読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

2016年!冬アニメ最終回! その3

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

やっとここまで来たぜ・・・(何

 

 |-゚)っ[2016年!冬アニメ最終回!]

 

いや、もう5月のゴールデンウィークだって事は分かってるんだ。

もうそのあたりは突っ込みを入れないで欲しいんだ・・・(ぉ

 

それでは、気を取り直して行ってみます。

ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

・ハルチカ ~ハルタとチカは青春する~

(゚ー゚)。○ ( ぁー、弾が足りなかったかなぁ・・・?(ぉ

雰囲気とか、話の作りとかはかなり良かったと思うのですが、どうにもラストが・・・w

エピソードに困ったのか、吹奏楽の演奏で強引に押し切った、という印象が否めないですね。

実際ここまでのエピソードで、楽器演奏をしているシーンはほぼなく、全部推理パート。

最終話でいきなりマジもんの吹奏楽の演奏をしても、視聴者は逆にびっくりしますよね?(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 尺あわせ感が凄いなぁ・・・

まぁでも、じっくり見れば絵は綺麗だし、チカちゃんは馬鹿わいいし、良かった部分は・・・ある。

最後まで探偵のノリで押し切ってもらった方が、黒焦げは好みでしたね。

(゚ー゚)。○ (惜しいなぁ・・・・w


・少女たちは荒野を目指す

(゚ー゚)。○ (ぁぁ、なるほど、白箱と同じパターンの作品だったのかw

CMとかを見ていたら気付きました。これ、みなとそふとが原作なのな。

そりゃぁ自分たちの業界ネタなら、リアリティ高めに仕上がるわけだ。納得。

何かにつけて、主人公達のキャラが中々良い感じで(ハラハラさせられる意味で)、

黒田と安東のやりとりとか、痛々しく眺める事が出来ましたね。(ぇ

全員通して、大人(過ぎる)対応ができる所と、高校生らしい動きをする所と、

結構行動にぶれを感じたのが気になったけど、

未熟ゆえの揺らぎでギリギリ説明できるか出来ないかのラインだったかなぁ、とw

(゚ー゚)。○ ( しかし安東さんは損な性格をしていらっしゃるw(ぉ

言い訳というか、説明するときにヘイト溜める言い方しちゃうし、まったくもうw

スクリプターは作業量多いって、メンバーと視聴者に伝わってなさそうなのが辛い。

(゚ー゚)。○ ( 彼女の役割が激務だったと想像できる人どのぐらいいるか・・・・w

(゚ー゚)。○ ( 同業者として好感度を上げざるを得ない。(何

(゚д゚)< ただし漁業描写、てめーはだめだ。(ぉ


・ブブキ・ブランキ

(゚д゚)< び、微妙すぎぃぃぃぃぃぃ!(ぉ

というか、これだけ空転してる作品も珍しい勢いですね。(ぁ

登場人物は敵方の大人ばっかり目立ってるし、

ドラマ、戦闘、ロボット、新キャラと色々詰め過ぎて尺内で処理し切れていない。

(゚ー゚)。○ ( 2期前提でやるにしても、これは無いように思うんだが・・・

中でも致命的なのが、キャラの思考動機でしょうか。

(゚д゚)< 登場人物(主に大人)がお馬鹿さん過ぎる!(ぉ

特にダメなのは東母ですね。

礼央子さんを勝手に不老不死にした上に長期間軟禁。

自分は幸せに子供作って、お空の上に逃亡。

そんで勝手に心臓停止させて、世界中大混乱+礼央子にとばっちりのコンボ。

(゚д゚)< こんなん完全に悪役やないですかーーー!!!(ぁ

どんな大儀があろうと(無いけど)、礼央子さんの怒りはもっともで、

(゚д゚)< 東母は腹を切って死ぬべきである!w

最後に行くにつれ、炎帝チームに同情しそうになりますが、ちょと考えて欲しい。

(゚д゚)< 奴らも負けず劣らずクソ野郎だったことを!(どーん

先生さんと、気が狂った礼央子さん以外は、クズのそれだったんですよね・・・(^^;

