読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

2016年!冬アニメ最終回! その1

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

さて、4月です。

新作アニメが始まっていますが、その前に一仕事済ませましょう。

 

 |-゚)っ[2016年!冬アニメ最終回!~アニメ心中~]

 

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・アクティヴレイド -機動強襲室第八係-

(゚ー゚)。○ (ん?しれっと二期決定した?w

うん、あざとい。何から何まであざといwwww

全体的なシナリオも、鉄板をなぞるあざとさ。

ゆえに安定して面白かったけど、安定して展開が予想できてしまうのが残念だったでしょうか。

スーツデザインは黒焦げに良し。赤と青のスーツとか、THE主人公、まじあざとい。

後発で登場するスーツも、スピードタイプ・パワータイプとか、ほんとまじあざとい。

良く考えて見たら、これ、平成仮面ライダー(アニメ)だった気がするね。

通りで、楽しく見れたはずだ。ライダーならしょうがないね。(ぇ

(゚ー゚)。○ ( この調子なら、2期も楽しく見れそう・・・・w


僕だけがいない街

(゚ー゚)。○ ( うーんwww

間違いなく面白かった。そういえるのは確かなのですが、ラストは結構釈然としないw

というか、奇抜過ぎるのではないかと思うのですよw

主人公が植物人間となって時間が経過するとか、そんあアクロバティックな事しなくても・・・w

目覚めた主人公が見たのは、結婚したメインヒロインだった・・・・?

(゚д゚)< しかも子持ちだったーーーー!w

色々考えると、やむなしだとは理解できますが、まさかそう来るとは思わなかったと

視聴者のほとんどはそう思ったと思います。

まぁ、メインヒロインについては、もしかしてあの女子高生さんだったのでは?と、

別な解が得られる可能性もあるので、深い突っ込みは無しでいきましょう。

そして最後の、犯人との決着。

なし崩し的に逮捕されましたが、当初主人公は捕まえるつもりさえなかったように見えましたね。

何と言うか、その辺りの心情描写も、なんだかもやっとしますし、

(゚ー゚)。○ (この主人公は、仙人か何かなんですかね・・・・?(ぉ

さながら蜘蛛の糸をたらしていたのは、主人公さんだった言うこと?(何

最後は気分爽快!とは行かないにしろ、

前半から中盤に掛けてのサスペンス展開、

かよちゃん(幼)とのどきどき青春のひとコマは、最高に良かったと思います。

それだけでも十分に見る価値はあるように思いますので、

気になってる方はぜひとも見て欲しいですね。


・ディバインゲート

(゚ー゚)。○ (うーん、雰囲気”だけ”アニメだったか・・・・(ぉ

重苦しい雰囲気、原作に近いキャラデザと塗り。出だしは良い感じだと思ったんです。

しかし、色々と中途半端というか、滑っているというか・・・

アニメ途中での突然の語りは、100歩譲ってセーフだとしても、

ストーリー展開事態がクソ過ぎる。(ぉ

まず円卓の騎士チームが全員生きていた件について。

(゚д゚)< は?じゃぁなんであんなに殺しまくって全滅させたの?(怒

もうね、下手糞かと。あんなんやるくらいなら、3人ぐらい生き残せばよかっただろうに。

アレが許されてしまうと、赤い子の親父さんも、ドロシーも生きてることに出来ちゃうじゃん・・・

(゚∀゚)< まじ萎えですよ・・・・

加えて主人公チームの活躍のしなささ。

実は振り返って見ると、まともに戦闘して無いし、まともに勝利を収めたシーンも少ない始末。

逃げたり、庇われて助けられたり、そんなのばっかりで、

最終話も戦闘せずに悟って終わるとか・・・・

久々に、ふぇ?終わり?ってなったって話ですよ?

販促だからと言って、適当に作らないで欲しい。マジ頼むよ。

(゚д゚)< パズドラはちゃんと作れよ!(ぉ


ヘヴィーオブジェクト

~処方箋~

1.ポンコツお姫様を愛でます
2.ポンコツお姫様が窮地に陥ります
3.おうじさまが、知らせを聞いて作戦を練ります
4.アメリカンな友人が見かねて助っ人に加わります
5.知恵と勇気でオブジェクトを撃破します
6.ポンコツお姫様は救われ、ハッピーエンドです

