読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

2014年秋アニメ最終回ラッシュ その3

アニメ

今晩は、黒焦げです。

元気です。

アニメです。

 

さて、ここいらで一発閉めておきます。

という事で、

2014年、秋アニメ最終回ラッシュその3、始まるよ!

それでは、ネタバレに注意してご覧下さい。

 

 

 

 

 

・selector spread WIXOSS

(゚ー゚)。○ (よう二期もやったよ・・・

ほんとこれ。

1期で綺麗に終わっておけばと何度思ったことか。

登場人物が若いとはいえ、馬鹿過ぎて、非常にストレスが溜まります。

下記のゆゆゆも中々あれでしたが、

黒焦げ的、今期もっとも悪い意味でのあれが確定的に明らかです(ぉ

2期開始から既にgdgdのバトルなんてしないぞ展開の上、

そこでバトルさせるために戦闘狂と発狂者を用意して、gdgdして、

諸悪の根源の繭も助けなくちゃエンドとか・・・・

あれを本当に許せたらそれこそ人間じゃないといって良いほどだろうに・・・(^^;

もっとましなエンディングは用意できなかったのだろうか・・・・

というか、もっとましな販促アニメ作れなかったのだろうか・・・・w

(゚ー゚)。○ (これでカードの売り上げが伸びるのなら、イージーモードっすよw


・結城友奈は勇者である

セレクターの印象が悪過ぎて、やや霞んでいますが、

この作品も中々ツッコミどころが多いですね。

最初の想定していたバーテックスを倒す所までは、

完全に男主人公の友奈ちゃんがとってもカッコ可愛かった感じで、

とても綺麗でした。印象もほぼ最高評価。

(゚ー゚)。○ (黄色の先輩と聞いて戦々恐々としていたのも懐かしい・・・w

肝は後半戦ですね。

生贄システムとか、色々考えると気分が悪くなっていく感じも去ることながら、

クールで頭脳明細キャラの東郷氏が、いきなり道ずれ自殺とか、

(゚д゚)<どうしてこうなった・・・・

しかもそのせいで、健常だった夏凜ちゃんが”無駄に”生贄に・・・

加えてどんどん”無駄に”倒れていく仲間達・・・

ラストは生贄にした体が戻ったから良いものの、

東郷氏だけが生き残るなんてことになったら、まさに地獄絵図だったぜ・・・(^^;

聡明そうなこの子がとる行動にしてはお粗末だったのでかなり萎えましたよ・・・

声が奪われたくだりは、ストーリーの機転としては良い感じだっただけに、

最後のとんでも展開が非常に残念に思うわけです。

(゚ー゚)。○ (そういえば、最初の精霊は何か生贄を捧げて出てきてるのかな・・・?

(゚ー゚)。○ (あの神様に限って初回ボーナスってことはないでしょ・・・・?

(゚ー゚)。○ (やっぱり、巫女といえば処女性g(ry


・毎度!浦安鉄筋家族

(゚д゚)<なんて!きれいな!うらやす!

(゚д゚)<なにこれ!浦安ってこんな上質なギャグ漫画だったっけ?!(錯乱

凄いですね。なんてマイルドな浦安なんでしょうかw

これなら地上波で放送しても全然大丈夫です(何

ちなみに、アニメから本編入る方は、そのギャップに注意してお進み下さいw


・天体のメソッド

まさかのロールバック展開に動揺を隠せない・・・(^^;

