読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

2015年夏アニメ最終回ラッシュ! その4

アニメ

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

さて、本日で今年の夏のアニメの総決算といきましょう。

 

 |-゚)っ[夏アニメ最終回ラッシュ! ~笑顔です~]

 

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

・だんちがい

(゚д゚)< 無防備なお姉ちゃんがエロい!(ぉ

なんか構成として、兄貴を中心とするハーレムものみたいな感じになっていくのが、

非常に違和感のある作品でしたね。

兄貴は確かにいい奴だけど、あれほど好意をもたれるはずは無いのだが・・・・w

(゚ー゚)。○ (たたかおう、げんじつと。(何


・おくさまが生徒会長!

最後の最後まで、奥様劇場を貫きました。天晴れです。(ぇ

作品中、不穏な雰囲気を感じるや否や、即開始される奥様劇場。

この、

(゚д゚)< エロシーン地上波で流せないから、いっそのことネタとしてぶっちぎるぜ!

見たいな気迫は、確かに感じました。そして、

(゚д゚)< 見たい人は、DVD買ってね!

という気持ちも、同時にビンビンに感じました。

うん、黒焦げは買わない。(ぉ


・ケイオスドラゴン 赤竜戦役

(゚ー゚)・・・

近年まれに見る酷さ。

胸を張って、今期最低の不名誉を与えたいと思います。

主人公の性格がぶれっぶれで、見ていて不快なのと、

供物を捧げても能力が発動しないインチキシナリオ。

敵も見方も、誰も彼もが頭悪い上に、迂闊ですぐ死ぬ。

剣に魅了されてる系女子は、無駄に生き残ってるわ、

かと言って、メインヒロインのみゆきちは死ぬ上、無駄死にだし、本当になんだよこれ・・・

(゚ー゚)。○ (円盤の売り上げもかなりあかん事になるのは必然だろうこれ・・・


・ミリオンドール

明らか低予算なので、クオリティを求めるのは間違っているのでしょうね。

ライブシーンのダンスCGでさえ、なんか違和感のあるモデリングだし、これは辛い。

(゚ー゚)。○ (同時期にデレマスやってるのが、特に痛い・・・

あと話の方は・・・どうだったんだこれ。

ユニットを応援するブロガーと、ソロを応援する現場オタの対比だったのだけれども。

ライバル同士な展開なのか、和解なのか、共闘なのか、なんだかさっぱり纏まらない感じで。

アイドル側の葛藤も時間が無さ過ぎて描けてないしなぁ・・・

もう少し、尺と予算があればどうにかなったのか?

(゚ー゚)。○ (どうなんだこれ・・・・


純情ロマンチカ

(゚д゚)<ウボァー(ぇ

吐くぐらいだったら見るなって言うねw

同時期にやっていた機関銃がかなり見やすかっただけに、純粋なBLはかなり・・・(^^;

登場人物の性別を抜きにすれば、ラブコメディとしては結構楽しめる部類。流石人気タイトル。

しかしこのシリーズを見て毎回思うのは、櫻井さんがヘタレすぎる件だw

作者が女性なのが起因しているとは思うのだけど、

あそこまで踏ん切りの悪い男子はファンタジー過ぎると思うんだ・・・w

(゚д゚)< あ。あと余談だけど、男は疲れてると性欲沸かないよ。(真迫


・がっこうぐらし!