最高に黒焦げに良しなアニメでした。

クウェンサーとヘイヴィアの、アメリカンテイストの軽口は、

最後まで見ていて飽きませんでした。

流石にエブジェクト弱すぎ、都合よく話が展開しすぎ、など感じる部分はあったにしろ、

まぁ、そんな細かい所はキニシナイ方が、このアニメは楽しめると思います。

リラックスして、ジャイアントキリングが楽しみたいなら、

ぜひとも見ておくことをお勧めしますよ!(ぉ


・ GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

(゚д゚)< 神 降 臨 !(ぉ

しかし、コミケにロリ神様降臨は拙い。火薬庫に爆弾ほおり投げるようなもんだぜ・・・(何

少々駆け足な部分も多く、もう少し落着いてストーリーを展開させた方が良かったのでは、

と思う部分もありましたが、今回も十分に満足がいく形ではありました。

全体的に政治色の強い会話が多く、自衛隊俺ツエーが見たいだけだった人には、

退屈する部分もあったかもしれません。

まぁ、黒焦げとしては、そんな部分も全然楽しめる、むしろばちこーいなので隙は無かった。

しかし、ドラゴン狩りは熱かったですね。

あの話だけ完全にモンハンでしたが、手に汗握る伊丹ボマーっぷりは最高でした。

(゚ー゚)。○ ( みんなの伊丹さんへの評価が、やばい事になってるけど、しょうがないよね!

作中誰もが、伊丹なら・・・伊丹なら何とかしてくれる!って言いまくるのが、

完全に伊丹さん、主人公の風格ですわ・・・・w

原作のストックを考えると、大分やりきった感じがあるようで、一段落、ということなのでしょうか。

機会があったら続きが見てみたいですね。


金田一少年の事件簿R

(゚ー゚)。○ ( 金田一少年はほんとチートだなぁ・・・w

犯人も、必死になって考えたトリックがいとも簡単に解かれるのは溜まったもんじゃないよねw

相変わらず安定のクオリティだったわけで、

金田一さんのチートっぷりを楽しみながら見る事が出来ました。

(゚ー゚)。○ ( 原作読み直そうかな・・・(ぉ


・おじさんとマシュマロ

(゚д゚)< おじさんがマシュマロン!(何

どうも、目が悪くて最初は上のように見えましたが、実際大体あってますねw

難聴&鈍感系ハーレム主人公(おじさん)という、

ある意味使い古された新しいジャンルを開拓した意気込みが感じられる作品でした。

基本ギャグですので、何も考えず最後まで見ました。

ずっと見てたらマシュマロが食べたくなったので、買ってきて食べました。(ぇ


ルパン三世

(゚ー゚)。○ (うんうん、良いルパンだったね・・・・

今現代が求めるルパンは、このテイストのルパンだ!という、

みなが求める理想のルパン像がここにあったように思います。

カリオストロのルパンほど善人ではなく、原作ルパンほど悪人でもない。

笑いを交えながら、飄々とお宝を盗み、本質はちゃんと泥棒をする。

黒焦げ個人としては、悪い点がほぼ見当たらない、良いルパンだったと思います。

各キャラにフォーカスを当てたエピソードも中々良い出来で、

中でも銭型のとっつあんが、かなり良い味出しているように感じました。

(゚д゚)< ルパンとの獄中生活とか!とても良かったと思います!(ぉ

(゚ー゚)。○ ( 次回作のルパン、次は何なるかな・・・?映画かな?


昭和元禄落語心中

(゚д゚)< ぉぉ!二期決定とな?!やったぜ!

今期1、2を争うほど、ストーリーが濃厚で、演出が良く出来たアニメでした。

何が良かったと聞かれれば、やはり菊さんと信さんの関係性でしょうか。

腐女子の餌にするには勿体無いほどの、兄弟愛と師弟愛です。

戦争から帰ってきて抱き合って泣くとか、おいおまえ、そういうシーンじゃないんだよ!

戦争に行って音信不通だった兄ちゃんがちゃんと帰ってきたら弟だったら泣くだろ普通・・・。

幼少の頃互いに捨て子の境遇で拾われ、恨み羨まままれ過ごした青年時代。

真打になって破門。再開の二人会、最後の悲しい別れ。

菊さんのドラマチック過ぎる人生は、ぜひともアニメを見てじっくり味わって欲しい。

しかし最終回、かなり味のある最終回だった。

菊さんは信さんの落語を全部背負う意味で、八雲をあえて襲名するとか、

どれだけ重くて悲しい話なんだって事ですよ。

信さんがちゃんと生きていて、2人で落語をやっていたらと思うと、本当に泣けてくる。

(゚ー゚)。○ ( 菊さんの落語が、以前の辛気臭い落語に戻ってるの見るのはもうヤバイ・・・

なんだかんだで、回顧録は終わって、2期は現代編でしょうか。

(゚ー゚)。○ (といっても昭和だけどwww

与太郎さんの落語が、信さんと菊さんの落語のどちらにも似ていて、

愛されてるんだなぁと草をはやしている所に、

(゚д゚)< 助六を継がせてくれねぇか!(ででーん!

とか、最終回にぶっこんでくれました。

あの昔話を聞いたうえで、それを言うあんたは何モンなんだとw

まぁそのあたりも、挿入されるGoodな落語で、素敵に盛り上げてくれると信じています。

(゚ー゚)。○ (二期、楽しみだなぁ・・・・w

 

 

 

はい、一先ずここまで。続きは次回。

お粗末様でした。