あのロールバック展開に必要性や論理的整合性があったかどうかが非常に微妙な感じですが、

願いを叶える円盤があまりにも長期間に渡って世界影響を与え続けた為の反作用、

と考えるのが、妥当な所でしょうか。

終盤で、願えを叶えるどころか、危うくばらばらになる所だった6人ですが、

そのはらはらは恐らく、製作側の思う壺だったように思います。

(゚ー゚)。○ (ちくしょー!(何

兎も角、最初から最後まで、非常に綺麗なストーリー展開であったのではと思っています。

ののかちゃんが記憶喪失気味なのも、母親の過去という複線で改修したり、

聡明なしおねちゃんが、仲直りの直後速攻で不仲になったり、

最後はノエルを呼び出してハッピーエンドとか、

黒焦げ的にはそういうのでいいんです、そういうので(何

(゚ー゚)。○ (もうね、まどマギみたいにすれば良いってもんでもないんだよ?(何


・クリザイアの果実

(゚д゚)<よっ!販促の鑑だねっ!(何

これはほぼ完璧でしょう。

この作品単体としても、販促の面をとっても、両方十分に仕事をしています。

本筋は主要ヒロインのシナリオをなぞり、13話の短い尺に押さえ、

続編をゲーム本編と次回アニメに繋げる構成が、

嫌らしくなく見せているところがすばらですっ!

ストーリー本編も、エロゲーに似つかわしくない血なまぐささで、

それが全体のテイストを引き締めていて、良く効いていました。

(゚ー゚)。○ (黒焦げ個人としては、このぐらいパンチが効いていた方が好みってことかな・・・?

兎も角、ゲームをやるにしろ、アニメの2期を待つにしろ、

とてもGJなアニメだったと言わざるをえない(ぉ


ガールフレンド(仮)

(゚ー゚)。○ (これなぁ・・・

つまりね、男出ないのは幾らなんでも不自然過ぎだろうと・・・(^^;

うん、わかってるんだ。

ファン感情的に嫁が他の男といちゃいちゃしてるような、

NTR展開なんぞ見たくないのは良く分かるんだ。

しかしながら、本来登場するはずの応援兵隊の男子キャラすら出ないとか、

なんだかガールフレンド(仮)としてどうなのかっていう話なんだよ。

確かにね、1つ1つの話は各キャラを丁寧に掘り下げて魅力を伝えられているけど、

それだけだと黒焦げ的には物足りない気がしたってことだよ。

まぁね、兎も角黒焦げが言いたいのは、

(゚д゚)<こんな高校通いたいよ!爆発しろ!(ぇ


・魔弾の王と戦姫

最初から最後まで見やすく、なんとなくすぐに見てしてしまう感じでした。

こう、

程ほどに戦略して、程ほどにラブコメして、程ほどに戦闘シーンがあって、

程ほどに謎があって、程ほどにエロくて、程ほどに主人公が格好良くて、

程ほどに展開が気になる感じ。

(゚ー゚)。○ (平均打点が高かったのですかね?(何

主人公の朴念仁スキルもちゃんと健在のようで、

真面目な展開の割に着々とハーレムが形成されています。恐るべし(何

順調に行けば2期が放映されるのでしょうか?

(゚ー゚)。○ (黒焦げ的にはドンと来いだな・・・・


・神撃のバハムート GENESIS

(゚д゚)<このアニメをタイトル切りした人は、きちんと最初から見たほうがいい。

金がかかっているのか、なかなかどうして、出来が良い。

ファバロの三下主人公感がとても良い味を出していて、

かつカイザルとの掛け合いが中々のクオリティを出しています。

この2人のバディものとしてみても中々見所も多いですね。

特に、マルチネ攻略戦。

ファバロとカイザルの息のあったコンビネーションの後、

最後の最後で賞金稼ぎの腕輪の能力を発動とか、なんと旨い展開なのか。

これ以外での決着がありえないのでは、と思うぐらい、綺麗な戦いでしたね。

あと、ヒロインアーミラと合わせても掛け合いが非常にコミカルで良い。黒焦げ好み。

結末としてはハッピーエンドとは言えないながらも、

ラストのキスシーンは「嘘をついている目に見えるか?」の前振りも相まって最高だと思います!(ぉ

このアニメ、タイトル切りした人が本当に多そうで、本当にもったいない。

(゚д゚)<みんな!バハムート見ようぜ!(ぉ


 

 

 

以上、2014年秋アニメの感想でした。

 

2014年の秋アニメは大粒1つ2つ、後は中ぐらいの粒、

人によっては好物なのもちらほら・・・

豊作とはいえないにしろ、お腹は膨れる感じだったのではないでしょうか(何

 

さて、やっとこ秋アニメをクリアしたので、次は冬アニメだ・・・

黒焦げのアニメとの戦いは終わらない・・・・

 

それでは、お粗末さまでした。