(゚д゚)< 今期最大のダークホース。がっこうぐらしの登場だぁ!(何

一部の些細な点を除けば、かなりの完成度だった事を認めざるを得ない。

(゚д゚)< 始めに言っておくと、些細な点って言うのは、屋上が炎上した件ね。(ぉ

アレに関しては、大爆笑した、とだけ言わせてもらおうと思うw

さて、まさかこんな深夜に萌絵でパニックホラーが見れるとは思っていませんでした。

特に個人的には、ゾンビパニック回と、日常回の割合、ギリギリのバランスを評価したい。

(゚∀゚)< 日常でプール回があるからこそ、ゾンビ回が引き立つってもんですよね。(何

あとは登場キャラクターのリアリティのある強さ(身体能力・精神面)。

完全に女子高生で、かなりハードモード過ぎて、特に序盤のゾンビ回はひやひや物でしたね。

(゚ー゚)。○ (最高に面白かった・・・w

キャラの中でも、特に斬新に感じたのはゆきちゃん。

自分のSAN値はピンチなのに、他の人のSAN値は下げキープ出きるムードメーカーとか、

今までのパニックホラーでは見た事がありませんw

演出の中で感銘を受けたのは、ラストのめぐねぇ(幻影)の取り扱い方ですね。

立ち止まるゆきちゃんをめぐねぇの幻影が放送室へ導くっていう、

この流れだけ見るとよくある展開なんですが、そこに行き着く複線が非常にGood。

アニメを順に見ていると、

みーくんがめぐねぇ(ゾンビ)を発見→撃破

→サイレンでゾンビが地下に集中→みーくんが大量のゾンビに追い詰められピンチ

→ゆきちゃんの前に、めぐねぇ(幻影)出現

(゚д゚)<これね。(何

ゾンビ状態から開放されためぐねぇが、ゆきちゃんたちを助けに来た。

そう考えられる余地があるのがすごく良いですよね?(何

なんだかんだとパニックしたあとは、ちゃんとがっこうぐらしを卒業する、まであったし、

なんと至れり尽くせりの見やすいアニメなのか!(ぉ

日常ものを求めている萌豚さん達には核地雷なアニメですが、

面白い作品ですので、興味が出た方はぜひとも見て欲しいものです。

さて、最後に。

(゚д゚)< おい!シャベルっ子!戦闘要員はちゃんと肌を隠しなさい!

(゚д゚)< たとえば、ハイニーソ履くとかさ!(趣味


・ウルトラスーパーアニメタイム
 ・ミスモノクローム
  時折ゲストでうーさーが登場したり、声優が無駄に豪華だったり、
  相変わらずのモノクロームでしたね。

 ・うーさー
  (゚д゚)<その人狼クソゲーすぎるだろ!

 ・わかばがーる
  (゚ー゚)。○ (こんな所にかくれ日常枠が・・・・
  (゚ー゚)。○ (しかし、OPの花畑で手をつないでグルグルが、シュール過ぎる・・・・(何


戦姫絶唱シンフォギアGX

(゚ー゚)。○ (相変わらず、クオリティくっそ高けぇなぁ・・・・w

まぁでもアレですね。ネタ切れ。

流石に3期ともなれば、やれるネタはなくなってくるという事ですか。

全体的に細かいスピンオフみたいな話が多かったですし、

ラストの戦闘は熱さこそあれど2期の焼きまわしに近いですし。

しかも今回は、キャラたちの名言(迷言?)の切れ味も良くなかったのも、残念でした。

まぁでもやっぱり、瞬発力は相変わらずあるんですよね。

翼さんの親父デレデレ回(誤訳)の、

(゚д゚)< 貴様には!これが剣に見えるのかッ!(ドヤッ

あたりは最高に良かったし、そのあとの必殺技もド派手(過ぎるぐらい)で格好良かったですし。

あ、忘れる所だった。杉田だよ杉田。

杉田博士がまさかの再登場でしたが、あの小物っぷり、演技も相まって最高でしたね。(ぉ

しかも無駄にイカス死に方しやがって・・・・

(゚ー゚)。○ ( 博士・・・お前がナンバーワンだ・・・(ぉ

物語は綺麗に終わっていますが、まだいくつかの謎を残して続く的な雰囲気が。

これは4期に突入するフラグですかね・・・

(゚ー゚)。○ (どうでもいい事だが、妙にカプが意識されてるのは、ファンサービスのつもりかw

(゚ー゚)。○ (いいぞ!もっとやれ!(ぇ


美少女戦士セーラームーン Crystal

(゚ー゚)。○ (どの程度原作や前アニメ版と話が違うのか、まったく思い出せないw

まぁそれを抜きにしても、流石名作といった所ですね。

最近のアニオタは、プリキュアの熱血に慣れてきているので、

うさぎの豆腐メンタルには少々違和感を覚えるかもしれませんね。

(゚ー゚)。○ (毎回1回は心が折れてるし・・・w

(゚ー゚)。○ (まぁ昔の少女漫画は、確かにこういう感じが多かったよねw

セーラームーン以外のセーラー戦士ほとんど役に立ってなかったり、

タキシード仮面様は、毎回洗脳されたり、

突然オカリンが出てきたり、

思った以上に主人公側絶望的な状況になったり、

色々とツッコミどころは多いですが、

プルート死亡からのちびうさ覚醒の流れでぼろ泣きした黒焦げには、

これ以上何も言う資格はないと悟りました。(ぉ

(゚ー゚)。○ (次回作を期待しております!


