読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

2015年夏アニメ最終回ラッシュ! その3

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

さーて、前回に引き続きまして、アニメの感想をお届けします。

 

(゚д゚)< 俺たちの夏は、まだ始まったばかりだ!(意味深

 

兎も角。

 

 |-゚)っ[夏アニメ最終回ラッシュ! ~最終回が終わらないTake2~]

 

それでは、ネタバレに注意してお進みください。

 

 

 

 

 

 

 

・青春×機関銃

この作品、黒焦げ的に何が幸運だったかと言えば、

主人公が女である事を隠している点です。

このどうしようもない使い古された設定のおかげで、

この作品はかなり見れる作品になっています。(ぉ

まず、

見た目こそ完全にホモォですが、設定上蛍君は女性ですので、誰が何と言おうとノマカプです。

加えて、幼馴染子ちゃん(通常であればメインヒロインw)とラブコメすると、つまりキマシ。

そういった意味で、世界一よりも、精神を穏やかにして視聴する事が可能でした。

そのに、

意外と実は女でした設定を終始引っ張り、きっちりストーリー上の葛藤につなげている。

この極めて真面目な展開は、思った以上に良く出来ており、

つまり、

(゚ー゚)。○ (あれ?これ、意外と総合評価高いんじゃね?(ぇ

と考えるまでに至った訳です。

原作とのストック関係があるのか、話は幾分か中途半端な所で終わってしまいましたが、

(゚∀゚)< フィニッシュブローは決めれなかったけど、有効は取って、合わせて一本!(謎

といった感じでゴールできていますので、合格点ではないでしょうか。

(゚ー゚)。○ (しかし松岡さん・・・このイケメンヘタレは、格好の餌過ぎるよなぁ・・・・w


・VENUS PROJECT

(゚д゚)< バラエティーとかやる暇あるんだったら、アニメ本編に時間割けよ・・・

これに尽きる。

複線とか何やらがいい感じに仕込まれているのに、

明らかに尺が足らないのが原因で、どれもこれもが不完全燃焼・・・・

この「結果クソアニメ」。見たいなのは、見ていて一番辛いというか、切ないというか・・・

賞味の所、途中の戦闘作画が大分崩壊していた事から察するに、

かなり低予算でアニメを作っていたのでは無いかと察していて、

もうなんだか、どうしようこれ・・・・(ノ_・、)


・ナルどマ

(゚д゚)< エンディングによる引き伸ばし露骨過ぎぃ!!(ぁ

途中から明らかに、本編が歌にのっとられました。とても悪質な歌に。

1分ぐらいアニメの後は歌。なんだこれ・・・(^^;

見始めは中々面白いと思っていましたが、本編の割合が減ってしまっては・・・・

(゚ー゚)。○ (これは酷い。


ガッチャマン クラウズ インサイト

(゚д゚)< クラクラなんて目じゃねぇ!政治色強すぎぃ!!!(ぁ

ガッチャマンクラウズ、この路線はどうだったんだろうか・・・w

個人的には十分に楽しめましたが、黒焦げの楽しんだスタンスとしても、

(゚д゚)< つばさちゃんゲルちゃん、そりゃねーよwwwww

って感じの、カッツェさん寄りの穿った見方でしたし・・・・(^^;

(゚ー゚)。○ (このアニメ、いったい誰に見せるつもりで作ったのかなぁ・・・(ぉ

(゚д゚)< というか、パイマンさん役立たず過ぎるんだがw

この、前作以上に無能リーダー一直線っぷりが最早芸人の域に達している気がする。

(゚ー゚)。○ (まったく、平野は損な役回りだなぁ・・・(何


GOD EATER

(゚∀゚)< 終わるかと思った?残念冬まで待ってね!

3回も総集編挟んだ上、冬にまたやるよ・・・・?

