読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒焦げのあれ

ゲーム・アニメ・漫画について、ネタバレには注意してくださいね。

2014年冬アニメ最終回ラッシュ! その1

今晩は、黒焦げです。元気です。

アニメです。

 

さて、やって参りました、クールの変わり目でございます。

この時期、アニメファンには恒例の最終回ラッシュが訪れています。

と言う事で、その感想を一挙放出です。

ネタバレを含みますので、キニシナイ方のみ進んでくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

いなり、こんこん、恋いろは。 

(゚ー゚)。○ (いなりちゃん、成長したなぁ・・・(しみじみ 

神通力に振り回されながらも、その力をきっかけにしっかりと成長していく様は、 

中々に親心がくすぐられます(ぇ 

最後のわざとらしい程のまっすぐな演出(岩戸)の辺りは、その集大成でしょうか。 

というか、本筋はそっちのはずなんですが・・・・ 

(゚∀゚)<うか様、まじかわいいよ、うか様! 

後半のいなりちゃんも中々良い感じなのですが、やはり見所はうか様だったようです。 

なんか本当に人間臭い神様で、伏見お兄ちゃんに赤くなるところなんて悶絶物です(ぉ 

けれどラストはそのあたりのフォーカスせず、いなりちゃんとの絆ベースに閉めましたが、 

そのあたりは英断だったかも知れませんね。 

(゚ー゚)。○ (おそらく、その方向性で行ってたら収集着かないしw 

話としてはもうちょっと何とかなりそうですが、おそらく続きが描かれることは無いのでしょうね。 

(゚ー゚)。○ (ちょっと残念。 

(゚ー゚)。○ (そういえば、伏見お兄ちゃんは素でうか様見えるよね・・・・ということは!(何 


ログ・ホライズン 

(゚д゚)<このお人よし朴念仁が!ちったぁ周りを気にしろよ!(ぇ 

ログホライズン、かなり良く出来た作品でしたね。 

題材が同じなのでSAOと一緒にされがちですが、実際は狼と香辛料に近い作品です。 

戦闘の派手さというよりは、シロエさんの頭脳プレイ(腹黒)を見る作品ですし。 

ギルドを差し押さえた時なんて、まさにラスボスか悪役かどっちかにしか見えませんでしたw 

こうしたシナリオの良さ意外にも、アニメ自体の作りも非常に丁寧。流石NHK。 

(゚ー゚)。○ (ちゃんと数話かけて複線張ってるし、本当に言い出来。 

大地人だったあの人や、魔法を作るくだりとか、演出もあわせてかなりの名シーンでしたね。 

今秋、2期が作成されるようで、今から楽しみです。 

(゚∀゚)それと、アカツキちゃん、がんば!(何 


宇宙兄弟 

あまりの人気のため、時間を移動してまで放映されるという、久々の快挙です。 

終わるのが惜しまれますが、おそらくは原作ストックの問題です。 

アニメの形式をとっていますが、これはほとんどドラマなので、一般人にも十分通用する。 

終始ハイクオリティで、キャラの名言がバンバン飛び出す、すばらしい作品でした。 

しかし、ムッタさんの曲者具合が本当に良かった。 

”兄貴もやってやんよ感”がとても大好きだったので、今後は原作をチェックしようと思います。 


ディーふらぐ! 

終わって見れば、なんだかんだ楽しんで見れた感じでしょうか。 

シリアスなんだかネタなんだか、良く分からないノリで、部の存続の危機に晒される。 

始めはその辺りが非常に違和感があり、馴染めませんでしたが。 

(゚д゚)<なーに、慣れればどうという事は無い(ぉ 

その辺りのノリが、冗談だと分かってくると、俄然楽しめてきました。 

主人公の突っ込みのタイミングも中々で、 

ギャグアニメとしては面白い部類だったのではないでしょうか。 

(゚ー゚)。○ (原作があるなら2期ありそうだな・・・ 


東京レイヴンズ 

昨今のラノベ原作とは思えないほど、かなり硬派なストーリー展開に、驚きを隠せません。 

全体を通しても、かなり安定していたのではないでしょうか。 

夏目ちゃんが普通に死んだ事もかなり驚きましたし、 

コンが究極進化するあたりも、演出分かってるな、っていう感じでした。 

(゚ー゚)。○ (大友先生が以外にも熱血教師だった所には少し笑ったけどw 

昨今のラノベに必要なラブコメ要素も十分にあり、その辺りも見たい人もお勧めできます。 

(゚ー゚)。○ (春虎君はいつ爆発するんですかねw(ぉ 

原作ストックが切れたそうなので、次のアニメ化はずっと先になりそう。 

気を長くして待ちますかね。 


・うーさーのその日暮らし 覚醒編 

(゚∀゚)<うーさー・・・・むちゃしやがって・・・・w 

最終回だからと言って、何でもやって良いって訳じゃないんだぞ!反省しろ!(褒め言葉 

ギガドリルからのトランザムって、悪ふざけが過ぎるw 

っていうか、そんなメカ要素、この作品にいらねぇからwwww 

(゚д゚)<さて、うーさーの3期まだですか? 