このあたりも、恐らくシナリオの不手際で、序盤敵方を下げ過ぎたせいで、

後半のシナリオが台無しになったパターンです。

加えて主人公チーム影薄いし、主人公はろくに戦うシーンないし、

天才ちゃんが一人いれば他の人戦う必要ないし、本当にバランス悪い。

黒焦げとしてはね、もっとね、巨大ロボとかがね、必殺技とかをね、使って欲しかったんだ。(ぉ

もしくはね、主人公チームのブブキがパワーアップして形態変化とか、

主人公の心臓も武器形態に覚醒するとか、

そういうべたべたのべたが見たかったんだよ・・・・

(゚ー゚)。○ ( 二期どうなるか不安だけど、頼むよ・・・?(ぉ


・ラクエンロジック

(゚ー゚)。○ (あれ?1話飛ばしちゃったかな?(錯覚

こう、話と話の繋ぎが荒く、毎回1話飛ばしてしまったのかと錯覚してしまう事がままある。(ぉ

格話の順番とか、その辺りを工夫して見やすくして欲しかったですかね。

あと、”ロジック”ってワードも、もう少し丁寧に扱ったほうが良かった気がします。

(゚ー゚)。○ ( って言うか、最後までこの用語の意味がよく分からんかった・・・w

思考回路、直感、運命、とかそういう意味合いで使われているのでしょうが、

それだと、ロジックって呼び方自体あんまり適切じゃないし、

(゚ー゚)。○ (ちょっと説明あっても良かったんじゃないのかね・・・?

まぁ、販促アニメだと割り切れば、このレベルは普通(諦)なので、もう良しとします。(ぉ


ナースウィッチ小麦ちゃんR

(゚ー゚)。○ ( 小麦メインの話が一番微妙って、なんやねんwww

恐らく、小麦のキャラをぶっ壊れにしすぎて、ストーリーに絡めずらかったのだと邪推。

現に、ほか2名メインのシナリオは、中々面白かった(相対)ので、事実だと言い張りたい。(ぉ

まぁでも、やっぱりこれは適当に作り過ぎかなぁ・・・w

Rの伏線回収も、最終話の落ちも、恋の行方も全てが雑だし、ほんとなんぞこれはw

最近流行のアイドルものを狙っても、仕上がりが明後日過ぎて、非常にカオス。

最早、こういうカオスさを楽しむアニメと割り切るのが、一番楽しめる気がします。

(゚ー゚)。○ ( お腹一杯・・・・(何


・Dimension W

(゚д゚)< 普通で面白かった!(意味深

純粋なSF設定を軸にしつつ、実はオカルトもいけるのよ?と、多彩な展開で魅せてくれました。

流石にオカルトやられたときには、

(゚д゚)< 洋食料理屋だと思ったら、和食出てきた!うわー!(何

感はありましたが、出てきた料理がうまいなら、ならばよし。

オカルト展開も含めて、最終エピソードの伏線として処理してますし、

やはり色々と上手だと思います。

必要なエピソードをちゃんと組み立てて、尺にちゃんと収まってた。後味も良い感じだね。(ぉ

しかし、マブチの旦那は本当にいいおっさんキャラだと思います。

 |-゚)っ[ぶっきらぼう+実は良い人+熱血漢]

というトリプルコンボを決める、おっさん系ヒーロー。黒焦げに良し。

戦闘シーンの必殺仕事人具合も、毎回無駄に格好いいしなぁ。惚れるwww

あとはミラちゃんとのやり取りも秀逸。本当に和む。(ぉ

あの夫婦漫才(意味深)も完璧だし、本当に思い返せば色々と泣けてきますね。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 亡くなった人たちの分も、あの2人には幸せになってほしいなぁ・・・

さて、原作は終わっていないと思いますので、場合によって2期がありそうです。

(゚д゚)< その際は、ぜひともオナシャス!(ぉ


・ハイキュー!!