(゚д゚)< そうですか。(何

印象はかなり悪くなってしまったのですが、

確かに、作画のクオリティは毎回とんでもなかったですね。流石UFO。

(゚ー゚)。○ (これの影響で製作が遅れたのは、話としては納得できるかな。

というか、そもそも、これ尺に合わせるつもりがなかったのかもしれないと、

最近では思うようになりました。

この作品自体、記念作品のようですから、まぁそういうことなのかもしれませんね。

(゚д゚)< しかしアリサちゃん、貴方良い所皆無でっせ?(ぉ

このまま洗脳で悪落ちとか、まじキャラとして死んでしまうので、

ストーリー展開、そこんとこよろしくね?(何


GANGSTA.

(゚д゚)< すごいね!終わってないブームだ!(何

今期アニメ、これだけ終わらない最終回が続くと、感覚が麻痺してくるね。

ここまで来ると、「終われないなりの引き方の良し悪しの話し合い」ができるレベル。

そこでこの作品はと言うと。

 |-゚)っ[中の下]

うーん。非常に残念です。ほんと。

作品は渋くて非常に黒焦げ好みだったのですが、この切り方はねーよ・・・

しかも2期が決定してるかどうかもうやむや。

これが決定していないと言うと、俺たちの戦いは始まったばかりだ!状態です。

しかも物語終了直後に、原作の宣伝はさむとか、軽くヘイト溜めたいみたいですね。(ぉ

(゚д゚)< どうするよこれ・・・


干物妹!うまるちゃん

(゚д゚)< 完璧超人はうまるではない!お兄ちゃんの方だったのだ!(ぉ

タイヘイさんマジ万能。一家に一台は欲しいね(ぇ

しかし、この作品、のんびり見れる非常にいい作品でしたね。

肩の力を抜いて、適当に見れる作品が1つや2つ、やっぱり必要ですよ?

こまるも言うほどむかつかないし、むしろ全面的に寂しがりや推しだし。

話によると、うまるちゃんには暗い過去があるらしく、

その為にタイヘイさんも過保護らしい。詳細は知らんけど。(ぉ

2期があるかは分からないけど、次があるとしたら色々期待できそうですね。

・うまる過去感動回
・シルフィン友情回
・ばんばによるリアクション芸

(゚ー゚)。○ (どうでもいい事だけど、ばんばを見てると、どうもよつばとのジャンボとダブる(ぉ

そういえば、最終回にシルフィンをなぜ誘わなかった、

なぜぼっちにしたんだ論が展開されていますが、

(゚д゚)< そいつらは、本編ちゃんと見てたのかな?(ぉ

(゚д゚)< うまるとシルフィンの関係は、最終回時点では無関係なんだよ?

(゚д゚)< うまるとシルフィンの友情回は、次期の見せ場になるんだから温存してるんだよ?

(゚д゚)< 分かったなら、円盤買って、正座待機してなさいっ!(ぉ

でも流石に、最終回にシルフィン居ないのは忍びないとのアニメスタッフの配慮で、

偶然鉢合わせパターンに落着けたのは、本当に良心だと思いますね。良い仕事。


・枕男子

(゚д゚)< 分かった。いや、分かってる。ネタ切れなんだろぅ?(ぁ

凄かった。前半戦から大分ネタ切れしてる・・・w

どれもこれもが、眠る流れに無理やり繋げてる感が半端ないw

しかもこれ、腐女子様が好むシチュをやってるだけにしか見えないのだが・・・

(゚ー゚)。○ (リア充との会話からの昼寝って、どんな異次元展開だよとwしかも芝生ってw

もう少しネタを練りこんでからアニメにして欲しいと思う反面、

腐女子様の業は深いなぁと、思う次第でありました。(何


・実は私は

(゚д゚)< 登場キャラが、属性盛り盛りのてんこ盛りやでぇ!(ぉ

明らかに属性盛り過ぎて処理しきれなくなっている感がありすぎるのが、

ちょっと微妙だったかもしれませんね。

しかしながら、鈍感バカップルによる、ドタバタラブコメディ、

本筋のこれはきっちり守られていましたので、普通に良作でしょう。

ひぃひぃ言いながら、白神さんの秘密を律儀に守り(ほぼバレてるけど)、

手堅いラブコメのヒーロー演じて、いよいよ告白あるか!?と思いきや。

(゚д゚)< あれほど引っ張ったのに告白しないとか!w(実質告白してるけど

(゚ー゚)。○ (赤髪の白雪姫とは偉い違いだなぁ・・・w

これ原作は、最終回まで引っ張る系の話にするつもりなんでしょうね。

それはそれで良いと思いますので、頑張ってください!(小並感


・それが声優!

