚)っ[お互い知らないけど、実は2人ともリライフ対象]

という、記憶消去BADエンド回避、もとい恋人卒業ハッピーエンドの道筋が、

じんわりと現実性を帯びてきたと言う行幸ッ!

しくじらなければ、プラメモばりの悲しい結末を回避できそうで、黒焦げは大変嬉しいです。(ぉ

2期の情報等はまだ出ていませんが、続きが気になる作品でしたね。まる。


・タイムトラベル少女 ~マリ・ワカと8人の科学者たち~

(゚ー゚)。○ ( 良い教育番組だったね!2重の意味で!(何

科学の知識を学べ、それを見た童子にスフィアによる萌え豚英才教育という完璧なコンボ。(ぇ

タイトルから、マリ×ワカを推奨しているあたり、かなり危険な番組だったように思います。(ぇ

と、冗談はさておき。

最後になるに従い、企業家のあんちゃんの外道の本性が、どんどん露になるというw

そして最後は、過去に行ったまま戻ってこれないEND。

(゚ー゚)。○ ( なんというか・・・wご愁傷様・・・・w

シュタゲ風に言えば、写真が出てきた時点で収束する事実だったのだろうから、

まぁ、ドンマイとしか言えんなこれはw

そして最後はマリ(初老)の種明かしシーン。

何ともマイルドな近未来シーンとなっており、原因は不明ですが、

タイムとラベルの種は明かされました。

(゚ー゚)。○ ( 話もそこそこ、久々にスフィアも堪能出来たし、よかったね!(何


不機嫌なモノノケ庵

(ノ_・、)< かかしの話で不覚にも泣いたっ!(ぉ

どうしても、夏目友人帳と比べてしまう事が多いこの作品ですが、

夏目と比べても、自分の色を出せている気がします。

主人公の人柄・性格に起因するストーリー展開の違いがそれで、

終始、ぎやかな作風(たまにうるさいけどw)となっているのが、良いと思います。

妖怪話もかなりしっかり作られていて、ハートフルな話も合格ラインを余裕越え。

見終わってみれば、2期も狙える良い作品だったように思います。

(゚ー゚)。○ ( 何より、警戒していた腐女子要素が皆無だったのが、大きいウエイトだけどなw(ぁ


テイルズオブゼスティリア ザ クロス

(゚д゚)< アリーシャ!ロゼ!ふたりは!なかよし!(何

未だに信じられない話ですが、険悪らしい2人が序盤からイチャイチャしているだと?!

聞いていた前情報とあまりに異なる為、動揺を隠し切れませんw

しかも、剣で切り結ぶ修羅場からの、問答の末、和解という、

何とも男気あふれるヒロインたちの行動に、視聴者はドキドキが止まりません。(ぇ

(゚д゚)< アニメストーリーはこのままこの路線でお願いします。(ぉ

しかしUFO、仕事し過ぎで、作画が軽く頭おかしいことになっています。

まじ(ナムコが)お金あると思って、力入ったという事情が見え見え過ぎて・・・w

まぁ、作品が良くなるのであれば問題は特に無いのですが、

これで本題(黒焦げの主観)の、

Heaven's Feel (Fate)が疎かにならなければ、いいのです。そうなのです。(何

さて、アニメ2期もゲームを無視した路線で進めてもらって、後は楽しくベルセリアやろうぜ!(ぉ


・モブサイコ100

(゚д゚)< 霊幻さん良いとこ全部もってったぁ!!!!!

いやー、なんかあの人無茶苦茶過ぎて好感度上がるね・・・w

ただの詐欺師かと思いきや、料金分マッサージしてたり、まっとうな大人の意見を言ったり、

(゚д゚)<あの人普通に良い人だからほんと困るw

この味のあるストーリーに、不安要素だった原作画がボンズにより払拭されて、

モブサイコのアニメ化は、概ね最高の出来と言った所に仕上がりましたね。

(゚ー゚)。○ ( OPとか中々おされで結構好き。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( これは2期決定も速いかもね・・・・w


・ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

(゚ー゚)。○ ( ラノベ原作とは思えない・・・特大の大当たりやでぇ・・・・w

ちはやふるwwwwと草を生やすのも束の間、

最後の方はそんなの考えもしない位引き込まれました。

戦争・戦記物、まぁ、最近だとアルスラーンみたいな感じな訳ですが、

こちらは主人公のタイプが、黒焦げの超好みのキャラです。

主人公のイクタさん、表面上は、ちゃらんぽらんで女たらし。やる気なしの怠け者。

ただこれは、自分の信念に従って生きている結果で、そこにはちゃんと芯がある。

このイクタさんが知将となって、腐敗した国をどうこうしていくと言う、何ともオーソドックスな良さ。

イクタさんの魅力が一番語れるのは、やはりエンコ詰めるシーンでしょうかw

所謂やくざのアレですが、あのシーンは一見して欲しいw

(゚ー゚)。○ ( イクタさん、まじ凄すぎるよ・・・w

そして相手のヒロイン、ヤトリさんの気位も負けじと凄い。

剣を振るえば瞬時に5、6人切り伏せ、銃弾を見て避ける胆力と、戦闘能力がべらぼうに加え、

「私を殺すわ」のくだりに見られる意思の強さがマジすさまじい・・・。

あのシーンは、イクタさんとヤトリさんの関係性を強く表すシーンでもあり、

強烈な印象として、黒焦げの脳裏に刻まれました・・・w

最終話の最後で、まさかの女王陛下のあの言葉により、先が気になる展開となり、

もうこれは2期やってくれお願いします状態となってしまいました。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 2期も楽しみにしていますね!(ぁ


・91Days

(゚ー゚)。○ ( いやー、なかなかの任侠物やったね。

最後の方の、なんやかんやで取り巻きモブやくざがドサクサで死んでいく感じ?ほんと好き。

(゚д゚)< 任侠物のパターンの一つの、悪人は幸せに死ねない、的なやつね。(ぉ

黒焦げが想像した結末も、

アヴィリオとネロの相打ちENDだと思っていましたが、以外にも、ネロ生存ルートだとは・・・w

しかし、最後の車のシーンは、皮肉のスパイスが効いた中々辛い仕上がり・・・w

殺意を持っている相手どうしで、飯食いながらのラストドライブって、パンチありすぎや。

しかもこのシーン、序盤のドライブと重なって、尚変な味がでていますし。

題材がマフィア物なので、完全に人を選ぶ作品ですが、

どうしようもない世界に生きた、どうしようもない男達を見たいのであれば、是非とも。(ぉ

 

 

 

 

はい。今回はここまで。続きは次回。

 お粗末様でした。