(゚ー゚)。○ ( うむ。やっぱりこれは動画映えする作品だなぁ・・・w

今回は青葉城西とのガチバトルがメイン。

本編でも、ここが一番盛り上がった印象があります。

もうここがクライマックスなんじゃないかってぐらい熱い展開なのですが、

(゚ー゚)。○ ( このクオリティになるまでが本当に長かったんだよなぁ・・・w(何

3期決定で次回は白鳥沢戦とのガチバトルのようです。

(゚ー゚)。○ ( この調子ならアニメはもう鉄板かな・・・


・灰と幻想のグリムガル

スローライフ+ファンタジーをリアルに描写し、オンラインRPGのエッセンスを混ぜる。

この基本構成に忠実に、人物描写とストーリーを大切にしながら最後まで走りました。

アコのマナトさんが、物語のキーパーソンだったわけですけども、

このあたりは、メタ的に考えると、結構なネタだったりもしますね。

(゚∀゚)< ちょwwwアコなのにタンクで殴りwwwしかもPTの先頭ってwww

まぁマナトさんの死は、その後のストーリー上必要だと思いますし、

真ヒロインのメリイ姉さんの登場もあって。しょうがないか。(ぇ

しかし、味方側がガチ死亡するのは、

オンラインPRGベースの世界観だと、扱いが非常に難しいと思うんですよね。

そこをじっくりやったから、見ごたえもあったし、

ラストのボス逃げ狩りも熱い展開として見れました。

(゚ー゚)。○ ( 最後のアクションは本当にワクワクどきどきしたなぁ・・・・w

黒焦げとしては、もう少し恋愛要素あっても良かった気がしますが、

まぁ、そこまでは尺が許さなかったのかとも思うので、求め過ぎですかね。

(゚ー゚)。○ ( しかし、あの盗賊の特訓。あれなんてご褒美なんですかね?(ぉ


・シュヴァルツェスマーケン

(゚д゚)< 鬱アニメだよ!注意して!w(ぉ

いや、マブラブの系譜だって知ってるから、みんな分かってると思うけど、一応w

実際見てるほうもずっとシリーズ追ってるファンしかいないし、

作り手もそれを分かっているのか、完全に初心者お断り作品となっております。

加えて今回は、ドイツに関する歴史的知識も必要で、ハードルがなお高め。

それを乗り越えて、見た黒焦げの感想としては・・・。

(゚д゚)< 見ごたえ十分。ってか濃い。濃すぎる。胸焼けする。(ぉ

色んな鬱展開がありましたが、中でも妹ちゃんの境遇が本当にヤバイ。

(゚ー゚)。○ ( うぉぉぉ・・・・ムカムカする・・・。まじ胸糞悪い・・・。(何

これをやらないと、最後の演説に説得力と深みが生まれないので、

ストーリー上やむなしとはいえ、もうちょっと救いがあっても良かったと思うんですが・・・(ノ_・、)