To LOVEる ダークネス2nd

(゚д゚)< 最終回だからって!やりすぎだぞ!(いいぞ!もっとやれ!

今回、リトハーレムが着実に完成に向かっている感がかなりありました。

リトさんとうとうナナを攻略し、最後の牙城のヤミ攻略一歩手前です。

残念ながら最終回は、来週1時間スペシャルらしく、ここでも終わらない最終回。

(゚ー゚)。○ (今期ほんとこう言うのおおすぎぃ!

(゚∀゚)< そうそう、ララ回、良かったね!(何

久々というか、何というか、久しぶりの活躍だったのと、ジャンプ連載時を思い出したのとで、

非常に和みました。文字通り、もkk・・・じゃなくて、ほっこり。

まぁ、どうせエロいなら、話を面白くした上でエロくしてくださいね?頼みますよ?(何

(゚ー゚)。○ (さて、最終回を座して待つか。


血界戦線

(゚д゚)< どんな話だったけー!!!!!(ぇ

ちょっと記憶が飛んでいるのと、おしゃれ系最終回すぎて、なんだかポカーンとしています。

やっぱり時間が空きすぎたのが良くないなぁこれは。

(゚∀゚)< まぁ、これはこれでいいか。(lo


アイドルマスター シンデレラガールズ

(゚д゚)< おいこら!しぶりんに対する風評被害を広めるのはやめろ!(何

この件に関して腹を立てる前に、いったん整理すると良いと思うんだ。

①彼女らは女子高生である。大人でもなければ、ましてや聖女の類でもない。
②しぶりんは、本質的にはクールではなく、引っ込み思案である。つまりはけいおんの澪タイプ。
③それでも彼女は何度か意見を言おうとしている。運悪く全部防がれたけど。
④しまむーの問題は、彼女が元から潜在的に抱えていたもの。まったくの別問題。
⑤あと、ちゃんみおとは比べてはいけない。彼女は超覚醒した。

こうやって考えて行くと、しぶりんのとった行動は納得できるし。できるよね?(圧

まぁこの辺り、

3人の和解シーン(ちゃんみお演技回)が妙に芝居がかって分かりにくかった、

演出のせいだと、黒焦げは個人的に思うわけですね。

ニュージェネ解散の危機は、あの時点で終わっていて、

ここからはしまむーの闇パートにすり替わる。

まぁこのあたりも、あまりにも滑らかにすり替わり過ぎて、

ニュージェネ危機がまだ続いている、と感じやすかったのかもしれんと思うところでもあるw

あとは、しぶりんの行動を観察すると、

・しまむースランプの原因が自分であると強く感じ、何度も電話
・ちゃんみおに相談
・Pちゃんにヘルプ
・思いつめすぎて歌詞がでてこない
・感極まって、いやだ!一緒にライブに出る!と叫ぶ

あたりを見るに、当初の引っ込み思案からの成長も、ちゃんと感じれるわけですよ。

(゚ー゚)。○ (あと、かなりニュージェネを大事に思ってる・・・というか、思いすぎかもw

あと聞いた話では、感極まって叫んだシーンを「わがまま」と解釈する輩がいるらしい。

(゚∀゚)< おまいの目は節穴か!読解力がたりてませーん!(何

そんな人は、デレマスを1話から見直してきなさい。最初のちゃんみおの方がやばいぜ?(何

(゚ー゚)< ふう。

さて、言いたい事言ったので、いったん落着いて、〆ます。

(゚ー゚)・・・・

このデレマス、モバマスの前日譚として製作された、というコンセプトのようで、

ゆえに最後の異色ユニットのオンパレードは、

モバマスで(プレイヤーが)自由にユニットを組むイメージとリンクするわけですね。

そこにきてラストカットは、アイドルとして一人前になった3人がまた出会う・・・

すぐにでもモバマスで、ニュージェネ組んで遊びたくなる素晴らしいラストじゃないですか。

そして彼女らをプロデュースしたPちゃんは、マジ王子様&魔法使いで最高にCool。

(゚д゚)< Pwore of smileはあんだだよ、Pちゃん。(ぉ

 

 

 

 

 

以上です。はー、マジ疲れましたね。(何

 

今期のアニメを振り返ると、なんだか最終回に終わらないアニメばかりだった気がします。

正直な所、最終回に終わらないアニメは、非常にもやもやするので、止めていただきたいですね。

今後は、このようなアニメが氾濫しないよう、祈るばかりです。


それでは、お粗末様でした。