・ハマトラ 

(゚д゚)<この不完全燃焼感・・・・ 

話が以外にもグロテスクに重い展開をみせ、ただの腐女子向けアニメでは無い事は認めます。 

ラスボスも中々気が狂っていて良い感じでしたし、 

それに飄々と対応する主人公も、中々良かったです。 

アートさんを途中退場させた点も個人的には高評価です。 

しかし、話が少しだけ薄い気が・・・。欲を言うとあと1、2枚足りない気がします。 

そこはスタッフの能力なのか、原作の限界なのかは分からないですが・・・・ 

あとは、もうちょっと最後を旨くまとめて欲しかった感じでしょうか。 

(゚ー゚)。○ (まぁ、2期があるって言うなら、それを見てからの方が良いのかも知れないけど・・・ 

中々面白かったので、女性の方には中々お勧めできそうですが、 

まぁ、1期だけを見るよりは、2期を一気に見た方が良いのかもしれません。 


・未確認で進行形 

(゚∀゚)<小紅、かわいいよ、小紅! 

はっ、思わず紅緒化してしまった。いけない、いけない(何 

しかしながら、これはしょうがないでしょう。 

小紅ちゃんに萌え、紅緒さんに失笑し、真白を愛でる、これはそんなアニメです!(ぉ 

しかし、全体を通して小紅ちゃんが可愛過ぎるわけですが、何ですかねこれ。 

・家族に乱暴な言葉遣いを使っているのに、可愛い 
・白夜くんに好き好きアタックを受けて、テレ可愛い 
・白夜くんに他の子が告白→自分の気持ちに気づいて顔赤らめ可愛い 
・病弱キャラはスタンダードに可愛い 
・白夜くんの傷の原因が自分だと知る→ショック可愛い 
・OPのクリームなめエロ可愛い 

やばい、紅緒化が止まっていないようだ、少し病院行ってくる(ぉ 


銀の匙 Silver Spoon 

(゚ー゚)。○ (ぉぉ・・・こんな中途半端に・・・・ 

どうやら読み違いました。てっきり原作全部やるのかと。 

ストーリーは面白いのですが、ここで終わられると困るなぁ・・・・w 

駒場君の退学からストーリーが良い感じに加速したと言うのに、ここで終わってしまったらw 

御影ちゃんもやっとデレ初めて、八軒が爆発するのはこれからだというのに!(ぉ 

皆さま、アニメを見ずに、原作を読みましょう! 


・サムライフラメンコ 

(゚д゚)<これは評価せずには居られない。 

序盤のノリに着いていけない方も多く、多くの人が視聴をリタイヤしたようですが、 

これは完走してみるのも一興だと思います。特撮大好きならば特に(ぉ 

どういう事かと言うと、ほとんどの特撮の肝を1つのアニメで見れるというお得な作品だからです!(ぁ 

(゚ー゚)。○ (それ故、ごちゃ混ぜ過ぎて対応できない人が続出しましたがw 

しかしながら、ラストエピソードは否定する人多そうですねぇ・・・ 

あの流れで結婚は無いでしょう、腐女子の一本釣りですか?w 

せっかく最近流行のダークヒーロー成分を出したんだから、 

その方向性でばっちりジャスティスして欲しかったですね。 

(゚ー゚)。○ (もしか、タイバニの流れを最後に再現したんだとしたら、逆に褒めるけどw 


・プピポー 

(゚д゚)。○ (子供・・・か。 

ショートアニメのはずなのに、なんか内容がしっかり残ってるんだよなぁ・・・・ 

それだけ良いストーリーだったのでしょう。 

しかし、オカルト娘は良い味出してましたね。 

ポーちゃんは実力行使担当でしたが、この娘は精神の支え担当だった感じですね。 

ある意味この2人は、主人公よりも重要なキャラだったように思います。 

超能力が無くなった2人は、無事子供を生むことが出来るのでしょうし、 

これで悲しむ人は居なくなったんだよね・・・・?(ノ_・、) 


・キルラキル 

(ノ_・、)<鮮血・・・無茶しやがって・・・・ 

最初から最後まで、本当に突っ走りましたね。流石です。(ぉ 

グレンラガンほどまでとは言いませんが、かなりの出来に仕上がっているように思います。 

(゚ー゚)。○ (堂々の今年トップ5入りですね。 

本当にテンポが良い作品で、設定や複線もそこそこに見やすい。 

というか、深読みしないでも自然に頭に入るイージーなつくりは、見ていて清清しいですね。 

アツイアニメに飢えている人が居たら、ぜひともお勧めしたい作品ですね。 

(゚ー゚)。○ (しかし、1期の私服EDがまさか複線だったとは・・・このスタッフ侮れん!(ぉ 


生徒会役員共

(゚ー゚)。○ (安心、納得、変わらぬ視聴感(何 

1話前半のハイクオリティは、本当にそこだけでした。 

とは言っても、そもそも作画を気にする作品では無いので、何の問題もありません。 

しかしながら、津田君の抜群のツッコミセンスには脱帽ですね。 

コレだけで微妙な下ネタの8割ぐらいを笑いに変えてくれています。 

思いの他、津田君と会長の中が微笑ましいのも、この作品の清涼剤。 

まあ、大概次のシーンで台無しになるんだけれどもwwww 

ストーリーもへったくれもない作品ですので、無邪気に3期を希望できますね! 

ぜひともよろしく!(ぉ 




さて、その1は終了です。 

今期のアニメは、まだまだありますので、どんどん行きます。 

次回を待て!(待ってない