この展開だと、どう頑張っても妹BADENDしかなく、ゲームで専用のルートあるのかもしれんが、

それ多分仲間裏切りBADENDだと思うので、心底辛い。

黒焦げはその日寝つきが悪くなるぐらいダメージ食らったので、見る人は気をつけてください。(ぉ

(゚ー゚)。○ ( しかし、盛大に死んだなぁ・・・生存者がほとんどいない・・・w


ダイヤのA

(゚д゚)< 良いスポコンアニメだった!(べた褒め

本当に幾らでも見ていられるぐらい面白いアニメでしたね。

世代が入れ替わって、チーム力がリセットされて、また成長して、強敵と戦って。

この流れが非常に綺麗で、毎回ワクワクするのが素晴らしい。

球漫画には珍しいと思うのですが、投手が2枚看板のライバル関係というのも○。

主人公の沢村と、降谷の切磋琢磨感が良い感じで、お姉さまも大喜びですね。(ぉ

しかし沢村、ちゃんと主人公してるなぁ・・・w

後半のイップス克服からの球種が増えるくだりは、本当に秀逸だと思います。

(゚ー゚)。○ ( 沢村さんマジチートっすwマジパネッスw(ぉ

ライバルチームのドラマも毎回よく出来てるし、本当に隙がねぇなw

(゚д゚)< 素晴らしいスポコンアニメだった!(ぉ


・最弱無敵の神装機竜

(゚ー゚)。○ ( うーんwだめ、かなぁ?w

なんというか、普通でしたね。

むしろ、タイトル詐欺だった分、評価が下がってしまうかも。

最弱とはいったいなんだったのか、製作陣にはもう一回考えていただきたい。

あと姫様。もう少しヒロインの貫禄をですね・・・w

最後の方とか、主人公をサポートするモブメカニックと同等の扱いだったのですがw

まぁ、質の悪いラノベ系アニメだったと言う事なのかね・・・・?


・JKめし!

ねーよ、ねーよ、と言って、ついつい最後まで見てしまいました。

JKめしには本当にたくさんのネタを頂きました。(何

アニメの料理?を見て、OK・NGを出す作業は、実は結構楽しかったんですよねw(ぉ

最後の方は大人しいメニューが多かったけど、チョコバーがあったので良しとしよう。(ぇ

結構人気があったのか、リピート放送もしているようですね。

気になった方はぜひともご覧ください。(ぉ


魔法少女なんてもういいですから。

(゚ー゚)。○ ( うーん、感想が、ない。

尺が短い上、魔法少女要素は変身シーンのみ、敵は出ない。

これに感想を出すのが難しいと思うのだが、どうか。

基本ギャグパートオンリーだし、そこらの日常系の劣化にしかなってない気がしてきた。

(゚ー゚)。○ (赤点かな・・・。


・おそ松さん

(゚д゚)< これはひどいwwwww(褒め言葉

1話使って、カオス最終回の前振りとか、これ怒られなかったのかな?www

最後は、なんか最初のおそ松さんの方向性で終わってくれたので良かったのですが、

中盤は少し評価が変わるかもしれません。

(゚ー゚)。○ ( 視聴者層を意識するのはかまわないけど、それでアニメが面白くなくなるのは・・・

特に年明けの展開に不安を覚えましたが、終わりよければ全て良しですね。

(゚д゚)< おそ松さんでした!(何


・無彩限のファントムワールド

(゚д゚)<いやー、いろいろと良い着地だったかもね!(ぉ

主人公が前半戦無能っぷりを披露していましたが、それは成長の前振りだったのですね。

確かに、主人公が露伴先生よろしく、空中召還しだした頃から、ぐっと格好良くなりました。

最終話の召還は、マジか!やるな!と思わされましたので、上出来でしょう。

最後までヒロイン不在の感じが、少し煮え切らない感じでしたので、

そのあたりは改善の余地がありそう。

(゚ー゚)。○ ( 周りで無駄に色気を振りまけば良いって訳じゃないんだよ?乳先輩?(何

(゚ー゚)。○ ( あと、滑りギャグのお家芸を何とか知れてもらえればもっといいかな。(ぁ


アイカツ!