(゚∀゚)< 白箱に続き、今度は声優にピンポイント射撃と来ましたね!(何

しかしながら、非常にマイルドな仕上がりになっていましたね。

闇の世界が見え隠れこそしていますが、全体の印象をクリーンに操作できてます。

イヤホンズ、アニメの演出上では、成功しているように感じますが、

現実と照らし合わせると、アルペジオのユニットと同じような感じなんですよね・・・

(゚ー゚)。○ (完全な失敗じゃないけど、前途多難以外の何者でもない・・・

こう言った所を深く考えると、業界が怖くなってくる旨いつくりだと思います。(ぇ

フタフタ、いちご、リンリンの各キャラは、恐らくモデルがいると思われますが、

それが誰なのか、考えるのも楽しいかも知れません。(ゲス笑

ちなみに、黒焦げの腹に来たのは、フタフタの同期飲み会でしょうか。

あの状況、どう考えてももう少しギスギスしそうですが・・・女って怖いな・・・(何

なんだか悪いイメージばっかり語ってしまいましたが、アニメ本編はそこそこ良い出来でしたよ?(ぉ

毎回、大御所サプライズゲストが登場したり、誰かを彷彿とさせる業界人が出てきたりw

特に、最終話。

原作を執筆している、声優の浅野真澄こと、ますみんが登場するとか、不意打ち過ぎるw

実は、毎回ちょい役の声を当てていて、エンドロールに地味に出ていましたが、

満を持して最終回に登場し、決め台詞の「金よ!」を言い放つとか・・・・w

(゚д゚)< 自虐&鉄板ネタ、ご馳走様でした!w


オーバーロード

(゚д゚)< 最終回なのに終わってない祭りは終わらない!(何

だんだん、何言ってるのか、ゲシュタルト崩壊しそうです。

ちなみに、この作品の終わり方は上の下です。

(゚д゚)< って、そんな事は些細な事なんですよ!!(何

この作品、本当に終始面白かったですね。星2.5レベル。

やっぱり決めてはアインズ様。

あのダークヒーローっぷりと、頼れる上司っぷりと、あふれ出る中二病センテンス。

あのアンデットの容姿と相まって、映える映えるw

展開としては、俺TUEEEE物に違いないのですが、悪側が無双するのは中々斬新ですね。

とは言ってもアインズ様、完全悪ではないというか、冷酷な統治者感というか、

そういったある意味好感が持てる感じなのが素晴らしいですね。

あと、頭の方も俺TUEEしてるのが好感がもてます。

(゚д゚)< 脳みそが筋肉じゃない、って言う事ね?

物語の序盤から慎重過ぎるぐらいの事の運び方、そこもオバロっぷりに拍車を掛けています。

その慎重さが、アニメ自体の進行の遅さにも影響したような気がしますが、

まぁ、終わってみれば些細な事だったようにも思います。許容範囲でしょう。

最後に、アルベドさんがネタにされまくってる件について・・・・w

(゚ー゚)。○ (まぁ、あのED詐欺じゃしょうがないかな・・・・・w(ぉ


・キュートランスフォーマー さらなる人気者への道

(゚ー゚)。○ (うん、低予算だね。(何

予算7割掛けの恐ろしさを知りました。流石にこれは物足りなかった感じがしますね。

1期ならば、もう1ネタあった所が無くなっているので、非常にアニメが短く感じます。

収録時間も短いのか、ネタの選定も良く出来ていなかった感を受けます。

なんちゃってゲストとか、ラジオ回とか、工夫はしたのでしょうが、

やっぱり全体としては物足りない印象を受けます。

(゚д゚)< つべこべ言わず、予算増やして3期目作りやがれ!(ぉ

 

 

 

 

本日はここまで。

恐らく次が最後となる予定です。

総評はそのときまで控えたいですが、その前に一言。

 

(゚д゚)< 最終話が最後じゃないのが流行りなの?

 

以上です。

お粗末様でした。