読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

流行に乗れ!ポケモンでGO!

今晩は、黒焦げです。元気です。

ゲームです。

 

さてさて、社会現象待ったなしのあのアプリを、少しいじって見ようと思います。

 

 |-゚)っ[ポケモンGO]

 

それでは僭越ながら、ポケモンGOのいろはを謳いたいと思います。

 

 

1.まずは家を出ろ。話はそれからだ。

家を出ましょう。重要なデバイスはスマホではありません。自分の肉体です。(ぉ

そうそう、携帯のバッテリーだけでは無く、水もきちんと持ちましょう。

この暑い時期、リアルにゲームオーバーになるのは洒落になりません。

 

2.とりあえず近くのポケストップまで歩け。ゆっくりでいい。

あわてず騒がず、近くのポケストップまで歩きましょう。

走りたい人は走ってもかまわないけど、

時速10km以上出すなよ!黒焦げとの約束だぞ!(何

それと、歩きスマホには気をつけて。

画面をずっと見なくても、バイブや音でちゃんと知らせてくれるからね!

 

3.ほら、ポケモンが出てきただろう?モンスターボールをぶつけよ!

モンスターボールは腐るほど手に入るので、心置きなく投げましょう。

なんかカーブをかけたりすると、入る得点が増えるらしい。

うまく当たればgreatが出て、いい感じになるはず。

(゚ー゚)。○ ( しかし、ARでポケモン表示されるのは楽しいなぁ・・・w

 

4.ポケモンゲットだぜ!あとはレアモンを自慢するなり好きにすればいい。

育成要素があるけど、ひとまずはそんなことはどうでもいい。

手当たり次第歩いて、手当たり次第ポケモンを捕まえよう。

というか、超簡単。誰でもできる。(ぉ

レアなポケモンが出て捕まえられたら凄く嬉しい。そしてそれが全て。(ぇ

満足したら、次のポケストップへGO!(※2へ戻る

 

 

 

今日一日プレイしましたが、これが真理だと疑いません。(ぉ

たまご孵化でポケモンゲットするにも、ポケモンのレベルを上げるにも、

歩いて歩いて、ポケモンのダブりを捕まえて、の繰り返しです。

お家で寝ながらゲームしているだけでは、絶対にゲームは進みませんw

(゚ー゚)。○ (いやー、本当に健康が捗るゲームだなぁ・・・w

 

 

さて、なんとなくポケモンGOを分かって頂けたでしょうか。

Ingressをご存知の方は、なんとなく分かって頂けているとは思いますが、

ポケモンGOは、今までの据え置きゲー/スマホゲーとは、

ゲームデザインがまったく違います。

”どうにかして外を歩き回らせる”のが主軸となるようにゲームが作られており、

製作者側もそれを意識したゲーム作りを行っています。

その辺りをきちんと理解していない輩が、

とんちんかんな誹謗中傷を行っているところを見ると、

まじでニヤニヤが止まらない、腹がいっぱいです。(何

 

皆さんには正しい知識を持って、ポケモンGOを楽しくプレイしていただきたいです。

(゚д゚)< 黒焦げとの約束だぞ!(ぉ

それでは、お粗末様でした。