(゚д゚)< アイカツ・・・終わってしまったか・・・(喪失感

実は黒焦げ、第一話からずっと追っかけておりました。(暴露

(゚∀゚)< ぁ、アイカツおじさんではありませんよ?(ぉ

今年に入ってからまとめに入っている雰囲気でしたので、もしやと思っていましたが・・・・。

兎に角、このアイカツというアニメ、本当に良い作品でした。

女児向けアニメは、大体1話見て切る(例外:プリキュア)のですが、

このアイカツは1話から飛びぬけて面白かったのを覚えています。

予想通りというかなんというか、とても人気が出て、都合4年も続くシリーズとなりました。

比較的リアリティのあるアイドルの仕事を、コメディタッチの幸せな世界(重要)で描かれ、

女児、おじさんともにWinWinなアニメだったように思います。

中々メッセージ性も強く、

天才肌のスター宮さんからの、努力家のあかりへのバトンタッチ、

そこから、あかりがスターライトクイーンになった事は、非常な重要な意味があると思います。

(゚ー゚)。○ ( 主に、教育的な意味でw

界隈では、バンダイ立ちからのモミの木切り倒しが、ネタとして有名ですが、

最終回でもやってくれました。これはずるいwww

(゚ー゚)。○ (今年のクリスマスが大人しかったのは、最終回への伏線じゃったか。(ぇ

と、アイカツについて感想を書いていったら、膨大な量になってしまうな。(ぉ

ここいらでやめておきます。でも最後に。

(゚д゚)< アイカツはいいぞ。


・ノルン+ノネット

(゚д゚)< うげぇ!サイコすぎるぅ!!!(何

なんかストーリーが蓋を開けたらサイコチックでした、というのがきつかったですね。

作風でだいぶ薄まってはいますが、世界観は中々えげつない。

世界のリセット、自分のエゴで人類滅亡戦争を起こす、などなど、暗躍組みがサイコ。

黒焦げとしてはそっちに目が行ってしまい、

こはると駆のラブストーリーがあんまり入ってこなかったのが残念でした。

そもそも、登場人物の思想が、ぶれぶれなのが

感情移入できない理由の一つなのかもしれません。

(゚ー゚)。○ ( 普通に考えて、もっと良い選択肢あったんじゃないのかよ・・・(ぁ

(゚ー゚)。○ ( リセットとか、大量虐殺と何が違うんだよ・・・(ぉ


・だがしかし

(゚д゚)< いいね、いいよ、この中途半端さ。まさに駄菓子じゃないか!(褒め言葉

駄菓子をモチーフにする、ということは、日常系は必然。

ということは、やまなしおちなしいみなし、になるのは当然ですね。

ちょっとえっちなほたるさんが、ココノツくんをワチャワチャしながら、駄菓子を食べる。

それをサヤ師がもやもやして見てる。兄貴はおまけ。

ある意味で、バランスの取れた日常系アニメに仕上がっていると思います。

そういう意味を込めて、やっぱり、

(゚д゚)< 良い駄菓子アニメだったんじゃないのかな?(ぉ

(゚ー゚)。○ ( というか、駄菓子食べたい。(ぇ


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンス

(゚д゚)< 生き残った・・・のか?w

流石ガンダムシリーズ。安定した面白さで、最後まで楽しく見させていただきました。

特に今回は、登場人物により少年が多い。しかもほぼみんな戦闘員という、

過去最大に登場人物の年齢層が低いのではないでしょうか。

(゚ー゚)。○ (少年というよりは、女子供が多いしね・・・。

その未熟さゆえの考え方、行いといった、そういったもろもろを、

毎回危なっかしく眺める、というのが、この作品の基本スタンスだったように思います。

そこを踏まえると、数少ない味方の大人組みが、とっても人格者が多いw

おやっさん、名瀬の兄貴、メリビット看護婦さんとかですね。

彼らが、見守る事で、鉄華団は最後まで走りきれたのではないでしょうか。

最後のオルガとか、目も当てられんけど、それを止められないメリビットさん辛そうだったなぁ・・・

しかしマクギリス。かなりキレッキレの悪役きたな。(ぉ

本当にこの人、過去最大に有能で欠点のない、完全無欠の仮面の悪役になりそう。

(゚д゚)< ぁ、もちろん、あのゲスな性格も含めてだよ?w

というか三日月さん、結構バルバトスに体もってかれたなぁ・・・

本人意に介してないけど、あれ、結構ヤバイ状況な気がするのですけど。

2期目の開始直後で、いったいこの辺りがどう処理されているか、楽しみですね。

最後に、アトラとクーデリアに慰められる(意味深)三日月さん、とても嫌そうでしたね。

(゚ー゚)。○ ( それで良いと思います。最高です。(ぉ

 

 

以上!長文失礼。お疲れ様でした。

 

この冬は、大作のアニメが終わったりと、色々節目を感じました。

寂しくもありますが、それもしょうがないとも理解しています。

というか、この4月にたくさんの新作アニメが始まってますので、

感傷に浸っている時間はありません。(ぉ

 

という事で、本日はお開き。

お粗末様でした。